1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年11月01日

流行りもの

テーマ:嫁ばなし
来月に自分の誕生日旅行を控えている次男(旦那の真ん中の兄)嫁。
行き先は常夏ビーチなので、何とか痩せたいところであるが、なかなか食欲を制御できない。
数年前に脂肪吸引も受けたが、効果は誰にも知られる事なく元に戻った。

流行りものが大好きな嫁は、金で全て手に入ると思っている。
だから膨大な金をかけて脂肪吸引もしたのであるが、まさかの4キロしか痩せなかった事で憤慨。
来月までに何とか痩せたい嫁は、このエクササイズをやっている友人から紹介を受け、通い始めた。
(下の映像はユーチューブから拝借)



トランポリンは一体、何キロまで耐えるのだろうか。
しかし凄いのは、自分がやっている姿を息子に撮らせ、それを自分のフェイスブックに動画を載せている事である。
あんなに人の身体が揺れるのを初めて見た。

人気ブログランキングへ



AD
2014年10月30日

真ん中

テーマ:食べ物
最近は美味しいパンを売るお店も発見し、そこのパンを週2で買いに行っているのであるが、(前の記事にも書いたが)、「パンをスライスして下さい」と言うと、物凄く嫌な顔をされるので、最近は既にスライスされた状態のものを買う事にしていた。

がしかし・・・。
パンを端から食べて2枚目辺りから、真ん中にドカーン!!と大きな穴が空いているのを発見。
何度買っても、真ん中に穴が空いていて、サンドイッチにすると、真ん中から具がムニュっと出て来る。
穴と言うても、小さい穴やない。
もうパンの耳しか残っていないほど、見事に空洞なのである。

毎回、「またかい!!」と思いながらも、食べ始めたものを返品しに行く事も違うかなと思い、ずーっと我慢しながらいた。
が数日前、カーライル近郊に住む日本人のお友達数人とランチ会をした時に、私がこの話題に触れたら、パン職人修行をしていた事があり、同じ大阪出身の友人が、「あーそれは、まだパンが熱いうちにスライスするから、ドカーン!!と穴が空くねん」と教えてくれた。

そんなん、パン屋なら基本中の基本の知識。
無知なバイトのオバハンが、知らずにスライスしてんのやろか・・

そのパン屋がオープンして間もない頃、よくパンを焦がしていた。
それでも店頭に並び、買っている人も多かったから、ココの人は心が広いのだろうか・・と思った事があると、別の日本人の友人も言うていた。

多少焦げていても、真ん中に有り得ない空洞があっても、そこは自然現象と言うことで流せるのだろうか・・と思うと、私はなんて心が狭いのだろうか・・と反省するわけである・・と言いたいが、いやいやアカン。

その友人から、「パンを買うときは、完全に冷めた状態のパンをスライスしてもらうのがお勧め」と教えてもらい、今日さっそく行ってみた。
売り場には、私の目当てのパンがあったが、スライスされてないものと、既にスライスされてあるものとがあった。

あえて私はスライスされてないものを選び、完全に熱が取れてあるかを確認し、「スライスお願いします」とパンカウンターに持って行った。
例の如く、笑わないババアは「切ったやつ、あるやん」とアゴである場所を指した。

「何度かスライスしたやつを買ったんですが、直系10cmほどの穴が空いているものばかりに当たるので、今日はこれを買いたいんです」と説明した。

ジロリと私の顔を見、一言。
「そんなん、パンなんか穴あってもエエんちゃうの?誰が気にすんのよ?」と言った。
私やー!!私が気にしてるから言うとんねん!!
あんな穴あったら、具挟みにくいんやー!!

