帝王切開・流産・誕生学「くもといっしょに」

2回の流産の後、3回の帝王切開を経験した細田恭子が
帝王切開カウンセラーとして帝王切開のことを、
誕生学アドバイザーとしていのちのことをお伝えします。
「産むこと、育むこと」を一緒に考えてみませんか?

~大切なのは産み方よりも育て方~



帝王切開カウンセラー・誕生学アドバイザーの細田恭子です。



・2000年に帝王切開情報サイト「くもといっしょに」 をオープンし、帝王切開で出産した女性たちへの情報発信と、心に抱えた 悔しい・悲しい・辛い・うれしい をお聞きする活動を続けています。


・帝王切開出産した女性の中には、テレビで出産シーンが放送されるとチャンネルを変えてしまう方も少なくありません。心にモヤモヤを抱えたまま子育てが始まってしまっている方もいらっしゃいます。


そんな方たちに、「産むことを丁寧にお伝えしたい」と思い、誕生学をお伝えしています。

3人の娘が大人になったからこそ見えてくる「土台作りの大切さ」をお話しています。



・また私の2度の流産経験から、「流産・死産した方たちの心をはなす会」もひらいています。




同じ経験をした人と会って、話しをすることで見えてくることがあります。
自分で気がつくこともあります。

人生の設計図がちょっと変わったら、そこから始めてみませんか?




このブログでは、日々の想いや、講座開催報告などを綴っています。


「くもといっしょに」は2014年12月にサイトを引っ越しました。


【開催講座】

帝王切開カウンセラーとして、

・帝王切開ママの会(お産の振り返り)

・帝王切開を知ろう 帝王切開講座(どなたでも)

・帝王切開体験者の声を伝える(医療者向け)

◆誕生学アドバイザーとして、いのちの大切さをお話ししています。

  誕生学(R)とは→コチラ


詳細はくもといっしょに」 でご確認ください。



ママのための帝王切開の本―産前・産後のすべてがわかる安心ガイド/中央法規出版


           
           ¥1,728   Amazon.co.jp


テーマ:

 

さいたま市の内野公民館主催、「思春期の子どもを持つ親倶楽部」でお話しさせていただきました。


 今日の講座は完全オリジナル。

 我が家の娘たちのこと、あれやこれやお話しします

思春期育てを乗り越えるのはラクじゃない。...
これでもかっていうほど成長痛をプレゼントしてくれます。


子どもが大人になっていくにつれ、手をかけられない分、精神的にきつくなっていきます。ずっと大変になっていきます。


成績も絡んだりして、相談できる人も減っていきます。


どうしたらいいのかわからないこともたくさん。




でも、そこに真正面から向き合うことがあとでどんな効果をもたらすか。
我が子がオトナになったからこそ見えるお話しです。

時間オーバー失礼しました^_^;
「お昼持参で聞きたかったです!」

「紙が、メモを取りすぎて真っ黒になりました!」

という声がうれしかったです♪

(それだけいろいろ成長痛をくれたってことですね(^^;)


こんなふうに、話せる場を作ってくださること、本当にありがたいな~と思っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

梅雨時期ではありましたが、良いお天気になりました。
選挙と重なった日曜日。

「誕生学とJAZZであなたをもっとステキに♪」19回目、無事終了しました。


誕生学ってステキだな〜とお話ししていて思うのです。
いいことも嫌なことも、うれしいことも悲しいこともあるけれど、やっぱりここにいて、今この時を生きていて、隣に座っている“はじめまして”の人のことまで応援したくなっちゃうような(*^^*)


 

まつこふさんのJAZZピアノを楽しんでいただいている間、皆さんの後ろで背中を見ていると、赤ちゃん育て中のがんばり、じっとしてない年齢育てのがんばり、ちょっとオトナになった子育てのがんばり、もうすぐ2人目のお子さんが生まれるがんばりなどなど、いろんながんばりがあるんだな〜って感じます。

それが少しずつ柔らかくなって、「一緒にいるからこそ感じることのできるがんばりだね」って思えたらいいのかな。


ご参加くださった皆さん、無理せず無理して(できることはちょっと無理して)楽しんでまいりましょう(^o^)


 


今回の絵本「ちいさなあなたへ」は、お子さんのことももちんですが ご自分のことも重なって聞いていただけたみたいです。


今回はお父さんと息子くんがJAZZ大好き!という親子もご参加くださって、ノリノリで聞いてくださいました
 
親子で過ごす時間、とっても大切です。

未来に「あの時間、楽しかったね」と話せることが何よりの家族作りの楽しさだと思っています。

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
帝王切開のお産の振り返りでお会いするママたちから

よく耳にするのが

「夫は立ち会う気、満々だったんです。

陣痛を一緒に乗り越えるためにいろいろ準備してきてくれて。

なのに緊急帝王切開になってしまって、夫は手術室の入り口で見送るところまで。

本当に夫に申し訳なくて・・・・」


ん???

