ずっと外国人

会社の緊急会議と研修が行われた。
場所は湖水地方にある4つ星ホテルである。
ここは前に交通違反を起こした時、講習会を受けるために来た事があった。
スパが併設され、豪華なアフタヌーンティなど堪能する客で賑わっているホテルである。

そもそも何故に副店長とバイトリーダー、そこに私が参加せねばならんのかが分からん。
言っている事が30%も分からん私が行って、何の意味があるというのか・・。
ひとまず、週末からの売れ行き停滞をめぐり、対策を聞く事となった。

まず、この講師の女がニューキャッスルの出身で、私はここのアクセントを全く理解できないまま10年を過ごして来た。
英語には聞こえず、想像さえ付かない。
しかしオモロイ発音しよんな~・・・そんな事しか考える事はなく、改めてイギリス英語の地域によるアクセントの違いをまじまじと考える時間となった。

副店長に「言うてる事が分からん」と紙に書いて見せたが、バイトリーダーがそれを見て「私も」と書いてよこしたので、安心した次第。
質問されたらどないしよ・・・それが質問なのかさえ分からん状況の中、何かを指名されて聞かれたらどないしよ・・焦ったが、それは一度も無かった。

この会議はEU離脱の影響により、一時的(かは知らんが・・)な売り上げの落ち込み対策についてであったが、当然、この話題をする際には選挙に関する話題も触れる事になった。
私に向かって講師が「移民の話になるけど、ごめんなさいね」と言った。

いや、まあ移民やけども・・どう見てもEU圏内から来た顔ちゃうやん?
私がおったら、逆に話しにくかった雰囲気が伝わり、「来てすんません・・」と思うのである。
誤解を招いたまま会議終了となり、ちょっと気まずい研修会議となった。

やはり「移民」がどういう移民なのか、区別が付かない会社幹部もいるのだと知った日である。
まあ結局のところ、私は「外国人」であり、ちゃんと働いているから可もなく不可もなくであるが、見た目で馴染めることは一生ないのであり、これからもずっと「外国人」であり「移民」なのだなーと思うのである。

人気ブログランキングへ
AD
さてEU離脱が決まったイギリスであるが、その週末の土日は私が勤めるお店を含む、多くのお店が売り上げ過去最悪となった。
金を落とすのは観光客が9割で、地元客は来ず。
いつもなら駐車場も満杯であるが、こんな事は30年無かったと店長は言う。

選挙結果を受け、人はお金を使わないように制限し始めているとするならば、このセール時期をどう乗り越えるか・・ということで、緊急会議が夕方6時から行われた。
本社のあるロンドン、その次に売り上げの高いマンチェスター支店の偉いサンが来ての会議であったが、ロンドンでも観光客が金を落とすも、地元客の財布のひもは固かったらしい。

うちの職場の売り上げも、いつもの週末に比べ、売り上げは6分の1であった。
いつもなら、いとも簡単に売り上げ目標を達成できるが、この土日は最悪であった。
うちのイギリス全土にある支店はどこもそうだったらしい。

何がどう変わるのか、その予測が誰も付いていない。
「EU離脱は全てにおいて良くなる事はあれど、悪くなる事は無い」と思っている人々と、「経済がまずダメージを受け始めるで・・」と予測していた人々と・・

まあ、私らは日々の売り上げ目標を達成すべく、頑張るのみであるが・・。

人気ブログランキングへ





AD

これから何度・・

テーマ:
3週間ほど前の事。
娘のクラスメイトであり、バレエ教室が一緒のお母さんから「携帯電話番号教えて」と言われた。
「嫌です」とは言えなかった・・・。
こんな田舎の学校で、かつ村社会。
この母親がどんなに面倒臭い性格であろうとも、断れなかった私。

私はそもそもフェイスブックをやっていないため、これが救いとなっている部分はある。
去年の9月に娘が小学校に入学したが、それから5、6人の母親から「あなたをフェイスブックで探したけど、見つからなかった。フェイスブック、まさかやってないの?」と聞かれた事がある。
その度に心底であー怖っ!!叫びと思ってきた。
そんなん勝手に探すん、やめてーや・・・と思いつつ、フェイスブックとはそういうモンやから仕方がないわな。

