古い建物訪ねてお散歩フォトへ

古い建物を訪ねておさんぽしながら、カメラを楽しんでいます。カフェやレストラン、イベント、名所、観光地などもご紹介しています。

***********************************************************************
★★★ 賃貸物件の貸室の撮影代行致します ★★★



     今の入居者は、サイトの写真を見て、物件の内見を決める時代ですが、
     不動産屋さんの写真はイマイチという経験はありませんか?
     素敵にリフォームした物件を、女性視点と大家視点を活かして撮影します。
     私のブログの写真を参考に、「いいね!」と思ったら、ご連絡下さい。

    ・事前打合せ:撮影範囲(外観、内装、飾りつけ、水回り、街の雰囲気など)
           鍵の受け取り、写真の色合いや仕上げイメージなど
    ・撮影、CD又はネット経由で納品(20枚~)
    ・ご希望があれば、写真に文字入れも致します(1~2枚)
     その他、室内に多少の飾りつけをしての撮影も対応致します
    ・対応エリア:東京23区とその周辺(それ以外の場合はご相談下さい)
    ・費用:1万円~(間取りなどで変わります)+交通費
    ・お問い合わせ先:左下のメールフォームからお問い合わせ下さい
     (自分で撮れるようになりたい方へは撮影レッスンも別途行います)

***********************************************************************
NEW !
テーマ:



先日のお部屋の奥にも応接室があります。
先日のお部屋より、女子度は低いものの、朱色の椅子を置くなんて、中々オシャレです。



こちらのマントルピースは控えめで、煙突につながっている感じではありません。
生命保険会社ですから、場合によっては、ご家族連れで契約にこられたり、
相続の話し合いに来られたりすることもあるのでしょう。

そういう時に、シックで落ち着いていて、でも敷居の高さを感じさせない、
こういう応接セットは、その役割が大きいのかもなぁ・・・なんて思いました。



更に、奥には、ゆるく間仕切りされた、こういう応接セットもあります。
こちらの部屋が、海外の外交官が皇居へ馬車でご挨拶に向かわれる時に、
侍従の方達の待合室として、今も利用されているそうです。

なんてったって、この窓の向こうは皇居なのです。
借景するにも、ベストな場所だと言えますね☆

とにかく、皇居側の窓辺に続く、応接室はどこも居心地がいいのです。
こういう敷居の低さは、どうやって演出されているのでしょう?
3回行っても、私にはナゾのままです。

銀行や証券会社の応接室は、どこか事務的で、時には威圧的で、
こういう訪ねてくるお客様に寄り添うような空気がないのです。
・・・でも、ここにはある。

それが、同じ金融でも、生命保険会社ならではなのか、それとも、
この歴史的建造物だからこそなのか・・・インテリア・デザイナーの
腕なのか、訪ねる度に考えてしまう場所なのでした。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ここ2年ほど、何度も何度も通いつめた友達の家へ行こうと、
駅を降りた瞬間。。。
「なんだ? いつもと雰囲気が違う!」と感じる空気が満ちてました。

人の多さもあるけれど、ワクワクしてるというか、そういうのが、
その人たちから伝わってくるのです。
まー、その理由は、友達に電話した時に聞いてたから知ってたんですが。



両側に続く、貨物コンテナのブース。
隅田川貨物フェスティバル2014」です。

「年に一度の貨物イベントがあってるみたいだから覗いて来れば?」
と聞いたものですから、行ってみましたよ~。(^-^)/

鉄男と鉄子さんワールドへ~。
いや~、想像以上のマニアックさでしたわ~。( ´艸`)


真剣に質問する未来の鉄男くん。それに一生懸命答える鉄男おじさん。



このナンバープレート、お幾らだと思います???
・・・・・( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚ ニジュウマン!?
そう、1枚、20万円でしたの~。 (*_*)(*_*)(*_*)


こんなん、家に持って帰られたら、迷惑としかいいようがない。。。(ノДT)
事務所では、ドアストッパーに使ってるそうです。 (x_x;)


もはや、私には、ガラクタにしか見えない。。。 (´□`。)



・・・こちらは、ホンモノ?のスタンプを使って、「オリジナル荷札」「オリジナル車票」
を制作するブース。。。
(@_@)(@_@)(@_@) ・・・な、何が楽しいのか、オシエテクダサイ。。。 (/TДT)/



いくつかのブースで貨物模型が走っていましたが、鉄男くん達はまさに釘づけ!
「あの▽○◇は製造中止になったんですよね~」なんて、マニアな会話が
聞こえてきます。

んー、いいんだけどね。普通の鉄道模型の人たちより、若干、周辺の作りこみが
大雑把なのは・・・貨物だから???  
・・・この「貨物LOVE」な感じが・・・わからない!   ┐( ̄o ̄)┌



みなさまが、これのために行列してたり・・・


この2台を撮るために、一方通行の線路の上で、立ったり、しゃがんだり、
「何を撮ってんだ?」というアングルで写真を撮るのを横目に、
「列車って、どう撮るのか分かんない!」と、困惑気味の私。。。

でも、この2台をバックに・・・



沢山の親子が記念撮影していたので、どうも、中々カッコイイ車両らしい。
・・・全然、わかりません・・・ (@_@)

いやー、鉄男と鉄子さん達の世界は深い。。。
面白半分で行ってみたのですが、あまりの知識のなさに、みなさまが、
何に萌えっとなられているのか、さーっぱり分からないまま帰って参りました。
(/_;)/~~


鉄道大好きさんは、是非、来年! (^_^)v
毎年、この時期に開かれているそうですよ~。
オモシロ(失礼?)イベント報告でした。 (°∀°)b

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:



こちらが、明治生命館にある、(見学できるお部屋の中で)唯一といっていい、
非常に女性的な応接室になっています。
こんな応接に通されたら、女性なら、気分が上がるというものでしょ~。ね?

テーブルセットの布地もそうですし、カーテンもタッセルも、アイアンの細工も
とっても華麗で、ため息ものです。
こういうインテリアは、やっぱり、この窓高があってこそ映えるんだな~
なんて感心してみたり。



この長椅子も、今でも、ショップに売ってそうなデザインです。
あ~、いつか、金融機関でこんなお部屋に通されるような上客に
なってみたいものです~。

ま、こんなお部屋を用意してる金融機関がほとんどないでしょうけど。
σ(^_^;)



長椅子の反対側には、暖炉があります。こちらは煙突につながっているようなので
本当に暖炉として使ったこともあったのでしょうね。

マントルピースの横にある家具は、中国風のような不思議なデザインのもので、
「これは何の時に、どんな風に使うんだろう???」と思うのですが、残念ながら
ここには解説して下さる方がいらっしゃらない(たまに、色々詳しい警備員さんが
いらっしゃるのですが)ので、ず~っと疑問が残ったままです。


明日は、ちょっとマニアなイベントを紹介しますが、明治生命館ももう少し続きま~す。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード