徐さんの中国株

リアルタイムの中国株情報。
買った株が上がったのは投資家の才覚で、予想に反し、
下がった時には、モヤモヤを解消したいもの。
情報には鮮度がある。
最新情報は京華創業公式サイトへ
http://keika-corp.co.jp

NEW !
テーマ:
投資家として
毎日が大相場であることに越したことはありません。
邱先生の事務所に入るまでの会社は
中央区京橋にあったので東京駅八重洲口の
証券会社の前を毎日のように通っていました。
テレビの情報番組で日本株のニュースが取り上げられる際、
株価ボードの前でインタビューする場面がよく見られるが、
あの株価ボードの前をです。
大相場の時は人だかりが、市場低迷の時には人も疎らで、
相場に対する関心の度合いは、
集まっている人数からも伺えます。

香港市場をはかる指標の一つに取引高があります。
大相場の時には1000億から
2000億香港ドルまで膨れ上がりますが、
常時平均は700億前後なのに対して、
ここ最近は500億香港ドルを切るのも
珍しくなくなっています。
その反面、膨れ上がっているのは空売り比率です。

先週、香港市場の空売り比率は18.4%に達し、
1998年以来大よそ20年ぶり高い水準になっています。

空売りとは言うまでもありませんが、
証券会社から株券を借りて売却することで、
(売却する株の)株価がさらに下がると、
これを買い戻して利益を上げる投資法の一つです。

現に、安いところで買って高いところで売ることは
いわゆる正攻法ですが、逆の投資手法でも
利益を上げることができることは空売りです。
香港市場ではこの投資方法が認められているので、
市場の低迷が長期にわたって続くと認められる際、
空売りから始まる投資家も増えてきます。

空売り比率とは、出来高に占める空売りの割合のことです。
空売りは高い株価を適正水準まで戻す役割がある一方、
将来を見据えたヘッジの機能もあります。
空売りを仕掛けると、一般的に株価は下がりますが、
しかし、空売りで利益を上げるのには、
売った株を買い戻さなればなりません。
空売りを仕掛ける投資家は長期投資を考える人は
ほとんどいないことを断言できます。

なぜなら空売りの株券は証券会社から借りているもので、
コスト(利息)がかかるからです。
短期勝負がコツですが、その空売り比率を
香港証取のポータルサイトで四半期ごとに披露されます。
通常10%前後の空売りは5月に入ってから
18.4%まで膨れ上がっていることが明らかになっています。

そして空売りが高い比率になった時には、
ハンセン指数が低い水準にあることも
これまでの統計でわかり、
2008年のサブプライムローンを端に発生した金融危機、
2011年のユーロ危機などの際、
空売りが急増し、ハンセン指数も低空飛行したが、
その後いずれも反騰していることが明らかになっています。

6月は配当を実施する多くの企業の権利落ちの月です。
空売りで借りている株式には、利息を払うほか、
配当金も証券会社に返さなければなりません。
そのコスト負担を避けるためにも、権利落ちまでに
いったん買い戻す傾向もこれまでには見られました。

繰り返しになりますが、
空売りは買い戻さないと利益にはなりません。
空売り比率が高いほど、買戻しも増えることになります。
そのタイミングも近いのではと見られます。
皆さんもどうぞチェックしてみてください。





<ZESSEIに関するお知らせ>

以前、北京や上海で入手できた幻の化粧水、
「ZESSEI」こと絶世美人化粧水はもう入手できないかと
最近多くのお問い合わせを頂いております。

王振国先生のご協力でオリジナル商品
康美化粧水--ヘルス&ビューティ)を
日本まで届けてくれることになっています。
詳細は当社HPをご参照ください。
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
中国の株式市場は今月初めの
「権威筋」の談話以降、風向きが少し変わりました。
期待されていた全人代張徳江議長の香港訪問に伴う
深せん・香港直接取引の「直通車」の発表もなく、
機関投資家やファンドの投資は
しばらく控える空気が濃厚となっています。