「フェイスブックをやってよ~!そしたら色んな連絡事項とか一斉送信できるわけやし。集まり事とかも見逃さずに済むやん?」と母親らは言うが、その「色んな情報」が要らんのである。「集まり事」とは何ぞやである。

フェイスブックをやっていない事を理由に、これまで誰にも番号を教えて来なかったが、遂に3週間前、その日は来たのであった。
そうして昨日の事。
その母親からメールが来た。
「○○クラスの皆様へ」と題され、12月10日、保護者だけのクリスマスパーティ&ダンスパーティを開催するため、参加願うとの内容が送られて来た。
予約完了が今週中であるため、予約金2000円を幹事の母親に渡してくれと書かれてある。
これは避けたい・・・絶対に行きたくない・・

日程は決まっていないが、その時期、私は職場のクリスマスパーティがあるため、そこを逃げ道に使おうと思っている。

職場のクリスマスパーティ参加は非常に重要だと、私は思っている。
彼らの重要な文化の1つでもあるが故、クリスマスパーティを共にするというのは、絆が絶対に深まると私は、経験上そう思っている。
だから面倒であっても、英語が100%通じていない事をしんどいと思っても、参加すれば酒を共に酌み交わし、身体を寄せ合い踊っただけで、距離が随分と近くなるのと、理解度が深まる気がする。

私が必死で仕事を持っておくには、こういう理由もあるのである。
仕事の何やらを理由に断る事が出来る。
維持でも仕事を保持しておくと、メリットはある。

今年は「職場のクリスマス会で・・」と断れたが、幹事の母親から「来年12月のクリスマスパーティは、来年1月に予約してしまおうと思ってるから、それなら来れるでしょ?」と優しき言葉をかけて頂いた叫び
まさに身の毛もよだつ6月のお話しである。

人気ブログランキングへ











AD

パニック情報

テーマ:
さて2回目の歯の治療に行ってきた。
下の奥歯に小さな穴が開いていたので、それを詰めに行ってきた。
今回もセラミックでお願いしたため、ちょっとお金は高くついたが、白くて目立たず大満足。

今回の担当医は前回と違ったが、実に紳士で丁寧であった。
100回以上は「大丈夫?」と聞いてくれたんと違うやろうか・・。
何でこんな穴が開いてしまったのか、今の私の歯のカルシウム状態や摂取すべき食品などなど、説明しながら治療してくれた。
普段、あまりにも粗悪な態度を取る店員に慣れているせいか、歯科医と歯科助手の女性の患者に対する態度が神にさえ見えた。

先生があまりにも丁寧かつ、歯科助手のおばちゃんが優し過ぎて、私は「気にかけながらの治療、有難うございました」と御礼を述べた。
すると歯科助手のおばちゃんが、「歯医者嫌いなんでしょ?」と笑いながら言った。

まあ・・好きではないが、「嫌い」と言った事があっただろうか・・。
しかも最後に来たのは2年前。
「嫌いなんですよ、こんな場所」と私が言ったのだろうか・・
ちょっと考えながらレインコートを着た時、助手のおばちゃんが「以前、パニックを起こした事あったの?今日は大丈夫だった?一応、そうならないように先生と努力はしたんだけどね」と言った。

ちゃう、ちゃう!!それ私ちゃう!!
パニック・・何のや?叫んだんか?私が?
何情報なのか、どこ情報なのか・・悪いがその「パニックを起こす」追記を削除してくれー!!

先生は「恥ずかしい事じゃない。大人でもある事だ」と言った。
全然そんなん違いますねんー!!
あの丁寧かつ優しき話しかけは、私が「歯科パニック症」と書かれていたからなのかと思うと、ちょっと落ち込んだ。

人気ブログランキングへ









魚ライオン

テーマ:
娘がカンブリア州の絵のコンクール5歳以下の部で1位を取った。
賞金600円を貰って帰って来た。
そもそも、いつそんなものが行われていたのか知らんが、その絵は「魚ライオン」という娘の想像上の動物が描かれており、親の私もちょっ引いてまう不思議な世界であった。

正直、これが・・・1位・・・カンブリア州の全小学校5歳以下が何百人いてんのか知らんが、これが・・何度見ても世界観が良く分からん。
絵の学位を持った人が審査員を務めているらしいが、直接聞いてみたかった。
何故にこれが・・そして何処が・・

