徐さんの中国株

リアルタイムの中国株情報。
買った株が上がったのは投資家の才覚で、予想に反し、
下がった時には、モヤモヤを解消したいもの。
情報には鮮度がある。
最新情報は京華創業公式サイトへ
http://keika-corp.co.jp


テーマ:
石家庄には、石薬集団のほか、華北製薬、
石四薬集団(旧利君国際)など
大型の製薬会社はいくつもあります。
計画経済の時代、東北地方には重工業、
華北地方には製薬会社などという名残で、
製薬会社がこの石家庄に数社も集まっています。

一方、兵隊の駐屯地としても有名で、数年前、
日本人数名が駐屯地にカメラを向けたということで、
拘束されたことを日本でも報道されています。
鉱山や製鉄など大気汚染と直結する工業地帯で
行くのには躊躇しましたが、
思いのほか、見る価値のあるところでした。

2010年12月に、考察団で
日帰りで一度訪問したことがあります。
短時間の滞在でどんよりした空気以外
あまり印象に残るものはなかったのです。
今回敢えて2泊したのは、企業訪問のほか、
「背水の陣」の古戦場など史上に残る
数々の史実の発生地だということがわかり、
見てみようという思いもあったからです。

石家庄でのホテルはワールドトレードプラザという
少し年代を感じさせてくれたホテルでしたが、
その真正面に大理石建築の
「河北博物館」が聳えています。
限られた時間で展示物を見せてもらいましたが、
三国志以前の漢の時代やその後の隋、
宋の時代の出土品がたくさん展示され、
参加者は個人的にもぜひ再度訪問したいと、
日本からの行き方を詳細に聞かれました。

背水の陣の主戦場は市内から30キロほど
(ガイドブックでは17キロだと)離れたところにあり、
ほかの観光地とは違い、観光客は私たちのほか、
物売りも売店もなく、地元住民の格好をした人が
2、3組程度で、観光地としては
まだ認識されていないという印象でした。

劉邦の主将、韓信が3万人の兵を、
ここ井陘口で綿河という川を背に布陣し、
兵士に決死の思いで趙の20万人の兵を迎撃し、
全滅させたことで有名な話ですが、
秦の始皇帝が巡礼や地方視察の時に利用されたという
井陘古道は、清まで国道として使われ、
現在国家指定文化遺産として保護されています。

しかし行くのには路線バスがなく、
専用車をチャーターしかありませんが、
鉱山が隣にあり、夕方になると、
タンクローリーや大型トラックが行き交い、
延々と数キロも渋滞に巻き込まれました。
トラックに積んでいる鉱石を見てみると、
セメントや鉄鉱石の原料になるだろうと
公共事業がまだ終わらないなと一行が話し合っていました。

石家庄に出発する日の朝、北京通州区の
張家鎮にある四環医薬の北京工場を見せてもらいました。
敷地面積10万平米のところに、本社の管理部門や
研究棟、工場、社員食堂など数棟立ち並び、
昨年末に完成し、今年の1月引っ越しが完了という
まだピカピカの施設で、総勢400人が働いていると
紹介されましたが、私たちの目には人もまばらで、
本当に稼働しているのか参加者も不審に思いましたが、
最終工程のパッキングラインに海外投資家として
私たちが初めて迎え入れられました。

案内役の予算や品質管理担当副社長の袁氏は
「(工場は通常通り稼働し)取引停止は
生産ラインとまったく関係がない」と
しっかりした口調で語ってくれました。

「百聞は一見に如かず」とは
こういうことだと北京と石家庄を後にしました。


熱烈歓迎 京華創業御一行様 石薬集団
     熱烈歓迎 京華創業御一行様 石薬集団
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
景気のリセッション、株式市場の低迷・・・
そうした中での視察団の敢行には、
「一番悪い時は、一番のチャンス」だという
邱先生の言葉に背中を押されているからです。

