古い建物訪ねてお散歩フォトへ

古い建物を訪ねておさんぽしながら、カメラを楽しんでいます。カフェやレストラン、イベント、名所、観光地などもご紹介しています。

NEW !
テーマ:

 

宮地嶽(みやじだけ)神社の奥の宮八社巡りへも行ってみました。

こちらの写真は、光っちゃってて、軒の下しか写っていませんが、

拝殿の後ろにある、本殿の屋根は、金色なんです。

 

 

拝殿の右側、奥の宮へは、ここから入ります。

 

 

こちらが七福神さま。

 

 

宮地嶽神社さんの後に、先日ご紹介した宗像(むなかた)大社へ

行く予定だったので、ダンナにせかされて、八社の写真は、

ちゃんと撮れてないものが多くて残念なんですが、

ご紹介します。

 

 

奥の宮稲荷さんへの入り口は、こちらと右側と2箇所あります。

 

 

参拝者の方がいなくなるのを待つ余裕もなくパチリ。

奥の方にチラリと見えますが、朱い階段の真ん中に、

金色が施されていて、とても綺麗でした。

 

 

こちらが奥の宮で一番有名な、奥の宮不動神社さま。

 

 

拝殿の奥が深いのです。

 

 

右側に石が見えるでしょうか?

こちら、奥行きが23m!!!もある石室古墳なんだそうです。

普段は入れませんが、年に3回、1月、2月、7月の28日

に本殿前まで入ることができるそうです。

 

不動明王さまがいらっしゃるそうなので、神仏習合の名残

なのかもしれません。

 

こちらの石室の中は、かなりのパワスポだそうなので、

機会があったら行ってみたいなーと思っています。

 

 

こちらは、三寶荒神(さんぽうこうじん)さま。

火除けの神、かまどの神様が祀られてるそうです。

拝殿前に、ツルがいたのが印象的でした。

 

 

こちらは、「恋の宮」。

恋そのものもだそうですが、婦人科系の病気にも

ご利益があるんだそうです。

 

 

こちらは薬師神社。

病気退散の願いを聞いて下さるそうです。

 

 

こちらは、水神社で水波能売命(みすはのめのみこと)

さまが祀られているそうです。
拝殿は別にあったのに、こちらの手水鉢の杓子の

仕組みが面白くて(伏せて置くと、その溝を水が落ちる)、

こっちしか撮ってなかったです。スミマセン。

 

この辺りは川がなく、雨水が地下水として、今も沸いているそうです。

地図でみると、確かに大きな川がなく、大きなため池らしきものが

点在しています。 だから、昔から大事にされてきたのでしょうね。

 

あと、子どもの願いを叶えて下さるという、万地蔵尊(よろずじぞうそん)

さまを回ってきてなかったことに、今頃気づきました。

まあ、願いをかなえてもらえるはずのウチの子は、地蔵尊さまも

回ってたようなので、いいことにします~。

 

・・・ってことで、宮地嶽神社さんのご紹介を終わろうかと

思ってたんですが、中々楽しい狛犬さん達に沢山出会えた

ので、明日、オマケでご紹介します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

嵐のCMですっかり有名になったけれど、実は一回も行った

ことがなかった、宮地嶽(みやじだけ)神社へ行ってきました。

 

 

 

いつか、春分の日か秋分の日に、この「光の道」の景色、

私も見てみたい~。

 

 

この800m続く、長~い参道の先が、1枚目の海なんです。

あの海に、夕日が沈むんですね~。見てみたいな~。

今年の秋分は、10/18(日)。
日曜日に、嵐効果も相まって混むのかもしれませんね。

 

 

階段を上がった正面が拝殿なのかと思いきや、

参道はいきなり曲がります。

 

 

そして、更にここで曲がります。

 

 

こちらは楼門です。

 

 

こちらが日本一大きいと言われる注連縄ですが、ネットで

調べると、出雲大社の方がもう少し大きいのだそうです。

 

 

といっても、やっぱり、大迫力なのですが。。。

こちら、毎年1回、1500人の氏子さん達で掛け替えてるそうです。
確かに、そのニュース、福岡にいた時にみたことあった~。

 

宮地嶽神社の主祭神は、神功(じんぐう)皇后、古事記

の中には、息長足比売命(おきながたらしひめのみこと)

として記述されているそうです。

 

神功皇后は、八幡神として祀られる15代応神天皇の母で

新羅を平定したことから、武の神としても知られているそう

です。

 

今回は寄らなかったのですが、神功皇后を祀る本拠地は

福岡の香椎宮なんだとか~。

次回の帰省の時には行ってみます。
 

 

こちらが、宮地嶽神社さんのご朱印です。
写真を撮ってきてないのですが、この写真には、拝殿の

後ろにある金の屋根が少しだけ写っています。

これ、拝殿の裏手からじゃないと、金色の屋根が見えない

んだと、帰って来て知りました。見てくれば良かった~。

 

宮地嶽神社は、この金の屋根から、金成り信仰が発生し、
経営者の参拝も多いんだそうです。

 

それから、サイトを見ると、こちらの「筑紫舞」という、神主

さんとは思えないジャンプ力の舞が有名なんですね。
(ご存知ない方は、サイトの筑紫舞の写真で驚いてください!)

この舞、神社のFBを見ていると、2年連続で、NYの国連で披露

されてるそうなんです。 そんなに有名とは知りませんでした~!

 

宮地嶽神社さんは、ものすごく、気のいい神社さんだったので、

帰省したら、また行きたいと思っています。

 

長くなったので、明日は、奥の宮の方をご紹介します。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

宗像(むなかた)大社の続きです。

昨日、説明した宗像三神は、元々は北九州地方を

基盤とする海人(あま)集団、通説では、筑紫国の海人族

宗像君(むなかたのきみ)の信仰する、一地方神にすぎな

かったと紹介されている本もありました。

 

そして、宗像三神の中でも、美人で人気の市杵島姫神

(いちきしまひめのかみ)は、神仏習合により、仏教の

弁財天と同神とされ、「弁天様」としても広く信仰されてる

そうです。

 

その結果、神仏習合の時代に、宗像大社や厳島神社から

分祠された神さまは、弁財天を本尊とするものに変って

しまったことも多かったのだとか。全然知りませんでした。

 

宗像三女神は、「道主貴(みちぬしのむち)」といわれ、

あらゆる”道”の神様として信仰され、車のお祓い自体、

この宗像大社が全国に先駆けて始めたのだそうです。

 

 

最初の写真の入り口から、更に先へ進むと、第二宮

(ていにぐう)に、沖津島の田心姫神(たごりひめのかみ)

がまつられていて、

 

 

こちらの第三宮(ていさんぐう)に、中津宮の湍津姫神

(たぎつひめのかみ)をまつってあるそうです。

 

そして、更に奥へ進むと、森の中に、高宮斎場があります。

 

 

奥に見える、石で囲われた空間が、宗像三神が降臨した

場所とされてると案内には書かれていたのですが、

たまたまいらした神官さんに伺うと、ここは、昔から、

祭祀をおこなってきた神聖な場所ということなのだそうです。

 

宗像三神を祀る、神聖な沖ノ島では、4世紀末から、600年に

わたり、国家規模の祭祀が行われ、8万点に及ぶ神宝が

発見されている(全て国宝)んだとか~。

 

当時は、今のような社殿ではなく、こういう祈りの場で、祭祀が

行われていたんですね。 すごく歴史を感じました。

 

明日は、嵐のCMで有名になった神社を紹介します。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。