静岡県の浜名湖(64.97平方キロ)に関係する浜松市と同県湖西市、新居町の境界が16日画定し、国土地理院が国の基本図データベース「電子国土」上に境界を明示するとともに、市町別の面積を公表した。昨年は茨城県の霞ケ浦と北浦の市町村境界が画定しており、日本の主な湖はほとんど、行政境界がはっきりした。
 同院によると、湖面面積が1平方キロ以上で、まだ行政境界が定まっていないのは8カ所。このうち最大は、北海道の根室湾に面した風蓮湖(57.5平方キロ)。ほかに、秋田県の八郎潟調整池の一部、山梨県の富士五湖の一つである本栖湖、京都府の日本海に面した阿蘇海、岡山県の児島湖などがある。 

【関連ニュース】
四国南西部で「ゆっくり滑り」=大地震のリスク小さく
元技監らに8億6700万円請求=水門工事官製談合の損害賠償で
国土面積増加幅、平成で最小=1年で東京ドーム63個分
電波望遠鏡35台で一斉観測=世界天文年で史上最大
気象庁、降水予報精度向上へ=国土地理院のGPSデータ利用

<普天間移設>「日米交渉は岡田氏が主役」防衛相(毎日新聞)
<喫煙者>各国の減少の目標、成果上げず WHOまとめ(毎日新聞)
参院選に進退懸ける=「勝つか負けるか正念場」-自民・谷垣氏(時事通信)
<スカイマーク>管制官指示の高度より一時、高く飛ぶ(毎日新聞)
<鳩山首相>小林議員の出処進退「自身で判断すべきこと」(毎日新聞)
AD