南大阪 毎日の足もみで健康づくり 若石式足もみ教室ノマド

じぶんも かぞくも丈夫に
ジャクセキ式 足もみ教室 ノマド

病院やお薬が必要な時もあると思います。 
でもできるだけ自給自足で、じぶんやかぞくの健康を守りたいと思いませんか?

おうちでも実践していただける「足もみ健康法」を、お伝えしている体質改善教室です♪
NEW !
テーマ:

足もみ自然療法 足もみ教室 & 生徒さんの実践の場
南大阪 足もみ教室 ノマド



足もみを学び、実践できる
足もみ教室 ノマド  藤澤哲也 & 弘美です。


最近、まぶたをぴくぴくしながら


講座準備のため
パソコン画面を凝視している藤澤弘美です。


楽しいお仕事も
根を詰めすぎるのは、目のお疲れや肩こりますね( ´艸`)


本格的な不調を呼び込む前に
パソコン仕事の合間に足もみや足湯で息抜きしたいと思います。


相方いわく
頑張っているじぶんをほめるもピクピク改善によいそうです^^



まぶたのぴくぴくは 頑張り屋さん?


藤澤哲也です。


まぶたのぴくぴく 


私は20歳代半ばから後半のときに、
専門書の出版社に勤務していたことがあります。


そんな出版社時代のことを考えるたびに、
【まぶたがぴくぴくしていた】ことを思い出します。


どうしても間にあわせないといけない期日にむけて、
担当している書籍の進行をよく調整していました。


不思議なことに、
ある程度同じような経験を重ねてくると


そのギリギリ感の中に身を投じていることが
ある意味、緊張感と高揚感と重なっていました。


そんなときに、
よく私は、まぶたのひきつりを感じていました。


上にひっぱられる感じ。


そして、ひきつりのあとは
ぴくぴくと痙攣をする。


見事、期日に間にあわして、
ひきつりもぴくぴくした痙攣もおさまる

そんなことの繰り返しをしていました。



【まぶたのぴくぴく】調べてみると、
「頑張り屋さんに多い状態」と言われています。



確かに、東洋医学でも、
目は肝とつながります。


肝は、睡眠のバランスやホルモンバランス、
心状態も「怒り」。


私自身ふりかえると、
切迫感に身を投じながらの作業には、


当然ストレスの負荷も大きく、
なんで自分がこんなことしてるのか、


そもそもの期日が・・・とか
こちらの進行通りに最初から進んでいればと、


感情が外に向かってとげとげしくなっていくのを
感じてもいました。


それでいて、
クールに作業をすすめて、


見事期日に間に合わせたいという
変なプライドもあったように思います。




自然治癒力学校 理事長 
おのころ心平先生によると



「まぶたのぴくぴく」は
頑張り屋さんで、


なおかつ、


自分の中の弱みを見せたくない
傾向の人が多いともいわれています。


また右目と左目でも傾向があるようで、


「右目のピクピク」

◎クールに演じている自分を壊したくない。
◎これだけ頑張っている泥臭い自分を、悟らせない。



「左目のピクピク」

◎ココロの動揺を見透かされたくない。
◎私の本音を、相手に悟られたくない。
とのことのようです。








私自身は「右目のピクピク」が多かったなぁと思っています。




【まぶたのピクピク】が気になるときは、
弱音をはくことなく、


いろんなことを我慢しながら、
頑張っている自分を、


まずは自分自身で認めて、ほめてあげてください。


余分な力がぬけ、
自然体になる感じがするように思います。





自分だけでしんどいことやぎりぎりのことを抱えることを
続けていると、
体の状態は健康モードから不調モードへ移行していきます。



