• 08 Sep
    • 読者登録枠表示機能の提供を終了しました(アメピ)

      読者登録枠表示機能の提供を終了しました(アメピ) こんにちは、松本です。 アメピに関するご連絡です。 約2年半ほど前に記事下に「読者登録枠」を表示する方法 (アメピ)という記事で公開を開始した機能を、本日、提供終了とさせていただきました。 どうぞご了承下さい。 当時、芸能人ブログに既に表示されていたものと同様のものが一般ブログにも表示されるまでと思って、一時的に公開したものです。 すぐに一般ブログにも表示されて提供終了となるだろうからどうしようか?と少し悩みながらの公開だったんですが、結局、2年半^^; その間、たくさんの人に使ってもらえたので、公開してよかったと思います。 でも、無事に本日、一般ブログにも読者登録枠が標準で表示されるようになりましたので、本機能を提供終了とさせて頂きます。 なお、何もしなくても自動的にアメピが表示していた読者登録枠は表示されなくなりますので、本件に関するアメピのタグの変更は特に必要ありません(して頂いても構いませんが)。 どうぞよろしくお願いします。 @import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      106
      4
      テーマ:
  • 01 Sep
    • スマホ版アメブロのページが変わりましたね(不具合あり?)

      スマホ版アメブロのページが変わりましたね(不具合あり?)こんにちは、松本です。昨日あたりでしょうか?スマホ版アメブロの記事ページの仕様が変わったようです。  印象としては、ヘッダー周りがややスッキリしたように思いますが、見た目はそんなに大きく変わった感じはしませんね。でも、中身(HTMLタグ)は大きく変わっていますので、僕のようにスマホ版のページをカスタマイズしている方は、修正が必要になってくると思います。まあ、あまりいないとは思いますが(^_^;)ページ内リンクがうまく動かないさて、新しいスマホ版アメブロですが、どうやら現時点(2016/09/01昼時点)で、ページ内リンクがうまく動作しない不具合があるようです。ページ内リンクというのは、Aタグのリンク先として「#名前」という文字を指定することで、ページ内の「名前」の位置が直接表示されるようにできる仕組みです。「名前」は通常「id」という属性値で指定します。あ、すみません、HTMLがわからない人は「何のこと?」と思われる内容ですね(^_^;)でも、記事内の目次機能などでこの方法を使っている人は、実は少なからずいらっしゃいます。読者さんにとっても便利な機能なので、WordPressでもこの機能を使ったページ内目次作成プラグインが人気があったりして、何というか、読まれる人のことをよく考えている人ほど使っていたりする印象ですね。で、どうも新スマホ版アメブロのページ表示の仕組みの問題なのか何なのか、まだ僕には原因はハッキリとはわかってないんですが、新しいスマホ版のページでは、このページ内リンクがうまく動作しません。「これはちょっと問題じゃないかなぁ?」と、思うので良い方法がないか考えてみたんですが、どうもうまく行きません。というわけで、この記事を読まれた方で、もし「こうやったらうまくいくよ」という方法をご存じの方がおられましたら、ぜひ教えて下さいね。でも本当は、「できれば、運営さんの方でなんとか対応していただきたいな」と、ちょっと思っています^^@import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      111
      8
      テーマ:
  • 30 Jul
    • アメブロの「画像フォルダ」が改善されました