「権威筋」の判断では、
「中国経済はU字でもなく、V字でもない、
L字型回復にある」ことだが、
実体経済はL字の縦の線にあるのか、
それとも横の線にあるのかについても
議論が分かれていますが、
共通点としては1年や2年くらいでは
L字型から脱出(V字型に)することが望めないことです。

そうした中で、鳳凰財経(Finance Ifeng)は
「どんな商売でも儲からない段階に入ったのか」
というレポートを発表しました。

その中で、「民間投資の失速」を問題として取り上げ、
第1四半期の民間による投資が大幅減にもかかわらず、
全国の固定資産投資が減少するどころか、
大幅に増加したことです。
つまり国有企業や地方政府による投資が急増し、
民間投資減少の穴埋めをしたということですが、
その国有企業と地方政府の投資も4月に入ってから
人民銀の通貨政策の転向(緩和から緊縮へ)で
伸び悩んだと言います。

民間固定資産投資減少の理由について、
同レポートは次のことを指摘します。
1. リセッションで経営リスクが増大し、
投資する勇気がないこと、
2. 利益が減少し、投資利回りが低下して
投資する意欲がないこと、
3. 独占(業界)が多く、参入のハードルが高く
(投資)しようにもできないこと、
4. 融資ルートが狭まれ、投資能力がないこと、
5. 行政の関与で資金が国有企業に流れていること、
上記五つの原因により、
民間投資が控えていると指摘するとともに、
民間資本は利益を追求するもので、
その民間資本でさえ投資を控えるようになったら、
お金儲けのチャンスはないと
宣言することと同じことだと結論付けています。

株式市場の株価の値動きからも経済実体の現状を
よく把握したレポートだと感じられます。

とは言っても、経済は動いているもので、
いつどんな時でも必要とされる業種は必ずあるものです。

先日、成都に進出した日系百貨店に在籍したH氏が、
飲食チェーンを展開する日本の本社から
ヘッドハンティングされ、
中国本部の執行役員に任されましたので、
当社に挨拶に来られました。
台北、シンガポール、成都での海外勤務経験があり、
中国経済について、LOUIS VUITTONやGUCCIなど
売上高がダウンしているかもしれないが、
飲食ではまったくそのような気配はないと、
北京、天津を中心に150店舗を、
1,2年を目途に展開する計画を語ってくれました。

6月視察団の訪問企業も決まりました。
医薬品企業を中心に訪ねるのも、
景気や不景気と関係なく飲食と同様、
いつ何時でも必要とされている、
いわゆるディフェンシブ銘柄(業種)だからです。
民生と密接に関係している業種だけあって
医療改革の対象業種で政策(薬価抑制)に
左右されることもありますが、
一時的抑揚はあっても
長期的には成長産業だと見ています。
AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
中国株は低迷を続けています。
理由の一つに、経済政策の方向性が
はっきりと読めないからだと言われます。

権威筋の談話や中央銀のガイドライン、
メディアの社説などによく出てくる言葉に
「安定的成長」と「構造調整」とあります。

「安定的成長」とは、
GDPの成長率を高い目標でなくてもいいから、
ある程度安定的な成長を維持することとされていますが、
これに対して「構造調整」とは、生産過剰を縮小させ、
倒産、閉鎖を含めてリストラを敢行して
創新企業と成長産業を育成させることとされています。

現在の中国経済に、どちらも必要とされる政策ですが、
しかし株式市場では、
投資先としての選択を難しくしております。
というのも、上記政策的には
相反(矛盾)するところがあるからです。

ファンドや大口投資家がこうした政策を様子見しようと、
投資を控える空気が濃厚となっています。

しかし株価低迷の副産物に高配当銘柄が続出しています。
「年初にリスクとチャンスが共に 高利回り株を」
(1月18日付「徐さんの中国株」)と題して
香港市場の高配当銘柄合計60社を
有料情報としてご紹介しました。
利回り9%以上の銘柄が50社、
8%以上が10社を厳選して紹介していますが、
これを5%まで拡大したら
相当数の高配当銘柄が香港市場にあります。