今回は6泊7日で、北京、石家庄、上海、
蘇州を見て回り、上場企業5社を訪ねました。

5社のうち、3社は医薬品業界の会社で、
医薬業界の成長はすでに終わったのでは、
と昨今聞かれますが、
これからが成長の正念場ではないかと
敢えて集中的に見て回ることにしました。

そして単発にターゲット企業を見るよりも、
集中的に見ることにより、業界にいる上場企業同士が
お互いどのように相手企業を見て(評価して)いるのか、
尋ねるのも非常に効果的な訪問だったと
私としても大いに勉強になったのです。

薬品業界の贈収賄スキャンダルで、これまで
数社も取引停止や罰金を食らわされたりしましたが、
医薬分業がなかなか進まない理由について、
蘇州で訪ねた東瑞製薬(2348)の陳総経理(社長)が
中国医薬品の販売や卸のシステムに問題があるとして、
「処方薬で病院に納入する医薬品の場合、
製薬メーカーが病院の先生をお食事に招待する場合でも、
贈収賄の疑いが持たれるが、東瑞の場合、
納入先は薬局なので、経営者をお食事や
観光などに招待した場合、営業経費として処理できる」と
製薬メーカーと病院との癒着を
このように説明してくれました。

中国では、現在製薬メーカーは6000社も数えるが、
業界の再編や買収などは時間の問題だと予想されます。
今回石家庄で訪ねた石薬集団(1093)は、
以前訪ねた某製薬メーカーの社長に、
中国の製薬メーカーで創新薬の開発能力があり、
今後も成長していくだろうと思われる企業は
どこだろうかと尋ねたところ、
3社を上げてくれた中の1社に石薬集団があったのです。
それが今回の訪問につながった理由の一つですが、
1994年、内陸の製薬メーカーとして
初めて香港に上場し、ジェネリック薬を中心に
開発が行われてきましたが、
2012年から企業単位としての構造転換を模索し、
創新薬の開発に力を入れ、現在売上高の50%以上、
利益の80%以上が創新薬によるものだ
というところまで成長してきています。

製薬に限らず、先日のブログでも触れている通り、
IT業界でも、これまでPCなどハードな製品や
部品の代理店で売上高を700億元まで上げた
神州控股も事業の最盛期に、ソフトの開発に転向し、
現在スマートシティや金融、農業、人口統計など
様々な分野に同社開発のソフトを
利用してもらうように成功しています。

経済の構造転換は一体何をやろうとしているのか、
今回は実体経済の中で、企業レベルで
その成功例を見せてもらいました。
私にとっても実に勉強になった視察でした。




   四環医薬研究棟 将来に備えて一棟は予備に
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第16回京華投資視察団を終え土曜日に無事帰国し、
一週間ぶりに新宿のオフィスに戻りました。
北京、石家庄、上海、蘇州を6泊7日で見て回り、
上場企業5社を訪ね、中国版新幹線――
高速鉄道にも乗り、国内移動で初めて話題の
春秋航空も利用したりして初体験の多い視察旅行でした。


16日の上海入りは上海ディズニーランド開園の日で、
石家庄からのフライトが2時間のディレーとなり、
LCC(春秋航空)だからの日常茶飯事かと思ったら、
上海に到着してみると、午前中から大雨で、
私たちが乗るフライトの到着予定時刻が
雷雨の真っ最中だったことがわかり、
お蔭でディズニーランドの開園セレモニーも
いまいち盛り上がらなかったようだと報道で知らされ、
上海の町中にキャラクターや旗でいっぱい
飾られているだろうと想像しましたが、
市内には全くその様子が見られませんでした。




企業訪問の合間に 鳥の巣に立ち寄り (2016.06.13)


ディズニーランドの開園よりも私の関心は
前日のMSCIの新興国市場指数のA株採用に関する
決定の結果でしたが、
2014、15年に続き、今年も採用お見送り
という結果だと15日の早朝伝えられました。


