徐さんの中国株

リアルタイムの中国株情報。
買った株が上がったのは投資家の才覚で、予想に反し、
下がった時には、モヤモヤを解消したいもの。
情報には鮮度がある。
最新情報は京華創業公式サイトへ
http://keika-corp.co.jp


テーマ:

「極寒」の中で、203高地に上って初めて
何故ここで激戦が行われたのかはよくわかってきます。
旅順港を眼下に一望できてここを陣取れば
軍港を手中に収めたのも同然だからです。

 

当社視察団は大連で「大連ソフトパーク(軟件園)」、
瀋陽で「東軟集団」、天津で「天津創業環保」、
北京で「金風科技」、「四環医薬」、「中国信達」の
合計6社を訪ねました。

 

経済のリセッションと言われて久しいのですが、
訪問先では、不景気など全く感じられませんでした。
投資家を前にして都合の悪いことを極力伏せたいのも
理解できないことでもないのですが、
国家統計局は昨日(1日)、11月の
製造業購買担当者景気指数を4ヶ月連続
好不況の境目となる50を上回ったと発表しました。


景気の安定感を測る指標の一つとして
注目されるもので、4ヶ月連続の上昇は
2014年以来2年振りのことだと言います。

 

11月末、世界スマホ製造大手の
第3四半期の業績が出そろいました。
SAMSUNGのGalaxy Note7の発火 ・爆発の
危険による製造中止とリコールの「お蔭」で、
中国の華為(HUAWEI)のアンドロイド携帯が
SAMSUNGを抑えて出荷量では
世界一となったと伝えられています。

 

華為スマホの純利益も2億米ドルを記録し、
誇らしい実績だと思いきや、よくよく調べてみると、
2016年第3四半期の世界スマホ市場の純利益は
凡そ90億ドルで、その内アップル社は
なんとその91%に当たる85億ドルを
「独占」していることが分かったのです。

華為の出荷量は世界一でも、
利益はわずか2.4%だということになります。

 

今回の訪問で感じたことは、ソフトでも
設備メーカーでも、または水処理の会社でも、
一様に「ソリューション」と言う言葉を口にしています。

これまで製品の良さや独自性、他社との差別化を
強調されがちだったのが、がらりと変わったことです。

「ソリューション」を通して産業並びにサービスの

高地を制圧しようとしているのが伝わってきます。

 

一つ一つ製品の良さは無論大事なことですが、
製品の良さは製品の価格でしか
その価値が反映されないのに対して、
「ソリューション」に対してもっとペイ(対価)を
支払っても良いという心理が働きます。

 

そのような意味で、アップル社は
スマホの高地を制したのではないかと考えられ、
華為やその他中国のスマホメーカーは
スマホそのものでしかないことに、
その純利益に克明に反映されたのではないでしょうか。

 

中国製造業構造転換の中での今回の投資視察。
製造業の方向性が見えてきたと
感じさせてくれた訪問だったのです。

 

 

 

<中国企業情報更新のお知らせ>

 

中国企業情報」を3か月単位で週一発信しています。
9月3日に発信してちょうど3ヶ月となり、
今週号で更新の時期を迎えます。
新規のお申し込みを受け付けています。
購読ご希望の方は当社HP「お問い合わせ
フォームからお問い合わせ・お申し込みください。
詳細はこちらご参照ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

投資視察団は20日に出発し、26日に帰国しました。
訪問都市は大連、瀋陽、天津と北京の四都市で、
地図を見ればすぐにわかるのですが、
渤海湾を囲むような形で点在し、移動距離が近く、
効率よく回れることもコース選定の理由の一つでした。

 

大連にはロシアと日本の植民地時代の建物が
老朽化しているものの、まだ数多く残り、
逆に日本人街というところは、レトロ風に改造され、
大きく変貌しようとしています。

大連から瀋陽、そして瀋陽から天津までは
思い切って中国版新幹線で移動することにしたのです。

 