頑張っている自分を素直に認めて、
時には弱音や本音を出すことも大丈夫と自分に了解を出すことで、


自分自身の体の状態も整うといわれています。


自然体の自分を意識して、健康な自分を保っていきましょう。


そんなことも
足もみ教室の中でお話させていただいています^^


春からの講座も
ココロとカラダについて


じぶんたちの体質改善も含めて
シェアできればと思っています。










お問い合わせ先

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

足もみ自然療法 足もみ教室 & 生徒さんの実践の場
南大阪 足もみ教室 ノマド



足もみを学び、実践できる
足もみ教室 ノマド  藤澤哲也 & 弘美です。


春先の身体ケアに
ほんわかすっきり気分爽快ヾ(*´∀`*)ノ


よもぎ蒸しの足蒸し30分 + おススメ足もみ30分 



黄土の本格よもぎ蒸しでほかほかになってからの

足もみは格別ですよぉ~✨






本格黄土だけがもつ
黄土よもぎ蒸しの力 感じてくださいませヾ(*´∀`*)ノ



担当 えむさん

【足もみ+よもぎ蒸し+ハンドリフレのご予約は下記】

 emsroom.youkoso@gmail.com




・お名前
・メニュー
・ご希望日時 ○月○日 
・11:00枠のみ

【メニュー】

・体験足もみ20分 2000円

・おススメ足もみ30分 2500円

・よもぎ蒸しで足蒸し30分 2500円 

※前日までにご予約くださいませ。

※足もみによもぎ蒸しをセットで500円割引


・ハンドリフレ 20分 1500円

※足もみにハンドリフレをセットで500円割引


ほんわかすっきりおススメメニュー

よもぎ蒸しの足蒸し30分 + おススメ足もみ30分

5000円 → セット割引 4500円


【ご予約可能日】2月20日現在

2月

27日(月)

3月
6日 (月)
13日(月)


空き状況は、担当者に直接お問合せくださいませ(⋈◍>◡<◍)。✧♡




笑顔満面のえむさんが担当してくださいます✨

 

足もみの素晴らしさも

よもぎ蒸しの素晴らしさも


研究熱心 体験重視の彼女から

ぜひ♪ 会話も楽しみつつご体験くださいませ(⋈◍>◡<◍)。✧♡


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【黄土よもぎ蒸し(足蒸し)】


ははのて 令子さんと同じ、黄土よもぎ蒸しです✨
令子さんのご了承もいただいて解説記事 転用させていただきます✨


韓国で600年以上前から産後に行われていた療法で、肛門と子宮の粘膜からよもぎの蒸気を吸収させ、下半身から温める、民間療法。


蒸気を粘膜や皮膚から吸収させ、血液循環をよくし、新陳代謝促進や低体温改善、疲労回復、美容に効果があります。


黄土自体に、解毒、浄化作用があり、遠赤外線によって体の芯まで薬草の有効成分を送り届ける事ができます。


足蒸しでは、座器に足をのせ、下半身を温めます。


足蒸しだけでも、全身が温まり、足裏は柔らかくなります。


その後、あしもみをすると、いつもより深くまで届く気がします


※お持物
フェイスタオル 汗がでるため念のため下着もご持参くださいませ。






担当のえむさんは
富田林の寺内町すぐの場所でサロンもされています♪









☆本名 松本麻衣子
☆セラピストネーム えむ。
☆趣味 本当に美味しいものを探すこと、食べること。      
      本当の意味での健康を手に入れるための努力と探求。


