子供の心は

テーマ:
義母は自分から友達の家に遊びに行く事が決してない。
電話はたまに自分からかける事もあるが、基本プライドの高い人なので、自分から友達を誘う事もない。
それでも優しき友人が2か月に1度は義母の様子を見に泊りに来てくれている。

そんな友達の1人に、男性の友人がいる。
義父母がマンチェスター郊外に住んでいた頃にお願いしていた庭師さんである。
頻繁に来てもらっていた事もあり、義父と特に仲良くなった。
そうして義父母がカーライルに越して来てからも、庭師さんは定期的に来てくれていた。
電動車椅子で出かけねばならない義父と出かけるのは大変だったのであるが、それを気にせず庭師さんは義父と湖水地方によく出かけて行った。

義父が亡くなった後も、庭師さんは「友達」として来てくれており、お金は一切受け取らずに、しかし1週間泊り掛けで庭の整備をしてくれるのである。
いつしか来る頻度は多くなり、庭師さんが来る時は義母が料理をするようになった。
義母の好きなTV番組を一緒にみてくれたりして、私達夫婦にとっても非常に有難い。
一緒に買い物に出掛け、他人から見ればちょっと年下の夫に見えるかも知れない2人は、共に庭の作業をしながら楽しそうに過ごすのであった。

私と旦那はこれを嬉しく思う。
残された人生の時間を義母には有効に使ってほしいと思う。
孤独にならぬよう、こんな友達関係があって良かったと思うのである。

がしかし、これに「あの男何や?何者や?」と不快に思う者が2名。
そう、義母の長男と次男である。

次男は義父の葬儀以来、一度もイギリスに来ていない。
子供の写真1枚送ってくるでもない、スカイプをして顔をみせるでもない。
ただ気になっているのは、義母が売る家の値段と遺産分配のみ。

長男も同じく、「あの男が何でここに来るのだ」と遺憾。
庭師さんが義母に与える笑顔や安心感を近くで見ている私や夫がどんなに「そんな関係やないただの友達や」と言ったとて、その関係に汚らしさを感じる義兄。

子供とは、いくつになっても親の恋人関係に快くは思わぬものなのだろうか。
私には経験が無いから分からないのだろうか。

友人のヒラリーのお母さんが夫を亡くして5年経った頃、恋人を家に連れて来た。
そうして一緒に住む事になったのであるが、ヒラリーは「父親ではない男の人が家に住むのは何とも言い難い感情。だから家を出る」と言い、一人暮らしを始めた。
しかし母の笑顔が戻り、生き生きとする母、旅行を楽しむ母を見て「あの恋人のおかげ」と喜べるようになり、違和感が無くなったと言っていた。

私達がどれだけ頻繁に義母宅を訪れようとも、医師が進めるようにボケ防止に孫の子守をお願いしても、それはその一瞬だけであって、義母の孤独が減る事はない。
ならば、こんな生き生きと出来る異性の友達があって良いとは思えぬか・・と言えるのは他人であるからなのか。
子の心、複雑なり。

人気ブログランキングへ











AD

茹で方の正解

テーマ:
先日、夫が茹で卵を作ろうとしていたのであるが、ポットで沸かしたばかりの熱湯を鍋に注ぎ、そこに卵を投入。
そこから茹で始めたのであった。
私は思わず「そんなんエエの?!」と制止した。
夫は「何で?」と言う。
私は「熱湯から茹でたら割れるやろ?」と言ったが、「割れた事1回も無いわ」と夫が言った。

小学校5年の時、調理実習で3種類の茹で卵を作った。
その時、先生から「卵は絶対に常温で水から茹でなさい。でないと割れるんやで~」と教わり、以後、何の疑問もなく今までそうやって茹でて来た。

2日前、義母の家に用事があり行ったら、まさしく義母が茹で卵を作ろうとしていた。
どんな風に・・と見ていたが、義母も熱湯を注いで茹で始めた。
コレ・・イギリス流?イギリス

旅行中、義母は相変わらずクロワッサンにバターを大さじ2杯分塗って食べていたが、スペイン人はシリアルにトマトジュースをかけて食べている人を何人か見た。
茹で方と食べ方に正解は無いのだと知る広き世界。

