徐さんの中国株

リアルタイムの中国株情報。
買った株が上がったのは投資家の才覚で、予想に反し、
下がった時には、モヤモヤを解消したいもの。
情報には鮮度がある。
最新情報は京華創業公式サイトへ
http://keika-corp.co.jp

NEW !
テーマ:

情報氾濫の時代です。テレビや新聞のほか、
インターネットのポータルサイトや
自媒体と言われるブログ、SNSなど
新聞を読まない人やテレビを見ない人でも、
一日の内、100本以上は新しい情報に接し
または更新されていくでしょう。
雑学を好きな人は尚更です。

 

そうした中で、最近「干貨」と「深度」を
タイトルにつけた中国関係の情報が増えています。
「深度」は文字通り、深く掘り下げたもので、
また「干貨」(GAN HUO)は「干物」または
「乾物」そのものですが、晩酌の肴ではありません。
水分のない、真価を備えたもの
と言う意味合いで使われている言葉です。

 

「中国人アナリストが見た日本」の中で、
日本の証券会社の中国関係レポートのページビューは、
わずか5、6回、その内半分は
自社社員によるアクセスだという件はありましたが、
さすがの私でも驚きを隠せなかったのです。
そのことをたまたま来社した方とお話をしたら、
「そのレポートには中味がないんじゃないか」
と言うことを話してくれたので、
半ば理解したつもりで頷いたのです。

 

中国人アナリストのレポートで、
2015年までに中国投資ブームともありましたが、
これまた認識不足で、中国投資ブームは2007年、
更にさかのぼると2000年から2001年あたりが
「私は中国株で一億円儲かった」
というフレーズが流行った時期があり、
一大中国株ブームだったと言えます。

 

しかし、当時中国株の極意など
という本が並んでいた本屋の店頭には、
その後中国経済悲観論や中国崩壊論の本が
ずらりと並べるようになり、
中国株から敬遠される投資家も
増えていることが伺えます。

 

「中国株で一億円儲かった」
と言うフレーズも信用されなくなったし、
逆に「昨年1本(1億円)納税したよ」と、
飲みながら「告白」してくれる投資家もいて、
一億円の儲けなんて大した自慢話ではないと、
皆様の成長ぶりとその成果を見せてくれたのです。

 

何を言いたいかと言うと、
「徐さんの中国株」を発信して5年目に入りますが、
多くの皆様に愛読され、また皆様に支えられながら
今日に至っていることを
感謝の気持ちをお伝えしようと思ったのです。

 

「徐さんの中国株」からスタートし、
現在、「京華メルマガ」や「中国企業情報」、
「中国経済News & topics」と
情報を充実させながらの発信に至っていますが、
もし「徐さんの中国株」などのページビューは
5、6回しかなかった場合、京華創業は
その後どうなったんだろうなとふと思いましたが、
中国経済や株式市場の最新情報の
絶え間のない発信と他社にない情報力、
そして水分のない「干貨」が投資家の皆様に
「真価」を認められたのではないかと思うようになり、
「継続は力なり」と決意を新たにしています。

 

中国株式市場の情報を発信していますが、
中国株至上論者ではありません。
相場低迷の時には持ち株を検討し、
大相場を迎えようとしたら、チャンスを狙おうと
市場を見ながら発信していますが、
総じて言えば、マイナス金利の市場で投資をされるか、
減速したとは言え、成長産業が
目に見えている市場で投資されるかを考える際、
チャンスの多い所でした方がお得なのだ
と言うのが持論です。
今後とも、「徐さんの中国株」、「中国企業情報」を

ご愛読、そしてご購読宜しくお願いします。


<勉強会のお知らせ>

 

次回の中国勉強会は10月6日(木)
銀座の天厨菜館で開催します。

 

中国株式市場の最新情報を知りたい方や
投資の達人との情報交換をしたいという方も
どうぞご参加ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

中国証券大手、海通証券の銀行以外の
金融研究チーム所属アナリストがこのほど日本を訪れ、
業界視察と日本初訪問の感想を纏めたレポートを
発表しました。


来日観光客が500万人を超える勢いで伸びていますが、
まともな訪問日感想文は少なく、
同アナリストのレポートは、業界視察の視点で
まだ浅はかなところが多いのですが、
面白いところもあるので、抜粋してご紹介します。

 