現に、金融関係では、不良債権化の心配で
多くの銀行の株価は長期低迷を余儀なくされています。
そのため、例えば、香港上海銀行(HSBC)や中信銀行、
交通銀行、重慶農商銀行などの利回りは
現在いずれも5%を超えてしまいます。
また、大相場の時とは真逆で、証券株の利回り、
例えば、中州証券(1375)は本日の株価に対して
利回りは16%にも達し、
また国聯証券は同12%を超えています。

銀行に次ぐ利回りが高いのは、不動産株です。
8%以上限定して見ても恒大地産、SOHO中国、
富力地産、首創置業、建業地産などがありますが、
5%まで拡大したら多くの不動産関連企業が
この範疇に含まれるようになります。

金融、不動産のほか、電力株は日本株と同様、
昔から安定した利回りで知られていますが、
しかし、電力消費量の伸びが鈍化し、
4月にはさらに対前年比で減少に転じたほか、
電力企業の負債比率が高く、設備投資がかさむなどで
PBRが1を割り切った銘柄が多く、
株価に対して8%以上の利回りも珍しくありません。

当然、前出中州証券は、市場低迷で、4月の決算では、
単月として純利益は昨年比で94%減も
売られた原因の一つです。

安定した利回りで買い安心感があるのは、
高速道路の株です。現金商売で
「お金を払わなければ外には出られない」(邱先生)
安心できる商売の一つです。

保有資産の売却などで
一時的に配当利回りが高いのが散見されます。
市場低迷の時には、長期安定した配当を実施する
高配当銘柄を狙うのも選択肢の一つです。


<北京・上海勉強会のお知らせ>


第16回投資視察団は
来月の12日から18日にかけて行います。
北京では、企業訪問するほか、
四環医薬の役員とお食事会を予定しています。
また上海では、東瑞製薬を久しぶりに
訪問することになっています。
どちらか一日だけでもご参加頂けますので、
関心のある方は当社HPをご参照ください。
AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

タイトルの言葉を良く覚えている方が多いと思います。
そうなんです、邱先生が残してくれた言葉なんです。
山東羅欣薬業(8058)を下見される時は
同社の株価が0.5香港ドルだったのが、
2年も経たないうちに2.5ドルになり、
また更に1年も経たないうちに5ドルになって
現在多くの株が低迷している中でも
同社の株価は12~13ドルの間を推移しています。


2.5ドルの株価を0.5の段階で買った投資家から見ると、
十分利益が出ているので利確を考えているものですが、
しかしその企業の将来性を見込んだ投資家は
そこから投資している方が私の周りに数多くいます。


「高い株ほど良く上がる」株にはテンセントもその一社です。


そのテンセントは今週18日、
第1四半期の業績を発表しました。
それによると、売上高は昨年同期比で
43%増の49億5200万米ドル、
純利益は同33%増の14億2100万米ドル、
純利益率は同2%減少の29%、
EPSは0.97元となっていると言います。
(同社株主に外国人投資家が多いことで、
決算報告書では人民元と共に米ドル表記も)
経済がリセッションし多くの株が低迷を強いられる中で、
30%以上の成長を続けている会社は
そうそう多くないことが実情です。


ハンセン指数構成銘柄の中で、
10%のシェアを占めているのがテンセントと
香港上海銀行(HSBC)の2社だけで、
株価は年始から今月18日までテンセントは
5.6%上昇したのに対してHSBCは19.1%下落し、
またハンセン指数も9.53%マイナスとなっています。
シェア10%も占めるテンセントの株価の
上昇がなければ、ハンセン指数はどこまで下がるか
テンセントの業績に脱帽の思いで見せてもらいました。


IT大手3社のBAT
(百度、アリババ、テンセント)を比較しても
年初から米国上場のアリババは2.36%、
百度は9.52%の下落で、こちらでも
テンセントの「完勝」となることが分かります。


BATに関して言うと、テンセントには全く
ネガティブな情報が伝わらないことでも知られます。


ネット検索エンジン最大手の百度(BADU)は、
検索ランキングの操作で、
広告費を多く出していることだけを審査の基準にし、
ライセンスや資質のない開業医でも
広告費を噴出すれば
上位にランクインされるように操作し、
その情報を元にしてかかりつけた患者が
死亡したことが公になり百度の株価は大暴落しています。


