ようこそ「アメブロを仕事に活用するためのアイデアノート」へ。



◆アメブロのカスタマイズ方法を探してこられた方へ。

当ブログで紹介しているアメブロカスタマイズ方法は、原則として旧来のタイプのCSS編集用デザイン(プロフィール画像が四角いタイプ)向けです。

新しいタイプのCSS編集用デザイン(2016/03/08から選択できるようになったプロフィール画像が丸いタイプ)向けのカスタマイズ記事はこちらのサイトで更新中です。

↓以下は、本ブログでよく読まれている人気のアメブロカスタマイズ関連記事ご案内です。

人気記事


アメブロにヘッダー画像を設定する方法
アメブロにグローバルナビ(ヘッダーメニュー)を設置する方法
CSSが反映されない原因いろいろ
CSSを編集してアメブロをカスタマイズする方法(基本)
フリープラグインを利用してアメブロをカスタマイズする方法(基本)

ちょっと凝った囲み枠


斜めストライプ模様の囲み枠
すっきり見やすい見出し付き囲み枠
ワッペン風(デニム調)の囲み枠
ワッペン風(リネン調)の囲み枠
付箋風の囲み枠
黒板風の囲み枠

その他の記事もどうぞ


アメブロカスタマイズ目次
  • 25 Apr
    • アクセス数が増える「お勧めではない」サービスをご紹介します

      アクセス数が増える「お勧めではない」サービスをご紹介します こんにちは、松本です。 まず最初に、僕は、当記事で紹介するサービスは使うべきでない迷惑行為だと考えていますこと、お知りおき下さい。 ですが、ちょっとわけあって、トラフィックエクスチェンジというツールを提供しているサイトについて紹介させて下さい。 これらは、利用すると、アクセス数という数字を増やすことができます。 ただし、何れもコンピューターが自動ツールで巡回してくるだけなので、人の目で記事が読まれるわけではありません。 また、これらのサービスを利用することで、 アメブロから警告を受けたり利用を断られる可能性があります。広告を張っている場合は広告契約を断られる可能性があります。他にも利用を禁止しているサービスがありますのでそれらと併用はできません。アメピやアメリンクも併用を禁止していますので併用すると利用停止になります。 理由は、何れも、これらサービスの提供者から見て、トラフィックエクスチェンジが決して関わり合いになりたくない迷惑極まりないツールだからです。 なので、アクセス数という数字を増やしたり、ランキングという数字を上げたりして見栄をはりたいという方はトラフィックエクスチェンジを利用されることを止めはしませんが、上記のようなリスクがあることはぜひ知っておいて下さい。 また、安易なアクセスアップはアカウント削除の理由になるという記事でもご紹介したように、直接ご自分では利用していなくても、安易に「無料でアクセスアップをお試しいただけます」といった類のものに申し込むと、ご依頼先があなたの知らない間にあなたのブログに対してトラフィックエクスチェンジを使う可能性が高いのでご注意下さい。 それでは、以下、僕が現時点でトラフィックエクスチェンジを提供していると認識しているサイトをご紹介します。 トラフィックエクスチェンジ -traffic-exchange.tv- アクセスアップにはトラフィックエクスチェンジのさくさくエクスチェンジ もっとアクセスUP-もっとアクセスアップ 無料アクセスアップの三ツ星トラフィックエクスチェンジ|換金もできる トラフィックエクスチェンジ - トラフィックNo.1 トラフィックエクスチェンジで誰でも簡単アクセスアップ オレンジトラフィック アクセスアップにはトラフィックエクスチェンジのオープンアクセスアップ トラフィックエクスチェンジ - トラフィックメーカー リードメール<トラフィックエクスチェンジ> (相手にリンク元を知らせたくないので特殊なリンクの仕方になっています) これらを直接あるいは、他のアクセスアップサービスを経由して間接的に利用されるアメブロでは、上記したようなペナルティがあっても全く不思議ではありませんので、どうぞご注意下さい。 ちなみに、ご参考までに、「トラフィックエクスチェンジを使った結果検索順位が大幅にダウンした」という事例も報告されています(古い記事ですが)・・・。 くれぐれもご注意を。 関連記事 安易なアクセスアップはアカウント削除の理由になる @import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      122
      テーマ:
  • 23 Apr
    • アメケア(AmeCare)の手動アップデート方法

