1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-11 06:02:02

見える瞬間

テーマ:店長日記

又三郎でバイトを始めて


半年ほど過ぎたRちゃん


飲食業はもちろん、


アルバイトは大学生までした事も無い。


最初の頃は、どうしたらいいのか?


何をしたらいいのか?


迷子になりそうな気持だったんじゃないのかなぁ


家に帰ると、疲れすぎてご飯も食べられないらしい・・・


でも、ここ最近、


Rちゃんが凄くたくましく、頼りになってきている。


5月3日の連休半ば、


営業途中に


スタッフの一人に帰って貰ったので、


それでなくても忙しい日が、


シッチャカメッチャカに、


そんな中でもRちゃんが


遅れることなくみんなのスピードについて来ている!


「どうしようもならないこと」を


「なんとかしよう」としている。


ロフトの3段程の階段で躓いて


スープを器ごとひっくり返して倒れているRちゃんを見て、


(今日という日を象徴している)と実感


「洗い場さんに片づけてもらって、Rちゃんはお客さんのとこに行って」


「はい」


他のスタッフにとっても、ここ最近一番厳しい日だった。


1か月ほど前から、


大ベテランの尾川さんと一緒に接客したり、


熟成肉を焼いたりすることで、


変化はあったけれど、


5月3日を境に


Rちゃんは落ち着きというか、


自信を持つている。


お客様とも楽しげに話をしていたり、


お見送りには、お客様より先に行って扉を開けようと


怪しい足運びになっている姿が可愛い


「すみません、忍者みたいな小走りになってまして」と、


お客様に言ったら大笑いされて、


やっぱり、そう思ってはったんや(;^_^A


きっと、


前向きなRちゃんの性格があるからこそですが、


次に起こることが見えて来ているから


判断がドンドン早くなっている。


Rちゃん、半年続けて見えてきたんやね


本当に嬉しい


一緒に働く人の成長は、


年長の者にとって一番のご褒美です。







































AD
2017-04-30 15:16:59

人海戦術!?少しだけ働きたい人はたくさんいる

テーマ:店長日記

今春、


又三郎のホールを共に支えてくれていたアルバイトスタッフが


大学卒業と共に又三郎も卒業して行き、、、


にも拘らず、


彼らの後を引き継ぐスタッフも育っておらず、


社員の負担が重くなるばかり。


ここ最近、アルバイト募集しても


学生アルバイトが集まりにくい上に、


少しの我慢も出来ない人が増えている。


これからの人集めをどうして行こうか?


求人しても空振りばかり、、、


悩んだ末に


考え付いたことは、


1日3~4時間だけ働くWワークの人を募集しよう


「週1~2回 一日3~4時間 洗い場」で


4月に募集したら


15件以上の応募があり、12名の方を採用しました。


一日に4~5人ずつ働いてもらっています。


学生やフリーターも居ますが、


ほとんどの方が社会人で、


それぞれの事情は違いますが、


「もう少し、収入を増やしたい」と思っている方は多いと思います。


主な仕事としては、


20:00~21:00前後の


店内が一番バタつく一巡目と二巡目の入れ替わりの際の


バッシングとセッティングを担当。


閉店後の洗い物、掃除。


洗い場を含め補助的な仕事をしてくれる人を増やした理由は、


社員の後片付けの負担を軽くすることと、


帰宅時間を早くすることが目的の一つで、


もう一つは、


接客業に向いていそうな人を見つけること。


ただ、今は何をどうしたらいいのか分からないまま


指示待ちになっているので、


仕事の効率が悪い。


これからどのように仕事を伝えてゆくのか?


適性を見定めて行くのか?に頭を悩ませています。


人の力を引き出すのは難しい。


何事も信頼関係を築くまでは何も動き出さないので、


先ずは、3か月継続して働けた人に


仕事についての考えを伝えていきます。


仕事についての考え方を共有し合って、


それに起因しての行動だと思うので。




























AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-24 03:30:49

熊本あか牛農家の井さんと九州大学QBeefの後藤先生を訪ねる旅

テーマ:店長日記
又三郎の枝肉を手配してくれる紀子さんと

岩手県雫石の繁殖農家・中屋敷との

井さんを訪ねる旅に、

急遽、参加させて貰って熊本へ。

井さんを訪ねたいと、

全国から視察の要請は

連日のようにあると思われる中、

井さんは満面の笑みで迎えてくれました。

赤身体質のあか牛🐂や

肉が付かないと言われるジャージ牛を

美味しくしながら、如何に大きな身体にそだてるか?

牛飼いのテーマ、そのものについて

井さんの考え方や取り組みを聞かせて頂きました。

肉の味を良くするのにも

身体が大きくなるのも、

ある程度、長く肥育してあげる必要がある。

その長期間肥育する間に

餌のコストが上がらないように

国産、地元の資源を

最大限に活かす工夫と努力をされています。

往復3時間掛けてオカラを貰いに行ったり、

ご自分で大豆を炒ってすり潰したり、

余ったお米を加熱したり

砕いたり、発酵させたり、、、

少しの時間も惜しまずに働いている。

きっと、やりたいアイデアが沢山有って

立ち止まって居られないんだと思う。

四六時中、あか牛のことが頭の中に有るから。

訪ねた日は快晴でした。

阿蘇の自然と井さんの活力と熱い思い、

優しい人柄に、癒されました。












昼食の後、

井さんも一緒に

九州大学 QBeefの後藤先生を訪ねました。

通常は、牛舎で飼われる黒毛和種を

放牧で肥育する研究をされています。

QBeefとは、

牛の胎児期や幼少期に

代謝インプリンティング処理をすることで

粗飼料(植物資源)肥育のデメリットである

低い産肉性を克服する技術で肥育した

黒毛和種のお肉のことです。

反芻動物である牛は、

草を食べることでストレスを無くし健康な身体を作ってゆく

農家さんの労力の低減にも繋がる。

資源の循環にも役立つ

農家さんにも牛にも

いいことがが沢山ある。

このシステムが稼働し出すには、

黒毛和種の赤身に市場価値が付くことが必要だと思う

肉の味わいはますます多様化して行く。

新しい試みにチャンスはおおいにある。

肉を生業にする者として、

肉が大好きな消費者として、

肉の多様化に伴う価値創造を応援して行きたい。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。