          夕日の照らされるマンション群


中国の高速鉄道(新幹線)は列車の順番を示す
数字の前にGとDのアルファベットがつくのですが、
Dの場合は最高時速250km、通常200kmで走る
電車のことで、Gがつく場合、最高時速350kmで、
通常300kmで走る高速鉄道のことを指すと言います。

 

今回はすべてGがつく高速鉄道でしたので、
車両の電光掲示板には、最高306kmが
出ているのを確認しています。

大連から瀋陽までは400km弱で、高速鉄道では、
2時間10分ほど、瀋陽から天津までは約660km、
高速鉄道ノンストップで所要3時間30分でした。

 

昔から関東平原と言って
山海関から東は中国一の穀倉地帯でした。
今回は2回に分けて合計5時間以上移動しましたが、
残雪の覆う平地が延々と続き、天津に近づくにつれ
平原の向こうに夕日も見えて一瞬感動も覚えました。

 

しかしそれより更に目に残っていたのは、
沿線に建てられたマンション群でした。
マスコミのお蔭で中国のマンションは「過剰生産」され、
多くの地域にゴーストタウンができていたという
「予備知識」が入っているため、
企業訪問でもついそのような質問も出ています。

 

「不良債権の中で、不動産がらみの
不良債権の割合は全体のわずか4%に過ぎない」、
中国四大資産管理会社(AMC)の一つ、
中国信達(1359)の董事会秘書役、
蘇マネージャーがこのように述べた上、
視察団の皆様が利用した高速鉄道は、
人口密集の在来線とは違い、
従来の住宅の少ない地域を通っているので、
その沿線に新築のマンションばかり建っていることは
事実だと思う。しかしだからと言って
すべてがゴーストタウンになっているわけではなく、
大都市やその近辺では依然需要が高い」と説明し、
投資家が心配しているほど不良債権処理担当の
当の本人は、不動産の不良債権化について
気にしていないのがまた印象的でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第18回京華投資視察団が北京で最後の企業を訪問して
外に出たら街灯がすでに点灯し、周りもすっかり暗くなって
時計の針は17時を回っていました。
考察団からの慣例で夕食に行く前にいったんホテルに帰り、
埃を落としてゆっくりとディナーを楽しんでもらうよう
小休憩してから再度レストランに向かうことになっています。

 

最後の北京で朝から立て続けに3社を訪問し、
「徐さんも肩から荷を下ろしたに違う?」(参加者)と
すべてのスケジュールをクリアした安堵感もあって
コーヒーを入れて一服しようと思ったら、
「深港通」(深セン、香港ストックコネクト)
12月5日開通発表とのニュースが飛び込んできました。

 

証券委の定例記者会見が毎週金曜日、
取引終了後に定期的に行われています。
株式市場に関する重大な出来事は
この会見で発表されるのも慣例になっています。


25日の発表の中では、深港通ほど
大きなニュースはありませんでした。

なぜなら、8月16日に「深港通」の計画が発表され、
具体的開通の期日については証券取引所の重役も含めて
市場関係者から様々と憶測が飛び交い、
この発表ですべての憶測が過去のものとなりました。
8月16日から起算して凡そ3ヶ月半の準備期間を経て
ようやくスタートを切ることになったものです。

 

同日発表された「深港通」の対象株は、
深セン市場は881社、香港市場は417社で、
その内、香港株はハンセン総合指数の大型株が100社、
中型株が193社、小型株が95社のほか、
A+H同時上場の株17社あって香港市場時価総額の約87%、
一日平均出来高の約91%を占めることになります。

 

一方、深センの対象株881社の内、メインボードは267社、
中小板は411社、GEMに至っては203社に上り、
深セン市場時価総額の71%、
一日平均出来高の66%を占めることになります。

 

2014年11月、上海と香港市場の相互直接取引が

始まってから上海も香港も大相場を迎えましたが、
深センと香港直接取引の場合、
大相場の可能性はあるかどうかも関心の高いところです。

 

内陸には、上海と深セン二つの取引所があり、
上海は国有大型企業を中心とするマーケットで、
深センは民間特にVCなどハイテク関連企業が集まる
市場であることに役割分担をしています。

 