      アメブロの「画像フォルダ」が改善されましたこんにちは、松本です。昨日気づいたんですが、アメブロの画像をアップロードするところ「画像フォルダ」の仕様が改善されましたね。(ずい分前に変わっていたのでしたらすみません^^;)改善前は、横幅が800ピクセルに制限される(800ピクセルを超えると縮小される)JPG形式でアップロードすると画像の劣化(ノイズ、ボヤケる)が激しいと、何かと不便の多かった画像フォルダですが、現時点でかなり良くなっています。画像の横幅800ピクセル制限が無くなったまず、横幅800ピクセルという制限がなくなりました。ファイルサイズでの制限はあるようですが、横幅800ピクセル制限が無くなったことで、これまでよりも遥かに大きなサイズの画像をアップロードできるようになっています。例えば以下のの写真は、アメブロの画像フォルダにアップロードしたんですが、アップロードしたサイズは横幅が1920ピクセルあります。画像だけを表示すると、ちゃんと大きなサイズでアップロードされていることがわかります(クリックで大きな画像が表示されます)。制限が完全に廃止されたのかどうかまでは調べていたいのですが、このくらいの大きさの画像をアップロードできれば、ヘッダー画像や背景画像にも普通に使えますので、実質的には不自由を感じることはほとんど無いのではないでしょうか。JPG形式の画像が殆ど劣化しないまた、JPG形式で画像をアップロードしても、画像の劣化がほとんど無くなったように感じます。以前は、JPGでアップロードした際の画像の劣化が激しく、特にクリップアートや文字のようなベタ塗り部分の多い画像の劣化は、ベタ塗り部分にまだら模様のノイズが出たり、文字と背景の境界がぼやけたりと悲惨でした。なので、ファイルサイズが大きく表示の重いPNG形式を使ったり、アメブロ以外のサーバーにアップロードする等の対策をとる人が多くいました。でも今は、僕個人としては全く問題を感じない程度になっています(正直言うと劣化がわかりません^^;)。これなら、劣化を気にして重いPNGにする必要も、わざわざアメブロ以外のサーバーに画像をアップロードする必要もないのではないかと感じます(個人差はあると思いますが)。ただし、画像の激しい劣化を確認したのはずいぶん前のことなので、もしかすると、これまでに既に改善されていた可能性もありますが、少なくとも現時点ではとてもきれいにアップロードできると感じています。おまけあと、おまけ(?)で、大きな画像を元に好みのサイズのサムネイル画像を簡単に作れるようになっています。例えば、上記の花の写真の画像URLは、http://stat.ameba.jp/user_images/20160730/12/wazameba/f9/72/j/o1920128013710188181.jpg なんですが、この画像の横幅が400ピクセルになるように縮小した画像を作りたい場合は、このURLの最後に「?caw=400」を追加するだけでできます。http://stat.ameba.jp/user_images/20160730/12/wazameba/f9/72/j/o1920128013710188181.jpg?caw=400 また、一辺が200ピクセルの正方形のサムネイル画像を作りたい場合は、URLの最後に「?cpd=200」を追加すればOKです。http://stat.ameba.jp/user_images/20160730/12/wazameba/f9/72/j/o1920128013710188181.jpg?cpd=200 簡単ですね。もちろん、記事を作る際にこういったURLの操作をすることは少ないと思いますが、CSSでカスタマイズしたり、プラグインを作ったりする場合には役立つことがあるかもしれません。まとめ以上、(たぶん)最近改善されたアメブロの画像フォルダについて書いてみました。個人的に、間違いなく改善と感じていますが如何でしょう?よかったら参考にして下さい。 @import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      146
      テーマ:
  • 30 Jun
    • 「SNSうつ」や「Facebookうつ」という新しい心の病が増えているようですね

      「SNSうつ」や「Facebookうつ」という新しい心の病が増えているようですねこんにちは、松本です。最近、「SNSうつ」や「Facebookうつ」などという、新しい(?)心の病気に悩む人が増えているそうです。日本だけでなく、世界中で。アメブロもSNS的な要素が強いですから、もしかすると潜在的に「アメブロうつ」のような症状に陥ってしまっている人も結構多い可能性がありますね。うつ病などの心の病気は、自分では全く気付かないうちに進行していきますので怖いですよね。なので、「自分には関係ない」と思っていても、知らない間にそのような状態に近づいている可能性も大いにありえます。もちろん、周りの人が気づければいいんですが、十分な予備知識がないとそれも難しいようですし、仮に気付いた人が忠告しても、「そんなことはない!」「あなたは、私のことをそんな目で見てたの?」と、本人は全く受け入れることができないことも多いようです。心の病気の薬は怖い僕は、以前、「もし自分が心の病気になっても、今はいい薬がいっぱいあるから大丈夫」と思っていました。でも、あるとき、そうではないことを知りました。そういった薬を使うことで、いわゆる「薬漬け」の状態になってうことが多いと知りました。依存に苦しみ、心も体も蝕まれ、やめようと思っても離脱症状に絶えられずやめられないという人がたくさんいることを知りました。もしかすると「害のない正しい使い方」があって、その使い方をしていれば大丈夫なのかもしれません。でも、実際に、医者の指導のとおりにやった結果が「薬漬け」の状態なわけです。もしかすると、医者自身も「正しい使い方」がわかっていないのか、若しくはそんな使い方はないのではないかと思ってしまいます。なので最近は、まずは心の病気にならないことが大切。そして、「仮になっても薬を使わずに治す方法を知っておくことができればいいな」と、思うようになっていました。心の病気に薬はいらないそんな時、心の病気を薬を使わずに治す活動をされている精神科の先生がいることを知りました。そして、その先生の講演会が大阪で開催されるとのことなので、これはもうぜひ参加してみようと思います。自分の、そして家族の、もしもの時のために、しっかり勉強してきたいと思います^^もしよろしければ、一緒に参加してみませんか?@import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      137
      2
      テーマ:
  • 26 May
    • アメブロ版#ハッシュタグ辞めました