どんなに嫌な顔をされようとも、私は「スライス頼んます」と言い続ける。
ババアと戦い続けると決めた。

人気ブログランキングへ






AD
2014年10月28日

5円の・・

テーマ:イギリスの職場ばなし
この20日からスコットランドでは、全てのお店で買い物時に無料配布していた買い物袋を、有料にした。
スコットランド政府の取り決めにより、1袋5ペンス(5円~10円程度)である。
この5ペンスは各自治体を通し、近隣の募金が必要な施設に寄付される事になっている。

20日から2~3日の間は、スコットランド人のお客様もこの事を忘れており、5ペンス支払う事に文句をいう人もいたが、「政府が決めた事ですから。当店が儲けているわけでは無いんです」と説明すると、「まあ、そうやわな。環境にも良いし、無駄な資源を使う事もいし、寄付されるなら、良い取り組みやわな」と納得してくれた。

スコットランド全土で実施されて5日も経過すれば、携帯買い物バッグを持参する方が多数になり、「これ、本当に良い取り組みだと思うわ」と、何ならこれをスコットランド人として誇りに思う、イギリスはいつも俺たちを真似る(来年の10月からイギリスでも、これが実施される)と言うお客様も出始め、こちらも言いやすくなって来た。

しかし、カーライルは国境地とは言えイギリス圏内である。
そのため、カーライル以降、南に住む人がスコットランドの国境を越えてすぐの所で買い物をした場合、買い物袋が有料と言うことを知らない人がほとんどであるから、レジで客からの文句が耐えない。

今日も9時間勤務の私は、朝からレジ担当。
店長から「とにかく、何を言われても政府の決めた事。ここはスコットランドですから・・て言うたらエエから!!」と念を押された。

予想通り、「何でこんな高額な商品買ってんのに、袋まで買わなアカンねん!!」と言われる。
言う通りであるがまた、1万出せるのなら、5円も払えるんちゃうんか?と内心思いつつ、そこは笑顔でとにかく「こればっかりは、スコットランド政府が決めた事ですからね~」とヤンワリ。

ロンドンから来たというオッサンからは、「スコットランド政府の決め事なんか、知ったこっちゃ無いわ!!こっちは首都のロンドンに住んどんねん!!」と怒鳴られた。
スコットランドは別の国。
スコットランドには、スコットランドの首都がありまんねん・・。
オッサンこそ、スコットランドとイギリスの区別ありまんのかいな?と思いつつ、国境地に暮らす面倒くささを実感する日々。

カーライル近郊に住む人は、車で走りながら、ココからスコットランドに突入!と知っているが、ここに詳しくない人は、知らないうちにスコットランド圏内に入っていることになる。
そのため、スコットランドに来て買い物をしている意識がないのかも知れない。

1万は支払うが、意地でも5円は支払わん!!と言う、環境に優しい人が続出し、どんな大きな商品も、脇に抱えて店を出て行く。
それは横殴りの雨であっても、たとえ買った商品が濡れても、意地でも5円は払わないのである。

うちの斜めのお店で友人が働いているのでるが、そこで毛皮を買った客など、毛皮に10万払っても、袋に5円は支払いたくないから、毛皮を手でブラブラ下げながら、他のお店で買った商品も脇に抱え・・と、その姿はまるで万引き犯である。

これまで当たり前にもらっていた無料の買い物袋が有料になった途端、8割以上の客が袋を拒否するようになった。
たった5円で、こんなにも「袋、要りません」と言えるのに、無料だった頃は何も考えずにもらっていた袋。

とてもよい取り組みだと思うが、来年の10月、イギリスで実施されるまでは、しばらく南部の客から文句を言われる事であろう。
まあ、アホの1つ覚えで「政府が決めた事ですから」と言うに」徹するのみであるが。

人気ブログランキングへ






AD
2014年10月26日

嫁と義母

テーマ:嫁ばなし
義母から買い物に付いてきてと言われた。
目的は、来月の次男(うちの旦那の真ん中の兄)嫁の誕生日プレゼントを選ぶためである。
義母は自分の長男の嫁が40歳の時、ブレスレットをプレゼントしたため、今回も公平を保つため、再びブレスレットを買う事にした。

長男の嫁はセンスのカケラも無い女なので、その辺のお店で買っても良いのであるが、何故か異常に次男嫁に気を使う義母は、「失敗したらアカンから」と、私を同伴した。

カーライルでブランド物の貴金属を取り扱うお店は無いに等しい。
が唯一、まあ・・自分には要らんけど、嫁に買うにはエエんちゃう?このレベルで・・というお店が1つある。

選択肢がないから、すぐに決まった。
ゴールド好きの嫁のため、ギンギラ輝くゴールドのブレスレットを購入。
選んでおいて何やけど、こんなん付けてんの「萬田はん」しかいてへん。