いわゆる「アート」の世界は、非常に分かりにくいと、いつも思う。
例えばヨーロッパにある名画が置かれてある美術館に行っても、その世界観や価値が結局は分からなかった事など何度もある。
まあ私に絵心が無いだけなのであるが・・。

名前は出せないが、私が学生の頃、とある日本人画家がやたらに流行っていた。
アメリカで活躍していたその人の絵が、何故にこんなにも売れているのか分からなかったが、数百万から一千万ほどの価格であった。
絵画とも言えない、実に何とも特殊というのか、簡素というのか、本当に分からん絵であった。
大阪の心斎橋筋商店街のど真ん中にあったため、かなりの人が日々画廊を訪れ、アッサリ大金をはたいて絵を買って行く人を「よーワカランわ・・」と思いながら眺め、「ご来店有難うございました」と200%の微笑みで言うのが私の仕事であった。

あの画を買った人は日本に何人いたのだろうか。
そして今もなお、それを飾っている人は何人いるのだろうか。
絵の価値とは、まさに個人の価値観と世界観により判定が決まるものだと、娘の「魚ライオン」を見てそう思う。

人気ブログランキングへ

暴言と喧嘩

テーマ:
さてEU離脱か残留かの選挙を控え、殺人事件まで起こってしまったイギリス。
昨日は通勤電車内でもひと悶着あった。

夫が帰宅する際に乗った電車での事。
後部席に2人の男が座っていた。
この2人が「外国人を追い出さねば、この国が乗っ取られる」という内容を話していた。
2人は「移民は1時間100円で働く。俺らを採用するよりも、採用側は安い賃金の移民を採用したがるのは当然。だから俺たちにまともな仕事が残っていない」と話していた。

移民が100円の時給で・・・何情報であろうか。
同じ条件の元、仕事を得ているだけであるが、無知は偏見と化し、それが怒りになるのが最も怖い。
結果、そんな人がアジア人にさえ「俺らの税金で暮らしてやがる」と言うから、困ったものである。
アジアもヨーロッパも区別が付かず、「移民」への憎悪になるのは間違いにもほどがある。
がしかし、これが現実。

そんな2人の横を、次の駅から乗ってきた乗客が通った。
背負ったリュックサックには、「EU残留」と書かれた風船が付けられてあった。
これを見た2人がその人に罵り始めた。
そのうち立ち上がり、2人は男の顔に鼻をくっつける距離まで顔を近づけ「かかって来いよ」と喧嘩を売り始めた。

1人の男が風船を取り上げ割った。
それを見ていた乗客がこれに参戦。
罵り合いに発展し、掴み合いになった。
誰かが乗務員を呼びに行き、次のカーライル駅のホームで警官が乗りこんできたため終結した。

思想や意見の違いを選挙結果で待てばよい。
それを道行く人に暴言や暴力で訴える人々がいる事に恐怖感を覚える。

先日、ここに住む日本人の友人に聞いた話。
友人がカーライルの街中を歩いていると、白いバンに乗った男2人が声をかけてきたと言う。
車の中から声をかけられ、不審ながらも振り返った友人。
男は「お前はここで働いているのか?」と聞いて来たと言う。
友人は一瞬、考えた。
働いていないと言えば「俺らの税金で暮らしやがって」と言い、働いていると言えば「俺らの仕事を取りやがって」と言うであろう。
ならばどちらを答えても、結果的には外国人嫌いな奴らである。
正直に「NO」と答えると、暴言を吐きながら車で走り去って行った。

この選挙がごく一部と思いたいが、その人達により「外国人追放」と化している気がしてならない。
結果はいよいよ数時間後である。

人気ブログランキングへ

長すぎた10年

テーマ:
ブログを更新する時、アメーバブログのサイトから更新する為、嫌でも他のブロガーさんの新着記事が目に入って来る時がある。
読む事は無いが、最近は素人さんがモデルさんのように自分で着こなした服をブログにあげ、ファッションリーダー的存在になっているのか~時代が変わったんやね~などと思った事がある。
もうこんな人らが出て来たら、雑誌を買ってファッション研究する人が減るのではないのか?と、時代の流れを考えるのである。