      アメケア(AmeCare)の手動アップデート方法こんにちは、松本です。AmeCareユーザー様から「AmeCareを手動でバージョンアップする方法」のお問い合わせがありましたのでご案内です。AmeCareに限ったことではないんですが、AmeCareのようなGoogle Chromeの拡張機能は、基本的にバージョンアップ作業が自動で行われるようになっています。ただ、自動バージョンアップのタイミングはGoogle Chromeにおまかせで自分で決めることができません。ですので、例えば、致命的な不具合が発生した時に、改修版が出ているのに何日もアップデートされないといったことが起こります。実際、AmeCareでも、アメブロの仕様変更などによって重要機能が動作しないといったことが起こりますので、選択肢が自動しかないのは困ったものです・・・。・・・なので、実は、こういった緊急の場合のために(?)、Google Chromeには手動で拡張機能のバージョンアップデートをする方法があります。AmeCare単独ではなく、他の拡張機能も含めたバージョンアップ方法となりますが、もしよかったら参考にしてください。→ AmeCareを手動でバージョンアップする方法 関連記事囲み枠を超カンタンに付けられたりします^^読者登録整理(マージパージ)を6分でやりましたアメブロのテーマを削除できないという声に答えました@import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      45
      テーマ:
  • 14 Apr
    • アメブロの記事にFacebookページプラグインを貼り付けてみる

      アメブロの記事にFacebookページプラグインを貼り付けてみる こんにちは、松本です。 最近は、アメブロユーザーさんでFacebookを併用されている方が増えましたね。 また、Facebookのプロフィールだけでなく、「Facebookページ」をお持ちの方もよく見かけるようになりました。 そこで、アメブロの記事にFacebookページプラグインを貼り付ける方法についてご紹介したいと思います。 フリースペースやフリープラグインではなく、記事に直接タグを貼り付けますので、スマートフォンでも表示される(と思う^^;)ため、より多くの読者さんの目に触れることが期待できると思います。 アメブロの記事にFacebookページプラグインを貼り付ける Facebookページプラグインのタグ作成ページ まずは、Facebookページプラグインのタグ作成ページを開きます。 こちらです → ページプラグイン - ソーシャルプラグイン 設定 ページが開いたら、タグ作成のための設定をしますが、最低限「FacebookページのURL」という欄に、ご自身のFacebookページのURLを入力(コピペ)すればOKです。 他の項目については、お好みで。 入力ができたら、[コードを取得]というボタンをクリックします。 タグをコピペ すると、Facebookページプラグインの表示に必要なタグが表示されます。 タグは上下に別れて2つ表示されますが、今回は下側のタグのみ使います。 この下側のタグを、アメブロの記事内のFacebookページプラグインを表示したい位置に貼り付けます。 いつも貼り付ける定型文のタグをお持ちの場合は、その中に入れておけば、以降、全記事に簡単に貼り付けできるようになると思いますので便利ですね。 注意事項 ただし、今回ご紹介した方法は、アメブロの基本設定で、共有ボタンの表示を「表示する」に設定してある必要がありますので、もしなっていない場合はやっておいて下さい。 まとめ 以上、アメブロの記事にFacebookページプラグインを貼り付ける方法についてご紹介しました。 簡単ですし、パソコンだけでなく、スマートフォンで記事を見てくれる読者さんにもFacebookページの投稿をお知らせできるので便利だと思います。 よかったら、試してみてくださいね。 ちなみに、実際の表示イメージは↓こんな感じです。 アメブロを仕事に活用するためのアイデアノート 関連記事 アメブロ記事をFacebookにシェアした時に表示される画像についてFacebookでシェアしようとしたら違う内容が表示される時ブログ記事の「Facebookいいね!の数」が実際の「いいね!」ボタンクリック数よりかなり多い件 @import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      83
      テーマ:
  • 12 Apr
    • 著作権侵害は犯罪です!が・・・