人気ブログランキングへ
AD
さて旅行から戻って早速職場へ戻った私。
夏休み中とあり、子供向けのイベントが店内で催されているわけである。
何故か私は来店した子供の身長を測定するという場所に9時間配属され、朝からずーっと子供の身長を測定した。
これが一体何のサービスになんのや・・・と思っていたが、私の前には長蛇の列。
そんなもん、家でやったらエエがな・・列作って待ってまで知る事か・・

さて行列が絶えない中、私は1人で測定していたのであるが、そこにまだ自分では歩けない1歳前後と見られる女の赤ちゃんを連れた年配の母親がやってきた。
立たれへんのに、測定せーてか!!と思っていたら、母親から「まずお願いなんだけど、うちのリトルプリンセスにハローと言って頂戴。それから必ず目と目を合わせて笑顔で、そしてゆっくりと話しかけて欲しいの。そうでないと怖がるのよ、この子。それから、測定する前にスキンシップとして少し手足を持って遊んでやって欲しい」と言った。

内心、こいつはオカシイと分かっていながらも、客と口論出来ないのが今の客サービス。
本社にクレームが付けば、相手が100悪くとも謝罪せねばならない。
受けるしかないのである。

後ろに長蛇の列があっても、気遣いなどない母親。
私は言われたとおりに「ハロー」と言い、赤ちゃんの機嫌を取った。
そうして少し遊んでから測定に入った。
しかし赤ちゃんは嫌がる。
自分で立てないから、母親が測定器に無理やり立たせようとするが、をれをのけぞって嫌がる赤ちゃんは泣きだした。
それを母親は「ほうら、言ったでしょ?あなたがゆっくり話しかけないから、リトルプリンセスが泣いたじゃない!」と言い、赤ちゃんに「怖かったねー、怖かったねー、この人、怖いよねー」と言う。
結局、それでも測定したのであるが、母親は私に「あなたの時間をうちのリトルプリンセスに使ってもらって感謝するわ。でもあなたの対応は気に入らない」と言い、その場を去った。

案の定、3時間後にまずはうちのお店に「アジア人の女の対応がうちの娘を怖がらせた。おかげで昼寝をしなかった。怖すぎて眠れないのだわ」とクレームが入った。
副店長が対応するも、とにかくこんな客は「へへー」「ほほー」と聞いている振りをして「すいません」を言い続けるしかない。
それでも40分、母親は電話を切らなかったと言う。

その翌日、本社から再び電話が入った。
母親はお店へのクレームだけでは納得行かず、ロンドンの本社まで電話をかけたのだろう。
赤ちゃんが怖がって悪夢を見たのだと言う。
ヤバい・・完全にヤバい母親に捕まってしまった・・・

ひとまず謝罪で済んだらしいが、本社の人間に1つ感謝するならば、「サービスでしていた事であり、あなた以外にこんなクレームは来ていない。しかも当日は混み合っており長蛇の列。気に入らないのなら、二度と来店してくれなくてよい」と言い切った事だった。
これは雇用されている側にとって、非常に嬉しい対応である。

あの母親が再び来ない限り、私が顔を合わす事はないが、あの子供が学校に行き始めたら・・と考えると、担任も気の毒である。
「うちの子に笑顔で挨拶しろ」など言うのだろうか・・。

靴売り場で聞いた話であるが、ある母親が子供の学校の革靴を買いに来た時、「これは何の牛の皮か?」と聞いて来たらしい。
「何の牛?ですか・・?種類ですか?」と聞いた店員。
母親は「そうよ、乳牛なのか何なのか、そういう種類があるでしょう?」と聞いて来た。
店員は「さあ・・・そこまで知りませんが・・牛の皮である事は間違いないです」と言うと、母親は「店員が牛の種類を知らんのは、プロ意識に欠ける」と怒り出したと言う。

