伝わる文章の書き方 文章の講師・山口拓朗

伝わる文章の書き方を解説。ライターで文章講師の山口拓朗が、伝わる文章、買わせる文章などライティングに関する情報を発信中。


テーマ:
あらかじめ書く文量を短めに設定しておくと、文章が書きやすくなります。
 
おもしろい話があります。
 
なかなか筆が進まなかった学生が、原稿用紙を400字詰めから100字詰めに変えたとたんに、すらすら書けるようになった、という話です。
 
400字詰めの原稿用紙を目の前にすると、「ああ、こんなにたくさん書かなくてはいけないのかあ…」と心理的な負担を感じます。
 
一方、100字詰めの原稿用紙だと「これくらいなら書けるかも!」とやる気が出てくるのです。
 
そのやる気が推進力になって、結果的に100字詰めの原稿用紙を何枚も何枚も書き進めることができたのです。
 
うーむ、人間というのは、単純というか、繊細というか、まあ、つまり「メンタルに支配されている生き物」なんですね。
 
それで思い出しました。
 
私は昔から少食なので、食べ物が目の前にドーンと運ばれてくると、その時点で……アウト。おなかいっぱいになります(涙)。
 
でも、コース料理のように、一品ずつ出てくるときは、比較的サクサクと食べられるのです。先が見えないことで、心理的な負担が減るのでしょうね。
 
食べ物に対して「心理的負担」という言葉を使うとは、なんともぜいたくな話ですが(汗)。
 
ビュッフェのときは、一気に食べ物を持ってくると、ヤツら(←満腹中枢様)の「思うつ」ぼなので、少量ずつ何回かに分けて持ってくるようにしています。
  
話を元に戻しましょう。
 
文章を書くときに、「こんなにたくさん書かないといけないのかあ……」と思った瞬間に、気持ちが「書きたくない」、あるいは「書けるわけがない」というモードに入ります。
 
すると、本当に書けなくなってしまうのです。
 
だから、自分で工夫をして、その心理的な負担を取り除かなければいけません。
 
その工夫のひとつが「あらかじめ書く文量を短めに設定しておく」という方法です。
 
仮に、あなたがメルマガで1000文字書くことを日課にしていたとします。
 
「今日は1000文字も書けないよ〜」と心が折れそうになったときは、「今日は500文字だけ書こう」、あるいは「今日は300文字だけ書こう」という具合に、文量を決めてしまうのです。
 
そうすることによって、心理的な負担が減ります。
 
500文字まで来たときに筆が乗っていれば、勢いにまかせて1000文字まで書き進めればいいのです。
 
人間はメンタルに支配されている生き物。
 
そのメンタルを上手にコントロールすることが、どうやら賢く生きる方法のようです。
 
しかし、この投稿、簡単に(短めに)済まそうと思ったら、長くなってしまいました。
 
「あらかじめ書く文量を短めに設定しておく」
 
やはり、この方法は有効なようです。


何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術/日本実業出版社

¥1,512
Amazon.co.jp
書かずに文章がうまくなるトレーニング/サンマーク出版

¥1,512
Amazon.co.jp
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 (Asuka business & la.../明日香出版社

¥1,512
Amazon.co.jp

【講演・取材・執筆などのご依頼はこちらへ】
伝わる文章の専門家&講師・山口拓朗の公式サイト


【人気記事】
なぜ、あなたの文章は分かりにくいのか?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ライティング 講座 動画 教材 文章

「現役ライター」および「ライター志望者」向けの動画をリリースしました。

【リリース記念】15分の無料動画視聴ができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
http://shingari.jp/writerworks/
   
