【ジュネーブ=平本秀樹】スイス人女性作家ヨハンナ・シュピリが1880年に書いた小説「ハイジ」が、その50年前にドイツ人作家が書いた別の作品によく似ていると若手文学研究者が指摘、スイスメディアは、「ハイジの“父親”はドイツ人だった」などと大きく報じている。

 この小説はアニメ「アルプスの少女ハイジ」の原作で、騒ぎのきっかけは、ドイツで活動する文学研究者ペーター・ビュトナー氏(30)が、ドイツ人詩人・作家のヘルマン・アダム・フォン・カンプが1830年に発表した「アルプスの少女アデレード」と題する作品を偶然見つけたこと。

 この作品の主人公の名前アデレードは、ハイジの本名(アーデルハイド)とそっくりなうえ、作品の筋書きや描写もシュピリの原作小説と酷似しており、シュピリが、この作品を下敷きにした可能性が高いという。

 スイスのフランス語紙「バン・ミニュット」は、「ハイジは盗作。神話は崩壊した」と報じるなど、スイス国内で波紋が広がっている。

地球中心の超高温高圧を再現=ダイヤ実験装置で世界記録-東工大など(時事通信)
残業代を有給休暇で「代替」 改正労基法施行で新制度(J-CASTニュース)
<みどり市長選>現職の石原氏が再選 群馬(毎日新聞)
<事業仕分け>第2弾候補は127事業、国費投入2.3兆円(毎日新聞)
<新党>平沼、与謝野氏らが結党で詰めの協議(毎日新聞)
AD