その中に、時折みかける「GU」の文字。
私は「グンゼが服まで展開してんのか~」と本気で思っていた。
私の時代、「グンゼのパンツ」は当たり前だったが、若い人らにグンゼが浸透・・・エエやないの~!!と思っていた私。
そんな今日、母とスカイプしていた時に、母から「GUはな・・・」と「GU」の言葉が出た。
「おお!!グンゼやろ?」と言う私と、「違うがな、ユニクロのもっと安い版やがな」と母。

ユニクロがそんな進化を・・・
まさか、オカンからファッション情報を聞くとは思ってもいなかった、ちょっと悲しい瞬間である。
在英10年・・長すぎた・・

もうオカンの方がお洒落かも知れない。
1年も髪を切らず、長靴にレインコートで生活している私にお洒落もクソも無い。
ならばせめても、こういうブロガーさんらのブログを見て、今何が流行しているのかを知っておくべきか・・

いっその事、自分が「田舎ファッション」なるコーディネートを始めて見るか・・
牛糞を踏んでも汚く見えない長靴の履きこなし術・・・誰が見るというのであろうか・・

人気ブログランキングへ





採用の秘密

ここ最近、5人の新人バイト達が採用された。
皆、学生である。
ここのバイト生には特徴があり、男の子は必ず感じの良いオタク系である。
極めて気さくで感じが良く、パっとしない好青年だけを、よくもこんなに揃えたなと、前から思っていた。

女の子のバイトも、系統としては極めて目立ちにくいタイプというのか、学校を卒業してから同級生らに「そんな子、おったっけ?」と言われるような感じのタイプだと、私は勝手に思っている。
そんな中に、何故私のようばオバハンが1人採用されたのかは知らんが、後にも先にもオバハンが採用されたのは私だけである。
私もオバハンであるが、目立ちにくい大人しい感じに思われたのだろうか・・。

今日も店長と遅めのランチを共に取っていたら、店長が「また1人、採用せなアカンわ・・」という話題を持ちかけて来た。
私は店長に「なぜ、採用するバイト達はああいうタイプの・・・」と言かけた私に、「地味やろ?」とニヒルに笑って言った店長。
あえて、あんなタイプを・・

店長は「ああいうタイプの子は、絶対に仕事をサボったりせーへんねん。仕事はゆっくりペースやけど、遅刻も無いし、ズル休みも無い。見ててイライラする事も多いけど、人間性が信用できるって言うのか、まあそんな理由や」と言った。
しかし店長は「あえて1つ問題を言うならば、選ぶ制服(売っている商品から好きな物を選ぶ制度)が地味。店員ならば、あえて派手でかつ、それを買いたいと思わせて欲しいわな」と言ったが、「まあ押し付けてもアカンから、地味でもエエかと思てんねん」と言った。

私は「私も地味やから採用されたんですか?」と聞いてみたが、「アンタは歳だけに、何か経験ありそうで、手が早そうやったからや。採用して正解やったわ」と言った店長。
あんま嬉しくないやんか・・歳だけにて・・

そんなワケで、あえて目立たぬタイプを選ぶ店長の秘密を知った日である。

人気ブログランキングへ








誤解か無知か

テーマ:
一昨日、職場の休憩室で店長と副店長、そして私の3人が同時にランチを取っていた時の事。
店長がEU離脱か否かの話題を持ち出した。
店長は「すべきではない」派。
副店長は「よう分からん」派。

副店長は「移民が増えすぎる事により、私らの税金を彼らに取られてしまうなら、これ以上の移民を増やしたくない。でも、あなたも移民でしょ?まあ、でもあなたは仕事してるから、私達の税金で暮らしてるわけじゃないけど・・」と私に言った。

出た・・このひとくくりの「移民」認識。
移民か否かと言われれば、移民である私。
しかし、EUから来た移民では無く、結婚により他国から来たという移民であるが、時にイギリス人達はそこの区別が付いていない人がいる。

この10年、何度言われてきたか知れない。
「この国に出稼ぎか?」と。
日本がどんな貧しい国だと思われているのか不思議だったが、EUはアジアもどこもかしこも全て含まれていると思っているのか、それともイギリスで働く外国人は全てが「出稼ぎ」なのだろうか。

