厚生労働省は24日、出産費用を公的負担で医療機関に直接支払う制度について、4月の完全実施を見送る方針を固めた。

 一部の医療機関に3月末まで認めていた導入猶予期間を再度延長し、さらに半年以上認める方向で調整する。

 昨年10月に始まった同制度では、健康保険組合などの公的医療保険から出産育児一時金(42万円)が医療機関に直接支払われるようになり、妊婦らは出産費用を用意しなくてもよくなった。当初は、医療機関も患者の未払いに悩まされなくなる利点があるとされた。

 ただ、支払いに1~2か月かかり、医療機関側から「資金繰りが悪化する」との懸念が寄せられたため、厚労省は妊婦と合意文書を交わすなどした医療機関に限って、3月末まで半年間の導入猶予を認めていた。

【新・関西笑談】世界で一つだけのパンを(5)(産経新聞)
高校無償化 首相、朝鮮学校の「除外」示唆(産経新聞)
誕生、上州の究極B級グルメ「うTON飯」(産経新聞)
<愛知2児遺体>へその緒ついたまま 医療機関以外で出産か(毎日新聞)
NHKが地デジ難視聴地域に追加助成 6万世帯に26億円(産経新聞)
AD