あなたの肌がもし下記のような状態なら…

□ 皮脂がでているのに肌がつっぱる
□ キメが荒く毛穴が目立つ
□ 化粧のりが悪い
□ 肌がゴワついている
「インナードライ」のサインかもしれません。

また、汗が出やすい季節は肌がうるおっているように感じます。
でも、内側は乾燥している可能性が高いのです。

スキンケアをするときは、
「自分の肌タイプに合ったアイテムと方法を選ぶのが大事!」
とよくいわれていますね。

「あなたの肌タイプは?」と聞かれたらどう答えますか?
なんと、8割以上の女性に当てはまる肌タイプがあるそうです。


●女性の8割以上に当てはまる肌タイプとは?

「私って乾燥肌なの」「私はオイリー肌かな」…
自分の肌タイプについて、なんとなくわかっている気になっていませんか?

実は、8割以上の女性に当てはまる肌タイプは
「インナードライ肌」
だといいます。

インナードライとは読んで字のごとく、
内側(インナー)が乾いた(ドライ)状態の肌のことをいいます。

肌の外側は乾いていなくてしっとり…というよりむしろベタついていることも。
乾燥しているのになぜベタつく?不思議ですよね。


●インナードライ肌になる原因は?

エアコンによる空気の乾燥や紫外線ダメージなどで、
私たちの肌は1年中とても乾きやすい状態にあります。

肌が乾燥すると外部刺激に弱くなってしまうので、
自らを守るために肌は皮脂を分泌します。

この皮脂が適量ならしっとりとしてうれしいのですが、
多すぎると脂取り紙やティッシュで何度も拭き取ったり、
洗顔の回数を増やしたり、洗顔後に化粧水だけで
すませてしまったりしがちですよね。

でもこれらの行為は肌の乾燥を招き、
インナードライ肌がますますひどくなってしまうのです。
 
 
●インナードライ肌の対策は?

皮脂が多いと感じても、ぐっと我慢をして、拭き取ったり、
何度も洗い流したりしないことが大切です。

皮脂を落とせば落とすほど、肌は「乾燥がひどくなった!」と、
皮脂をどんどん分泌してしまいます。

洗顔するときは、30~35度のぬるま湯で。

天然由来成分配合のものを選ぶなど、
洗浄力の強いものは避けたほうがよいでしょう。

洗顔後は「ベタつきがいやだから」と何も塗らないのはNGです。

お風呂のお湯やシャワーでは、
温度が高くて皮脂が落ちすぎてしまいます。

ちなみにシャワーのお湯を直接顔にかけるのは、
一見マッサージ効果がありそうですが、
水圧によって肌に刺激を与え、毛穴が垂れ下がって
きたりすることもあるので、避けた方がいいでしょう。


◇ ◆ ◇


当社商品のマルチ美容液「ミニマリスト ビオフォース」は、
「水分をはさみこんでキープする」セラミドをはじめ、
セラミドと同じ働きをするレシチン、セラミドと相性の良いヒアルロン酸、
海藻エキスやアロエエキスなどの保湿成分を配合。

それでいて、パラベンやアルコール、合成界面活性剤などは不使用と、
肌に必要最低限の成分で、肌本来の力を呼び起こします。
さらに1本で化粧水+乳液+美容液の役割を果たし、
メイク前の化粧下地にもなるマルチ美容液。

「忙しい」「時間がない」など言い訳は無用。
内側から潤って、みずみずしい素肌美人を目指しましょう!

▼ミニマリスト ビオフォース
https://goo.gl/RU1rBZ

▼関連記事
「セラミドって何?」

hhttps://goo.gl/aetp3o
 
AD