そのうち、この綿は何の種類なのかと聞かれる日もそう遠くない。

もうやってられませんわ・・

人気ブログランキングへ




AD

元気なうちにと・・

テーマ:
いつものように義母同伴の旅行であったが、今回も色々あった。
まず重量制限がありますよ~!!あるんですよ~!!と義母に100回言ったとて、それを気にした事がない義母。
生前、義父が全てに荷物の重量を確認してから空港に行っていたから、そんな重量制限がある事も知ったこっちゃなく、案の定、今回も8キロオーバーで叱られた。
しかし、「持って行くべき物がこの重さなんだから、どうしろって言うのよ!!」とカウンターでモメ、結局OKになった。

現地に着いて分かったが、15日間滞在するのに15着の新品の服とズボン、7足のサンダルと4個のカバン、6個のメガネを持って来た義母・・・
誰か着回す事を教えてやってくれ・・
それなのに日焼け止めやヘアスプレーなど、自分の必須アイテムは持って来ていない。
下着も15着だったのだろうか・・・

不思議なのは帰りの飛行機に乗る時、義母のスーツケースは行きより6キロ軽かった。
シャンプーやボディソープなど、消耗品をそもそも持って来ていない義母の荷物が6キロ減るのはおかしい・・
6キロ何を置いて来たのか義母よ・・

滞在初日から数日、何度教えても義母は自分のホテルの部屋の位置と番号が覚えられず、夜中に何度も他人の部屋のドアにカギを差し込み、ドアノブを恐怖なほどに押し引きして開けようとしていた。
幸い、誰も出てこなかったが、中の人はさぞかし怖かったに違いない・・
私も怖かった・・

義母と旅行するのは正直面倒な事も多い。
私のように小さな子供を2人連れての旅に義母が付き、そこに「爪磨きが欲しい」と言いだしてみたり、夜中に「スープが飲みたい」と言い出してみたり、ツアコンの方々はこんな苦労をしているのだろうか・・・などと考えてみたりするのであった。
しかし、元気なうちに旅行出来るのもいつまでか分からない。
もしかしてこれが最後になるやも知れず、10年後まだ一緒に行っているのかも知れず・・
自分の血の繋がった親への親孝行は全くできず、心苦しくないのかと自分に問えば、苦しいに決まっているわけで、今の時間はいつまでも無いのだと葛藤しながら、今回の義母同伴の旅を終えたのである。

人気ブログランキングへ









祖父と孫と半ケツと・・

テーマ:
今回滞在したホテルには、勿論ながらアジア人は私1人だけ。
客の8割がスペイン人を占めるこのホテルのスタッフも英語がほとんど通じず、結構困った。
2割はドイツ人、フランス人、イギリス人が多いとの事であった。

ヨーロッパ人だけが占めるホテルだけに、プールで見かける男性の水着は最低限「股間」を隠す大きさのビキニであり、女性はトップレスもちらほら見られ、下はケツの割れ目がかろうじて隠れてます程度のビキニパンツで初日は「おっと・・これがヨロピアン・・・」と思ったが、2日目にもなれば目は慣れる。
女性の脇の毛も処理されておらず、「ほう、ほう、ほう・・」となるのである。

とある日、私達は船のツアーに出掛けた。
ヘビースモーカーの義母は船内で喫煙禁止と聞き参加しなかったが、私達家族4人で出かけたのである。
メノ―カ島の美しいビーチや洞窟を巡るツアーで、参加者は水着着用であった。
船がビーチや洞窟に着くや否や、船の上に備えられてある滑り台で客が海に向かって滑り落ちて行く。
ある者はシュノーケルセットを着用して海に落ちて行くのであった。
それが若者でなく、結構なジジイとババアだったので、ここがなかなか見応えがあるのであった。

途中、何度も個人の小型ボートやヨットとすれ違ったのであるが、まあまあの確率で見るジジイの下半身丸出し状態に、一瞬、娘の目を伏せてしまうのであった。
おじいちゃんが完全に全裸で、その横に孫娘らしき女の子が釣りをしていた。
おじいちゃんの妻らしき人はビキニであったが、娘らしき女性はトップレスであった。

何と言うのであろうか・・・こんなにも堂々と全裸で正面を向かれたら、見ているつもりの無いこちら側が顔を背けてしまうというのであろうか・・ならば脱いだ方が勝ちなのかもしれぬと、意味の無い事を考えてみたりした。

