おもちゃ

テーマ:
鳥取でのワタノハスマイル展の会場となったわらべ館は昔のおもちゃが沢山展示してあったり、子ども達が木のおもちゃとかで遊んでいたりして、とっーても素敵な施設でした。ワタノハスマイル展のオープニングイベントで開催したワークショップ「今は使われなくなったおもちゃなどを使ってオブジェを作ろう!」無事おわりました。皆様ありがとうございましたー!

001

002

003

004

005

006

007

008
AD
ワタノハスマイル鳥取展のお知らせです。東北の震災から5年が過ぎても展示のお誘いをいただけるのがうれしいです。会場となる童謡・唱歌とおもちゃのミュージアムわらべ館はまだ行った事がありませんが、インターネットで見てみると、とっても素敵な雰囲気です。沢山のおもちゃが飾られているおもちゃのミュージアムでワタノハスマイルの展示とワークショップ。いい感じになりそうです。楽しみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワタノハスマイル展

2011年、東日本大震災の後、石巻市渡波(ワタノハ)小学校の子ども達(当時)が、校庭に流れ着いた「ガレキ」で笑顔のアート作品「ワタノハスマイル」を制作しました。その作品展は、これまでに遠くはイタリアなど、国内外で数多く開催されています。わらべ館では、震災から5年を経た2016年の夏休みに、渡波の子ども達の作品を展示します。見ている方も自然と笑顔になる作品達に会いに来てください。

会期|2016年7月30日(土)~8月11日(木)
時間|9:00~17:00(最終日のみ16:00まで )期間中の休館日なし
会場|わらべ館1階 エントランスホール
観覧|無料

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワークショップ
つくるよ!トットリスマイル

日時|7月30日(土)10:30~12:00
会場|屋外駐車場管理棟(旧わらべ館 ミュージアムショップ)
定員|親子10組(小学生以上、1組2名まで 要申し込み7/16~)
参加|無料

会場には今は使われなくなったオモチャや台所用品などをご用意しています。ワタノハスマイルを立ち上げた造形作家の犬飼ともさんと一緒に、鳥取でもスマイルな作品を作ろう!夏休みの工作にもイイネ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

童謡・唱歌とおもちゃのミュージアム
わらべ館
http://www.warabe.or.jp

AD

一緒に

テーマ:
みんなのワタノハスマイル展、無事おわりました。本当にすばらしい2日間でした。まだうまく言葉にまとめることができないのですが、なんかぽわーんとあったかいものが僕の心には生まれました。きっと同じようなぽわーんとあったかいものが集まってくれたみんなの心にも生まれたと思います。こんなあったかい気持ちになれたのは、なんだか震災以降はじめてのような気がしています。

ワタノハスマイルの活動ははじめた時から今まで、この活動はやってよかったのかなーと迷い迷いながらここまで来ました。今回みんなに言われた言葉によって、やってよかったんだーと心の底から思えました。あの迷いは正しかったんだ、迷い続けてよかったんだーと思いました。

今回の企画、当日までの準備、また当日の運営を丁寧にまとめてくれた山形の多田さん、愛知の伊藤さん、東京の金谷さんには感謝しかありません。今回集まっていただいた皆様、また今回行きたかったけど行けなかったーという皆様。ありがとうごいます。皆様に出会えて本当によかったです。

ワタノハスマイルのオブジェを作ってくれた子ども達もいい感じに大人になってきて本当におもしろいです。ある子に「続けて下さい」と言われたのがすごくうれしかった。子ども達、関わっていただいた皆様、いい感じの関係になりました。もうみんな友達だね。「一緒に続けましょー!一緒に何か新たなおもしろいこともしましょー!」