ほぼにちパート2

定年まで3年を残し33年間の教員生活に終止符。
平成23年3月に退職。元校長から憧れの赤帽に大転身。

①納豆のように粘り強く
②本気
③あきらめない

をモットーに、
波瀾万丈な第二の人生、赤帽人生を綴った痛快ブログです。


テーマ:

三島町生活工芸館で開催されるものづくり教室は毎週土・日、2日間続けての開催となります。今回は初日だけ参加して帰る予定でいたのですが、この冬最強の寒波が日本列島を覆い、奥会津地方でも一日中雪が降り続き、一向に降り止む気配がありません。今後ますます激しい降雪が予想され、帰りの道路事情も心配になってきたので、三島町にもう一泊することに決めました。

 

地元のみなさんから、古くから湯治場として親しまれてきた三島町早戸地区にある、全国屈指の薬湯として名高い「つるの湯」を紹介されました。日帰り温泉のほかに宿泊湯治の施設もあり、食事は自炊となりますが格安な料金で宿泊することができます。

 

 

☆日帰り温泉施設「つるの湯」

 

湯治棟に宿泊すると湯治部浴室はもちろん、渡り廊下でそのまま移動できる日帰り温泉施設「つるの湯」も何度も利用できます。

 

☆こちらは今回お世話になった自炊施設完備の湯治棟

 

☆共同の炊事場

 

☆ガス自動販売機

 

有料のガスコンロは100円で10分間のガスを使用することができます。

 

☆共同の洗濯場

 

☆湯治棟の浴室

 

日帰り温泉施設「つるの湯」の温泉に浸かり、身も心も温まったあとは湯治棟の12畳の部屋でひとり静かに横になりました。23度に設定されたストーブの炎が赤々と燃えています。カーテンの隙間からときどき外の様子を伺うと、豪雪地帯特有のパウダースノーのような細かな雪がしんしんと一晩中休むことなく降り続けていました。まるで三好達治の詩「雪」のような世界です。

   

太郎をねむらせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。

二郎をねむらせ、二郎の屋根に雪ふりつむ。

 

☆朝起きたら一晩で50cm以上の積雪にビックリ!

 

☆スタッドレスタイヤにチェーンを装着

 

少し急な坂道を登ろうとしたら、スッタッドレスタイヤではタイヤがスリップして登れません。約30年ぶりにタイヤにチェーンを巻きました。

 

☆早朝から除雪車が出動して駐車場の除雪作業をしていました

AD

テーマ:

昨日、山梨県富士吉田市の仕事の帰り、大きな文字で「うどんの駅」と書かれた看板に誘われ、久しぶりに吉田名物のうどんを食べてきました。

 

 

☆うどんの駅

 

普段、多くの方が利用する道の駅以外にも、最近は海の駅、山の駅、川の駅、旅の駅・・・等の名称が付いた施設を目にしますが、うどんの駅は初めてです。

 

☆当店の看板メニュー

 

☆店内の壁に貼られたメニュー

 

吉田うどんといえば、硬くてコシの強い麺に馬肉とタップリの茹でキャベツが特徴です。ということで、数あるメニューの中から今回注文したのは・・・。

 

☆今日のお昼

 

甘めのさくら肉とピリ辛きんぴらがトッピングされた

肉きんぴらうどん  540円

 

食後の感想:さくら肉(馬肉)で一気にパワーアップしたふるさと運送。赤帽サンバーのエンジンも馬力アップでパワー全開。ついついアクセルを踏み込み過ぎて、危うくスピードオーバーで捕まるところでした。(冷汗)

AD

テーマ:

冬のものづくり教室、初日のヒロロ教室に参加した生徒さんは8名でした。大雪のためやむなく参加を取りやめた方も多数いたようです。参加者のほとんどが50年前のミス三島町(?)と思われるような、かなり年期の入ったご婦人方です。

 

 

☆ヒロロ教室に参加のみなさん

 

