大木ミノル
MINORU OHKI
AMIエンターティメント所属の映画監督
全国のレンタル店、Amazon等でレンタルorセルしてます。
「最寄りの怪談」「大阪最後の日」「恋の映画を作ろう」等を手掛ける。
その他200本以上の映像ソフト(DVD・Bru-ray)のプロデューサー
【所属事務所】映像制作AMIエンターティメント及びカルト映画のWHDジャパン 映像制作部長

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年04月12日 07時47分04秒

【2大号外!】映画祭決勝進出と神戸新聞掲載!好感度下がかもよ。

テーマ:大木ミノルの映画情報
まずは最初に今日は自慢話満載です!
先日、ネットニュースに自慢話等は、リア充と云って
一番嫌われるという記事がありました。

それでいうと、今日は
嫌われ度120%全開です!

それを覚悟で読んでね。

『時空脱獄NINZYA』なんですが・・・
短編少年映画祭 Aブロック
決勝進出が決定!!しました


ただ、ここから後は何でも皆さんの投票が必要だとか・・・
とりあえず、アクトビラに入会して頂き、その後、『時空脱獄NINZYA』を108円でご購入頂き、ご視聴してもらい
ご意見等頂けると優勝に近づくというお話みたいです。(←多分、そういう事。詳細不明)

そんなワケでとりあえず108円恵んで下さい!

【↓まずはここをクリックして入会して下さい】
『時空脱獄NINZYA』投票入口
※怪しいサイトではなくテレビのリモコンにも付いてる『アクトビラ』です。


「えー、この映画、面白いの?」という人にために
ハイ、予告編観て決めて下さい。


さて、次のニュースです。

4月17日に公開される『ロボネッジときーす君』
神戸新聞に載りました!

(↓ここは自慢話なので大きめに強調しておきます!)
以前に読売新聞さんに僕の記事を載せて頂いたり、エッセイを連載させて頂いたり、講談社文庫さんの三津田信三先生の著書に解説を書かせて頂いたり、色々感謝感激の人生でした!

(↑ここはものすごーく自慢話なので大きめに強調しておきます!)




今回は神戸新聞進出!
いやー、しかもカラーで大きめなので少し恥ずかしい~。
4月5日の記事だったとか・・・
実は大阪在住なので記事を生で読んだのは、2日前でした。
テヘへへヘヘヘヘ。

肝心の『ロボネッジときーす君』はいつものグラインドカフェNEO内で17日に上映。
グラインドカフェの情報はこの文字をクリック!





同時上映はお父さん世代に大ウケの
トレイシー・ローズだよ!
来てね!


まあ、そんなワケで、今日は
好感度が下がるのを覚悟で色々宣伝しました!

まあ、元々、好感度は高くない方だからいいっか!

では、また来週!
PR
2014年04月08日 00時38分27秒

『新・刑事コロンボ 殺意のナイトクラブ』をやっと観た!

テーマ:大木ミノルの映画情報
『新・刑事コロンボ 殺意のナイトクラブ』

やっと観た。

ずっと観たかったがなかなか観るチャンスがなかった。
正式な刑事コロンボの最終回で2003年、ピーター・フォーク76歳の作品。
(カミさんはいつくになったんだろう)
2-3日前にディアゴスティニーからDVDが届いたので今日やっと観ることが出来た。
反対に云えば、この一作が欲しいために69枚のDVDを買い続けたと言っても過言ではない。

ストーリーはナイトクラブ経営を目論む男とその愛人の殺人劇をコロンボが推理するわけだが、
ナイトクラブの経営者と云う設定が、すでに良い。
犯人の堕ちていく様や好感の持てない被害者等、コロンボ・シリーズらしい犯人視点。
相変わらずのしつこさに怯える犯人達の緊迫した精神状態。
ラストの鮮やかな解決・・・

勿論、無理がないとは云えないが、そこがコロンボのミソ
リアリティと舞台劇の間を上手く作り上げている

よく此処を分からない人がコロンボの推理には矛盾があるの、どうの・・・
というが、そんな事、言ったらすべての事件に矛盾があり、面白くもない。
大体、人を殺した事もない人間が想像する作り話だから、
ソファーに座って観れるのであって、リアル殺人事件なんか推理したくない。

まあ、話は戻るがフィナーレにふさわしい派手なオチに成っている。
コロンボが唖然とする若者の間を抜けていくシーンは
時代の移り変わりと最期のコロンボを印象づける。
これで全部のコロンボを1作も見逃す事なく観ることが出来た。

世界で最も愛された刑事映画の生みの親
レビンソン&リンクの『刑事マッカロイ 殺しのリハサール』
WHDジャパンから発売中(←オイッ!宣伝かよ?)

2014年04月02日 01時06分27秒

4月1日だったので・・・

テーマ:大木ミノルの告白
4月1日だったので本当の事ばかり云ってやりました。
ざまあみろ!!
花粉でイライラ・・・涙目。

そんな中、映画作ってます。
正確にはストップモーション・アニメ。

でも、半分はCGだったりしますので、
CGストップモーション・アニメ・・・長い。
CGSMアニメ!
なんか、変なプレイみたいだ!
・・・という事でクレイアニメと書いたら、
「クレイじゃないだろ!」という事になっちゃいます。
難しい世の中です。



まあ、完成まであとわずか・・・頑張るぞー!
2014年03月21日 16時46分37秒

『時空脱獄NINJA』が大反響!

