1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-11-18 21:11:57

秋の歌(北村太郎)

テーマ:ブログ

日の暮れ

扇をひらきまた閉じる

うつつの時のゆたかさよ

おまえの腕おまえの唇おまえの髪

水がながれるのはゆめか

骨がみえるいまも

 

靴はひびいて遠ざかり

目のかがやきは去年の雪

テーブルにほほえみうつり

おまえの腕おまえの唇おまえの髪

まだ灯かつかない

風の音だけ

 

思いをとめて

はじめて虫たちの声に気づく

きょうの日の短かさよ

われらの過ぎし道

窓のむこうにほのかに白い

おまえの腕おまえの唇おまえの髪

黙っていよういましばし

闇のつばさが降りる刻まで

 

塵つもり

壁が迫ってくるベッド

すすき揺れ月ひかる

おまえの腕おまえの唇おまえの髪

われらの過ぎし道

窓のむこうにほのかに白い

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
2017-11-16 10:56:24

鎌先温泉ー秋元潔ー

テーマ:ブログ

うすべりはうす汚れていた

湯あかのしみこんだ階段はぎしぎし軋んだ

たちこめる湯気のなかに老婆が三人

しなびた乳房をたらし

湯舟のふちにすわりこんでいた

老婆たちのからだは奇妙になま白く

あなたは湯舟のなかで目をとじた

ここまできて得たものと失ったもの

帳尻あわせをしてもはじまらない

わたしはよごれたからだを洗った

よごれは落ちなかった

たちこめる湯気のなかで三人の老婆は

こけしのようにあどけない表情をつくり

あなたとわたしのからだを見くらべた

 

 いつものように、勝手に言うと、この詩の核は「わたしはよごれたからだを洗った/よごれは落ちなかった」であろう。そして、最後の三行。「よごれ」ているのは、他ならない・・・、情事によってだ。それゆえ、そう簡単には「落ちな」いのである。そうして、彼は「こけしのようにあどけない表情をつく」る「三人の老婆」に「見くらべ」られてしまうのである。落ちる所まで落ちきれない後悔を穏やかに突いてくる視線。

 今、ある人にプレゼントしようと、求められてもいないのに古い「こけし」を用意している。そんな時に、地元である鎌先温泉を詩にした秋元さんのあたかも亀之助を地で行くような詩にぶち当たった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-15 12:02:15

トイレにて

テーマ:ブログ

今まで気にならなかったことが、どこかおかしい、これまでは単に鈍かっただけなのだろうか、最近とりわけ自分の体臭が気になっている。今朝も自分自身の臭いが鼻について、不快だった。そんな不快に追い打ちをかけるように、手術と年齢のせいで鈍くなった腸の機能不全による詰まりだ。職場につくなりトイレに直行し、便器にどっかり座り込む。早朝からお掃除のおばさんが清掃している。出ない●に難渋しつつ、彼女の労働の対価について考え、シモーヌ・ヴェイユのことを思い出す。私のろくでもないおしゃべりに支払われる対価と彼女のこの労働への対価にはいったいどのくらいの差異があるというのだろうか?どうして私の報酬の方が高いのか?こんなことはあえて比較するまでもないことなのだろうか?ヴェイユの素朴な疑問について、ウォシュレットから噴出される温水を何度も当てるべき所に当てつつ、考える。ヴェイユは教員の職を捨てて工場に向かった。疑問をその時だけの思いつきで終わらせないで、行為の方へ向かわせた力とはいったい何なのか?

階級というものの存在。

親しげに、いくらか感謝の意を込めての朝の挨拶。そこには、当然ながら、見下げるようなまなざしがあるはずはない(と私は思っているが・・・)。しかし、そうなのではあるが、彼女の労働への対価に比して、私は不当にも「多く」もらっている。そればかりか、そのことについて、その時だけの思いに終わらせて、すっきりすると、●のようにすべて洗い流してしまうのである。

ヴェイユと私のすさまじい隔たりとはこのあたりにあるのだろう。

そうして、その隔たりを否定しきれないまま、自己肯定として、つまりは言い訳として、このように書き留めている。

確信犯、確信犯。激しい否定の欠落。まあいいか、といういつもの安直な惰性ピリオド。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。