上海と香港相互直接取引の対象株もお互い
大型株(例、ハンセン大型指数株)を中心としましたが、
深セン、香港直接取引の場合、
小型株も対象としていることに特徴があります。

 

また内陸市場は個人投資家が8割以上を占めることに対して、
香港は外国人の機関投資家が6割の市場で、
企業に対する評価も投資の好みも

全く異なる趣向が見られます。

 

投資の格言にBuy the rumor, sell the fact.
(噂で買って事実で売れ)というのがあります。
「深港通」も叫ばれて早一年以上は経ちますが、
大型株は相互の投資家にすでに開放されていることを
勘案すると、狙いは中小銘柄になります。

 

深セン市場の創業板(GEM市場)のPERは
80倍も100倍もまだ買われていることを考えると、
内陸投資家の志向が読み取れます。
大相場の期待よりも中、小型株から厳選した方が
「深港通」相場に乗る手法ではないかと考えます。

 

<中国勉強会のお知らせ>

 

次回の中国勉強会は
年明け1月12日(木)東京銀座の天厨菜館で行います。

第18回視察団の訪問企業や

「深港通」の最新情報をご報告します。
参加ご希望の方は当社HPから、お問い合わせ、
お申し込みください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「マイナス気温(の体験)は十何年ぶりだろうか」。
瀋陽で東京新宿にも出店している「老辺餃子館」で
夕食しながら参加者の方から感想が漏れていました。
「12月中旬以降のお天気だ」と
寒流の襲来をガイドさんが教えてくれました。
地元の人にも少し早い冬将軍の到来のようです。
 
大連はマイナス7℃、瀋陽はマイナス16℃。
 
大連では、吹雪の中、50キロくらい離れた旅順まで
バスを飛ばして旅順港と203高地を見学してきました。
203高地は文字通り小高い丘の上なので、
山頂の体感温度はマイナス20℃を優に超えているだろうと
耳が痛いほどの「極寒」を久しぶりに体験しました。
 
しかし、体感温度よりも、大連、瀋陽所在の
遼寧省の経済が正に「極寒」の真っ只中にあり、
こちらの方がより深刻だなと肌で感じていました。
 
国家統計局の最新の統計によると、
第3四半期のGDP伸び率を発表した31の省や自治区の中で、
遼寧省は前期に続き、マイナス2.2%の成長で、
全国の中で最下位であることが明らかになっています。
 
その原因を調べたところ、
遼寧省の政界に今年激震があったことが判明しました。
今年の9月、全人代(国会)常務委員会は遼寧省選出の
代表(代議士)45名の資格中止を発表しました。
続いて、遼寧省議会が
452名の省代表(県議)が辞職したと発表。
どちらも賄賂絡みで議員に当選したというので、
資格中止か辞職という結果になったものだと言います。
 
資格の中止または辞職議員の名簿を調べると、
同省内の有名企業の企業家の名前が
ずらりと並んでいることが公になっています。

これだけの不祥事はまさに前代未聞。
企業のトップが相次ぎ議員辞職という事態になると、
日常の企業経営どころではなくなることが
容易に想像できてしまいます。
 
そうした中で、当社視察団は22日瀋陽で
ソフト開発とITソリューションの東軟集団――
Neusoft(上海A株上場)を訪問しました。
米国留学から帰国した創業者が1991年に起業した
ソフト開発の会社で、現在はITソリューション、
インテリジェントインターコネクション、
プラットフォーム、クラウドとデータサービスの
事業を展開しITの総合商社になる勢いで伸びています。
 
視察団の一行が同社に到着するや否や、
「まず当社ショールームをご案内する」と、
案内されたのは、古い図書館や喫茶店の雰囲気が漂う、
いくつかに区切った細長い部屋で、そこには、
日本の電器メーカーの製品やiPadなどの端末、
クラシックカーの「レプリカ」などが置いてあったので、
「ショールームはどこにあるの」と
一瞬目を疑っていましたが、「これらの製品に
すべて当社開発のソフトが組み込まれている」と、
当方の疑問を察知したように、案内してくれた
李峰キャピタルマネジメント担当、
上級マネージャーが開口一番紹介してくれました。
 
