古い建物訪ねてお散歩フォトへ

古い建物を訪ねておさんぽしながら、カメラを楽しんでいます。カフェやレストラン、イベント、名所、観光地などもご紹介しています。

***********************************************************************
★★★ 賃貸物件の貸室の撮影代行致します ★★★



     今の入居者は、サイトの写真を見て、物件の内見を決める時代ですが、
     不動産屋さんの写真はイマイチという経験はありませんか?
     素敵にリフォームした物件を、女性視点と大家視点を活かして撮影します。
     私のブログの写真を参考に、「いいね!」と思ったら、ご連絡下さい。

    ・事前打合せ:撮影範囲(外観、内装、飾りつけ、水回り、街の雰囲気など)
           鍵の受け取り、写真の色合いや仕上げイメージなど
    ・撮影、CD又はネット経由で納品(20枚~)
    ・ご希望があれば、写真に文字入れも致します(1~2枚)
     その他、室内に多少の飾りつけをしての撮影も対応致します
    ・対応エリア:東京23区とその周辺(それ以外の場合はご相談下さい)
    ・費用:1万円~(間取りなどで変わります)+交通費
    ・お問い合わせ先:左下のメールフォームからお問い合わせ下さい
     (自分で撮れるようになりたい方へは撮影レッスンも別途行います)

***********************************************************************
NEW !
テーマ:



明治生命館でのお写真です。
中二階の廊下から見下ろしてみました。
こちらのブースでは、今も、平日は、明治安田生命の方々が普通にお仕事
されているフロアになります。

・・・ま、ちょっと、建物の華麗さと、実用的で事務的なブースが合っていませんが、
こうして、中二階まで入らせてくれる金融機関は稀ですので、文句は言いません~。
ん?言ってる???

この天井飾りを間近に見て、中二階から下のフロアを眺め。。。
この日ここを訪ねたのは3回目でしたが、やっぱりため息モノでした。


日本橋の三井本館でも、こんな風に建物の中を見学出来たら嬉しいのになぁ。。。
少し前ですが、NHKの特集で、三井の本館は、GHQに接収されていた時期があり、
故吉田茂首相が、憲法の戦争放棄をたてに、朝鮮戦争へ出兵を求めた米国と
三井本館で交渉を重ねたというエピソードを紹介されていました。

やはり米軍は、占領後のことを見越して、三井本館も明治生命館も、あえて
攻撃目標から外していたからこそ、今もこうして残っているのですね。。。

そう考えると、明治生命館も、皇居の目の前ですし、GHQに接収された時期も
きっとあったはずだな~と思って調べたら、案の定でした。
アメリカ極東軍司令部がおかれ、各国の会議など、重要な歴史的場面に立ち会って
きたのだそうです。

戦争を知らない私たちより、平和の尊さを知っているのが、こういう古い建物たち
なのかもしれません。


昨日は忙しくて、写真の整理ができませんでしたので、続きは、また明日ご紹介
します。 (*゚ー゚)ゞ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

週末にかけて、かなり気温がさがってくるようなので、場所によって
葉が色づき始めるかもしれませんね。。。

こちらは、旧華頂宮邸のガーデンの奥にある、和の空間、「無為庵」。
華頂宮がいらした頃にはなかったのですが、後の所有者となった
松崎氏が移築した建物だそうです。



中へ入ることはできませんので、静かな空間が広がります。
穏やかに、心が落ち着いたまま1日が終わって行く感じ。素敵です。
お着物が似合う空間だな~と思いました。



離れは更に後に増築されたものだそうです。
手前が茶室、奥は何に使われてたのでしょう。
洋館と洋風の庭園の奥にある異空間。
見学者は多いのに、静寂さが伝わってきたのでした。



襖の引き戸は、ひょうたん型。
6つ揃うと、「むびょうたん」で、無病息災の願いがこめられてるのよ
・・・と、おばさまがお友達に解説されてました。 φ(.. ) メモメモ・・・


これで旧華頂宮邸のご紹介は終わります。
建物内は、年に2回、4日しか見学できませんが、お庭の方は、
通年公開されていますので、鎌倉で紅葉を見に行かれたら、
ちょっと足を伸ばしてみられるのもいいかもしれません。

旧華頂宮邸のサイトはこちら


明日からは、撮りなおしてきた明治生命館の中の様子をご紹介したいと
思ってま~す。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:



◇◇◇イベントなど不定期なもの◇◇◇
● マルシェ・ド・Wish 
 場所: 南千住駅(詳しい場所はリンク先へ問い合わせ下さい)
 日:  10月23日 ~ 26日
 時間: 10:30 ~ 16:00
 参加費:無料
 WebアンティークショップWishのマルシェが開かれます。
 アンティークをお手頃価格で買えるだけでなく、雑誌に紹介
 されることもある、アンティークを活かすマンションの
 リノベーションを間近に見学することができます。