☆資格
・若石健康普及指導士
・アロマハンドタッチングケアセラピスト
・2級医療事務
・ホームヘルパー2級
・難病患者等ホームヘルパー
・ハーブコーディネーター



20代のころ、単純に歩き疲れた時やリラクゼーションを求めて、
流派は問わず『足ツボマッサージ』をたびたび受けていました。


 『足もみ』という若石式と出会ったのは、ははのてさんとの出会いがきっかけでした。


足もみを体験し、その奥深さを知り、
 いつかその知識と技術を身につけたいと思っていました。


でもその『いつか』は、本当に『いつか・・・』だと考えていましたし、
「ははのてさんに教えてもらおう!」 ぐらいにしか考えていませんでした。


 そんなある日、私は ははのてさんのブログからノマドさんを知り、ノマドさんのブログを拝見する機会に恵まれました。


そう、ノマドさんを知る機会に恵まれたのです。ですが、それでもまだ、私の『いつか』は『いつか』のままでした。


さらに月日は流れて、私の『いつか』はかなり隅っこに追いやられてしまっていたある日、
私の運命を動かす出来事に恵まれたのです。


~ノマドご夫妻との出会い~

偶然・・・いや、必然だったと確信しています。

あるお店で、お互いにお客として横に座ることになり、食事をしながら言葉を交わす機会に恵まれました。

何たる偶然・・・いや、必然!

しかもそれは、19年に一度、新月と冬至が重なる『朔旦冬至』といわれる特別な日だったのです!!


ノマドご夫妻と直にお会いできたことによって、
本当にあたたかい笑顔を向けてくださる 太陽さん

足もみを本当に愛し、足もみを伝えることに情熱を注いでいらっしゃる 
ノマさん

 お二人の魅力に心奪われ、私の『いつか』は『今!』になりました。


おかげさまで初級プロの授業は毎回楽しくて楽しくて。
ノマドご夫妻のおかげだと感謝しています。


足もみを習いながら始めた娘と私の足もみの成果は、
もぉ本当に驚くことばかりです。


実はたくさんの喜ばしい成果が目にみえているのですが、
とても書ききれないので、
ほんの一部だけお伝えしたいと思います。


 もともと体質改善の若石式足もみに興味を持ったのは、
娘のアレルギーがきっかけでした。


足もみをしてから、
娘のアレルギーは完全に治っているのかもしれないと思えるほどです。


花粉症にも、気管支ぜんそくにも、悩まされることはなくなりました。


 そして私はというと、
やっぱり一番の成果は体重が減ったことでしょうか。


友人から、「どうやって痩せたん?」と質問攻めです(笑)。


ノマドご夫妻のご指導のもと、
これから更なる知識と技術のスキルアップに精進したいと思っています。


ノマドご夫妻の足もみに対する情熱は本当に素晴らしいもので、
『ノマドさんのように頑張ります!』
なんて、おこがましくて とてもとても言えません(汗)。


ただ、ノマドご夫妻の『想い』を少しでも知ってもらうために、
「チカラを尽くしたい♡」 と思っています。


究極の自然療法であり、
世界を救う予防医学となりうる若石式足もみが、
当たり前の日常になる日を夢みて♪





サロンのメニューは下記から♪








ペルーの家庭料理 LAZOS


えむさんのサロンは
ラソスさんの2階スペースをお借りして営業中です✨




ペルーの家庭料理 LAZOS

 富田林甲田1-3-28-6

最寄駅 富田林西口駅より 早歩き3分くらい


LAZOS は大阪府富田林のとある長屋でのんびり営業しております。

 南米ペルーの家庭料理なので、パッとイメージ湧きにくいですが、興味を持たれた方がいたら、是非ご来店ください、 ご来店の際は電話でご一報いただけたら幸いです。
 
詳しいご連絡先は 下記のリンクからどうぞヾ(*´∀`*)ノ








それはもう絶品です!!


気さくで明るいオーナーさまからいただいた
ご馳走写真をみただけでよっよだれが( ´艸`)