なぜ申し訳ないのでしょう。

まず、出産がすべて予定した通りになると思っていること自体がおかしいですよね。

帝王切開は誰にでも起こり得ること


当院は 経腟分娩だったら立ち会いはできますが、

5人に1人と言われている、誰でもなる可能性のある帝王切開の場合、

立ち会いはできません」

という情報を入手しておくべきなんです。

無事に新しい家族を抱っこできて、親になれたのに、申し訳ないっておかしくないですか?



立ち会ったら我が子がとても愛おしく感じた

立ち会って感動した

世の中にはいろいろな情報が溢れていますよね。


 
「申し訳ない」は“相手にすまないという気持ち”


無事に出産したのに

麻酔をしてお腹を切ったのに

痛くて立ち上がるのもやっとなのに

赤ちゃんをお腹に抱っこするのだって痛いのに



立ち会いさせてあげられなかったから申し訳ない・・・なんて思う立場ではないはずです。


夫が「立ち会えずに一人ぼっちにして申し訳ない」って言うのならまだわかるけど。



出産に立ち会うこともきっとステキなことなのでしょう。

(我が家の夫は血が苦手なので、立ち会えたとしても断ったと思います )

でもね、出産に立ち会って、その後赤ちゃんをまったく見てくれなかったらどうですか?

それよりも、出産に立ち会えなかった分、毎日たっぷり赤ちゃんの成長に立ち会ってもらった方が、赤ちゃんはうれしいはず!!!


これから立ち会う場面は山ほどあります。

入学(園)式、運動会、七五三、成人式、そして結婚式。


どこまで一緒に立ち会えるか・・・

ぜひそちらを楽しみにしてくださいね!



できなかったことにこだわり続けるより、できたことや できることをたくさん見つけていきましょう!





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
定期開催させていただいている 鎌倉駅から徒歩5分のティアラかまくらさんでの帝王切開講座


まだお席があるそうですよ~!


明日の14時~16時ですので、午前中のお申し込みもできます。


ご夫婦で参加してくださる方もいらっしゃいます。


帝王切開予定の妊婦さんも、ヘビーマッサージやアロマ、ヨガの先生もご参加されるこの講座。


帝王切開について、当事者が知りたいことをお伝えします。

せひ!


詳細はこちら
http://www.tiara-kamakura.or.jp/kyositsu/#s07


お電話(0467-61-0311)、
メール(
0311@tiara-kamakura.or.jp)にて、
件名「〇月〇日ママのための帝王切開講座」
内容①お名前 ②出産日 ③携帯電話番号をお伝えください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

流産・死産・小さな命とさよならした方へ

だれにも話せない心の中の寂しさ、悲しみ、 怒り、涙・・・そして感謝
ゆっくりゆっくりお話しにいらっしゃいませんか

 

会いたくても会えない宝物
どうしていなくなってしまったのか
何を伝えるために来てくれたのか
行ったり来たりする気持ちを話すことで
少しだけ上を向く力がわくかもしれません。

見えなかったことが見えるかもしれません

 

話す・放す・離す

 

 

話すことで心の中から苦しい思いを少し出してあげると、「ありがとう」が自然にわいてくることがあるのです。



・9月25日(日)13:15~16:00

・東大宮コミュニティセンター 第一集会室
(JR東大宮駅西口 徒歩3分)
http://www.saitama-culture.jp/higashiomiyacom/access.html

・参加費 1000円

 ※大切な気持ちをお話しいただくのでお子さまの同室はご遠慮いただきます。

 

・お申し込み:件名を「流産・死産・小さな命とさよならした方の心をはなす会」として

・お名前
・お住まい(簡単に)
・当日連絡のつく電話番号
・メッセージを
yasuko_tanjyou@yahoo.co.jpまでお送りください。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。