      アメブロ版#ハッシュタグ辞めましたTwitterやInstagramで大流行(という言葉が適切かどうかはわかりませんが)のハッシュタグ機能ですが、アメブロにも付いたのでしばらく試してみていました。ですが・・・辞めました。理由は、少なくとも当ブログでは、効果がなかったからです。アクセス解析を使って、ブログ記事とハッシュタグページ間の閲覧者の行き来を観察していたんですが・・・、ハッシュタグページからのインはほとんどありません。ハッシュタグページへのアウトもちょっとしかありません。という結果でした。無くても何も変わらない上、ページ内で場所を専有するのでかえってマイナスになります。リンクキーワードを工夫することでSEO的に有利という意見も聞いたんですが、少なくとも今時点では、Googleで検索していてアメブロのハッシュタグページに上位でヒットしたことは一回もありませんので、そのような効果もほとんどないか、あったとしてもとても小さそうです。もちろん、ブログの読者層やブログで扱っているテーマなどによっては、また、記事の書き方、そして、ハッシュタグの選び方を工夫することでもっと効果が高くなる可能性も考えられます。ですが、とりあえず今は(当ブログでは)効果がありませんし(どちらかと言えばマイナスですし)、もし取り入れるとしても、Instagramなどのように「ハッシュタグ文化」などと言われるほどに普及してからでもいいかな。と思います。というわけで、ハッシュタグ機能さん、さようなら。@import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      308
      6
      テーマ:
  • 25 May
    • アメブロの新機能「リブログ」について調べてみました