えむさんの施術の後は
ぜひ♪ 1階のラソスさんで美味しいランチをお楽しみくださいませヾ(*´∀`*)ノ













食後のふわふわさくさくレモンパイ
もうもうぜひぜひ(⋈◍>◡<◍)。✧♡


ラソスさんは
富田林の寺内町のすぐ近くの立地♪


散策されるのにもいいかも♪





お問い合わせ先

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

足もみ自然療法 足もみ教室 & 生徒さんの実践の場
南大阪 足もみ教室 ノマド



足もみを学び、実践できる
足もみ教室 ノマド  藤澤哲也 & 弘美です。


【ことばが大事です ――日本の言霊思想を見直そう――】


少しおどろおどろしい話ですが、
日本の古くからの言葉に「人を呪わば穴二つ」というものがあります。


意味は、「岩波 国語辞典 第五版」によると、


人をのろわば穴二つ……


他人に害をすれば自分も結局は害を受ける
(『岩波国語辞典 第五版』より)とあります。


ところで、
この「穴」というのは、何の「穴」か知っておられますか。


実はこの「穴」とは「墓穴(はかあな)」のことなのです。


他人を呪い殺すようなことをすると、その人を葬る「墓穴」だけではなく、呪った本人も「墓穴」に葬られることになるということなのです。


考えただけで恐ろしいですね。
でも、いにしえの日本人はこうした考えを大切にしてきました。


さて、
他人を呪うということまではしなくても、他人を悪く言うことは、私たちの身の回りでもありがちなことだと思います。


他人の悪口=悪い言葉、呪いの言葉が入るとも考えられますね。


そうすると、いずれは、その悪口は自分の身にふりかかると考えることができます。


ましてや、もし、自分に向けて悪口を言う場面があるとするとどうでしょうか。


少し考えると、自分に対する悪口なんてと思われるかもしれませんが、
悪口には感謝の気持ちや愛情の気持ちがなく、責める気持ちがあると考えるとどうでしょうか。


自分を大切にできない状況は、そのまま自分にふりかかります。


それが、積もり積もれば、自分の体の不調につながることはないということができるでしょうか?


