富岡製糸場と絹産業遺産群 世界文化遺産「荒船風穴」へ その1 のつづき(^_^)/

 

これが天然の冷蔵庫、世界遺産「荒船風穴」、国指定遺跡「荒船•東谷風穴蚕種貯蔵跡」ですヽ(゚◇゚ )ノ

そもそも風穴とは…?

天然の冷気が吹き出す洞穴や岩場のこと。洞窟の内外で生じる温度差や風圧によって、洞窟の出入り口から大気循環があるところのこと。日本では富士山麓や信州に多く点在しています。風穴は夏でも冷風が吹き出すことから古くから地元では貯蔵庫代わりにつかわれていたようです。1865年(慶応元年)信州安曇野にある稲核風穴を前田喜三郎が蚕が孵化してしまわないように、卵のまま(蚕種のまま)とっておくために風穴をつかったのが風穴の蚕種貯蔵庫としてのはじまりとされています。風穴の利用によって年1回であった養蚕が年に数回可能になり、明治〜昭和初期の繭の増産しいては生糸の大量生産技術の向上に貢献しました。そして昭和初期冷蔵庫の普及とともにその役目を終えました。

荒船風穴は荒船山の北側山麓、下仁田町の西端の標高840mの山間にあります。荒船山の形、エアーズロックみたいです。

眼下には西上州の山並みに囲まれた集落があります

荒船風穴は文化財保護のために今年の春から有料となっています

地元のガイドの方がいらして説明をしてくれます。これは富岡製糸場もそうだったのですが、群馬県は観光として世界文化遺産の普及につとめているようです。見学証の繭は真中が凹んでいるので日本原産種ですね

荒船風穴は地元で蚕種製造業を営んでいた庭屋静太郎が1905年(明治38年)に私財を投じて建設。風穴の蚕種貯蔵庫としては最大級に成長しました。風穴の運営は風穴の管理棟と7km離れたところにある春秋館(庭屋家の自宅兼事務所)に専用電話をひいて行なわれ、日本各地だけれなく朝鮮半島からも貯蔵の依頼がありました。庭屋家の次男は高山社蚕種学校の卒業生で、風穴での蚕種の貯蔵の知見があったのだそうです。運搬は上野鉄道、下仁田駅からは車、春秋館からは馬車がつかわれました。

風穴の冷気はこの岩壁から下りてきます

1号風穴の中は1.8℃(((゜д゜;)))、現在地は20.9℃

ここは外気との温度差が体感できる真夏に行くのがおすすめ♪

世界遺産の中でも<体感型>というのは、他にはないのでは。

風穴の中は四角に区切られていてかつてはここに貯蔵庫がありました

明治時代の荒船風穴の写真

石積みに囲まれた倉庫になっています

2号風穴は4℃、現在地は23.1℃

足元が冷やっとする、と思ったら、足元にも温度計があり19.2℃でした

山の中ではありますが、道は舗装されていますので、きものに草履(カレンブロッソ)なら問題ありません。もちろん、きものを普段着として考えればの話ですが。

ちなみに岡谷近代化産業遺産群巡りの旧岡谷上水道集水溝は、カモシカに会っちゃいましたしモンペに地下足袋が望ましいです。レポはこちら☆

 

自然がつくりもたらした、天然の冷気が日本の近代産業の礎となっています。

 

「きものカンタービレ♪」のFacebookページ矢印

「富岡製糸場と絹産業遺産群」は、日本の開国後、欧米列強と肩を並べるための外貨習得手段であった生糸づくり、絹の大量生産化のためのいわば技術の集合体です。富岡製糸場(富岡市)、高山社跡(藤岡市)、田島弥平旧宅(伊勢崎市)、そして、荒船風穴(下仁田町)の4ヶ所が2014年に世界文化遺産に登録されました。

この4ヶ所、近いようで遠いところに点在していて、中々まわれていません。

富岡製糸場のレポ、富岡製糸場 建物と歴史 富岡製糸場 繰糸場と生糸づくり

 

荒船風穴は群馬県ですが、富岡よりも軽井沢のほうが近いです。夏の軽井沢近辺はどこも混んでいるので、こちらは穴場。軽井沢から1時間ぐらいでいくことができます。周辺道路は交通規制があり神津牧場経由でいくことになります。

一般乗用車が入ることができる一番近い荒船風穴駐車場までは、大きな車ではいくことができない細い道です。土日のみ、帰り道となる荒船風穴見学広場に一方通行のタクシーが待機していて荒船風穴駐車場までピストン輸送をしています。歩くのが苦手な人は土日に行かれたほうがよろしいかと思います。

急な勾配ではありますが、舗装されている道なので、きものでも問題なしです。

熊の出没地域なので、1人では歩かないほうが良さそうです(゚ー゚;

下り坂を徒歩15分ぐらいでしょうか

歩いていると、冷風体験ポイントが

岩の下から流れてくる冷気は10℃をきっていました

上州と信州の県境の山並みは不思議な形をしています

荒船風穴の入口となる荒船風穴見学広場がみえてきました。土日のみ帰りの登り坂はここからタクシーで駐車場まであがることができます。一区間です。

荒船風穴は下仁田町南野牧屋敷甲という集落の上にあるのです。

標高1000mぐらいですが、この日の気温は30℃!

いよいよ、荒船風穴へ

 

つづく!

「きものカンタービレ♪」のFacebookページ矢印

 

六合村の赤岩集落へ。草津に御滞在中の天皇皇后両陛下がご視察されたこともあり、前々から興味がありました。

赤岩集落は、白砂川を渡ったところにある50世帯あまりの小さな山村です。

幕末から昭和30年頃までの養蚕農家の建物が残っています。用水の確保が難しい土地だったことから、水田はなく、養蚕と製麻が生業の集落だったのだそうです。

近代養蚕法の影響を受けて、気抜き櫓の越屋根をもつ建物があります。普通に人がお住まいでいらっしゃるようですが、今は養蚕はされていないとのこと。

2005年(平成18年)に重要伝統的建造保存地区に指定されています。

 

昭和37年頃に建てられた稚蚕(卵から孵った1〜3齢の蚕)を育てるための稚蚕飼育所

温度調節の設備が今も残っています。

 

かいこの家

養蚕についての展示がされていました

蚕が繭をつくる藁蔟と回転蔟

2階が道から展示スペースに自由に出入りできるようになっていて、1階は住居になっているようです

 

今は養蚕はされていなくなっても養蚕でつかわれる道具などがあちらこちらで垣間みえます

収穫した穀物や製麻につかった蔵

道祖神

毘沙門堂

村の高台にある赤岩神社

 

幕末の蛮社の獄で捕えられその後脱獄出奔した高野長英を匿っていたとされる湯本家。湯本家は戦国時代に草津温泉の湯守だったそうです。武田家滅亡の後に、真田家にしたがって、後に赤岩に移り住んだといわれています。

養蚕をするための三階屋になっています。総三階建の土蔵造りで置屋根式の切妻屋根という珍しつくり。

 

草津から山々をくだり、橋を落としてしまったら、取り残されてしまうような集落。こういったところに、日本の原風景が残されそこには、養蚕や自然布の歴史がつまっています。古き良き時代の日本らしい長閑なところでした〜♪

 

ああ、祇園祭のレポを残したまま夏が終わってしまった…(x_x;)

 

「きものカンタービレ♪」のFacebookページ矢印