10日午前6時半ごろ、福岡市西区姪の浜6、高齢者・障害者専用アパート「メゾンマリノア」から出火、木造2階建て建物1階にある調理場の天井部分など計約30平方メートルを焼いた。出火当時、建物内には60~80歳代の入居者約25人がいたが、女性(74)が煙を吸って病院に運ばれた以外は無事だった。

 福岡・西署によると、アパートは全4棟に計約40人が暮らす。火災はこのうち1棟の共同調理場で発生し出火当時は男性スタッフ(62)が朝食を作っていた。てんぷら鍋の油の過熱が原因らしい。

 入居者によると、火災報知機が鳴り、比較的足腰が丈夫な2階の入居者が1階に住む体の不自由な入居者を助け出した。避難訓練などはこれまでなかったという。

 アパート運営会社代表によると、当時施設内にはスタッフが3人いた。入居者のほとんどが生活保護受給者。代表は「福岡県に高齢者住宅として登録している。市役所や病院から入居者の紹介を受けている」と話した。

 市高齢者施策推進課によると、アパートは福祉施設としては無届け。市は「施設の存在は知らなかった。旧学生アパートを借りあげ、民間事業者が運営する食事付き下宿のような施設ではないか」と話している。

【関谷俊介、鈴木美穂】

<雑記帳>愛知グルメ図鑑…県のホームページで紹介(毎日新聞)
韓国人ホステスに偽装結婚あっせん 44歳男を逮捕 (産経新聞)
文科OB天下り2社 理研の20、21年度委託9件 すべて「1社応札」(産経新聞)
一部無罪判決に検察側控訴=常磐道引きずり死-水戸地検(時事通信)
<訃報>日比野元治さん82歳=元戸田建設専務(毎日新聞)
AD