それを速達で送って5日目。
次男から「届いた」と電話が来たのであるが、次男は「お母さん、アイツ・・普通のブレスレットが腕に入らんって、見たら分からんか?」と来た。

どうやら、女性モノのブレスレットは入らへんらしい。
義母は「じゃあ、1月にそっちに行った時に返して。誰かにあげるわ」と言った。
そうして義母は再び私に「ブレスレット・・アカンかったらしい・・。せやから時計にしようかなと思って。カルティエかオメガの時計が欲しいらしいわ・」と言った。

「そんなん、普通のブレスレットがアカンのやったら、時計もアカンのちゃうの?」と私は言ってみた。
義母は「いやいや、時計はさすがに無理って事ないんちゃう?」と笑う。

いやいや・・ブレスレットが指先から入って行かない事そのものが、もう普通ちゃうやん!
せやのに、何で時計はアリと思うのか・・義母の謎。

私「ほな、男性モノは?」
義母「女性らしいデザインが良いって言うててん」
私「女性らしいって・・・手首が女性らしさを失ってんのに、もうその時点で女性らしいデザインもクソも無いんちゃうの?」
義母「特注?」

あんのか?そんなん!?
オメガに特注って・・・どんだけ費用かかんねんな!!

結局、義母は3件ほど見て周り、面倒くさくなったのかカフェに入って、コーヒーを2杯飲んで帰った。
「カーライルに嫁のサイズは無い」として、「自分で買ってくれ。金を送る」という事になったらしい。

時計店の方が「130キロであれば、時計のベルトが届かないはず無いんですけどね~。150キロ位の方でも、ギリギリ大丈夫ですよ」とポロっと言った。
義母は私の顔を見て、ハ!!とした。
恐らく、同時に思ったのかもしれない。
嫁は130キロと言うているが、もしや130キロでは無いのでは?という疑問が・・
2014年の謎である。

人気ブログランキングへ







2014年10月25日

女の・・

テーマ:結婚
結婚している身でありながら、間男を家に連れ込み、よからぬ事をして離婚に至ったタレントさんが復帰したというニュース。
女の不倫は、余計に厳しい目と軽蔑の眼差しで見られるのは、昔も今も変わらぬ事なのか。

数年前、オランダに行った時「拷問博物館」に行った。
昔のヨーロッパで本当に使用されていた拷問器具が、ところ狭しと並べられ、丁寧に使用方法まで説明され、時には「何をしたらコレを用いた」という説明書きまであった。

私が最も印象を受けたのが、まず最初に飾られてある拷問器具である。
これは女性の姦通罪だけに使用される拷問器具であると記されてあった。
こんな拷問器具で拷問されている女性を目の当たりにし、それでも尚、姦通罪が耐えなかったらしいから、恋は盲目とは本当なのだろうか・・いやいや、この器具見たら心の浮気で留めるけどな、私やったら・・などと考えたものである。

拷問で「ハイ、拷問終了~!もうやったらアカンで!反省するんやで!」というレベルではない。
拷問の先には死しかないわけで、それでも姦通する女達は如何なる思いだったのだろうか。
しかし当時は、姦通した相手の男性は罪に問われなかったと、係りの人が言うていた。
やはり昔から、男の浮気はしゃーないとして、女はさすがにアカンやろ~というのがあったのだろうと、勝手に推測した私。

今でも国によっては、女性の浮気に関する罪が尋常じゃないほどキツイ国があると、数年前に出た本で読んだことがあった。
死なせはしないが、女性としての機能を奪う拷問である。

最近は妻の浮気を耳にする事も多く、夫が子供を引き取るケースも増えているのも納得する。
人権が絡むから拷問はできないが、もしも拷問制度が今の世に復活したら、妻の浮気は激減するだろうか・・。

人気ブログランキングへ





2014年10月24日

モラル&躾

テーマ:子育て
流感の予防接種をするため、大型スーパーの中にある薬局に行った。
薬剤師さんがやってくれるので、ただただカウンターに並んでいたのであるが、この国の医療のシステム上、薬局では常に長蛇の列が出来る。

病名によっては薬剤が無料。
そのため、1人10箱前後の薬剤を薬局にもらいに来るため、1人にかかる時間が半端ないのである。

待つこと20分。
まだ前には7人待っている。
カートに載せている1歳半の息子は荒れ始める。
もう今日は諦めようか・・とためらっていたら、薬剤師さんがカウンターから誰かに向かって怒った。