      アメブロの新機能「リブログ」について調べてみました アメブロに「リブログ」という新しい機能が追加されました。 リブログは、他のアメブロユーザーの記事の一部を自分のアメブロに貼り付けて投稿する機能です。 ただし、一般的な引用とリンクによる「紹介」とはかなり趣の異なる仕組みになっています(ツイッターやFacebookの記事への貼り付けとも違います)。 というわけで、この「リブログ」についてちょっと調べてみましたので、ご紹介したいと思います。 (リリース直後の内容ですので、今後、改善されて仕様が変わる可能性も十分に考えられます) 記事下に「リブログする」ボタンと「リブログ」リンク まず、記事下に「リブログする」というボタンと「リブログ」というリンクが表示されるようになりました(新しいデザインでは、リブログされるまで「リブログ」リンクは表示されません)。 他のアメブロユーザーの記事を自分のアメブロで紹介する(つまり「リブログする」)場合は、この「リブログする」ボタンをクリックします。 すると、紹介したい記事の内容の一部が貼り付けられた状態から新しい記事を作成することができます。 また、リブログ機能を使って紹介される(つまり「リブログされる」)と、リブログされたアメブロ記事で、記事下にある「リブログ」というリンクの横の数字が増えていきます。 そして、この「リブログ」というリンクをクリックすると、リブログしてくれたユーザーの記事へのリンクが一覧表示されるようになっています。 なお、「リブログする」ボタンや「リブログ」リンクは、記事ごとに非表示することができるほか、基本設定画面でどちらか片方、もしくは両方を全記事で非表示にすることが可能です。 具体的には、「リブログの受付」を「受け付けない」にすると「リブログする」ボタンが非表示になり、「リブログされた記事表示」を「表示しない」に設定すると「リブログ」リンクが非表示になります。 ただし、「リブログする」ボタンを非表示にしても以前リブログされたものはそのままで、過去に遡って完全にリブログ禁止の状態にはできないようです。 それから、リブログするときに最初から貼り付けられているタグを削除してみたら、リブログしてくれた一覧には表示されませんでした。 リブログで貼り付けられる内容 次に、リブログする方ですが、リブログすると、記事にリブログされる記事の内容の一部が貼り付けられます。 リブログした記事に貼り付けられる内容は、一般的な紹介で用いられるような「記事タイトル+記事の一部引用+画像+リンク」というものではなく、リブログ用に用意された専用の(?)記事ページがiframeというタグを使って埋め込まれる仕組みになっています。 例えば、当記事をリブログするとこんなページの内容が記事に埋め込まれます。 このページの内容は、元のリブログされた記事の内容がリアルタイムに反映されるようですので、リブログされた記事が変更されると、貼り付けられている内容も代わります。 例えば、以前リブログで作成した記事に貼り付けた内容が、いつの間にか全く別の内容に書きかわっていたなどということも必ず起こるでしょう。 自分のブログに表示されるのはとても許容できるようなものではない内容に変わる可能性も大いにありますので注意が必要だと思います。 あと、貼り付けた元記事が削除された場合は、「削除または非公開された記事なので表示できません」という内容に変わり、クリックしても元記事に移動しないようになります。 それから、リブログした記事を更にリブログすることもできます。 その場合、ちゃんと元記事の内容が含まれるようになっているようです(ただし1階層のみ)。   まとめ 以上、アメブロの新しい機能「リブログ」について調べてみました。 よく出来ている部分もある一方、スパマー(迷惑ユーザー)が喜びそうな部分も散見され、今後の改善が望まれるのではないかと感じます。 参考になれば嬉しいです。 ちなみに僕は当ブログからリブログ機能を外しました(^^;) @import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      146
      6
      テーマ:
  • 20 May
    • アメブロの読者登録申請の仕組み

      アメブロの読者登録申請の仕組みアメブロの読者登録について、いままであまりちゃんと調べていなかったことに今さら気づいたので、手短に調べてみました。なお、ここで読者登録と言っているのは、あくまでも「相手に知らせて読者になる」を選んだ場合です。「相手に知らせず読者になる」場合は、ただただヒッソリと相手のブログの更新情報を送ってもらうだけです^^ 読者申請すると読者登録申請をすると、申請先が「すべて承認する」設定になっていれば即座に承認されますが、承認するかどうかを「選択する」設定になっている場合は、以下のようになります。申請元では、「読者になったブログ」の状態・・・●申請中チェックリストには更新情報が届く。申請先はブログのお気に入り一覧に表示されない。申請先では、「あなたのブログの読者」の状態が・・・(承認待ち)申請元はブログの読者一覧には表示されない。 読者申請が却下(削除)されると読者申請が承認されずに却下(削除)された場合は以下のようになります。申請元では、「読者になったブログ」の状態・・・●申請中のままチェックリストには更新情報が届く。申請先はブログのお気に入り一覧に表示されない。申請先では、「あなたのブログの読者」の状態・・・申請は一覧から消える(承認もできない)申請元はブログの読者一覧には表示されない。つまり、削除されたのか、それともまだ承認されていないのかは、申請元では知ることができません。 読者申請が承認されると読者申請が承認された場合は以下のようになります。申請元では、「読者になったブログ」の状態・・・●承認済みチェックリストには更新情報が届く。申請先はブログのお気に入り一覧に表示される。申請先では、「あなたのブログの読者」の状態・・・承認済み状態になる申請元はブログの読者一覧に表示される。 承認済みの読者が読者登録先で削除されると一度承認された読者申請が、何かの都合で読者登録先で削除された場合は以下のようになります。申請元では、「読者になったブログ」の状態・・・●申請中に戻るチェックリストには更新情報が届く。申請先のブログはブログのお気に入り一覧に表示されない。申請先では、「あなたのブログの読者」の状態・・・読者が一覧から消える(再承認できない)ブログの読者一覧には申請元のブログは表示されない。これは、読者申請が承認されずに削除された場合と同じ状態ですね。ちなみに、管理画面の「あなたのブログの読者」に「読者の削除は相手の方に通知されません。」と書かれていますが、一度承認した読者の削除は、こんな形で地味に通知されてるようです。 読者申請(承認待ち・承認済みとも)が読者自身に削除されると最後に、読者自身がもう読者であることをやめた場合です。申請元では、「読者になったブログ」の状態・・・読者登録先は一覧から消えるチェックリストには更新情報が届かなくなる。ブログのお気に入り一覧にも表示されなくなる。申請先では、「あなたのブログの読者」の状態・・・読者は一覧から消えるブログの読者一覧にも表示されなくなる。ふつうですね。 まとめ以上、アメブロの読者登録申請が、管理人のアクションに応じてどのような状態になるかをご紹介しました。ただし、本当に手短に調べただけなので、時間の経過とともに状態が変わる可能性もありますので、もしそういったことを発見したら教えてもらえると嬉しいです。あと、前に、「スパム読者登録は放置が吉」ということを書いたんですが、どうやら「放置しても削除しても同じ」が正しいようです。すみません、訂正させて下さい(_ _)@import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      122
      4
      テーマ:
  • 12 May
    • 自動ツールで付いたスパムコメントって使用済みティッシュみたい

