山陽新幹線N700系「のぞみ56号」(博多発東京行き)の車内に白煙が充満した事故で、車軸付近にある歯車箱(ギアボックス)内部で歯車がかけるなどのトラブルが起き、ボックスが破損し、漏れ出た潤滑油が過熱、白煙を出した可能性が高いことが4日、JR西日本への取材で分かった。JR西は同日、車両を大阪府摂津市の鳥飼車両基地へ移して詳しい原因を調べるとともに、同様のギアボックスを搭載する全新幹線632車両についても緊急検査を始めた。

 JR西によると、破損したギアボックスは、上部に縦18.5センチ、横12.5センチの五角形の欠損があり、下方に向かって長さ約36センチの亀裂ができていた。同社は、破損部分から潤滑油が漏れて飛び散り、車輪や車軸に付着、過熱して白煙を発生させ、車両の換気口から入り込んだ可能性が高いとみている。

 同社は、ギアボックスが破損した原因について、飛来物が走行中にぶつかった可能性は低いとみており、ボックス内部に収納されている歯車が欠け、ボックスの内側にぶつかり、この衝撃で破損するなど、内側からの要因とみて、歯車の状態を確認している。

 破損した歯車箱は平成21年2月から使用され、これまで50万~60万キロ以上走行したが、これまでに不具合はなかった。ただ、同様の事故としては平成5年に、走行中の300系新幹線の歯車箱が破損したケースがあったという。

【関連記事】
新幹線で煙騒ぎ、車体に油漏れの跡 姫路-新神戸間
お疲れ様!オレンジ中央線と山形新幹線「初代つばさ」が引退
新幹線500系のぞみ最終運行 撮り鉄が殺到
危ないからダメ!線路に“珍入者”続出で鉄道関係者困惑
マニア暴走!乗客は大激怒 電車止めた“撮り鉄”って?
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

普天間先送りなら「深刻な事態」=岡田外相(時事通信)
首相動静(3月2日)(時事通信)
医療チーム派遣を延期=チリの受け入れ整わず(時事通信)
<育児休業>NPOが取得男性に月5万円支給 普及狙いに(毎日新聞)
夫が数十回殴る蹴る、75歳妻が死亡(読売新聞)
AD