テーマ:大木ミノルの映画情報
昨日の『グラインドカフェNEO』は!




【時空脱獄NINJA】が大反響でした!
『10分以上が2-3分に感じた?!』
『迫力の短編映画に感動。』
『続編、観たい!』
『ニンジャ・アクションが凄い!』
等々・・・
有り難う御座います。

正直、監督をした僕自身驚きです!

今や日本、アメリカ、オーストラリア等、
世界中の映画祭に引っ張りだこ
になりつつある
本作ですがDVDの発売はありません。

たった一つだけ入手方法が!

5月24日より公開の
『恋の映画を作ろう』の前売り券を買うと付いてきます!

詳しくはシアターセブンまでお問い合わせ下さい!

なんだよ!抱き合わせ商法かよ!
とか云わない様に・・・
色々、あるんよー。 
だって大木ちゃん大人なんだもん!

『時空脱獄NINJA』メンバーとその他の人々。


この後、悪役メンバーと打合せを兼ねた飲み会で深夜1時。
電車を無くなった人々を送って自宅に帰ったのは朝の5時でした。

そして本日、13時半より中津にあるピエロハーバーで
山下 忠彦 さんと徳丸新作サンの殺陣イベントを観てきました。
帰りにコップを割ったので逃げる様に立ち去ってやったぜ!
(まさにニンジャ!)

明日、22日も同じ時間と場所でイベントがあるそうです。

2014年03月20日 06時52分02秒

告知するのを忘れてましたが今日です!

テーマ:大木ミノルの映画情報
すっかり告知するのを忘れてましたが
『ブレーダーズ クライチカ』『時空脱獄NINJA』の上映は今日です。
皆さん、是非、来てね。





開催日
2014年3月20日(木)
時間
18:45 開場 / 19:30 開演
(※ イベント終了予定 22:00)
出演者
MC:浅尾典彦、大木ミノル
浅尾典彦(夢人塔)
企画プロデューサー、ライター、専門学校講師。SF、ホラーなど”ジャンル映像”の専門家として、新聞、ラジオ、テレビなど多メディアで活動中。(日本SF作家クラブ会員)
大木ミノル
映画監督、「恋の映画を作ろう」等、個性的な映画を撮り続け、海外クラシック作品の普及にも努めている。本年度、過去の「最寄りの怪談」等が全米でリリースされる。
夏守陽平
大阪を拠点とする子供忍者教室「ジャカジャカ忍者」の頭領でもある。「夏の桜」「サンズ」等に主演。時代劇やTVCMで活躍中の肉体派アクション俳優。
徳丸新作
NHKヒストリア・NHK大河ドラマ・極妻など多数の映画、TVで活躍中。日本殺陣連盟理事として各地で殺陣指導をしている。日本映画俳優協会会員、大阪・京都

上映作品
ブレーダーズ クライチカ ―The Descendant―
「ゾンゲリア」「エイリアン」のD・オバノンの幻のカルトホラー
夫の敗血病の治療の手掛かりをつかもうとニューイングランドの孤島やってきた夫婦。
しかし、夫の症状はこの島に伝わる忌まわしきヴァン・ダム一族のものと類似している事が明らかになる。
人を食べて今なお生きる謎の者達の伝説を老婆に聞くが、そこにもその怪物の影が・・・。
やがて、嵐の晩に灯台に非難した住民たちだが、落雷により暗闇となってしまう。
そして惨殺の夜が幕を明ける。
LIVE映画解説上映!
監督:ピーター・スヴァテク
脚本:ダン・オバノン/チャールズ・アデア/ロナルド・シャセット
撮影:バリー・グラヴェル
製作:ピーター・クルーネンバーグ/ジュリー・アラン
出演:ルトガー・ハウアー/ロイ・デュプイ/クリスティン・レーマン/レニ・パーカー
製作国:アメリカ
制作年:1997年
上映時間:92分

同時上映
大木ミノル監督・全米進出記念作品
時空脱獄NINJA ~ニンジャ~  ―TIME WARP NINJA―
SFアクション最新作 ハリウッドが認めた驚異のニンジャVFX!!
借金取りを生業とするヤクザが男を殺害しようと計画する。実行される寸前で轟音と共に『忍者』の格好をした男が現れた。ヤクザVS忍者、全面戦争が始まるが!!
大木ミノル監督作品全米リリース記念に撮られた海外用パイロット映画を初劇場公開!驚異のVFXと一流の俳優陣で贈るパイロットとは思えない大エンターティメント作!
監督:大木ミノル
出演:夏守陽平/徳丸新作/河本政則/沖一文字/吉永成吾
制作年:2014年
上映時間:11分

料金
一般:1,500円(※ 1ドリンク 500円別途要)
ペア、あるいは学生なら お一人様:1,000円(※ 1ドリンク 500円別途要)
シアターセブン会員:1,300円(※ 1ドリンク 500円別途要)
※ 学生割引は学生証のご提示が必要です。
※ 飲食物のお持込みはお断りいたします。
※ 未成年の飲酒は禁止です。
企画・主催
NPO法人淀川文化創造館 Theater Seven(シアターセブン)
企画協力
Fantastic Messenger 夢人塔、WHDジャパンほか

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>