くもといっしょに~細田恭子が伝える生きること・育むこと~

2回の流産の後、3回の帝王切開を経験した細田恭子が
帝王切開カウンセラーとして帝王切開のことを、
また、いのちのお話「いのちを育む」をお伝えします。
「生きること、育むこと」を一緒に考えてみませんか?

~大切なのは産み方よりも育て方~



帝王切開カウンセラー/ いのちのお話を伝える 細田恭子です。



・2000年に帝王切開情報サイト「くもといっしょに」 をオープンし、帝王切開で出産した女性たちへの情報発信と、心に抱えた 悔しい・悲しい・辛い・うれしい をお聞きするお産の振り返りの会を開いています
また、“産後傷つかない・傷つけないための帝王切開講座”を開催しています。体験者はもちろん、帝王切開予定の妊婦さん、産後のママのサポーターさんなど、帝王切開について知りたい方はどなたでもどうぞ。市区町村の母親学級や看護学校などでも開講可能です。



・帝王切開出産した女性の中には、テレビで出産シーンが放送されるとチャンネルを変えてしまう方も少なくありません。心にモヤモヤを抱えたまま子育てが始まってしまっている方もいらっしゃいます。
親になった皆さんに、「産むこと育むことの大切さを丁寧にお伝えしたい」と思い、いのちのお話をお伝えしています。

3人の娘が大人になったからこそ見えてくる「土台作りの大切さ」などを保護者向けにお話しています。
また、学校での「いのちのお話し」も授業の時間をいただいて伝えています。



・また私の2度の流産経験から、「流産・死産した方たちの心をはなす会」もひらいています。




同じ経験をした人と会って、話しをすることで見えてくることがあります。
自分で気がつくこともあります。

人生の設計図がちょっと変わったら、そこから始めてみませんか?




このブログでは、日々の想いや、講座開催報告などを綴っています。


「くもといっしょに」は2014年12月にサイトを引っ越しました。


【開催講座】

帝王切開カウンセラーとして、

・帝王切開ママの会(お産の振り返り)

・ママのための帝王切開講座(どなたでも)

・専門家向け 当事者の声を伝える講座


いのちのお話

・どう伝える?いのちのこと、性のこと

・母と娘で未来を学ぶ 月経教室


◆流産、死産、小さないのちとさよならした方の心をはなす会


詳細はくもといっしょに」 でご確認ください。



ママのための帝王切開の本―産前・産後のすべてがわかる安心ガイド/中央法規出版


           
           ¥1,728   Amazon.co.jp


テーマ:

今年も開催します。
年に一度の機会です。

 

 

帝王切開ママに出会うお仕事をされていらっしゃる方、ご自分の言葉で ママを傷つけたりしていませんか?

 

 

17年の活動を通して気をつけてきたこと、

 

お産の振り返りの会の組み立て方

 

そして、参加者さん同士の困ったことなどをシェアする時間を持ちたいと思っています。

 

 

毎年

 

助産師さん、看護師さん、鍼灸師さん、整体師さん、産後ドゥーラさんなど

 

 

日々、帝王切開産後のママに会うお仕事をされる方が、聞きに来てくださいます。

 

 

しかも関東圏外からのご参加もあり、本当にありがたく思っています。

 

 

もう半分ほどお席が埋まっています。

 

 

気になる方、お急ぎくださいね。

 

 

詳細・お申し込みは

さいたまキャリア教育センターへ

http://s-ce.shigoto.bz/wordpress/?p=3910

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

流産・死産・小さな命とさよならした方へ


だれにも話せない心の中の寂しさ、悲しみ、 怒り、涙・・・そして感謝。
ゆっくりゆっくりお話しにいらっしゃいませんか


会いたくても会えない宝物
どうしていなくなってしまったのか
何を伝えるために来てくれたのか
行ったり来たりする気持ちを話すことで
少しだけ上を向く力がわくかもしれません。
見えなかったことが見えるかもしれません。...



話す・放す・離す

話すことで心の中から苦しい思いを少し出してあげると、「ありがとう」が自然にわいてくることがあるのです。



・7月16日(日)13:15~15:30

・東大宮コミュニティセンター 第3集会室
(JR東大宮駅西口 徒歩3分)

http://www.saitama-culture.jp/higashiomiyacom/access.html

・参加費 2000円

※大切な気持ちをお話しいただくのでお子さまの同室はご遠慮いただきます。

 

 

お申し込みは

件名を「流産・死産・小さな命とさよならした方の心をはなす会」として

yasuko_tanjyou@yahoo.co.jp

まで。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

奇数月に開催している

 

さいたま新都心 WithYouさいたまで開催の

 

帝王切開ママの会。

 

 

今月は25日です。

 

 

少人数でゆっくりお産を振り返ります。

 

 

うれしかった人も、

 

痛かった人も

 

悔しかった人も

 

 

どうぞ自分の気持ちを話しにいらしてくださいね。

 

 

 

今月はまだお一人のお申し込み。

 

誰かの体験談も相手の情報になります。

 

気になる方、お待ちしております。

 

 

 

詳細・お申し込みは

http://s-ce.shigoto.bz/wordpress/?p=3819

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月初めに義父が亡くなりました。

 

 

 

 

平成22年に義母が亡くなったのですが、まだ寒い1月・・・

みんなが病院に集まって その時 を迎えていた時。

 

夫の肩に一匹のてんとう虫てんとうむしが止まりました。

 

盛岡の1月。

 

てんとう虫なんているはずがなくて、

 

みんなで不思議だね。おばあちゃんかもね・・・って話していました。

 

 

 

 

そして先月・・4月のこと。

 

私がクリーニングを出しに行ったら、お店の窓にてんとう虫てんとうむしが止まっていました。

 

4月初めの、まだ肌寒い日。

 

しかもクリーニング店は自動ドア。

 

そんなに簡単にてんとう虫は入ってこないよね・・と思い、家族LINEで こんなメッセージを送りました。

 

 

「クリーニング店に来たら、窓にてんとう虫がいました。盛岡のおばあちゃんが何か知らせに来てくれたのかもしれないので、それぞれに気をつけてくださいね」

 

 

娘たちからは「は~い」とか「うぇ~い♪」なんて返事か届き、そのまま何もなく過ぎていたところに 突然の義父の訃報。

 

 

そして振り返ってみると、娘たちも1カ月の間に何度かてんとう虫を見かけていたのです。

 

 

そして最後は 盛岡に向かうため大慌てで準備し、夫婦で最寄り駅に小走りで向かっていたとき、夫のスーツケースにてんとう虫てんとうむしが止まったのです。

 

 

まるで

 

 

「慌てなくていいから・・・気をつけて来なさい」ってお義母さんがいっているように感じました。

 

 

 

 

 

家族だけがわかっていて、でもなかなか他の人には伝えられない話。

 

 

でも、人間の無力さと

 

目に見えない力は存在して、それに感謝し 時には頼ることの大切さを子どもたちにも知っておいてほしいな・・・と思っています。

 

 

皆さんは

 

あ、あの人が こんなふうに守ってくださっているって感じるときはありますか?

 

 


 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5/19、八潮のさら助産院さんで、帝王切開ママの会でした。

http://www.sara-lovebaby.com/

 


前回に引き続き2度目の開催。

 

6名のママがご参加くださって思いを話してくださいました。


お昼は直井さん手作りのサンドイッチをいただきながら4時間半コース♪

お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

あき先生のブログはこちら♪

http://ameblo.jp/sara-mwclinic/entry-12276020799.html

 

 

 

 

今日、何度か出たのが「術後のお見舞い」

 


帝王切開後のお見舞いはいつでも良さそうですが、じつはいろいろ大変なのです。

 


手術の後で傷が痛い!なので気を遣ったり笑ったりできません。

 


導尿カテーテルがつながっていて、ベットのそばにはおしっこが溜まる採尿バックが置いてあり、お見舞いの方に丸見え(><)


(これも病院によってカバーで隠してくれるところもあり)

 


恥ずかしさに加え「帝王切開だから痛くなくて良かったわね〜」なんて声がけされていたり。

 

 

おじいちゃんおばあちゃんは早く赤ちゃんの顔を見たいけれど、せめて導尿カテーテルが取れて歩けるようになってからがいいですね。

 

 

 

そして久しぶりに耳にした言葉「アイマスク」

 

想像してみてください。


生まれて初めての手術です。


しかもお腹の赤ちゃんを助けるための。...


緊張の中、手術室に入り、点滴などの管がつながり、カチャカチャと準備の金属の音がします。

 


そこでアイマスク。

 


そしてお腹を切る手術が始まります。

 

 

 

手で目をふさいでお腹を切られるところを想像してみてください。

(目をつむるのとは明るさが違いますよね)

 


何が起きているのか、音しか聞こえない。


医療者の声しか聞こえない。

 

 

怖いです。

 

 


赤ちゃんが生まれるところ、見たいです。

 


一緒にその時を迎えたいです。

 


私のお産です。

 


私と赤ちゃんの時間です。

 


見たいものを見ていいはずです。

 

 

帝王切開出産でアイマスクをする病院、時々耳にします。

 


「アイマスクをしたから安心でした」という方もいらっしゃいます。


その方は、自分で選んでいます。

 

 

出産しているのに何も目に焼き付いていない。

 


そんな寂しい帝王切開を経験したら、良い印象を受けないのは当然なのです。

 

 

 

「お見舞い」と「アイマスク」

 

 

私の産院ではこうでした!などの情報、ぜひ教えてください。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。