映像作家・大木ミノル 公式ブログ

トンデモ・シネマな日々を綴る

大木ミノル
MINORU OHKI

このブログは前者であるWHDジャパンCEO 阿見松ノ介から受け継ぎました。
僕の事を映画監督として御存知の方も多いですが、実はソフト・メーカーも営んでいます。
AMIエンターティメントは私の会社でありレーベルです。
多くの海外クラシック映画の普及に努めています。
WHDジャパン/フォワードにも所属しています。

その為、私は多くの映画と知り合い携わることができました。
このブログはそういう私の日常を書いたものです。
どちらかというと誰も知らないようなマニアック映画の話等も多いと思います。
時には自作の映画の製作過程や自身が出演するイベントやラジオ、TVの告知もあります。

そんな少し奇妙な世界がここにあります。



テーマ:


今回、初めて怪談らしい怪談イベントに本格的に参加させて頂きます。
ホラー映画の撮影時には、ちょくちょく怪現象が起こります。
ここでは僕が実際、撮影時に撮った心霊写真や映像を見て頂きたいと考えています。
しかもすべて今まで封印してきたものです。
当日は覚悟を決めてご来場ください。


公式ホームページはこちら。
中山市朗監督「人形塚の家」
http://www.vitalartbox.com/zaza/obake.html

その他の怪談市の方のプログラムはここに
中山市朗ブログ
http://blog.livedoor.jp/kaidanyawa/archives/54662400.html



◆道頓堀でお化け屋敷。
7月30日~9月11日
中山市朗監督「人形塚の家」
~本当にあった呪いの人形~
映像担当:大木ミノル監督
◆怪談サロン19時30分~
8月3日(水)徳丸新作
8月4日(木)大木ミノル監督
暑い夏に怪談話で一時の涼を!!
お時間をあけていただき、是非お越しください。
みなさんのお越しをお待ちしております。
◆場所:道頓堀ZAZA
◆所在地 〒542-0071 大阪市中央区道頓堀1-7-21中座くいだおれビル地下1階
◆TEL 06-6212-3005(11:00~19:00)
◆FAX 06-4963-2244
◆Mail info@vitalartbox.com
◆最寄駅 地下鉄御堂筋「なんば」14番出口
中山市朗 監督 「人形塚の家」
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
投稿写真

【ぶっちゃけ俳優論】
先日、ボランティア・エキストラを募ったら、某映画監督さんが来てくれた。流石に映画監督だけあって演技も達者だ。

反対に料金を払って(自称に近い)俳優Aを雇って演技をしてもらった際に全くこっちの要求した演技ができない。そのくせ、お金だけは持っていく。

プロと名乗る素人のお遊戯にお金を取られて、素人と言いながらプロ並みの名演技はボランティア。

俳優Aさんに「ボランティアでもなんでも参加して少し修行なさっては?」というと「いや、僕はプロですから!」と何故かプライドだけ高い。

挙句、今日の失敗についてクドクド抽象的な演技論風の言い訳を並べる。まあ、結論から言うと「体調不良と監督の指示ミス」ということらしい。
二十年もこの商売をしてるが、出来ない奴ほど、口数が多い。

そもそもプロというのなら修行して演技ができるようになってから来て!と言いたい。
副業の方で生計を立てて、俳優はお金になってないらしいので、プロの意味も間違えてる。

だいたい、大手のエキストラなら尻尾を振っていくくせに、大木の映画は有料じゃないとエキストラレベルでも参加したくないって、どういう事。

そんな奴、二度と雇うか!
というか、他の監督に彼の事を聞かれたら、悪口をいっぱい言ってやる!
と心に固く誓うのであった・・・。

#ボランティア #演技 #エキストラ


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
警告と書いたらインパクト強いかなぁと思って書きましたが、本当は
「本日の三つのお知らせです。」