効率はいいが、黄昏感が

 

羽田空港を利用しての帰国で、
チェックインから通関までわずか5分足らずで、
搭乗ゲートで2時間以上も待たされる羽目になった。
こんなに効率よくできているのには驚きを隠せなかった。
搭乗までの2時間ほどで
日本訪問の印象が一気に頭の中を蘇った。

 

日本の第一印象は綺麗で秩序あることだったが、
すべてには「古い」というイメージがぬぐえなかった。
地下鉄は四方八方に繋がるが車両も駅も年代もので、
乗る人まで一様に黒かダークグレーに白のシャツ姿で
同僚のチェックのシャツがここでは目立ちすぎ感さえあった。

 

中国も高齢化社会だが、日本の比ではない。
タクシーの運転手はほぼ60歳のおじさんで、
飲食店で働くおばちゃんは70歳に見えたにもかかわらず、
小走りながら料理を運んでくれた。

証券会社の社員は朝5時に出社し夜10時まで働くと聞き、
自分たちも帰国したらもっと仕事をしなきゃと
一同反省したという。

 

中国レポート ページビューは5~6回にすぎず

 

日本の投資家には「中国売り論」が根強い。
2015年の暴落まで日本の投資家の
中国投資ブームがあったが、しかし
暴落の後、崖から落ちるように一気に冷めた。
証券会社の営業担当が顧客に中国という二文字を
口にでもしたら追い返されるように面会拒絶になった。

 

証券会社のポータルサイトに掲載の
中国投資レポートのページビューは5~6回程度で、
その内3回は自社社員によるアクセスだという。
コミッションの達成度合いは米国市場の100%に対して
中国は10%程度。日本の投資家に理解できないのは、
優良企業の株を買っても、市場全体が暴落する中で
その株もなぜ免れられないのかということだという。

 

どこに活路を

 

業界人にしゃくし定規の人が多く、
イノベーションの雰囲気すら感じられなく、
どこに活路を見出そうとしているのだろうか。
従来の証券会社の取次コミッションはいまだに0.8%、
ファンド管理料は2~3%だというのには唖然した。
反逆者がなぜ出ないのだろうか。

ネット証券は0.05%の手数料で
多くの個人投資家を獲得したが、
従来の証券会社は高い手数料率を維持したまま、
資産管理型、付加サービス型へ転換を図ろうとしている。

 

従来の証券会社に居残った個人投資家は
全体の二割程度でなおかつ70歳以上の顧客が多い。
しかし、これらの顧客が100歳でも迎えた時には、
伝統的証券会社はどうやって維持するのだろうか。

 

しかし、日本は銀行もすでに混合経営に変わり、
将来中国も銀行で株が買えるようになったら、
証券会社はどうやって特徴や長所を見せるのかが
今後の課題であろう。

 

著者は日本の金融市場分析担当で、
訪問までに提出した質問集などに対して
日本の同業者は業界や企業の資料を用意して
隈なく説明してくれた。
その細心の気配りとプロフェッショナリズムに
改めて脱帽したという。

 

 


<中国視察団のお知らせ>

 

上場企業を訪問する京華投資視察団は
11月20日(日)~26日(土)にかけて開催。
 大連、瀋陽、天津、北京の4都市を6泊7日で訪問。
 上場企業のほか、租界地などゆかりの地を訪問の予定。
 興味のある方はお問い合わせ ください

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

香港市場のセント株について、
HKEXの李小加総裁のブログの内容を
実例を挙げながら4回に分けてご紹介しました。
李総裁はわざわざこのことを取り上げているのには、
一般投資家の強い不満が
ネット上で炎上していたからです。

 

というのもセント株の存在を知りながらも、
これを取り締まろうという動きは
HKEXも香港証券監視機関も
見せていないのが理由に挙げられます。

 

香港では、2002年に、HKEXが上場廃止について
一般(投資家)から広く意見を徴集し、
「30日間連続で時価総額が3000万元以下、
または平均株価が0.5HKDの場合、
上場廃止に当たる」とした案も出ましたが、
セント株の暴落に繋がり、
同案も採択されないまま今日に至っています。

 

HKEXの現行の制度は
2003年4月1日から施行された二重登録制で、
条件さえ満たせばどの企業でも上場は可能ですが、
しかし、情報公開をきちんとしなければ
罰則を科せられるなどディスクロージャーについて
厳しい条件を設けています。
しかし、情報の真偽については
保証するものではないので、
投資家の判断に任せていることに
セント株を温存させたとの指摘もあります。

