徐さんの中国通信

リアルタイムの中国株情報「徐さんの中国株」は
「京華創業」の公式サイト
http://www.keika-corp.co.jpに移転しました。
このブログは2017年4月から
「徐さんの中国通信」として再スタートしました。


テーマ:

当社視察ツアーは一回の開催で5~6社を訪問し、その中から有望視される企業を順次このコラムで訪問の時の様子を取り上げています。しかし紹介待ちの中には株価がどんどん上がる銘柄もあります。光通信の部品を作る会社の株価は7月に入ってから上昇し、特にこの一週間で20%以上も急騰しています。次なる「舜宇光学」になるのでしょうか。

 

続きはこちらから>

******   ******   ******

「徐さんの中国株」は4月から有料化して京華創業公式サイトに移転しました。引き続き閲覧するのに、登録が必要となります。詳細は当社公式サイトをご参照下さい。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
上場会社で、自社株の株価についてコメントすることは異例のことですが、しかしこれまで訪問した会社で投資家の質問に対してつい目標株価について喋ってしまう場面も結構あります。復星医薬(2196)に関して株価暴落の際、大掛かりな買戻しを実施していますが、その理由の一つに「市場の評価が低すぎたからだ」(同社郭会長)と。しかし同社株価は現在上場後の高値圏で推移しています。
 

 

続きはこちらから>

******   ******   ******

「徐さんの中国株」は4月から有料化して京華創業公式サイトに移転しました。引き続き閲覧するのに、登録が必要となります。詳細は当社公式サイトをご参照下さい。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

シェアリングエコノミーが昨今流行しています。日本では、カーシェアリングが数年も前から一時取りざたされていましたが、様々な制限とレンタカーの利便性の向上で、カーシェアリングはついに主流にはなれなかったようです。2016年1月ごろ、急増する外国人観光客に対応する「民泊」が解禁されてシェアリングエコノミーは再び注目されるようになりました。

 

 シェアリングの代表格にAirbnbUberがありますが、いずれもインターネットを介在して個人保有の資産やモノの有効活用という考え方に基づき、割安で必要な人に余剰なモノを提供するもので、日本では、法整備や保険など一連の課題が残されているのが現状のようです。

 

中国でシェアリングエコノミーが注目され始めたのは、Mobike(モバイク・中国語「摩拜単車」)というバイクシェアリングサービスが全国規模で始まってからです。Mobikeについてこのコラムの4月9日号にて取り上げていますが、Uberサービスからヒントを得たもので、自転車の施錠、開錠そして決済などはすべてスマホ一つで(URコードを読み取って)済むのでたちまち人気を博して全国的に普及し始めたのです。

 

Mobikeのほか、バイクシェアリングサービスを始めている会社は5~6社にも上り、そのビジネスモデルを倣って傘のシェアリングやバスクケットボールのシェアリング、充電器のシェアリング、駐車場のシェアリングなど様々なサービスが登場しました。

最新のサービスでは、「昼寝をシェアしよう」というフレーズで登場したカプセルホテルのシェアリング。北京のシリコンバレーと称される中関村の某オフィスビルの地下2階、10㎡のスペースにカプセルが六つ並んでいます。スマホのURコードで開錠し、使い捨てシーツと枕カバーをもらって中に入ると、ドアは占めます。一人の空間になって休憩できるシステムなのですが、気になるのは利用料金。ピーク時(毎日11時~14時)は30分単位で10元(約165円)、平時は同6元(約100円)で、終日利用なら上限58元(約960円)となります。

 

昼寝の習慣が未だに根強い中国。30分でも一人の時間でも持つと十分リフレッシュができるので、まだ始まったばかりのサービスですが、すでに人気が出ています。

考え方次第ですが、スマホで利用、決済そしてセルフサービス以外、カプセルホテルのレンタルと大差がないのでは、とも取られますが、発想の一つで従来利用できていない資源の有効活用にもできるので商売に長けている人には参考になる事例ではないかと思います。

 

中国株投資情報――「徐さんの中国株」はこちらからどうぞ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

復星系の株(復星国際と復星医薬)が2週間で2度の暴落を経験しました。一回目の6月22日は、偶然にも当社視察団が上海で復星医薬の本社を訪ねた日でした。のちに判明したのですが、中国銀行業監督管理委員会(CBRC)が主要銀行に対して海外投資を繰り返してきた企業に対してリスク評価を提出するよう求めたことがきっかけのようでしたが、その場合、復星国際の株が下落しても復星医薬の株が暴落する理由にはまったく当てはまらなかったのです。

復星医薬
復星医薬

 

続きはこちらから>

******   ******   ******

「徐さんの中国株」は4月から有料化して京華創業公式サイトに移転しました。引き続き閲覧するのに、登録が必要となります。詳細は当社公式サイトをご参照下さい。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

テンセントや舜宇光学、IGG、瑞声科技などハイテクやドッドコム系株の賑わいで、ディフェンシブとされる医薬品系の株はすっかり影を潜めていました。そうした中、新薬、バイオ、病院、流通など医薬全般にかかわる「復星医薬」(2196)は6月から2度にわたって市場の噂で暴落の場面があり、その内の1回は当社、第20回投資視察団が同社訪問当日の6月22日(木)でした。

 

続きはこちらから>

******   ******   ******

「徐さんの中国株」は4月から有料化して京華創業公式サイトに移転しました。引き続き閲覧するのに、登録が必要となります。詳細は当社公式サイトをご参照下さい。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。