      著作権侵害は犯罪です!が・・・こんにちは、松本です。著作権といえば、東京オリンピックのエンブレム問題などもあり、最近は以前に増してずいぶん多くの人が意識するようになったのではないでしょうか。もちろん、アメブロの運営者も、著作権に対する考え方をちゃんと公開しています。アメブロの記事エディタに、アメーバ運営の著作権に関する考えを書いた記事へのリンクがあるので、見たことがある方も多いかもしれませんね。でも、現状ネットなどを注意して見ていれば、まとめサイトや、アメブロも含めた個人のブログなどで、「これってきっと著作権侵害になるんだろうなぁ・・・」と思うような投稿に頻繁に出会います。著作権侵害は犯罪ですが・・・また、「著作権侵害は犯罪である」ということが広く知られるようになってから、ブログの記事などで、「こいつは著作権を侵害しているから犯罪者だ!!」といったバッシングを名指しで、しかも著作権者でない他人がしているのも、よく見るようになりました。こういった投稿に触れたとき、法律の素人の僕から見ても、「これは、逆に危険なことをしてませんか?」と思うことがあります。というのも、現時点では著作権侵害は親告罪。つまり、著作権を侵害された被害者(著作権者)が告訴しなければ罪には問えません。もちろん、著作権を無視するような行為は、倫理的にもやるべきではないでしょう。でも、かといって、当事者でもない、著作権侵害らしき行為を見つけただけの他人が、「こいつは犯罪者だ!」などと名指しで言うと、逆に侮辱罪や名誉毀損罪で訴えられないとも限りませんので注意したほうが良いかもしれませんね。そういう場合は、著作権を侵害されていると思われる被害者にそっと教えてあげるにとどめたほうが良いと、個人的には思います。アメーバヘルプの著作権の考え方にもそんな感じのことが書かれてますね。もちろん、著作権者本人が「著作権侵害を受けている!」と公言しているのであれば、それを応援する気持ちは持っていいとは思いますが。著作権侵害が非親告罪になったらそれから、TPPへの参加にあわせてか、著作権侵害が非親告罪に、つまり、告訴がなくても検察が自由に訴追できるようになるという話を聞いたことがあります。実際のところ、親告罪のままなのか一部(海賊版など)に対して非親告罪とするのか全面的に非親告罪とするのかなど、僕にはまだわかりませんが、もし全面的に非親告罪になるようなことがあれば、ずいぶんと窮屈になるんでしょうね。たとえば、アニメや漫画のパロディも危ないでしょうし、記事の引用なども非常に慎重に行うことを要求されるようになるかもしれません。人によっては、過去にブログに投稿した内容なども、全面的に見直しが必要になるかもしれませんね。僕も、そうなる前に、今後しっかりと著作権侵害をしない行動を心がけていきたいと思います。@import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      162
      テーマ:
    • アメケアへのご意見・ご要望ありがとうございます

      アメケアへのご意見、ご要望ありがとうございますこんにちは、松本です。アメケアのユーザー様から、たくさんのご意見、ご要望をいただいています^^ ありがとうございます。うれしいです!頂いた内容は、可能な限り今後のバージョンで実現できるよう、がんばって開発していきます。もし、「私も意見がありまーす!」「要望ありありです!」という方がおられましたら、現在(4/20まで)、ささやかですが、お礼が当たるかもしれないフォームを用意していますので、よかったらアメケアのポップアップからアクセスして送信して下さい^^こんなご意見・ご要望が届いていますちなみに、現時点で頂いているご意見、ご要望には、たとえば以下のようなものがあります。メッセージボードの編集を簡単にできるようにして欲しい囲み枠貼り付けなどを右クリックメニューから使えるようにして欲しい使い方をわかりやすく説明したヘルプ・説明書を充実して欲しいiPhoneやiPad、Androidスマホで使いたいFirefoxやSafari、Internet Explorerで使いたいカスタマイズ機能を搭載して欲しいなどなど。どうもありがとうございます。現時点で、「すぐに実現できます!」と言い切れるものは少ないですが、1つずつ実現方法を研究していきたいと思いますので、今後共よろしくお願いします(_ _)もし、アメケアをまだ使ってないけど使ってみようかな?という方はこちらからどうぞ(パソコン版Google Chrome専用です)関連記事囲み枠を超カンタンに付けられたりします^^読者登録整理(マージパージ)を6分でやりましたアメブロのテーマを削除できないという声に答えました @import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      65
      8
      テーマ:
    • 失敗写真(暗すぎ、明るさムラ)を安い画像編集ソフトで修正してみた