数年前、どうしても温泉に入りたくて近隣国で温泉のある国、ドイツに行こうかと考えた事があった。
直属の上司がドイツの人だったので、それを聞いたとき「念のため言うとくけど、ドイツの温泉は全裸で男女混浴やからね」と言った。

昔からそうで、誰もがそうなので、「全裸で混浴」であっても互いの身体をジロジロ見る事がないから「気にする事は何も無い」と上司は言ったが、ちょっと考えてしまい、結局ハンガリーに行ったのである。
ドイツで全裸の混浴を体験しておけば、こんな全裸のジジイを炎天下の青空の下で見ても私は目を逸らす事は無かったのかも知れないと思う。

しかしヨーロッパ人の露出の概念は、日本人の私には真似できないと改めて思うのである。

人気ブログランキングへ



スペインより戻るの巻

テーマ:
さて15日間のスペイン旅行を終え、帰って来た。
今回も美味いモンを堪能した旅となった。
暑い国で飲むからこそ、サングリアも美味い。


イギリスに戻ってきたら13度&雨・・・
4月から植えたネギも、もっと育ってるかと思ったが、全く成長してへんかったわ・・

カーライルには、そもそもスペイン料理屋などが無い上、美味いものを出す店も無い。
飛行機で2時間半で美味いモンが喰えるのなら、これも惜しくは無いのである。



さて今回、私はスペイン領の「メノーカ(日本語ならメノルカ島と言うのだろうか)島」に行ったのであるが、帰りの飛行機に乗るべく、飛行場で偉い事になってしもうたのである。
空港でスーツケースを預けた際、航空会社の人から「あなたのパスポートが日本のものであり、戻る国がイギリスであるため、ここの空港内の警察官に出国許可の印鑑を貰わなければ飛行機に乗せられない」と言われた。

その警察に会うべく、航空会社の人と共に空港内のスタッフ専用通路をいくつも通過し、連れ回される事1時間。
航空会社の人が空港内の誰に聞いても「今日は警官、見てへんで」的な事を言う。
その人によると、スペインには3種類の警察官がおり、この出国許可を出すのは「国際警察」の仕事らしいが、その国際警察官が空港内に見つからんと言うので、意味なく私は連れ回されたのであった。
本来、その国際警察官は空港内の至る場所に配置されており、テロリストを未然に防ぐべく、旅行者を見張らねばならない任務であるらしが、その国際警察官が1人もしかるべき場所に立っておらず、しかも詰所にもおらず、無線も切れており、管内アナウンスをしても誰も来ないという、一体ここの空港はテロ対策どないなっとんねん状態であった。

私を連れ回した航空会社の人が、私に何度も謝罪しながら「これがスペインの田舎なのよ・・いい加減を通り越し、呆れかえる事も諦めるほどよ・・」と私に100回ほど言ったであろうか・・。
結局、私は2時間待たされたあげく、搭乗時間になったため、「もういいわ。乗って帰って」と言われた。
ほな、この2時間何やってーん!!便所も行かれへんかったわ!!

さすがに、うちの夫が激怒。
しかし、航空会社の人は「この国のシステムに沿っただけ」と言うし、「国際警察官が見つかれへんかったのは私の責任やない」として逆切れ。
「出国許可の印鑑は?いらんのか!!」と質問すると、「要る。せやけど、その印鑑を持ってる警官が見つかれへんから、もう乗って帰って」と言う。
この怒りを誰に投げたらエエのんやー!!
結局、私は2時間意味なく連れ回されて待たされたあげく、飛行機に乗ったのであった。

イギリス人のいい加減さとスペイン人のいい加減さは五分五分だろうか・・いやいや・・スペインの田舎をナメたらアカンかったのである。

怒りが頂点に達したまま飛行機に乗りこんだが、さあシートベルトを着用!!と言う時になり、機内アナウンスが流れた。
「大変申し訳ありませんが、この飛行機は1時間このまま待機致します。皆さん、そのまま席で1時間お待ち下さい」と言う。
「つきましてはトイレの使用は可能ですが、電気は消えたままです」と言う。
もう失笑×1000・・・