ヒロロ教室、マタタビ教室、山ブドウ教室、どの教室も伝統工芸士の先生方が直接指導してくれます。こんなチャンスは滅多にありません。編み組細工に興味のある方、是非一度教室をのぞいてみてください。教室は予約不要で、町内外の方どなたでも参加可能です。

冬のものづくり教室の詳細については、こちら。http://www.okuaizu-amikumi.jp/?p=1081

 

☆生活工芸館内にある展示コーナー

 

☆ヒロロ細工のバッグ

 

☆山ブドウ細工の籠

AD

テーマ:

1月14日から始まる冬のものづくり教室に参加するため、前日(13日)の午後3時過ぎに伊勢崎を出発し、北関東自動車道~東北自動車道~磐越自動車道を走り奥会津三島町に向かいました。

 

当初、14日の早朝に伊勢崎を出発する予定でしたが、この冬最強の寒波襲来というニュースを聞き、急遽三島町に前泊することにしました。13日の午後3時にいつも宿泊をお願いするふるさと荘に電話を入れたところ、本日は宿泊客がいないため管理人も板前も帰ってしまって宿泊の受け入れはできないとのこと。すぐに宮下温泉にあるもう一件の宿泊施設「栄光館」に電話を入れたら、夕食の用意はできないが宿泊だけなら大丈夫という返事をいただきました。ということで、本日の宿泊は栄光館にお願いすることにしました。

 

 

☆栄光館

 

☆男湯入口

 

☆源泉かけ流しです

 

☆展望風呂

 

☆展望風呂から眺める只見川の雄大な流れ

 

川の向こうに見える施設は、以前何度か宿泊でお世話になったふるさと荘です。ふるさと荘と栄光館は姉妹館となるため、双方の宿泊者はフロントに申し出れば無料で対岸のお風呂に入ることができます。

 

☆風呂上がりに缶ビールで乾杯!

 

☆温泉宿の朝食

 

食後にデザート(フルーツ)とコーヒーをいただきました。満腹でしばらく動けませんでした。


テーマ:

福島県三島町の生活工芸館で毎月第1・3・5土曜日に行われている奥会津の伝統工芸、編み組細工体験教室(ヒロロ教室)ですが、1月14日~2月26日までの毎週土・日の期間、冬のものづくり教室としてヒロロ細工の他に、山ブドウ細工とマタタビ細工の各教室が生活工芸館で開催されることになりました。

 

テレビ・ラジオのニュースでは、この冬最強の寒波に関する情報、全国各地の大雪に関する情報等がくり返し流れる中、ふるさと運送の運転するスバルサンバーはものづくり教室の開講式に参加するため、一路雪の降り続く奥会津三島町に向けて走り始めました。

 

 

☆JR会津宮下駅

 

☆道の駅尾瀬街道みしま宿

 

☆三島町生活工芸館

 

☆生活工芸館の駐車場

 

☆ヒロロ教室

 

☆マタタビ教室

 

☆山ブドウ教室


テーマ:

玉村にある珈琲専門店「むじか」のホームページに、

「チョットお得にコスタリカのゲイシャ(ハニー)限定 お早めに!」、というお知らせが掲載されていました。

早速、お店に出かけ三種類のコーヒー豆を仕入れてきました。

 

 

☆ゲイシャ ハニー(コスタリカ)

 

ゲイシャとは日本の芸者とは無関係なコーヒー豆の木の種類です。ゲイシャと言えばパナマ・エスメラルダ農園のゲイシャが世界最高峰のコーヒー豆として有名ですが、お値段も超高価でなかなか手に入りません。今回入手したコスタリカ産のゲイシャはチョッピリ安価。柑橘系の風味は芸術的で極上の味です。焙煎は浅煎り。

 

☆ベルリナ ブルボン(パナマ)

 

パナマ ベルリナ農園のブルボン種。焙煎は中煎りです。

 

☆マンデリン ブルーアイ(インドネシア)

 

深煎りの定番、インドネシア産のマンデリン スマトラタイガー(ブルーアイ)。


テーマ:

昨日、お昼に食べたうどんがとても美味しかったので、本日仕事の帰りにもう一度「麦の香」に立ち寄りました。これまで二日続けて同じお店に出かけたことはありません。今回が初めてです。午後6時を少し過ぎた時間に車を駐車場に入れお店に入ろうとすると、アレレ???。お店の雰囲気が昨日と少し違っていました。

 

 

☆看板が「うどん・そば」から「Pasta&Pizza」に変身(?)