      失敗写真(暗すぎ、明るさムラ)を安い画像編集ソフトで修正してみたこんにちは、松本です。ひとつ前に投稿した記事の写真、実は、撮影に失敗しました。めちゃくちゃ暗すぎる上、右と左で明るさが違うという状況(実は色味も違うんですが、そこはブログの写真なら許容範囲かな?^^;)。さすがにそのままでは使えないので、撮り直そうかとも思ったんですが、何とか修正できる範囲な気がしたので、先日、安く仕入れたPaintShop Pro X8というソフトで修正してみました。ちなみに、修正前の状態は↓こんな感じ・・・↓これを修正しました。 修正手順を動画に録画してみました(YouTubeです)このソフト、なかなか高性能でいい感じです。慣れは必要だと思いますが、画像に、かなりの調整、修正、加工ができます。ヘッダー画像の作成なんかにもバッチリ使えますね。もちろん、既にPhotoshopを使っている人が敢えて買うようなものではないと思いますが。フォトショまでは行かなくてもいいけど、何か一つくらいはまともな画像編集ソフトがほしいと思っている人には良い選択肢だと思います^^で最後に・・・、修正した後の写真がこちらの記事の最初の画像です。元の写真と比べて、かなり良くなったと思いませんか?@import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      84
      テーマ:
  • 11 Apr
    • ファンってなんだろう?

      ファンってなんだろう? こんにちは、松本です。 最近、僕のまわりで、 「ファン作りが大切です」 と発信する人が増えてきたからでしょうか。 「ファンってなんだろう?」 ってよく思います。 たぶん僕には、 「僕は、この人のファンです!」 と言えるような人がいません。 というか、ファンっていうのが何なのかよくわからない・・・。 好意を持ってる人?ならいます。 憧れている人?ならいます。 尊敬する人?ならいます。 こんなふうになりたいと思う人?なら・・・いるかな? 「松本さんはファンが多い」 と言われることも多いんですが、すみません、実はよくわかっていません。 好意的に接してくれていることはわかるので嬉しいんですが、ファンと言われるとわからなくなってしまいます。 このあたり、もしかすると僕は人間として欠陥品なのかもしれません(汗) というわけで、こんど、ファン作りが大切とお考えのお二人の話を聞きに行ってきます。 自然にファンを増やして行くことの重要さを発信され、そして成功されているお二人の話なので、きっと、とても興味深いお話が聞けると思っています^^ ちなみに、お二人とも書籍の出版経験者なので、 出版にあたって苦労したことや事前に知ってると得しそうなことなども聞けたらいいな。 あ、僕が本を出版する予定は・・・全くありませんが^^; @import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      84
      2
      テーマ:
    • アメブロなのにGoogleの検索結果にパンくずリストが表示される

      アメブロなのにGoogleの検索結果にパンくずリストが表示されるこんにちは、松本です。読者さんから質問をいただきました。「Googleで検索した時に松本さんのブログ記事が出ると、アメブロなのにパンくずリストが出てテーマ名が表示されますが、私のアメブロでは表示されません。私もパンくずリストが表示されるようにしたいのですができますか?それとも松本さんのアメブロだけ特別なんでしょうか?」という内容でした。もちろん、「はい、特別です。」などということはなく、当ブログは、ごくごく一般のアメブロです。ただ、Googleの検索結果でパンくずリストが表示されるように当アメブロをカスタマイズしてあります。やり方については、仕組みがわかっていて、かつ、アメブロのカスタマイズに慣れていれば、それほど難しくはないと思います。ですが、アメブロのカスタマイズ方法を検索して来られる読者さんは、たいていそのあたりの仕組みには精通していませんので、そういう意味では難しいかもしれません。ですので、現状、やり方は当ブログでは公開していませんが、現在テスト中の新バージョンのアメピでこの機能もサポートしようと思いますので、もしよかったらその際にご利用下さい。という回答をさせてもらいました。はやくテストを終えて公開しないといけませんね^^;関連記事アメピの新バージョンをテストしていますアメブロカスタマイズ目次【新】CSS編集用デザイン対応アメブロカスタマイズ目次 @import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      91
      テーマ:
  • 10 Apr
    • 囲み枠で囲んでない部分も囲み枠に入ってしまいます