理由はスペインからイギリスに戻る際、飛行機はフランスの真上を通らねばならない。
フランスのセキュリティ上の問題で、一定の時間にフランスの上空を通過できる飛行機の数が物凄く制限されているため、順番待ちから行っても、あと1時間は通過できないと言うわけである。
そのため、フランスから許可が出るまで滑走路の手間で待機なのであった。

私は妙に納得してしまった。
「へ~・・なるほど・・」と思ったが、こんな事で黙っていないイギリス人。
「暑い!!クーラーかけろ!!」「無料で何か配れ!!」

最初、搭乗口を開放して外の空気を入れていたが、あまりのブーイングにクーラーを入れ、水を配り出した。
「喰いもんも配れー!!」と言う事で、ポテトチップスも30分後に配られた。

これ以上ブーイングで何か要求されたら困ると思ったのか、機長アナウンスで「コックピットを見学したい人は前に来てもエエ」とアナウンスが流れるなり、人がどっと前に押し寄せた。
大人も子供も押し寄せ過ぎ、前は大パニックとなった。
高い金を払って乗っているビジネスクラスの客はキレたであろうと推測されるが、私は当たり前にエコノミーなので金持ちの客をちょっと気の毒に思う程度で良かったのである。

結局、この大人数が押し寄せている最中にフランスから許可が出たらしく、機長のアナウンスで「今から飛び立ちます」と言い、ものの3分もせずにグイーン!!と轟音を立てて飛行機は走り始めた。
キャビンクルーはまだ後半の席の人達に水とポテトチップスを配っている最中で、結局、シートベルトを皆がちゃんと着用しているのか否かも確認がないまま空に飛び立ったのであった。

何とか飛行機が空に飛び立ち、まだシートベルト着用サインが消えていないままであったが、「水がまだ来ていない」とわめく客の為、キャビンクルー達はよろめきながら配り続けたのであった。

そんなこんなで無事にイギリスに戻ったのである。

人気ブログランキングへ














あの人を連れ大変なのだー

テーマ:
土曜日から2週間、スペインに旅行に行く。
「いやー家族で2週間?」と羨むなかれ・・・義母も当然一緒どす。

義母は旅行に行く時、大変である。
下着から服に至るまで、その全てがほぼ新品でなければならない。
ネイルサロンで足と指の爪を夏使用に仕上げ、美容院で髪を染める。

自分へのケアと買い物に時間は惜しまないが、それなのにシャンプーや歯磨き粉など、肝心な物は持って来ない。
私がいつも持って行ったものを、ごくごく当たり前に使用する。
ナンデ持って来-へんのや・・自分で買いなはれ・・
私など子供2人の色々なモン、それは常備薬であったり色々なモンを持って行かなアカンのである。
それを含め義母が持って来ないもの、日焼け止めなどを持って行かねばならず、「何で私がせなアカンねん・・」とブツブツ言いながら毎回やってしまう。

ならば現地で買えばエエやないか?そう思われるであろう。しかし現地で義母が「こんな得体の知れないブランドの物、買わないわ」と言えばそれが見つかるまで探さねばならず、こっちが大変な思いをする。
だから結局、そういう事になるのである。

カーライルに空港がないので、隣の都市まで車で行かねばならない。
そのため、朝早く起きなければならず、いつも昼前まで寝ている義母を電話で起こすのも私の仕事である。
そうして義母宅に迎えに行くと、100%まだ頭にカーラーを巻いたままの義母にキレるようにして催促しタクシーに乗せるのである。

それでも何故一緒に行くのか・・
「一緒にどう?」と聞いた覚えはない。
ただ「今年はこういう所に旅行に行こうと考えている」と予定を告げれば、義母はもれなく付いて来るのである。
それが義父が私に最後に語った願い事でもあった。
「迷惑でないなら、僕が連れて行けない所に出来るだけ連れて行ってやって欲しい」。
いつか義父が死ぬなど思ってもいない頃、私に言った言葉なのである。
だから義父の約束を果たすべく、「義父よ、やってるでー!!」と思いながらやるのである。