見ると、カウンターの前の赤ちゃん用品売り場で何かを物色していたお母さんが押す買い物用カートに、2人の子供が土足で座っていた。
ちゃんと子供が座る場所はあるのに、多分、嫌がったのか、買った商品を入れていく場所に座らせ、何やら食べさせていた。
そうして、しばらくは黙らせておくのだろう。

薬剤師さんは「そこ、食品入れる所でもあるのよ。靴の裏などバイキンの宝庫。犬の糞を踏んでいるかも知れないし、ちゃんと2人で座れる椅子が付いているんだから、そこに・・」と言った。
母親は「あんたに言われる筋合いはない」と怒り、その場を去ろうとした。

並んでいたおばちゃんが、「最近の母親は・・」と言い、チラリと私を見た。
え?ワテかいな?
ちゃんと座らせてるわ!ちゃんと見ろ!!

コレ本当、文化なのか家庭教育なのか本人のモラルなのか・・
よく欧米文化は・・と言う人もいるのだけれど、私の英国生活の中で、キッチンやガスレンジ、食事をするテーブルに土足を置くのは2人だけ。
そう・・旦那の長男&次男の嫁2人、共にオーストラリア人である。

じゃあ、オーストラリア人がそうなのか・・というと、それもない。
私はオーストラリアでオーストラリア人と同居していたが、誰もそんな事をしなかった。
結局は本人であり、それを注意した人間がいなかったか、聞き入れて来なかったか。

何年か前に、買い物カートにマルチーズを入れて買い物をするおばちゃんがいたのであるが、3年ほどお店が黙認し、もう我慢ならなくなったのか、急に「犬はアカン!!入れるのは、うちの商品だけや!!」と店頭でセキュリティーの人に言われ、口論になっていたという地元新聞の記事があった。

このマルチーズおばちゃんとは、私は何度かバスで一緒になった事がある。
マルチーズは「娘」であるから、服を着てバスに乗り、座席にも座る。
一度、外がザザ振りの雨の日、ズブズブに濡れたマルチーズを座席に座らせ、それを客の男性が「その座席、お前がちゃんと拭くんか?ベチャベチャに濡れ、泥付いとるやないかい!!」と注意した。

「この子も乗客よ!座って何が悪いの?あんたのケツの方がよっぽど汚いわ!」と言い返したおばちゃん。
いやいや・・犬は足の裏が直で付いてるからね・・ちょっとズボン越しのケツとは違うわな・・と後ろで思っていた私。

それからも、私が引越しするまで、バスでは犬が当たり前に座席に座っていた。
運転手さんが注意すべきだったのだろうけど、座席が汚れる事をそんなに重要視していなかったのか?とも思う。
まあ土足文化やからね~と、笑えるか否か・・。

人気ブログランキングへ

2014年10月23日

あえて・・

テーマ:嫁ばなし
旦那の真ん中の兄嫁(兄は英国人、嫁は豪州人で現在は豪州在住)が、来月でで40歳になる。
嫁の希望は旅行である。
当初、行った事のないイタリアで、イタリア有名ブランドを買いまくりたいと希望を出していたが、2年前に行ったパリで、130キロの自分の身体に合うサイズを作っている有名ブランドが無い事を「差別」と叫びまくり、結局、ヨーロッパに行く企画は流れた。

そんなワケで、今まで行ったことに無い国でかつ、40歳の記念に新たなる入れ墨を気軽に入れられる場所=タイとなり、自分の気に入っている連れ子2人(嫁と前夫との間にできた子供3人。もう1人は例の如く置いていく)と夫(義兄)との間の子(5歳)を連れて行くことになった。
予定はバンコクに3泊、プーケットに3泊である。

男の子2人は14歳、下の子は5歳であるが、この子達を連れて「レディーボーイ」のショーを見に行くと言うていた嫁。
多分、子供は入場できないと思うが、あえて連れて行く場所なのかと疑問に思う。

まあしかし、よその子育て方針なので、どうでも良いのであるが、イレズミもしかり。
あえて、イレズミを彫っている所を14歳と5歳に見せるのは如何なもんかと義母は怒るが、当然、嫁には何も言わない義母なので、嫁は知る由もない。