      囲み枠で囲んでない部分も囲み枠に入ってしまいます こんにちは、松本です。 記事の一部を囲み枠で囲んだんですが、囲んでいない部分まで囲み枠の中に中途半端に入ってしまいます。何とかならないでしょうか? というご質問をいただきました。 どうやら、囲み枠のタグを自作して記事内で使ったものの、囲み枠の下に書いてある内容が囲み枠の中に入ってしまうという不具合のようです。 この現象は、ほとんどの場合、 囲み枠のタグが間違っています。 と言えます。 で、どこが間違っているか?ですが、これは、時と場合によりけりです。 ですが、 >が足りない</div>が足りない のどちらかであることが多いので、それをチェックして修正すると改善する可能性が高いです。 囲み枠のタグは正しいという思い込み アメブロの記事内で囲み枠を使う場合、タグを保存しておいてコピペで使う方が多いですが、 「コピペなので囲み枠のタグは間違っていない」 と思ってしまうようです。 ですが、僕の経験上、原因はたいていそのコピペしたタグですので、まずはそれを疑ってみましょう。 囲み枠のタグが間違っている原因は、 保存してあるタグを記事にコピペする時に全体を選択してコピーできていない参考にした元記事から保存場所へコピペする時に全体を選択し損ねたそもそも参考にした元記事のタグが間違っている など様々ですが、「コピペなので正しいはず」と思うと迷宮入りしてしまうのでご注意です。 よかったら参考にして下さい。 関連記事 斜めストライプ模様の囲み枠すっきり見やすい見出し付き囲み枠黒板風の囲み枠   @import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      76
      テーマ:
  • 09 Apr
    • 我が子を薬の被害から守れなかった自分を責めてしまう

      我が子を薬の被害から守れなかった自分を責めてしまう こんにちは、松本です。 僕には二人の子供がいます。 親に似てか、二人ともちょっと個性的ですが、健康で元気な子供たちです。 そんな子を持つ親として、本当に恐ろしいと思う、衝撃的な内容の動画を見ました。 こちらの記事で紹介されている動画です 誤解を恐れず書きます。 健康で個性豊かな子供たちに、安全性が十分に確認できていない「向精神薬」を使って個性を殺し、その薬に依存させ、中毒状態にし、病気にしてしまう・・・ そんな信じられないような出来事が、この国でもたくさん起こっていることを知りました。 もし、自分の子供に同じようなことが起こったら・・・ きっと僕は、 「僕が知らないのをいいことに、我が子が薬の依存症にされてしまった」 と、激しく怒り、その行為を勧めた医療者を責め、その行為を認めた国を責めるでしょう。 そして、 「自分が知らなかったばかりに、我が子を薬中毒という病気にしてしまった」 と、激しく後悔し、愛する我が子を酷い目に合わせてしまった自分を責めて、精神的に変になってしまうかもしれません。 「知らないことは罪ではない」 とは思いますが、知っているだけで防げることがたくさんあることも否定できないと思います。 少し個性が強く平均からやや離れたところにいる、というだけで、健康な子供を薬で粛清し、従順にさせ、果ては社会的に抹殺してしまうかもしれないような行為。 それが行われている事実や、それを避ける術を知らないことで、我が子がその被害者になってしまう。 そんなことは、何としても避けたい。 そのためにも、「まず現状を知り、そして、被害者にならないための方法を学ぶことが大切なんだ」と心から思いました。 @import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      128
      8
      テーマ:

プロフィール

松本

性別:
男性
お住まいの地域:
兵庫県
自己紹介:
.

続きを見る >

読者になる