またアリババのEモール、TAOBAO(淘宝)や
T―Mail(天猫)などに偽ブランド品が氾濫し、
消費者から訴えられても改善が見られないことで、
国際模倣対策連合(IACC)に今月一旦加入したものの、
会員の抗議で加入資格を取り消され話題を呼んでいます。


アリババのジャック・マーは様々なフォーラムや
講演会に積極的に顔を出し
社会活動に参加しているのに対して、
テンセントのポニー・マー会長は物静かで、
事業家のイメージを国民にも投資家にも印象付けています。


第1四半期の売上高の内訳でも、
本業の付加価値サービス(PCやモバイルゲーム)は
34%増、ネット広告は73%増と、QQやWechat、
テンセントニュースなどPCやモバイルを媒体とした
収入を上げていることが明らかになっています。


そのテンセントは国内で上場していないため、
直通車の開通で更なる国内投資家からの投資も
予想されます。テンセントは今でも
留まるところを知らない勢いで伸びています。

いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週市場の注目は
全人代委員長(国会議長)張徳江の香港訪問です。
国の最高リーダーの一人としての香港訪問は
2012年当時の胡錦濤国家主席の
香港中国返還15周年記念イベント出席以来のことで、
習・李政権以来初めてです。
弾丸の地、香港を三日間もの日程で訪問するのには、
異例ではないかと見ています。


17日専用機で香港入りした張委員長は、
空港でメッセージを読み上げ、
今回の訪問の目的について、見ること、聞くこと、
そして話す(演説)ことだと強調しました。


訪問のメインイベントには、
「一帯一路」フォーラムの参加と
香港政庁の歓迎晩さん会の出席などとありますが、
これらのイベントでの演説で
どんなことについて触れるかが注目されています。


投資家としての関心は当然、
深セン・香港市場の相互直接取引としての
「直通車」の開通時期について発表されるかどうかですが、
これには「慣例」としてこれまで
国のリーダーや内閣のメンバーが香港訪問の際、
何らかの「手土産」を持参することがあったからです。
例えば、2011年当時副総理として香港を訪問した
李克強氏は香港経済を下支える内陸と香港間の
金融や貿易に関する優遇措置、
10数項目を発表したことがあります。
全人代委員長就任の前に、香港隣接の広東省で
行政を司った経験のある張氏には、現在も
香港・澳門の事務担当としていま香港が何を必要とし、
香港の将来はどのような方向に進むべきかを
一番良く理解しているので、
その発言は各方面に神経を尖らせています。


香港の「凋落」について清話会ブログの
徐さんの中国投資最新レポート 」コーナーで
香港はどこへ行くのか 」と題して

近年の香港の現状について詳細を綴っています。
香港経済の空洞化に伴い、若い人を中心に
理想の職にありつけることもできず、
その不満のはけ口を長官選出の選挙方法や
内陸観光客の排斥などに向けています。


先週末、香港統計局は第1四半期のGDPを発表し、
前期(2015年第4四半期)よりマイナス0.4%、
昨年同期比でも半分程度の
0.8%の伸びであることを明らかにしました。


深セン・香港直通車の開通は
金融市場に内陸の潤沢なマネーを誘導し、
香港経済を支える一つの措置に過ぎず、
より包括的な「優遇策」が
発表されるかがポイントとなります。


今回張委員長から直接発表されなくても、
この訪問により開通のきっかけとなればと期待されています。
その直通車が香港株式市場の起爆剤になるか、
それとも低迷の香港市場の延命措置で終るのか、
多くの投資家の関心の的となっています。




<北京・上海勉強会のお知らせ>


第16回投資視察団は
来月の12日から18日にかけて行います。
北京では、企業訪問するほか、
四環医薬の役員とお食事会を予定しています。
また上海では、東瑞製薬を久しぶりに
訪問することになっています。
どちらか一日だけでもご参加頂けますので、
関心のある方は当社HPをご参照ください。


いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。