私もタイに行ったことがあるので、夜の雰囲気は知っているつもりであるが、夜になると海の前にはギラギラネオンとレストランが入り混じり、客引きの色んな人々が立ち並ぶ。
上半身をポロリと出し、完璧なるまでの女性の姿を手に入れたレディーボーイがお立ち台で踊っていたりする。
出店には素人が着るんだろうか・・と目を疑うセクシー下着が売られていたりし、これを見ずにレストランに入るのは不可能に近かった。

嫁は「これも性教育。14歳など全てを知っていて損は無い年齢。近い将来、女を知ることになるのだから、包み隠す必要なし!!ガハハー!!」と笑っていたらしい。

ワイルドゆえ義兄は惹かれたと言うていたが、こんな教育方針もアリだと、他人事だから言えるのだろうか。

人気ブログランキングへ




2014年10月22日

署名

テーマ:子育て
今年の1月から通い始めた娘の幼稚園。
昨日迎えに行くと、先生から個室に呼ばれた。
「今日ね、トイレでお友達とふざけあってたら、相手の子供の手が○○(うちの娘)ちゃんの頬にあたって、引っかいた状態になったの。病院に連れて行くとか、応急処置が必要なものではなく、ただ赤くなっただけで、本人も泣いたりしなかったんだけど、一応、お母さんには説明しておきます。もし納得されれば、ここに署名して」とノートを渡された。

私は「そんなん子供の集まる場所やし、あります、あります、そんな事。前に保育園で働いてたので、噛むとかしょっちゅうでしたもん」と言うと、先生は「そう言ってくれたら助かるわ~」と言った。

これまでも、クラスの子に押されて後ろにコケた事があったが、こんな署名制度は無かった。
「なんで急に署名する事になったんですか?」と聞いてみた。

先生は「この9月から入って来た子のお父さんが、ちょっとウルサイねん・・。誰にどんな風にされたか、納得するか否かはその時に判断し、しなければ法的処置・・みたいな事言うて来て。ほんで一応、こうしてちゃんと親が納得したか否か、不納得なら話し合いの場を設け・・みたいになったのよ」とベテラン先生が言った。

オモラシした場合も、このような説明と署名を求めて来たとか。
オモラシしたのは、どういう経緯で、どんな状況でうちの子がそうなったのかを知りたい父親。
そんなん、遊んでてトイレ行くのが面倒くさいとか、忘れてウッカリ・・など子供ならある事。
10歳ならともかく、ここは2歳半から4歳児しかいない。
オモラシなど、そんな意味は深くなく起こるはず。

こうして、何故こんなに今日は靴下が汚れたのか、何故オモラシしたのか、何故うちの子が引っかき、引っ掛かれたのか等々、全てを説明して署名を頂く事になった。

子供の靴下など1日履けば、めちゃめちゃ汚れるが、そこに理由は必要なんだろうか・・。
知って安心するのは、何ゆえなんだろうか・・。
イジメに繋がると考えているのだろか・・。

うちの娘の幼稚園児は合計5人。
うち9月から入って来たのは2人だけ。
という事は、あの人かアノ人か・・。

1人はイスラム系のお母さんと男の子。
もう1人はBMWを人の家の前に停め、よく婦警さんに注意されているお母さん。
こっちだろうか・・。
あの人いつも子供を見送った後、子供の様子を外の窓から40分くらい見てると言うていたが・・。
お迎えも30分ほど前に来て、外から子供の様子を見ていると言うていた。
ちょっと神経質なのか、過保護なのか分からないタイプの綺麗なお母さん。

なるべく関わらんようにしたい所である。
しかし、先生方も大変ですわな~。

人気ブログランキングへ







2014年10月21日

御礼を・・

テーマ:嫁ばなし
娘の誕生日から遅れること1日、オーストラリアの次男夫婦(旦那の真ん中の兄夫婦)からプレゼントが届いた。
届いたというても、アマゾン(世界最大級のネットショッピングが出来るサイト)でオーダーしたものが、包装される事なく直で届いたのであるが・・。

