実体のない会社が従業員を雇ったよう装い、健康保険証を詐取したとして、警視庁組織犯罪対策総務課は20日、詐欺の疑いで、横浜市西区の指定暴力団住吉会系元組員、宮本勝美被告(37)=別の詐欺罪などで公判中=ら2人を再逮捕した。

 同課は宮本容疑者らが平成19年6月~21年2月、同様の手口で保険証38通を詐取し、不正に取得した銀行口座64口と携帯電話70台を振り込め詐欺グループに売却したとみている。このうち少なくとも9口座は振り込め詐欺の入金先として悪用され、被害額は約1400万円に上るという。

 逮捕容疑は21年1月30日、営業実体のないインターネット関連会社が従業員を雇ったよう装い、神奈川県内の旧社会保険事務所(現・年金事務所)に虚偽の申請書を提出、健康保険証と年金手帳それぞれ1通を詐取したとしている。

 従業員の保険証申請には法人登記が必要なため、宮本容疑者は東京都と神奈川県でペーパーカンパニー4社の役員を務めていた。

【関連記事】
「礼服に泥、レンタル代払え」 “汚れた詐欺”で男逮捕 大阪府警
ものつくり大の学生が振り込め詐欺疑似体験ソフトを試作
またも岩槻で銀行協会詐欺… キャッシュカード4枚手渡し、112万円被害
5500人以上が感染した「Kenzero」、振り込め詐欺の40倍の成功率
警官装い「事件の証拠品として預かる」 忘れ物の免許証詐取した男逮捕
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

気勢上げる小渕さん…八ッ場ダム推進町長再選で(読売新聞)
里見2冠苦戦!?ファンとも対局…女流棋士親睦会(スポーツ報知)
調査捕鯨の鯨肉 値下げし販売へ(産経新聞)
性的虐待、56%が1年以上…実父最多34%(読売新聞)
客待ちで口論 客乗せたまま相手のタクシー運転手引きずる(産経新聞)
AD