 

「オペン」とローマ字で書かれた看板も、どこかイタリア風ではありませんか。

 

☆ディナーメニュー①

 

ウェイトレスと呼ぶにはやや無理のある従業員のオバさんに、うどんはやってないのかと聞くと、夜の営業はパスタ&ピザがメインでうどんはやってないそうです。ランチ(昼の部)はうどん・そば、ディナー(夜の部)はイタ飯という珍しい形態のお店ですが、基本は麺類。コンセプトには「人類は麺類」に通じるものがあるようです。

 

☆ディナーメニュー②

 

☆ディナーメニュー③

 

うどんを食べる予定で入店したのですが、今回はイタリアンに変更。お好みのパスタ+サラダのセットを注文しました。

 

☆サラダセットのパスタ

 

モッツァレラチーズのトマトソース~自家製リコッタチーズのせ~

 

☆サラダ

 

うどん屋さんで食べるイタリアン、思っていた以上に本格的でした。本日食レポを予定していたうどんは、季節限定メニュー(冬うどん)の「鶏つくね葱生姜うどん」です。今回食べられなかったので、次回のお楽しみとします。


テーマ:

先日、当ブログ愛読者のSちゃんから、「・・・赤帽の納品先のグルメ楽しみにしています」、という嬉しいメッセージをいただきました。本日、東京・青梅市の仕事の帰り、埼玉県滑川町にある国営武蔵丘陵森林公園の近くで「麦の香」という美味しいうどんのお店を見つけました。Sちゃんのリクエストにお応えして、今年最初となる肉汁うどんの食レポをお届けします。

 

 

☆麦の香

 

☆メニュー①

 

☆メニュー②

 

☆今日のお昼

 

肉汁うどん  660円 + ミニかき揚げ丼  290円

 

☆こちらは季節限定(冬うどん)のメニュー

 

 

麦の香

埼玉県比企郡滑川町土塩554-1

電話:0493-81-6762

営業時間:11:00~14:30、17:30~21:00

定休日:火曜日、第3月曜日


テーマ:

元旦から3日までの3日間、毎朝5時にJR横川駅の南にある釜めし工場に集合し、関東各都県約70箇所のデパートに釜めしを配送する業務が無事終了しました。

 

 

☆釜めしの配送を担当する30台の赤帽車

 

複数の箇所へ、ほぼ同一の時間に一斉に荷物を届けるような業務については、赤帽が最も得意とする業務のひとつです。

 

☆JR横川駅を出発する始発電車

 

集合時刻の5時を過ぎても辺りは真っ暗です。しばらくすると、横川駅を5時18分に発車する上り始発列車が高崎駅方面に向けて出発して行きました。


テーマ:

峠の釜めしを購入すると、釜めしとは別にプラスチック容器入りの香の物(漬物)が付いてきます。赤帽車で釜めしを各店舗に配送するとき、釜めしの入ったケースのほかに香の物(漬物)も忘れずに届けなければなりません。これを忘れると大変なことになってしまいます。

 

 

☆香の物

 

☆釜の型をした容器に5種類の漬物が入ってます

 

5種類の漬物

・キュウリ漬け

・ごぼう漬け(※)

・小ナス漬け

・小梅漬け

・わさび漬け

 

※香の物で使用している山ゴボウは、2014年10月10日より、これまで使用していたスライス状からスティック状へ形状が変更になりました。

 

小さな容器に入った5種類の漬物ですが、多からず少なからず、必要にして十分な量のこの漬物は、峠の釜めしの名脇役です。

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。