【お便り下さい】
本日はラジオの生放送もやります。
「徳丸新作と芝山真知子のサタデーナイトエキスポ」
17時からFMラジオかネット放送(サイマルラジオ)で聴くことが出来ます。
是非ーーお便りください。
送り先はこのサイトの下の方にあるフォームから・・・
http://narafm.jp

【さらに!】
更に21時からは「トンデモシネマTV」です!
今日もてんこ盛りーー!
"「レディ・フランケンシュタイン」全編放送 字幕&ツッコミ入" 7月16日(土)21時から ‪#‎FRESHbyAbemaTV‬ で生放送! https://abemafresh.tv/tondemo/18847
@AbemaTV より

【写真の正体】
昨日は「IDOBATAホラー噺・笑」で大奮闘。
お陰で熟睡ー。
写真は見にきてくださった中村 みちよさんが撮って下さったもの。
メカニックトラブルで原因を探ってる時だそうですが、目が・・・

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
投稿写真


液晶ゲームについて久しぶりに書く。
先日、箱・説明書付きで安く手に入った。
正直、安く入るからには理由がある。
勿論、人気が全くないからである。
ただ、じゃあ、面白くないかというとそうではない。

むしろ、僕に言わせれば傑作である!

そもそも液晶ゲームファンは少ないので情報源も限られている。
一部の液晶ゲームマニアが面白くないというと全員が面白くないと思う傾向がある。
確かに子供の頃、このゲームを購入してたら2分で飽きたと思う。(否定しない)
しかし、それはルールが複雑なせいである。

もう少し掘り下げて話してみよう。

実は本作はエポックの発売した「モンスターパニック」「パクパクマン」に続く縦長筐体(今のスマートホン似)である。
上記の二作については液晶ゲーム史上(と言ってもそんなに多くはないが・・・)最高傑作と言われている。
特に「モンスターパニック」は他社からも類似品が続出したり、改良した「ミステリーマンション」など、多くの続編(?)を生んだ。
また「パクパクマン」もパックマンの丸々パクリだが、本家に迫るゲーム性を液晶ゲームで再現し、パックマン液晶ゲームの最高峰である。
投稿写真

それでもって、本作「オイルパニック」が同スタッフが作った作品であり、受け入れられなかったか?
大きな点は二つ考えられる。
一つはストーリーの規模の大きさと複雑性。
そもそも石油タンカーを狙うギャングから謎の少年が悪戦苦闘するという物語。
今ならテロリスト攻撃もあるので、少しはリアルだったのだが、当時の日本には何の話やら・・・
タンカーに石油を運ぶパイプを止める悪党を殴るだけなのだが、少年はたまにでてくるハシゴで近道ができる。
ただ、このパイプの移動の操作が慣れるまでかなり複雑。

さらにボスという名のカナヅチを持った悪党がでてくる(これについては次で話す)。
他にも時限爆弾が出てきたり、タンカーのメーターを気にしたりと、それはもう大忙し。
しかもボスと時限爆弾だけパンチを入れたり、操作も異なる。

これではお子様は説明書を読んでなおかつ修練まで必要となってしまうのだ。
つまり即効性がなかったのだ。

さて、第二の問題はテンポの悪さである。
本来テンポがいいはずのゲームになぜか、ボスが出てきて一気にテンポを悪くする。
ゲーム性を損なう。
しかも、わざわざボスの振りかざすハンマーの懐に入って倒さないといけない。
もし、倒さずに放置できない上に、殴られると約5秒間の制止状態。
しかも、その間に時限爆弾が登場するため、ボスを倒さないと必ず死ぬという残念なほどのドラマチックな展開。
投稿写真

画して、このゲームを買った子どものほとんどはゲームをこなせずに放置。
今となっては格安で売られる始末なのだ。

しかし、やってみると分かるが大人の僕でも十分楽しめる。
つまり、このゲームは大人向きだったのだ。
なんならスマホゲームしたら売れるかも・・・。

そんな時代先取りのゲームを機会があれば是非チャレンジしてください。
気分はテロリストと戦うジャック・バウワーです!(←言い過ぎ)
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。