古い建物訪ねてお散歩フォトへ

古い建物を訪ねておさんぽしながら、カメラを楽しんでいます。カフェやレストラン、イベント、名所、観光地などもご紹介しています。

***********************************************************************
★★★ 賃貸物件の貸室の撮影代行致します ★★★



     今の入居者は、サイトの写真を見て、物件の内見を決める時代ですが、
     不動産屋さんの写真はイマイチという経験はありませんか?
     素敵にリフォームした物件を、女性視点と大家視点を活かして撮影します。
     私のブログの写真を参考に、「いいね!」と思ったら、ご連絡下さい。

    ・事前打合せ:撮影範囲(外観、内装、飾りつけ、水回り、街の雰囲気など)
           鍵の受け取り、写真の色合いや仕上げイメージなど
    ・撮影、CD又はネット経由で納品(20枚~)
    ・ご希望があれば、写真に文字入れも致します(1~2枚)
     その他、室内に多少の飾りつけをしての撮影も対応致します
    ・対応エリア:東京23区とその周辺(それ以外の場合はご相談下さい)
    ・費用:1万円~(間取りなどで変わります)+交通費
    ・お問い合わせ先:左下のメールフォームからお問い合わせ下さい
     (自分で撮れるようになりたい方へは撮影レッスンも別途行います)

***********************************************************************
NEW !
テーマ:



明治生命館のこちらは、重役室だったのか、支店長室だったのか・・・
3回も行っているのに、ついつい浮き足立ってしまい、確認してくるのを
忘れました。。。 (ノ◇≦。)



マントルピースの上には、作りつけの時計があります。
(時間は合っていませんが。。。)
これは取り外すことができないので、戦時中の金属供出は免れた
のかもしれませんね~。

明治生命館で使われていた金属製のものも、かなり金属供出に
出されたと書かれていましたが、こういう建造物からまで、素晴らしい
意匠のものを出させて、武器を作らなきゃいけなかった時点で、
冷静に考えれば、日本は戦争に負けていたのでしょうね。



当時も本当にあったのかわからない応接セット。
これがあると、ちょっとお部屋が狭く感じますが。。。

実はこの先には、皇居を臨むレディな来客室が別にありますので、
ここは社内の人が訪ねてきた時に、ちょっとお話するためのもの
なのかもしれません。



こういう部分のレリーフも手を抜いていませんね~。
小さな部分が集まって、部屋全体の雰囲気をつくっているのだという
ことを、家に帰って写真を整理してみて知ることも多いです。


次回は、重厚な男性的なお部屋が多い明治生命館で唯一といっていい、
女性が通されたら、きっとワクワクしてしまうお部屋をご紹介しま~す。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:



今日は朝から息子のお弁当をつくり、その後、息子の絡みで学校へ行っておりました。
バタバタして、朝から更新する時間がなくて、すっかり遅くなってしまいました。

・・・で! こちらは、本業のお~御所から届いた、今年の「おいしいもの」。
毎年、この季節に送って下さるものが、私は知らないものばかりで、嬉しい!!!
(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)

今年は、小豆島産 100%エキストラバージンオリーブオイル が届きました♡
小豆島で、オリーブを作っているのは知ってましたが、こんなオシャレな商品に
なってるなんて知りませんでした~。



外箱もカッコイイ! ついつい、フォントにも目がいってしまう~。

ウチの子どもの大好物は、(ダンナがつくる)鯛のカルパッチョ。
ああいうシンプルなメニューは、素材が命なので、このオイルで
仕上げたら、絶対に美味しい!

しかも、片方は「ゆず」まで入ってるそうなので、仕上げの柑橘系
いらずじゃないですか~!!!スバラシイ!
今日は早速、ダンナが鯛を買ってきて、カルパッチョをつくる気満々。

・・・でもな~。カルパッチョの時は、私とダンナは1枚づつしか
貰えないんだった~。 (-"-;A
シンプルなハード系のパンを買ってきて、横からオイルだけつけて
食べよっかな~。 


いつも、いつも、美味しい贈り物、ありがとうございます。
いただきますっ!!!


AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:



こちらは、昨日の会議室の隣にある食堂だった場所です。
まあ、もちろん、このゴージャスさですから、平社員ではなく、
役員クラスの食堂だったのかもしれませんが。。。

この天井の梁の部分になるのでしょうか?
ここのデザインがいいな~と、毎回思って見学してきます。

壁のオーク材を使った部分などは、小笠原伯爵邸の食堂
同じですね。

食堂と言われなかったら、会議室としても、十分通用しそうな
重厚感がありました。

(↑旧小笠原伯爵邸の食堂)

岩崎邸のような赤い壁紙は使われていませんが、赤いカーテンが
使われています。(当時からそうだったかは不明ですが)


今は使われていないそうですが、当時は、このリフトで、
地下で作っていた食事を冷めないようにこの食堂へ運んでいたそうです。
その時の賑わいや活気を想像してしまいます。


リフトの反対側の壁には・・・



ものすごく背の高いマントルピースがあります。
正面が凝ったレンガ張ですから、まきを燃やすのではなく、
熱した炭などを置いていたのかもしれませんね~。

とても抑え気味ではありますが、やはり、品よく華麗。
この内装を担当した方は、かなりセンスがいいな~と
個人的には思います。


続きます。。。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード