帝王切開・流産・誕生学「くもといっしょに」

2回の流産の後、3回の帝王切開を経験した細田恭子が
帝王切開カウンセラーとして帝王切開のことを、
誕生学アドバイザーとしていのちのことをお伝えします。
「産むこと、育むこと」を一緒に考えてみませんか?

~大切なのは産み方よりも育て方~



帝王切開カウンセラー・誕生学アドバイザーの細田恭子です。



・2000年に帝王切開情報サイト「くもといっしょに」 をオープンし、帝王切開で出産した女性たちへの情報発信と、心に抱えた 悔しい・悲しい・辛い・うれしい をお聞きする活動を続けています。


・帝王切開出産した女性の中には、テレビで出産シーンが放送されるとチャンネルを変えてしまう方も少なくありません。心にモヤモヤを抱えたまま子育てが始まってしまっている方もいらっしゃいます。


そんな方たちに、「産むことを丁寧にお伝えしたい」と思い、誕生学をお伝えしています。

3人の娘が大人になったからこそ見えてくる「土台作りの大切さ」をお話しています。



・また私の2度の流産経験から、「流産・死産した方たちの心をはなす会」もひらいています。




同じ経験をした人と会って、話しをすることで見えてくることがあります。
自分で気がつくこともあります。

人生の設計図がちょっと変わったら、そこから始めてみませんか?




このブログでは、日々の想いや、講座開催報告などを綴っています。


「くもといっしょに」は2014年12月にサイトを引っ越しました。


【開催講座】

帝王切開カウンセラーとして、

・帝王切開ママの会(お産の振り返り)

・帝王切開を知ろう 帝王切開講座(どなたでも)

・帝王切開体験者の声を伝える(医療者向け)

◆誕生学アドバイザーとして、いのちの大切さをお話ししています。

  誕生学(R)とは→コチラ


詳細はくもといっしょに」 でご確認ください。



ママのための帝王切開の本―産前・産後のすべてがわかる安心ガイド/中央法規出版


           
           ¥1,728   Amazon.co.jp


テーマ:
【帝王切開ママの会のご案内】

奇数月に開催しているお産の振り返りの会。
来週9/29です。
こちらは少人数でゆっくりあの日を振り返ります。
心にモヤモヤをお持ちの方、あの日がんばった自分のことを褒めてあげていないかた、ぜひいらしてくださいね。

お待ちしてます!

http://s-ce.shigoto.bz/wordpress/?p=1660
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いよいよ今週末、24日です。
「生まれてきてくれてありがとう」の愛のお話し、ぜひ親子で聞きにいらしてくださいね(^o^)

場所はベーグルが良い匂いのこむぎさん。

さいたま市北区土呂町1-63-18


誕生学〜親子で聞くいのちのお話し〜

《料金》一家族 1500円+ワンドリンク制



お申し込みはこむぎさんへ

電話tel:048-741-4608


お待ちしてます!




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【原因を自分で作る】

先日、外耳炎になりまして^_^;

耳鼻科に行き、先生から「とにかく触らないように」と言われたので、つい「気になって触りそうです」と言ったら


「自分で原因を作らない!!!」

と叱られました。



ふだん、何でも帝王切開に置き換えてしまう癖があるのですが、


この時


あっっっ


自分で原因、作ってるな〜と。



帝王切開でも、無事に生まれてくれて良かったと思う人と、絶対に嫌だったっていう人がいます。



保険金が降りて良かったという人と、お金なんていらないから自然分娩したかった人がいます。


嫌だったことをずっと覚えていて、頭の中から離さないで、落ち込んで、


でも


ちょっと忘れてみたら


ちょっと離してみたら


そうしたら、帝王切開の傷が優しい傷に見えるかもしれません。



帝王切開が嫌だったという原因はたくさんあります。


その中の1つを自分で作っている方はいませんか?


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
9月19日は、我が家の三女の二十歳の誕生日。

これでようやく、子ども全員が大人になりました(^o^)



20年前の9/19。

3回目の帝王切開が決まっていました。


長女は緊急で、

次女は陣痛が来る中、TOLACを行い、結局帝王切開でバタバタ。

なので、やっとやっと帝王切開をゆっくり味わった出産になりました。



術日が9/19と決まったとき、両親に報告すると、父がこう言いました。


「なんだ、ずいぶん9が多いな」


60近かった父には4と9はあまり縁起の良くない数字だったのでしょう。

思ったことは口にしてしまう人。


でも、私は泣きました。


上の子2人を帝王切開で出産したから、お腹の中の子を「9=苦しめる」ことになるんじゃないかって。


今なら笑ってスルーできます。


でも、あのとき

我が子を守らなきゃ!っていう思いしかなかったときは、もう悲しくて心配で帝王切開を恨みました。


そんなとき、本当にたまたま、友人から電話がありました。


長女の幼稚園の友人のママから。


私が電話口で泣きながら、「今、父からこんなことを言われて・・・」と伝えると、そのママが笑いながら「9/19は最高にいい日だよ」って言ったのです。


私の誕生日だもん!って。


そうしたら、泣いてた自分が笑いました。


なーんだ。


産み方はどちらでも、


一年365日、必ず誰かの誕生日。


だとしたら、親の役目は

「この日が誕生日で良かった!」って言ってもらえるように育てることだって。



3回目の帝王切開でも これです^_^;


まだまだです



でも、3回目だったから


少し余裕を持って、友人の言葉を聞くことができたのかもしれません。



産んだ後より、育てているときのほうが、さらにさらにいろいろありました。


でも、今思うのは


帝王切開だろうが何だろうが


無事に会えて


笑ったり泣いたり怒ったり戦ったりした日々が


どんなに大切かということ。


いつか巣立っていくとわかったから


どうしようもないことは、ちょっと隅っこに置いて、今を見ましょう。


20年経ったとき、よし!ちゃんと見た!って胸を張って言えるように。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【どちらか選んでくださいと言われたら】

少し余裕のある帝王切開の場合、例えばどうしても逆子ちゃんがそのままで、やっぱり帝王切開だねと言われ、それが赤ちゃんと会うための最善の方法だと決断した後、医者からこんな質問をされているかたが結構いらっしゃいます。


で、切り方は縦と横、どっちにしますか?


帝王切開について何も学んでいないママにとって、この質問は本当に困ります。


“それを選んだ時にはこんなふうになる”という説明をしてくれる病院ならまだしも、そんな説明を一切受けずに(質問する雰囲気も作ってくれず)縦の傷を選んで、あとで横にお願いすれば良かったと呟くかたもいらっしゃいます。

あくまでも超緊急ではない時の話です。



たった10センチの傷。


でも、私たちは一生お付き合いする傷。

痛くなったり

かゆくなったり

トイレやお風呂のたびに目にする傷



だから、


もっと大切に扱ってください。



この傷があったからこそ、

大切なこの子に会えたと思えるように


傷は勲章


大切な勲章です。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。