 

また内陸の市場では、大株主が自社株を売却の際、
売却の15日前に売却計画の公表を義務付けているほか、
大株主は3ヶ月以内公開市場での売却総数について
発行済み株数の1%を超えてはならないとすることを
規則で決めていますが、香港市場では、
持ち株5%以上の大株主及び上場企業の役員が
売却後3営業日でHKEX経由告知すればいいことになり、
売却数についての制限も設けていないのが現状で、
大株主にとって都合のいい市場だと指摘されています。

 

セント株がここに来てクローズアップされたのは、
もともと、機関投資家やファンドが
時価総額や流通株の制限などで目も向かない株ですが、
深セン、香港ストックコネクトの開通が迫り、
GEM(創業版)市場の時価総額の小さい株が
好きな内陸投資家にまもなく開放するからです。
内陸の投資家はこれまで
セント株に触れるチャンスはあまりなかったので、
注意喚起も含めて再び取り上げられています。

 

とは言っても、私たち海外投資家にとっても
決して対岸の火事ではありません。
減資や分割、割当増資などを繰り返す
日本でも名前の知られる銘柄もあります。
株価が五分の一まで下落し、
安いからだと言って安易にナンピンをかけると、
「財技」(ファイナンステクノロジー)で
いくらでもまた下がりますし、下がったところで、
増資を提案してくることも十分考えられます。
上場規則に許される行為なので
投資家は自己防衛に徹する以外はありません。

 

セント株も時には、20%や30%も
瞬時に急騰する場合もあり、
仕手株好きな投資家には向くかもしれませんが、
心臓の強くない投資家は遠いところで
楽しんでもらいたいと思います。

 

しかし、そもそもなぜセント株が自由自在に泳げるのか、
これを深く掘り下げて論じる文章やコラムを
あまり見かけないのが残念ですが、元はと言えば、
これらセント株の会社もかつては
実業を伴った輝かしい過去はありましたが、
中国返還以降、実業は北上し、
香港経済の「空洞化」=上場会社も
ペーパーカンパニーに脱落したことが
株式市場ではセント株として現れたと
考えて妥当なのではないでしょうか。

 


<勉強会のお知らせ>

次回の中国勉強会は10月6日(木)
銀座の天厨菜館で開催します。

中国株式市場の最新情報を知りたい方や
投資の達人との情報交換をしたいという方も
どうぞご参加ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「セント株」は大株主の利益を最優先し、
また大株主のほぼ恣意で増資または減資が可能な制度で、
一般株主の利益を侵害することが明確なことです。
これを法整備で取り締まりはできないかと
投資家から声が上がっています。


増資(有償・無償)や減資はなぜ簡単にできるのか、
HKEXの李小加総裁は次のように解説しています。
「(割当増資や減資などは)再融資制度の
中間的ツール(Neutral tool)にすぎない。
これらを認めているのは、上場会社が
低コストで効率よく、簡単に融資し
またその企業の発展を支援することが初心で、
これは内陸の多くの企業が香港での上場を選んでくれた
主な原因の一つでもある」


「再融資制度は経営困難な企業のために
融資問題を解決することができる反面、
経営が失敗した場合、株主に
大きな損を作ってしまう面もある。
もちろん、悪人はこれら融資手段を不正に利用し
一般株主の利益を侵害させることも散見される。
キッチンの庖丁みたく、善人は料理用に使うが、
悪人は凶器として使うこともある。
しかしだからと言って庖丁を禁止するわけにはいかない。
それなら善人でも料理することができなくなる。
したがって、一般庶民の暮らしに影響しない範囲で
凶器になる脅威を最低限に抑えることが
監督機関が模索しようとするバランスそのものだ。
最重要な責任は事後の強力な責任追及で、
これをもって潜在的悪人を抑制することだ。


では、一般投資家はどうやってセント株に
引っかからないようにすることができるのか
という問いかけに対して
李総裁は次のように述べています。
「一般投資家は投資の最終的損益の責任者であれば、
投資の安全性に対する一義的責任者でもある。
投資しようとする株についてよく理解し、
噂など信じようとせず、誘惑から離れることだ。
マーケットのことは理解していないが、
しかし投資しようとする場合、人だかりの多いところ、
明るいところをどうぞ通ってください。
悪人は暗いところ、人影の少ないところに
身を隠しがちだ。資本市場もまた同様なのだ。