● 青山パン祭 
場所:  国連大学本部ビル(青山)前広場
 日:   10月25日 ~ 26日
 時間:  10時 ~ 16時
 費用:  無料
 人気のパンは早々に売り切れますので、欲しいものがある方は
 お早めに~。

● 東京文化財ウィーク弥勒菩薩  10/25 - 11/3
 去年、このイベントの存在を知り、今年の開催を楽しみにしていました☆
 リンク先↑のPDFを見ると、存在も知らなかった建物が沢山ある~!!!
 今年だけで回れる量ではないので、数年かけて見学していきたいと思って
 います。 

● 求道会館特別公開 
 場所: 求道会館(本郷)
 日:  10月25日
 時間: 13時 ~ 14時半
 費用: 不明
 毎月第四土曜日に特別公開。
 ヨーロッパの教会と日本の寺社建築の様式が融合した建物だそうで、
 この日は通常公開されていない応接室も公開されるそうです。

● 東京国立博物館 庭園茶室ツアー 
 場所: 東京国立博物館(上野)
 日:  10月26日
 時間: 14時 ~ 15時
 費用: 東京国立博物館入館料
 夏は閉鎖されている北側庭園の茶室の解説を聞けるツアーです。


◇◇◇定期的なイベントなど◇◇◇
そろそろ紅葉が気になる季節。
都内の日本庭園などにも、紅葉の名所が沢山あります。
紅葉の様子は、各サイトで確認してからおでかけくださいませ。

● 小石川後楽園
 場所: 小石川後楽園(文京区)
 時間: 9時 ~ 16時半
 費用: 入園図
 大きな池がありますので、案外、はやめに紅葉したりすることも
 あります。 タイミングなどを見ながら訪ねてみてください。
 特に11/3(祝)は、改修が終わった得仁堂が特別公開されるそうです。
 
● 根津美術館
 場所: 根津美術館(青山)
 時間: 10時 ~ 16時半
 費用: 入館料
 都内の日本庭園の中で、私が一番のんびりできるお気に入りの場所
 です。展覧会を見た後に、お庭に出て紅葉を愛でると、「秋だな~」と
 しみじみ思うことのできる場所です。



◇◇◇ちょっと先のイベント情報◇◇◇
忙しい友達に、「1週間前じゃ、予定が組めない~」と言われたので、
ちょっと先の大きなイベントを予告しておきます~。
秋はイベントが沢山あるので、多分、紹介しきれませんが。。。


● 旧島津邸 特別公開日(清泉女子大) 10/29(水)
 今年は、この日と、清泉祭の時しか、見学することができません。
 学生によるガイドツアーなども予定されているようです。

● AKI FLOWERS クリスマスマーケット 2014(国分寺) 11/2-3
 イギリスとフランスでフラワーを学んできたAKIさんのセンスは
 ため息もの。素敵なアレンジメントを見たり買ったり楽しめます。

● 益子焼 陶器市
 随分前に一度行ったことがあります。土っぽい焼き物がお好きな
 方にはお勧めです。

● 明治学院大学 白金祭 11/1 - 11/3
 年に1回、この時だけ、学内に入りインブリー館など外観の撮影ができます。
 中へ入れるようですが、中の撮影は禁止なようです。

● 清泉女子大学 清泉祭 11/2 - 3
 来年竣工100年にあたるコンドルの旧島津邸があります。
 今年の特別公開は10/29のみですが、この期間は見に
 行くことができます。

● 箱根大名行列 11/3
 このお祭りがあることを全く知らずに友達と箱根に行って、あらゆる乗り物が
 平日の首都圏のラッシュアワー以上の大混雑で泣きそうになった記憶があり
 ます。。。 行かれるのであれば、宿泊して、のんびり見学する心づもりが
 オススメです~。

● Go Green Market  11/8  - 9
 ロハスよりも小規模ですが、アンティークなどを楽しむことができます。

● 東京女子大 VERA祭 11/8 - 9
 普段は事前申請しないと入れない大学構内にあるレーモンドの建物を
 見ることができます。

● ボストン美術館浮世絵名品展 ~11/9
 この展覧会は、構図の勉強もかねて、是非、行きたいと思ってます。 

● 代官山蚤の市 11/10 - 11
 本格的なアンティークショップが集合して、規模は小さいですが、
 見ごたえがあります☆

● 東京都美術館建築ツアー 11/15 
 奇数月の第三土曜日に開かれている「とびらー」の皆様による、
 東京都美術館のオモシロイところ満載の楽しいツアーです☆

● 慶應義塾大学 三田祭 11/21 - 24
 重要文化財の校舎の外観はいつでも見に行けるようです。
 FBの投稿によると、三田祭で中も見学できますし、そうじゃない期間も
 自由に見学できるのだそうです。
 
● 三溪園(横浜)期間限定公開 11/22 - 12/14
 重要文化財の聴秋閣と春草廬が期間限定で公開されます。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)

[PR]気になるキーワード