ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-06 10:46:08

フラカンとのツーマン!

テーマ:ブログ

フラワーカンパニーズ 「シリーズ・人間の爆発~クアトロ編」

2017年年2月5日(日)

名古屋 CLUB QUATTRO

OPEN 16:30      START 17:00

前売 ¥4,300 (税込) ドリンク代別途500円必要

出演 フラワーカンパニーズ ホフディラン


以下プレイガイドにて絶賛販売中

チケットぴあ http://t.pia.jp/   0570-02-9999    P:314-421

ローソンチケット http://l-tike.com/   0570-084-004    L:43785

イープラス eplus.jp

 

問合せ JAILHOUSE(052)936-6041 / www.jailhouse.jp

 

 

告知遅くなりました。すみません。お待ちしております。

 

 

ワタナベイビーより

 

iPhoneから送信

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-28 15:45:50

ノーベル音楽SHOW名古屋!

テーマ:ブログ

おくればせながら、ノーベル音楽SHOW名古屋公演に集まってくださった皆さん、ありがとうございました!

 

カジくんとのツーマン、しょっちゅうやってそうなイメージかも知れませんが、実は結構レアなツーマンでして、東京ですら、ほとんどなかったのでは?

 

「ベースまつり」をはじめ、ホフディランのゲストにカジくんが来てくれて、なぜかホフのライブでだけ、毎回まるで狂犬のようにパンク魂炸裂で暴れまわって下さっているので、ちょくちょくご一緒はしているのですが、ツーマンはひょっとして初めてだったりするんじゃないかな?

 

たぶんお客さんにとってもレア感はまるでなかったと思いますが、ツーマンにときどきありがちな違和感も一切なく、カジホフ両方とも好きでいてくれるお客さんが集まってくれた、とてもステキな空間だったと思います。

 

こんな多幸感に溢れたイベントになるとは予想も出来ないほど、出番直前までワタナベイビーは体調不良だわ、カジくんは事故渋滞でギリギリまで到着しないわで、何かとバタバタな名古屋の夕方でありました。

 

いや〜、しかしカジくんのライブは相変わらずメチャクチャで最高でしたね〜。ベースもブンブン鳴らしてたな〜。そのブンブンベースが何らかのトラブルで音が出なくなった時の動きも言動も、まるっきり意味不明(笑)。いや〜、実にカジくんだったな〜。

30歳のカジくんと全く変わらないまま、20年後も全く同じカジくんでした(笑)。いや、これはお互い様なのかな、、。お互いそう思ってるのかも、、。

 

一時期ギターで歌っていた頃よりも、ベースに戻ってますますパンク度が増したカジくんは、ステージを終えて楽屋に帰ってくると、行水した後のようなずぶ濡れ状態でした(笑)。

 

そんなカジくんのライブをちゃんと客席で見て気合を入れていたら、出番直前ストレッチあたりからテンションが上がってきて、ステージに上がってお客さんの表情を見たら絶好調に!メンバー、スタッフのみんな、ご迷惑をおかけしましたね。

 

ホフディランのライブは極めて楽しくハッピーにお送り出来たのではないかと思います。途中、カジくんを見習うかのようにユウヒのショルダー型キーボードの音が出なくなるトラブルがありましたが、どうやら本人が盛り上がっていて、2度ほど自分で蹴り倒していた模様(笑)。まあ、音は出なかったものの、それだけ盛り上がっていたという事で良かったのではないでしょうか。

 

 

カジくんオマージュ曲『恋は渋谷系』では御本家の乱入もあり、またまた意味不明のダンスやら客席乱入やら、カジくんっぷりを発揮して頂きました。これで名古屋でもこの曲はカジくん御本人公認の曲となりました。盗作裁判の心配かなくなったという事で、今後もレパートリーとして堂々と演奏できます。

 

ノーベル表彰式では、さすがスウェーデン観光大使、我々のふざけたTシャツとは大違いの正装(半ズボン)で、ノーベル音楽SHOWを授与して頂きました。わざわざスウェーデンから本当にありがとう!

 

お互い50間近になって、まだまだ一緒のステージで楽しめるなんて、20年前には想像もしてませんでしたよね。

 

カジくんも、いかにもホフっぽいパクリ曲でもリリースして頂いて、今後ともお互い共存の気持ちで、一緒に年齢をとっていきましょう!

もちろん、ファンの皆さんも一緒にね。

 

ファンの皆さんがいてくれる限り、我々は永遠の30歳でいられるのです。今後ともホフディラン、カジヒデキをよろしくお願い致します。

 

名古屋の皆さん、ありがとう〜!またすぐ来るよ〜!

 

 

ワタナベイビーより

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-20 17:07:33

ノーベル音楽SHOW大阪

テーマ:ブログ

 

ノーベル音楽SHOW大阪公演に来てくれた皆様ありがとうございます。

今年はホフディラン、ワタナベイビーソロ、プライベート家族旅行などなど、例年にも増して大阪に訪れた年だった気がしております。

 

今年最後の大阪ライブは、『演奏をちゃんとやろう!』という意識が強すぎたかな~、なんて反省をしながら帰ったのですが、思えば、それでいいのか(笑)。

とにかく真面目にやりました。

 

今回の2nd LINEのステージは、ガード下にあったため、要所要所でいい感じに電車が通ってくれていいムード。ムダにMCで喋るより雰囲気がありましたねー。

 

2曲目『シーズン』では、イントロ持ち替えミスとエンディング合図ミスをやらかしてしまいましたが(スミマセン)それ以外は、ライブ全体を通じて演奏自体は集中してできたのではないかと思います。

 

随分久しぶりにバンド編成でプレイした『夢に出てきて』のゲンショウさんのドラムが気持ち良かったな~。

『恋まぼ』リリース時に、イベントで数回やった事はあるのですが、ワシントンツアーでも確かメニューに入れなかったので、まさに19年以上ぶり!こんな風に年月と共にいい感じに蘇る曲があったりするのが、長年バンドの楽しいところです。

 

新曲『珈琲』は、二人ツアーではだいぶ慣れていた曲ですが、バンド編成では全くの初演奏。当然まだまだ荒削りではありましたが、これからの完成度合いが楽しみだな~、と思わせてくれる演奏を見せてくれるのがさすがベスト3!

 

今回のステージは、ベースアンプ直撃の立ち位置だったため、出演者でありながら、キタダマキの演奏に酔いしれながらワンステージを味わっているうちに終わってしまったような気がします。よい意味でね。

 

ホリウチジュンヤのトランペットは必ず爆笑をもたらす上、『マフラーをよろしく』でも大活躍。中盤の主役の座をかっさらっておりましたね。

 

ユウヒのローカルトークも、ローカルの度合いが過ぎて、地元の大阪の人も付いて来られない領域へ。

 

アンコールの授与式はゲンショウさんから『田中元賞』とだけ書かれた表彰状を授与して頂きました。

 

久々に、大阪名物、しつこい予定外アンコール(笑)にもガッツリお応えしましたね!

 

来年もまた、今年以上に大阪に行けたらいいな。大阪の皆様、今年はさんざんお世話になりました。

 

来年もまたよろしく!

 

ワタナベイビーより

 

p.s.

iphone初の長文ブログ、以前とはなかなか勝手が違いますな。うまく投稿出来ますように!

 

 

iPhoneから送信

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み