MSCIの中国A株採用に関して、
12日上海で行われた陸家嘴金融フォーラムで
中国証券監督管理委員会国際部の祁斌部長は
香港記者の取材に対して
「中国市場は世界二位の資本市場で、
また世界で最も成長の速い市場である。
MSCIの指数に中国市場がなければ
不完全なものだ」として更に直接英語で
「We don’t want wait too long」
(長くは待っていられない)と、
MSCI採用への期待を滲ませていました。


それを踏まえた不採用の決定で、
証券委にとってもショックだったと思いますし、
また翌日の16日、MSCIはパキスタンの株を
新興国市場指数に組み入れることを発表し、
二度の驚きではなかったかと思われます。


MSCI側はA株採用について
証券委が行ってきた改革を評価しながらも、
QFIIの市場参入(投資限度額)の制限と
売却及びファンド解約後の海外送金の制限、
上場企業の自己都合による取引停止などが、
採用お見送りの理由だとして、
引き続き2017年の採用リストに乗せて
更なる改革を期待するとしています。


MSCIの新興国市場指数は現在21か国と地域の
820社以上の株をインデックスとして採用し、
世界中の投資ファンドが投資する対象となっています。
中国関連の株式として
すでに26.8%のシェアを占めていますが、
ニューヨーク、香港またはB株などの上場企業で占め、
A株だけは依然蚊帳の外だと言うことが続いています。


A株採用見送りについて、読者のN様は
「今回アクセス制限があるとかの理由で
導入を見送ったが、愚かな決定だ。
いつまでも西側の論理が通用すると思っているが、
これは大いなる幻想だ。・・・・・・資金力、成長力、
いまや世界トップの中国をないがしろに
世界の経済、金融などを語ることは不可能だ。
多くの分野で中国は
超大国としての片鱗を見せることになろう。
いつまでもお利口なスタンスではない」と
感想を寄せてもらっています。


しかし、MSCIの不採用決定で、
中国の資本市場のさらなる改革と
開放に繋がることになれば、
個人投資家にとっても悪い話ではありません。
特に企業のディスクロージャーの透明性が
更に高まれば、投資家の投資判断の
一助にもなると期待したいものです。



<お知らせ>
1. 次の中国勉強会 は7月7日(木)に開催。
参加者募集中。
2. 第16回視察団訪問の様子を
当社HP にて写真公開中。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
PCや部品の代理店からソフト開発に
経営方針を転換した神州控股(0861)。
昨年代理店業務を売却し、スマートシティや
システムソリューションサービスなど
ソフト開発に専念する会社に変身しています。

方向転換した理由について聞かれた
同社戦略分析部の孫総経理は、
PCなどハードの販売は売上高こそ700億元に達したが、
純利益は1%に過ぎないことを認め、
近年、Eコマースの台頭でオフラインでの売上も
大打撃を受けていると、代理店業務を切り離した
理由について説明してくれました。

スマートシティは考え方として素晴らしいものですが、
運用の際かなり難しく、日本でも難航していると
参加者の質問に対して、孫総経理は、
同社はキャノンや富士通、東芝、沖電気などとも
業務提携した経験があることを前置きにしながら、
例として、市政府(市役所)の公共サービス
(交通管制、税金や水道、ガスなど公共料金の納付、
身分証明書や保険証の発行)をインターネットでできるように
オンライン化することを挙げ、
オンライン化したシステムの運用やメンテナンスなど
サービス料として政府からもらうことで
売上げを立てていると語り、昨年までサービスを開始した
42の都市を年内に70の都市まで広げ、
中国の中規模以上の300の都市まで順次拡大していく
計画であることを明らかにしてくれました。

さらに政府からは固定したサービス料をもらうのに対して、
今後テンセントやアリババなど大手IT企業とも提携し、
同社プラットホームを大手ITの企業の公式サイトに掲載し、
より多くの人に知ってもらうための
活動もしていきたいと語りました。

