いつだってXTC

エコロジカルな思考でいこう!

音楽、映画、アート、読書も好き。

スポーツはやるのはテニス,見るのはメジャーリーグ。

知的好奇心を大事にしたい。


テーマ:

13日日曜日10:25の回に行ったのですが、もう立ち見しかなかった。

やっぱり話題の映画、熱気がありました。

         

アニメ映画なのだが、そのタッチはなにかに似ていると感じた。

そう、2013年のベスト映画のひとつだった「かぐや姫の物語」に近いのだ。

輪郭がはっきりしない曖昧な水彩画のような絵。

かといって、背景の建物や家具やふとんなどはとてもリアルだ。

監督はその当時のモノには非常にこだわったと言っている。

でも、主人公のすずさんたちはぼよ〜んとした感じなのだ。

 

時代背景は戦前〜戦中〜戦後の数年間を描いていてとても切実。

でも、そこで暮らすひとたちはそんな状況に右往左往するのだが、

どこかほのぼのとしているのだ。

 

悪いひとはだれひとりいない。

主人公のすずさんをはじめ、家族、すずさんの夫や嫁ぎ先の両親、

いやみと思われた義理のおねえさんだって、そん状況のなかで

精一杯プラス思考で、やさしい関係をつくりだそうと努力している。

 

それを象徴していたシーンが食事にシーンだ。

お米や野菜などの配給がきわめて少なくなっている中、山の野草をとって、

それをおかずにして食べる。そのつくりかたが実に楽しいのだ。

それをおいしいとは言わないまでも、その工夫に最大限敬意を評して

笑顔いっぱいにいただく家族たち。そんなしあわせなシーンがたくさんある。

 

そんな慎ましくも小さなしあわせがあった日常に、ピカッという光が降り注ぐ。

広島から遠く離れた呉という漁港にも原爆のひかりが届いたのだ。

それからしばらくしたあとの地震。あらゆるものが地鳴りをあげてひとびとを襲う。

そして敗戦の玉音放送。そのとき、はじめてすずさんが怒りの嗚咽をあげる。

 

この日常と非日常。

その対比がこの映画に大きな説得力を与えていると感じた。

評価A

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

下品にして、浅知恵であり、短絡志向の男

地球温暖化を無視し、
難民・移民政策を逆行させ、
人種・男女差別をあおる。

人類の共通課題を交代させ、
個別唯我独尊的な方向へ。

顔を見るのもいやな男が、
アメリカ大統領だって。
これからの世界はどうなってしまうのだろう。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みんなで少しずつ積みあげてきたものが、
一瞬にして壊されていく。
そんな恐怖を感じる。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。