何事も過剰はよくないですが、
せめて、ご自身のことはご自身が愛してあげること、感謝することが大切で、


それをしっかりと言葉で表すことが大切ではないかと、私自身、考えています。




自然治癒力学校 理事長 おのころ心平先生によると、
ご自身の体の不調(病気)で悩まれている方のカウンセリングを行ってみると、


同じ症状で悩まれている方には共通の口癖があるとのことです。


たとえば

便秘気味…「あとで」「そのうち」

高血圧……「速くしろ」「さっさとして」「ちゃんとして」

心臓病……「どうしよう……、でも……」「取り返しのつかない…」

肝臓病……「そんなはずはない」「話が違う」

がん………「絶対」「死んでも」

などという口癖をもたれている傾向があったとのことです。






呪いの言葉や愛情のない言葉でもないものもあるかもしれませんが、
自分を大切にしている言葉ともニュアンスが異なるなぁっと
私は感じています。


同じ口癖なら
自分や自分以外の人を大切にする言葉をもちたいですね。


ただ、
私自身大切だなぁっと思う点は、
こうしたことが、自分の感情を抑え込んで、


がまんして無理矢理ということではなく、
あくまでも自然体でという点です。



我慢して感情を抑えるのではなく、


自分と他人との距離、
自分が他人からどう見られているかという意識の強さ、


こういったものを自分自身でコントロールしていくことが、
自然と言葉につながるのだと思います。


言葉は「個」と「場」とおのころ心平先生も仰っています。


自分というものと、
自分の場、つまりは、家庭、職場、社会などなどの場。


こうした「個」と「場」を大切にすることが、
「言葉」を大切にすることにつながると思います。


こうしたことを足もみで考えると、



足もみをしながら、
自分や自分以外の人に感謝を伝えることが大切だなぁっと痛感します。




足もみでコミュニケーションが円滑になることも広く言われています。






セルフケアのときは自分自身に、
大切な方を施術しているときは、その方自身に感謝を伝える足もみも広めたいと考えています。





お問い合わせ先



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

足もみ自然療法 足もみ教室 & 生徒さんの実践の場
南大阪 足もみ教室 ノマド



足もみを学び、実践できる
足もみ教室 ノマド  藤澤哲也 & 弘美です。


酸素・栄養の伝達と血液循環


若石式足もみで効果が期待できる根拠に、
循環原理があります。



細胞に酸素と栄養を送る仕組みを、
血液循環によって理論付けされています。


血液循環には、
呼吸で得た酸素を運搬するルートと


食物で得た栄養を運搬するルート、
代謝や合成、解毒を肝臓で行い循環させる
門脈ルートなどがあります。


これらを一枚にまとめて図示できるといいなぁっと思って、
「若石 足はあなたの主治医」の図も参考にしながら、
考えてみました,゜.:。+゜


修正すべきところもあるかと
見直しを何度もしないとなぁと思いつつです。


あらためて注目すべき点だなぁっと実感したのは、
血液循環の仕組みはもちろんですが、


小腸、大腸の働きというのが、
やっぱり大切なんだなぁっということです。


そして、
腸と脳には脳腸相関の関係があります。


腸内環境をととのえることは、


血液循環にともなう、
栄養の運搬をととのえることはもとより、


自律神経やホルモンバランスをつかさどる、
脳の働きをもととのえることができるんだなぁっと実感。


腸の大切さも
ますますお伝えすることが大切だと思いました。







お問い合わせ先
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

足もみ自然療法 足もみ教室 & 生徒さんの実践の場
南大阪 足もみ教室 ノマド



足もみを学び、実践できる
足もみ教室 ノマド  藤澤哲也 & 弘美です。


【春の養生】


暦の上では、立春も過ぎ、春ですね。


本日も、雨模様の天気ですが、気温は高め、春の到来を思わせる1日ですね。


もっとも明日以降は、また寒さが戻るとの予報もあり、
体感的な春の訪れには、猶予がありますね。


とはいえ、
体の養生を考える上では、
春の準備を行うには今からが大切となります。


足もみも
足全体にプラスして、
春の体調を意識した反射区を
しっかりほぐすことも大切ですね。







肝臓だけをもむのではなく
いくつかの簡単で大切なコツがあります。


ぜひ、お近くの若石サロン
もしくは、ノマドにお越しくださいませ♪







具体的ですが、最近、
いわゆるカゼはもちろんですが、
皮膚や体の上部などにトラブルが起こっていることは
ありませんか?


湿疹や発疹、口元など上部のトラブル、
頭部や血圧の上昇、感情の高ぶりなどなど、


東洋医学では、
春は「風」が強く吹く時期と考えられ、


風が舞うように、
身体の不調もあちこちに飛びうつっていくとも
考えられています。


また、「肝」の機能が高ぶるとも考えられています。


こうした身体に影響を与える「風」を
「風邪(ふうじゃ)」といいます。


ちなみに
東洋医学の教科書などをまとめてみると、


「風邪」による状態としては、
カゼ、頭痛、鼻水、花粉症、皮膚のかゆみ など、


「肝」の機能が高ぶることによる状態としては、
イライラ、不眠、めまい、目の充血、血圧上昇 などが
あげられています。


養生の仕方としては、


寒暖の差を調節するような衣服、
肝の機能を落ち着かせるために、


深い呼吸やストレッチ、
アロマやハーブなどで気分転換を行う、


また、ゆったりと散歩をするなどで、
気持ちを穏やかに過ごすなどがあります。


食事については、


山菜のえぐみや新鮮な葉野菜で、
肝気の調整や栄養素の補給をすること、


ニラやモヤシ、雑穀などで
芽吹く春の気をととのえるなどです。


自然の甘味をとり、
脾の働きをととのえることも大切です。


漢方から考えた
具体的な食材をあげると、


甘味:栗・小麦・大麦・玄米・黍・大豆・
   キャベツ・タケノコ、ニンジンなど


旬の野菜をとる:春菊・菜の花・セロリなど
のようです。


本格的な春先にむけて、
春の養生のお話しなども、

講座などに取り入れてまいりますね,゜.:。+゜


お問い合わせ先






いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。