また農業部門の運用に関しては、土地所有者の確認、
農産物取引センターの設立、
物流管理システムの実例を挙げながら説明してくれました。

同社訪問の直前、同社株式について
「買収合戦」が行われていることが明らかになりました。
深センA株上場の広電運通(002152)は
3月に同社発行済み株を10%以上買い増しし、
5月にはさらに12%弱まで買い上げをし、
同社筆頭株主になったことを発表しました。
これに対して、創業者の郭為と関係企業が
自社株を守ろうと10億元の現金を用意して
自社株を買い増しする計画があることを公告し、
買収合戦の様相を呈しました。

これについて、参加者からは、
「買収側」の広電運通の意図や神州控股の対応及び
今後の展望について問いただしたところ、
孫総経理は、買収を仕掛けた広電運通側と
コミュニケーションを続けていることを明らかにし、
同社とは現在業務関係がないこと、
神州控股を買収する意図がないこと、
董事会(取締役会)に役員を送り込む要求が
出されていないことを挙げ、創業者郭為と関係者合わせて
今後自社株を最大30%まで買い増ししていく計画が
あることを明らかにしています。

しかしこの買収合戦は完全に同社が描いている
ロードマップに沿って進むのか
まだまだ疑問が残るところです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
北京到着初日の快晴と打って変わって
二日目は朝から小雨がぱらついていました。
6月は春先に種まきした農産物が成長する時期で
「春雨貴如油」(春雨は油のごとく貴いものだ)
という諺があるくらいで、この時期の雨が国の台所、
農家にとって何より貴重なものです。
おかげで気温は初日の32度から25度まで下がり、
清新な空気を吸いながら企業視察に向かいました。

午前中、滞在のホテルニューオータニ(長富宮)飯店から
車で20分もかからなかった「中国通信服務」を訪問した後、
昼食を挟んで北京のシリコン・バレーとも言われる
北西部にある中関村に向かいました。
中関村ソフトウエアパークという上地エリアにある
「神州控股」(0861)に、アポイントの15時を
30分ほど前に到着したので、本社ビル(新社屋)
一階ロビーにある小奇麗な喫茶コーナーで全員小休憩した後
15時丁度、同社戦略分析部の孫総経理が迎えに来てもらい
反対側同社ショールームまで案内してもらって、
早速の同社の事業内容に関する展示コーナーで
動画やパネルを見ながら解説してもらいました。

「神州控股」は2000年にパソコン最大手の
レノボグループ(0992)からスピンオフして
翌年に香港に上場したインターネットサービスの会社です。
パソコン販売の最盛期で、自社ブランドのPC本体や部品、
海外ブランドの販売をメインな事業とし、最盛時には
13000社のブランドの代理店を引受け、
ハードウエアの販売で
最高700億元の売上高を記録しました。

2006年からソフトウエア開発に参入し、
政府や企業、団体向け
システムソリューションサービスをはじめ、
10年間試行錯誤し、ソフトの開発に自信を持つに至り、
2015年4月に、ハードウエア代理店業務を
創業者で郭為現董事長とA株市場(深セン)上場の
深信泰豊(000034)に50億香港ドルで売却し、
売却益の75%を既存株主に特別配当として
一株当たり3.2香港ドルで還元し、同業務に見切りをつけ、
ソフトウエアの開発に「構造転換」の舵を切ったのです。

しかし、ソフトウエアだけで食っていけるのか、
同社訪問までは疑問に思ったのですが、現在の運用先に、
スマートシティ(昨年までは42都市、
今年は70都市まで拡大予定)のほか、人工衛星や
市役所市民サービスプラットホーム、金融、医療、農業、
世界人口予測(一人っ子政策の転換に
同社人口予測システムが裏で支え、
そのシステムを中国政府から世界保健機構――
WHOに推奨したという)、通信などの多分野に及び、
その可能性は無限大にもなることを説明され、
事業展望に思わず頷きたくなるのですが、
会議室へ移動した後の説明会で
参加者の皆様から厳しい質問が相次いだのです。


神州控股見学中(2016.06.13)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。