インターネットの目覚ましい発達によって、誰でも簡単にライターになれる時代が訪れました。

名刺に「ライター」と肩書きを載せて、依頼された記事をWEB上で1本でも書けば、もう立派なプロです。

私がフリーライターとして独立した2002年当時と比べると、この業界への参入障壁はグっと下がりました。

当時は出版社のツテをたどるか、あるいは、出版社に飛び込み営業に行くか——くらいの選択肢しかありませんでした。

本当に恵まれた時代になったものです。

しかも、ライターが急増したにも関わらず、まだまだ(原稿の)需要過多&(原稿を受けるライターの)供給不足が続いています。

そう、ライターの人数が足りていないのです。

もしも、あなたが文章力に自信をもっていて、「筆一本」で食べていきたいと考えているなら、プロのWEBライターを目指してみてはどうでしょうか。

挑戦できる時代なのですから。

ただし、現実はそう甘くはありません。

ライターの数が足りていないにも関わらず、毎月コンスタントに「食べていけるだけの原稿料」を得ている人は、ほんのひと握りしかいません。

なぜだか分かりますか?

それは、原稿のクオリティが低いからです。

いえ、カッコいい記事を書けとか、美しい文章を書けとか、そういうことではなく、「読む人に伝わる文章を書く」という根本的なレベルに達していない。殘念ながら、そういうライターがあまりにも多い。

プロとして文章を書くということがどういうことか、まったくわかっていない方も少なくありません。

それでは、クライアントが仕事を任せられるはずがありません。

一度や二度はお試しで原稿執筆の発注が来ても、「使えない」と思われたら、その先は二度とありません。

ライター不足のうえ、使えるライターがいない……。

これが現実です。

私自身、このいかんともしがたい状況を変えるお手伝いができないだろうか……と長い間、考え続けてきました。

そして、このたび「writer works」を運営する「株式会社しんがり」にサポートいただき、「現役ライター」&「ライター志望者」向けの動画をリリースしました。

それが、「WEBライターになるための『文章の書き方ベーシック講座』」です。

講座36本、全3時間48分の動画のなかに、WEBライターとして身につけておくべき基本スキルを凝縮しました。

なんと、本教材の全講座(36本)を視聴し終えた方には、「株式会社しんがり」から原稿執筆の発注がいくという大特典付きです(もちろん、希望者のみです)。

ライティングの基本が学べて、そのうえ、原稿も受注できる。

画期的なオファーではないでしょうか。

「文章は書けば書くほどうまくなる」という言葉をよく耳にしますが、私はその意見に懐疑的です。

正しくは、「基本を身につけいる人に限り(!)、文章は書けば書くほどうまくなる」です。

ぜひ、この教材で文章作成の基本を身につけて、ライターとしての資本力を高めてください。

現在、リリース記念として、15分の無料動画を公開しています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
http://shingari.jp/writerworks/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
文章 講師 講座 山口拓朗 セミナー
7月5日(火)と7月20日(水)の両日、「アイデアを魅力的に伝える文章ワークショップ」に登壇します。2回連続型のセミナーです(1回目と2回目の内容は異なります)。

主催は、学びをシェアするプラットフォーム「OpenCU(オープン・シー・ユー)」。

渋谷・道玄坂を中心に「クリエイティブ」や「デザイン」をテーマにしたイベントを毎月5~6回開催。約7000人のメンバーが登録しているそうです。

座学ではなく、手と頭を動かして、文章力アップを図りたい方はぜひ勉強しにいらしてください!

↓ワークショップの詳細&お申し込み↓
http://www.opencu.com/2016/06/beyond-the-writing/

<詳細>

開催日:2016年7月5日(火)/7月20日(水) 
時間 :19:30~21:30
場所 :loftwork COOOP
参加費:6,000円 ※2回分/教材費込み
定員 :30名
講師 :山口拓朗

<カリキュラム>

カリキュラム

▶DAY01(7月5日)

■有益な情報を手元にそろえる
・情報収集アンテナ張りワーク
■文章を書く作業の裏側にあるもの
・インタビューワーク
■使える文章プレート活用法
・結論優先型テンプレートワーク

※宿題あり

▶DAY02(7月20日)

■前回の振り返りと宿題チェック
■使える文章プレート活用法
・提案型テンプレートワーク
■タイトルの重要性
・キャッチコピーワーク
■情熱で書いて冷静で直す
・文章ダイエット
・上手な推敲の方法4つのポイント

↓ワークショップの詳細&お申し込み↓
http://www.opencu.com/2016/06/beyond-the-writing/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)