      自動ツールで付いたスパムコメントって使用済みティッシュみたいこんにちは、松本です。アメブロに限らず、ブログなんかやってると、大抵の人が「自動ツールを使って投稿されたスパムコメント」に出会うと思いますが、先日、「これって、使用済みティッシュみたい」って思いました。自分ちでも人んちでも落ちてるとなんだか不快不意に触れてしまうと「うわっ!」ってなるもちろん、基本的に役に立たないだから、置いて帰られると迷惑かと言って、自分ちじゃなければ実は実害はない自分ちに落ちてると嫌なので見つけたらゴミ箱にポイっでも、大量に落ちてると片付けが大変で「はぁ~orz」ってなる実は今日もアメーバスタッフブログで上↑の画像の自動ツールコメントを見つけて、「あ、使用済みティッシュ・・・」と思ったので、この記事に書いてみました(笑)大量に・・・じゃなければ目に角を立てて怒るほどのことでもないとは思いますが、でもやっぱり目につくと不快なんですよね。自分ちはもちろん、たとえ人んちでも。まぁ、中には自分のブログについても、「別に気にしないから放置で~す」って人もいますが、個人的に、「使用済みティッシュがそこかしこに落ちてるお家に遊びに行くのはちょっとなぁ・・・」って思わないこともないので、僕はこれからも、もし自分ちに落ちてたら即「ポイッ♪」ってゴミ箱行き。こんな感じの対応でやってます^^@import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      167
      8
      テーマ:
  • 10 May
    • タグ編集エディタで作成した記事をコピペして最新版エディタで新規記事を作成する方法