中には納品書が同封されており、そこに4ポンドと書かれてあった。
そう・・400円のクズみたいなヘアゴムが1つだけ。
これが1つである

嫁の連れ子3人と、義兄との子供の合計4人にはちゃんとして来たが、毎回コレであるから、笑いも乾く。
にもかかわらず、翌日になって義母から電話がかかって来た。

「あなた、次男夫婦からプレゼントもらった?」と義母。
来たー!!恒例のー!!
「ええ、昨日届きました。4ポンドのゴムです」と私。

義母「ゴム?何のゴム?」
私「髪の毛を束ねるゴムですよ。別に普通の黒いゴム」
義母「・・・ゴム・・・」

私「何でですか?何か言うてきました?」
義母「いや、届いてるなのに御礼のメールと電話がないって、さっき国際電話がかかって来たのよ」
私「現物見ます?御礼を言うに値しない代物ですけど。見られます?」
義母「いや、いいわ。まあとりあえず、御礼しといてちょうだい。私にゴチャゴチャ言われるの勘弁だわ」
私「私、これまでに血縁関係のない嫁の連れ子3人にプレゼントしてきましたけど、1度もありがとうと言われた事ありませんけど。それでもうちの娘の時のみ、言わないと駄目ですか?メールでは送りますけど、国際電話までかけろと?」
義母「私の問題じゃないもの。あなた達と次男夫婦の問題に巻き込まれたくないわ」

結局、旦那から義母に電話してもらい、話は終わった。
こういうとき、義母をたまらなく嫌いになる。
30分間、もうあの人に何をもしてあげたくない、何があっても絶対に優しくなどしてあげたくないと死ぬほど嫌いな部分を嫌うだけ嫌い、そして普通に戻る。

出来る嫁には期待し、出来ない嫁には期待しない。
ならば私は非常識でありたいと、いつもこういう時思う。
私は義母を本当は憎んでいるのか否か、好きなのかどうか、わからなくなる時がある。

もうすぐクリスマス。
嫁の子供達に罪はないが、4ポンドのプレゼントを4人分探し、オーストラリアに送ってやろうかと思う私は大人気ないと思いながらも、実行あるのみ!!
意地でも探しまっせ~!!

人気ブログランキングへ
2014年10月20日

それは自己満足

テーマ:子育て
両親が美容院と理髪店を営んでいた為、私は保育園に通っていた。
誕生日には、保育園がケーキ屋から買ってきた丸ごとケーキが出され、それをクラス皆で食べていた。

しかーし!!
こちらの幼稚園では親がケーキを持参しなくてはいけない。
せなアカン!!という強制は無いが、当たり前に持って行くことになっている。
99%の親はスーパーで売っているケーキを買い、それを幼稚園に持って行くのであるが、ここは私の意地。
金曜の娘の誕生日に、見た目はド素人でも、手作りにこだわってケーキを作ってみた。

大ヒット映画「FROZEN」(日本タイトルは何と言うのか知らん)の中に出て来るキャラを真似てみた。
下手やわー・・と落ち込みながらも、作る事に異議有・・もうこれも自己満足の世界ですわな・・。

子供と先生には好評だったので、まずまず成功。

翌日の土曜は、友人達を招いてのパーティのため、これまたネットを見ながらド素人丸出しながらも頑張ってみた「クマケーキ」。



旦那の一番上の兄夫婦&子供も参加していたのであるが、このケーキを見て長男嫁が一言。
「こういうの作るって、時間の無駄だと思うわ私。結局は自慢でしょ?私、こういうの作れますケド・・っていう」と言った。
料理せーへんオマエが言うなー!!
ほな1回でも、我が子のケーキ作ったらんかい!!
自称シェフの称号、持ってんのとちゃうんかー!!

と言いかけたら、私のカーライルの友人が「あら、それで良いのよ。今やイギリスの女性は料理しなさ過ぎ、出来なさ過ぎ。だからこそ母親が作ってくれた記憶で、大人になった時に少しでも料理をする事に興味を持ってくれれば、またそれが受け継がれるんだから。やらない人が時間の無駄なんて言うのよねーだいたい・・」とバシ!!っと言ってくれた。

友人・・感謝!!

追記:目の部分オレオを半分にし、クリーム付着の方を使用。瞳はM&M’Sです。鼻はカプリコーン使用。眉や手は、チョコペンで書き、凍らせたものを使用しています。

人気ブログランキングへ




[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>