経験も乏しく、この道に明るくない一般投資家は
みんなに名前を知られ、過去の業績も良く、
情報開示も十分な、リスクの低い会社に投資して下さい。


香港の再融資システムは、融通の効く制度だが、
大株主がこれを利用する場合、
株主総会の授権と同意を得なければならない。
再融資計画の公告と株主総会までは告知期間があるので、
融資計画をよく研究し、株主総会で投票し、
投資決定をしてもらいたい。
要するに、セント株に引っかからないためにも、
近道を避け、大通りをどうぞ通ってください。
失敗してから警察を呼んできても、損失に対して
警察が肩代わりをすることはできないからだ。


内陸の投資家が香港市場のルールを
十分理解していないだろうということを踏まえて
投資標的を選択の際、順次拡大していく
という原則を取り入れている。
例えば、上海香港ストックコネクトの際、
時価総額の大きく流通性のよい株式から試験的に始め、
それから深セン香港ストックコネクトの時には、
時価総額の割と大きい中小企業の銘柄も取り入れ、
同時に投資家資格というハードルを維持した。
初めて海で泳ぐ人はまず浅瀬で練習し、
それから沖に出て自由に泳いでください」

<了>




<中国視察団のお知らせ>

上場企業を訪問する京華投資視察団は
11月20日(日)~26日(土)にかけて開催。
大連、瀋陽、天津、北京の4都市を6泊7日で訪問。
上場企業のほか、租界地などゆかりの地を訪問の予定。
興味のある方はお問い合わせ ください。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

市場では、香港のセント株の氾濫は
監督機関がこれを真剣に取り締まろうとしない
無責任によるものではないかとの質疑に対して
HKEXの李小加総裁は、特に、内陸と香港市場の
違いを意識しながら、香港証券委とHKEXの役割は
違うものだとさらに次のように力説しています。


「事前審査のメリットは、悪い企みを初期段階でつぶし、
善人に害を及ぼせないようにすることができることだ。
一般株主をメインとする市場(例えば上海市場)では、
このような監督理念は
またとない選択肢であるかもしれない。
しかし機関投資家を主とする市場(例えば香港市場)では、
現実的に、どんなに厳しい事前の審査でも、
市場を完全にクルーズするなら別だが、
違反を根絶することはできない。


厳しい事前審査を科す場合、逆に善人の自由を妨げ、
正常なマーケットオペレーションを窒息させることになる。
更に審査のプロセスでは、監督という立場の人に
多大な自由裁量権を付与すると、
腐敗と権力の乱用という問題も引き起こしかねない。
香港市場は後者の監督哲学を採用している。
その良さは善人の自由を守り資本市場の効率を高めたが、
対価としては悪いことを企む人を事前に完全に排除し、
またはすぐに退場させることができないことだ。


このような監督哲学は責任逃れではなく、
悪いとされる人に対する監視、監督は主として
強制的ディスクロージャー、
株主の審査プログラムの透明性、
ルール違反の監視、懲罰などで違反を抑止することだ。
このような監督理念は、機関投資家を主とする
香港市場というマーケットの仕組みと
密接に関連しているからだ」


「監督管理において、
香港証券及び先物取引事務監察委員会
(日本でいう「証券取引等監視委員会」)と
香港証券取引所(HKEX)は
それぞれ違う責任を背負っているのだ。
HKEXは、第一線の監督機関として、
「上場規則」に基づき、上場会社と
その役員のコンプライアンス
(情報開示や株主総会の開催など)を監督するのだが、
株主の自由な決定権に関与せず、
投資家を監督する責任はもちろん持ち合わせていない。
香港証券委は独立した法的機構で、
企業買収や株式の買戻し、公開市場での買い付け、
インサイダー取引、株価操作などの違反行為に対して
取引のプロセスでの監視と事後訴追を責任としている」



<勉強会のお知らせ>


次回の中国勉強会は10月6日(木)、

東京銀座の天厨菜館にて開催。

中国(香港)株式市場と視察団で訪問した企業の

最新情報をお伝えします。

初めての方もご参加頂けますので、

お気軽にお問い合わせください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。