帆帆子さん

テーマ:

浅見帆帆子さんの本より。


「人生がひっくり返るようないろいろな「事」を通して、私たちは、それなりに「学ぶ」「気付く」「感じる」ことができるわけです。」


ちいちいの、人生がひっくり返るような、自分の身に起きたことっていうと、


宝石赤 ONが好きな自分の気づき

宝石紫RKの強烈な目覚め

宝石白Mとの出会い -NG、MM

宝石緑KT先生との出会い -NG

宝石赤身近な人にJかけられた

宝石赤遠隔Hの向上


すごいね。上4つがとある年の春から夏にかけてすべて起こったというのがなんとも。すごいね。スイッチはいって動き出したんだね。

AD

テーマ:
空はいつまでひろがっているのか
空はどこまでひろがっているのか
ぼくらの生きている間
空はどうして自らの青さに耐えているのか

ぼくらの死の向こうにも
空はひろがっているのか
その下でワルツはひびいているのか
その下で詩人は空の青さを疑っているのか

今日子供たちは遊ぶのに忙しい
幾千ものじゃんけんは空に捨てられ
なわとびの輪はこりずに空を計っている

空は何故それらのすべてを黙っているのか
何故遊ぶなと云わないのか
何故遊べと云わないのか

青空は枯れないのか
ぼくらの死のむこうでも
もし本当に枯れないのなら
枯れないのなら
青空は何故黙っているのか

ぼくらの生きている間
街でまた村で海で
空は何故ひとりで暮れていってしまうのか


谷川俊太郎
AD

けんかならこい

テーマ:
けんかならこい ひとりでこい
ひとりでくるのが こわいなら
よめさんさんにん つれてこい
のどがかわけば さけのんでこい

けんかならこい はしってこい
はしってくるのが こわいなら
おんぼろろけっと のってこい
きょうがだめなら おとといこい

谷川俊太郎
AD

次回こそ

テーマ:
勇気をだして声をかけよう
素敵な老夫婦に。
めいあいへるぷゆーと。

名刺つくろうかなあー。言葉のちがう人同士が、こみにけーしょんとるのに便利な表つき。とかさ。

どうしてよるはくるの?

テーマ:
冬のゆうぐれはさみしいよ

次の朝を次のちいきの人たちに届けるためだよ

じゅんばんはきまっているの? きょうはあっちのちいき、明日はこっちのちいきとかにはならないの?

じゅんばんはちゃーんときまっているよ。かみさまがきめたんだ。春の次は夏がくるようにね

ふーん