義母との思い出を1つでも多く作り、見送る日が来た時に後悔が無いように。
という分けで、更新は途切れ途切れになると思います。

人気ブログランキングへ

69歳ゴーゴー

テーマ:
義母の親友がマンチェスターから遊びに来た。
2人が出会ったのは17歳の時だった。
当時、「007」の映画のマドンナ役の一般公募があり、その最終選考まで残ったのが義母と親友だったのである。
結局、マドンナ役にはならなかったが、以来2人は仲良しなのである。

この義母の親友、私が初めて会ったのは12年ほど前だったと思う。
この世にこんな綺麗な女性がいるのかとビックリしたのを今でも覚えている。
何とチャーミングで色気があり、それでいて嫌味が無い。
こんな美しい人がいたのかとショックに近い衝撃だった。

69歳のこの義母の親友は、去年離婚した。
2度目の離婚である。
今回、義母宅に最近出来た彼氏を連れて来た。
69歳であるが、あのチャーミングさなら彼氏も出来るであろう。
そう思うと、今の私のこの41歳の老け加減は半端なく、顔と身体のラインの崩壊速度はどんな凄腕美容外科医も止められないであろう。

それなのに夏のスペイン旅行で泳ごうと思うこの勇気・・・
ヨーロッパであるから出来る事で、さすがに神は罰を与えないであろうと思う。
いや、そう願う・・。

人気ブログランキングへ



積み上げ食べ難し

テーマ:
義母から大量のブルーベリーをもらった。
ついでにラズベリーと苺1キロももらった。
「何故か買ってしまったけど、私食べないから」と義母。

スムージーにしてもまだ余る。
そもそも、私はスムージーがあまり好きではない。
唯一スムージーを「美味い」と思ったのはオーストラリアのアデレードにあるスムージー専門店だった。
あそこは美味かった。

ブルーベリーパンケーキにしてみた。
ついでに時折見る誰かの料理ブログで載せているように、ちょっと積み上げてみたが、これほど食べ難いもんはない。
パンケーキは1枚皿に乗っているのが、一番食べやすい。
まあ天気の良い朝、これを目の前にしている幸福感は味わえたか・・




「ブルーベリーパンケーキ」
①薄力粉200g、ベーキングパウダー小1、ベーキングソーダ小半分、はちみつ大1、レモン搾り汁1個分、牛乳200ml、ブルーベリー100gを混ぜる。
②焼くだけ

※レモン風味が強いのが好きな人は、レモンの皮も擦って入れると風味が増します。

私のブログに写真が少ないのでは?と言う人がいる。
そもそも、携帯そのものを自宅に置いて行ってしまう私は、携帯の存在は何なら警察か救急車を呼ぶときしか必要ないのではないかと思うこの田舎暮らし。
日本にいた頃、毎月の携帯使用料が2万を超えていたなど、自分でも信じられないほどである。
自分の携帯に子供の写真すら入っていない私が写真を撮るというのは、なかなか頑張った方であるとご理解頂ければ幸いです。

しかしながら、料理ブログやコーディネートを掲載している人は、毎日ポーズを取って撮影して大変やないのかと思う。
あれは家族に撮ってもらっているのだろうか・・・それとも自分1人でマンションの廊下あたりで撮っているのだろうか・・
何ともマメだと羨ましくもある。

人気ブログランキングへ

うましコーヒー

テーマ:
カーライルで仲良しの日本人グループが私を含めて7人いる。
定期的に会っては日本語で話す、これが何よりの楽しみなのである。
先日、いつもお世話になっているお友達宅にお邪魔してコーヒーを頂いた。
いつも出して下さるこのコーヒーが、めちゃ美味い。
多分、イギリスで一番美味しい食品なのではないかと思ってしまう。




このお友達は、元外資系エアラインのCAをやっていた人であるが、現役時代はロンドンが拠点だったので、ロンドンのエエもんを良く知っている。
私も同じイギリスに住むのなら、そんな所に住みたかった・・・
こんな田舎に精通して、一体何になるというのか・・・必至で利点を探し出し、まあそんな田舎暮らしのおかげで本が出せたのか・・・いやいや、関係あらへんのちゃうか・・
未だ手探りの田舎暮らしである。

人気ブログランキングへ