私がイギリスで初めて出来た友達はポーランド人だった。
ポーランドでは新聞記者をやっていたが、イギリスで働く方が賃金もはるかに高く、しかも同性愛者である彼女にしてみれば、堂々と暮らせる事もあり、イギリスに来たのだと言う。
高級老人ホームで清掃の掃除をしていた友人は、一部の人達から「金を稼がしてやっている」と言われるのだと言っていた。
しかし主な仕事は汚物の処理である。
自分の給料から家賃と食費を支払い生活していたが、やはり他国から来る人間は「私らの国のお金を喰い尽くしに来ている」「そのせいで、私らの仕事が無くなっているのだ」と思っている人も、わずかながらいるのでる。

店長はこの辺よく分かっている人で、私がこんな話をすると「せやけどアンタが採用されて、他の59人のイギリス人が面接に落ちたのは、その能力に差があったからやで。移民が仕事を取って行くと言うのは大きな間違い。意欲と能力があれば採用されるし、そうでなければアカンもんは、アカン。気にせんでエエ」と言った。

イギリスの大都市など、人口が多く集まっている場所ではこの移民問題が死活問題になっているのか、それは知る由もないが、少なくともこの田舎カーライルで「外国人よ、国に帰れ!」と言うのは無知と勘違いにもほどがあると、私は思っている。
職安に行けば腐るほど仕事はあり、それを選り好みしているのか面接に落ちるのか、はたまた仕事を見つける意欲も無い人がいるのか知らんが、外国人が仕事を奪っていくというのは、違い過ぎる気がする。

来週はいよいよ国民投票なり。

人気ブログランキングへ
今日の午後2時から、TVで生中継されるイングランドVSウェールズの試合(フットボールの試合ですわ)。
これが午後2時からTVで生中継されるとあり、熱狂的ファンは「仕事中やったら見られへんやん」とご立腹。

うちの娘の学校では、「子供達にイングランドの文化を教える目的&運動推進のため、午後2時から講堂にある大型TVで2時間、フットボールの試合中継を見せる」という内容に変更したと昨日、保護者宛てに一斉送信メールが来ていた。
我が子に試合を見せたくない親は、午前中で子供を連れて帰ってくれとあった。

夫が勤務する学校では昨日、教員同士でかなりモメたらしい。
教員のおよそ3分の1は、この試合を生中継で絶対見たい。
子供達も見たいはずであり、国が誇る文化であるから、これを国民全体で同時刻に応援する事により、国民の誇りみたいなものが育つから、TV中継を皆で見るべきとなった。

他の3分の1の教員は「どっちでもエエ」、後の3分の1の教員は「教育熱心な保護者から、授業をやれよ」または「高学年ならまだしも、4、5歳の児童に2時間TVを見せっぱなしと言う事にクレームが付かないだろうか・・」という意見が出た。

ならば「見せてくれ」または「見せてもエエ」という保護者には一筆サインをもらい、その子供達は午後2時から試合観戦、「アカン」という親の子供は別室で何か課題をさせ、いつもの下校時刻に下校させるたらどうか?という案が出た。

しかし、それをする事で試合を見れる子供はお祭り騒ぎで、そうでない子供との間に差が出る、ならばもう最初から無しにして、いつものように授業を行う。
試合を見せたい親は録画で見せたらエエ話ちゃうか?と言う事になり、結局、試合は生中継で見せない方針に決まった。

しかし見たい教員はいて、絶対に見たいのである。
午後2時に、生中継で見たいのである。
うちの斜め前の家の御主人も、今日は会社を休んだ。
2時に見たいからである。

今朝、娘を学校に連れて行くと、何人かの保護者が娘の担任を取り囲んでいた。
怖くて近寄れなかったが、その中にいた1人の母親に後で聞いたら、やはり「4、5歳の子供にTVをじーっと2時間見せたくない」という親がいて、「2時から見せてくれて構わんが、いつものように午後3時15分に連れて帰りたい、それでエエか?」という質問が飛び交ったらしい。
結局、うちの娘のクラスのみ4、5歳が含まれているため、3時15分で下校しても良いとなった。

フットボールでこないモメるか・・
モメるわな・・
大人のファンが、あないにモメてんねんから・・

ロンドンオリンピックの時、カーライル市民はあないに無関心でスルーだったのに、この差はオリンピック選手に失礼過ぎると思うのは私だけか・・。

人気ブログランキングへ