クラシックカーの前では、「AI(人工知能)の開発は
現在の最大の仕事。無人運転技術に今後かかわっていく」と
同社の夢を語ってくれました。
極寒の地で、暖かい話を聞いて
少しホッとしたような気がしました。
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は視察団の中日、瀋陽から天津への移動日でした。
視察団と併せて年に10回以上は中国へ渡航し、
北から南へ各都市を飛び回っています。
もちろん単なる観光のためではありません。
訪問先の見聞をブログで取り上げたり、
訪問企業の様子を『中国企業情報』で
発信したりするための素材集めのためです。

 

常に最新情報をと心がけていますが、
それでも変化に追いつかないことがあります。
最近流行りの「共享経済」のほか、
「網紅経済」もその中の一つです。

 

「共享経済」は「シェアリングエコノミー」のこと。
日本ではカーシェアリング、シェアハウスなど
という事例はありますが、前回のブログで触れた
アプリでシェフを呼んで料理してもらうのも
シェフという希少価値のあるサービスをみんなで
共有しようという発想からです。
このほか、タクシー以外に「専車」という
アプリも開発され、自家用車を
タクシーの代わりにサービスを提供するものです。

 

最近にわか注目されているのは
後者の「網紅経済」です。
ネットアイドルエコノミーのこと、である。


ネットアイドルとは、文字通り、
ネットで人気のあるアイドルのことですが、
しかし必ずしもAKBのような
アイドルグループである必要はありません。
自媒体を持つ経済学者や特別な技能を持つ人でも、
ユーザーを囲い込むことができれば
誰でも「網紅」になれるのです。

 

そうは言っても、ネットリアルタイム中継――
チャットが一番人気あるアプリで、売上高も
アイドル以上に稼いでいる人もいると言います。


今回の視察団で訪問する大連と瀋陽は
中国の中で「東北地方」に当たります。
かつて毛沢東時代は重工業の生産基地で
インフラも中国一整えられていた地域だったのですが、
構造転換が求められている今、不本意にも脱落し、
GDP伸び率は数期連続下位に数えられ、
22日現在出そろった31の省や自治区の
第3四半期GDP統計を「中国証券網」が纏めてみると、
マイナス2.2%という唯一のマイナス成長が
大連、瀋陽所在のここ遼寧省だったことが
明らかになっています。

 

ところが、会員数や人気ネットアイドルの
上位にランクインされたアイドルの数などで見ると、
東北三省は圧倒的に多いことが統計で分かっています。
産業が落ち込み、就職先も少なくなる中で、
「網紅」になって稼ぐ人が増えていることが
背景にあると考えられます。

 

チャットサービスを提供している会社に
2014年12月ナスダック上場の「陌陌」(「MOMO」)
という会社があります。

今月の初め、MOMOは

第3四半期の決算を発表しました。
売上高は昨年比約320%増の1億5700万米ドル、
純利益は約1180%増の4950万ドル増加したと言います。

 

今年の2月に7米ドル台まで落ちた株価は現在21ドル台。
有料サービスのユーザー(会員)数が
急増していることが原因のようです。

 

MOMOの有料チャットサービスについて
良し悪しという議論はありますが、
サービス業、とりわけネット関連企業の伸び代は

まだまだ大きいことに異論のないところです。


そう言った潜在的成長力のある会社を
今回の企業訪問で少しでも糸口を見つけたく
大連と瀋陽でネット関連の会社を
二日連続訪ねて参りました。

 

それにしてもマイナス7度の大連と

マイナス10度の瀋陽では、

久しぶりに貴重な体験をさせてもらいました。

大陸の寒さと島国の寒さとではまた違うものなのです。

 

 

<中国勉強会のお知らせ>

 

次回の中国勉強会は

年明け1月12日(木)東京銀座の天厨菜館で行います。

視察団の訪問企業や「深港通」の最新情報を

ご報告します。

参加ご希望の方は当社HPから、お問い合わせ、

お申し込みください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。