      タグ編集エディタで作成した記事をコピペして最新版エディタで新規記事を作成する方法こんにちは、松本です。アメブロの最新版エディタはに、ハッシュタグや画像の一括アップロードなど、便利な機能が追加されていますね。実は、過去にタグ編集エディタで作成した記事をコピーして、それを元に、せっかくなので新しい機能が追加された最新版エディタで新規記事を作成しようと思ったんですが・・・スンナリとはいきませんでした。改行が詰まってしまうタグ編集エディタで作った記事のタグを最新版エディタにコピペすると、改行が詰まってしまって見辛くなってしまいます。例えば↓こんな記事。これは、タグ編集エディタで作成した記事なんですが、これを・・・、 タグ編集エディタで開き、記事全体をクリップボードにコピーして・・・、 最新版エディタで開いた新規記事に「HTML表示」の状態にして貼り付けると・・・、 通常表示にしたときに(もちろんブログに投稿した時も)、このように改行部分が詰まってしまってひどく見辛くなります。原因は、タグ編集エディタでは「エディタ内で改行するだけでブログでもちゃんと改行される」のに対して、最新版エディタの「HTML表示」の状態では「HTMLの改行タグ<br>を記述しないとブログでは改行されない」からです。もちろん、最新版エディタに貼り付けてから、改行したい部分を全て修正すれば問題ないんですが・・・面倒ですよね。そこで、試しにコピー元の記事を最新版エディタで開き、そこから同じく最新版エディタで作成した新規記事にコピペしてみたところうまくいきましたので、以下に、その手順をご紹介したいと思います。元の記事を最新版エディタで開いてからコピペするまず、コピー元の記事を最新版エディタで開きましょう。コピー元の記事はタグ編集エディタで作成した記事なので、普通に編集しようとすると当然タグ編集エディタで開いてしまいますが・・・、タグ編集エディタで開いた状態で、URLの末尾に以下のように「&editor_flg=5」と追加して開き直せばOKです。http://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryupdateinput.do?id=XXXXXXXXXXX&editor_flg=5 「XXXXXXXXXXX」の部分には記事によって異なる数字が入るため、上記をそのままアドレスバーにコピペしてもうまく行きませんのでご注意下さい。普通にタグ編集エディタで開いた記事のURLの末尾に「&editor_flg=5」を追加する、です。 すると、コピー元の記事が最新版エディタで開かれます。 ここで、「HTML表示」の状態にすると記事の内容がHTMLタグで表示されます。よく見ると、タグ編集エディタで改行してあったところに、自動的に改行タグ<br />が追加されているのがわかりますね。というわけで、このタグを全て選択してクリップボードにコピーしましょう。コピーできたら元記事の編集画面は閉じておきましょう。 次に、最新版エディタで新規記事を開きます。そして「HTML表示」状態にしてから上でコピーしたタグを貼り付けましょう。これで、画像のように、「通常表示」の状態にしても改行がちゃんと反映された状態で貼り付けることができました。あとは、この記事を修正して新規記事として投稿すればOKです。 以上、過去にタグ編集エディタで作成した記事を元にして、最新版エディタで新規記事を作成する方法でした。もし、参考になれば幸いです^^@import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      108
      1
      テーマ:
  • 07 May
    • AddClips終了に伴い表示速度が激遅になっているアメブロが多発しているかもしれない件

      AddClips終了に伴い表示速度が激遅になっているアメブロが多発しているかもしれない件 こんにちは、松本です。「最近、PC版の表示が激遅になっているアメブロが多いな」と思っていたんですが、どうやらAddClipsというサービスが終了した影響が出ている場合があるようです。AddClispは各種ソーシャルブックマークとRSSボタンをまとめたボタンを表示できるサービスで、アメブロでのユーザーも多かったようですが、今年(2016年)の3月31日でサービス終了となっています。そして、サービス終了に伴いAddClips貼付け用のタグが無効となり、無効となったタグを貼り付けてあるブログで表示が激遅になってしまう(場合によっては何十秒もかかる)現象が起きているようです。ですので、「なんか、ここのところ私のアメブロの表示が異常に遅い気がする・・・」と思う場合、そして、「そういえば、AddClipsを使っていた気がする・・・」という場合は、フリープラグインにAddClipsのタグが残っていないか確認してみてください。例えば↓こんなタグです。<script type="text/javascript" src="http://js.addclips.org/v2/addclips.js" charset="utf-8"></script> もしあれば、これがブログの表示を激遅にしている可能性が高いですので、削除してみると良いと思いますよ^^ただし、プラグインを修正するときは、必ず内容をバックアップ(メモ帳にコピペなど)して、万が一の場合にも元に戻せるようにしてから実施するようにしましょう。関連記事フリープラグインを利用してアメブロをカスタマイズする方法@import url("http://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/26/b4/10014530162.css");

      91
      テーマ:

プロフィール

松本@このブログ

性別:
男性
お住まいの地域:
兵庫県
自己紹介:
.

続きを見る >

読者になる