今日はちょっとラグビーネタを書きたいなあと思います!!!

もう連日TVやネットニュースなどで話題になっていますが、ラグビ―のワールドカップ2015イングランド大会で、日本代表が優勝候補でもある強豪の南アフリカから勝利を収めるという快挙を成し遂げましたよね♪
本当にすごい・すごい・すごすぎーーーーーですよね(#^.^#)

とは言っても、実際ラグビーをよく知らない方たちはどのくらい、この勝利がすごいということを理解してくれているのかな?ということも実は気になっていました。

そこで数名の知人に、中川家の礼二さんが例えていた

「日本の陸上選手がボルトに勝ったようなものなんだよー」

と私の中では一番ぴったりハマる例えで説明をすると、

「へーそんなにすごいことだったんだ」

と事の大きさを理解してくれる知人が多数いました。
正直、13位が3位に勝ったんだよーと言われても、ピントこない人も多いのかな?と思いました。

さらに話を進めていき、

「ラグビーの日本代表のこの快挙を理解してくれたところで、次のスコットランド戦は見る?午後10時15分から日テレなんだけど・・・」

と聞いてみると、様々な反応ではありますが、

「うーん。見るかどうかはわからないなあ。だってルールわからないから、見ていておもしろいかどうかわからないしね」

なんて返事も数多くありました。

そこで、私が初めてラグビーを観に行った時のことを思い出しました。
当時ラグビーに関して知っていた事といえば・・・ボールを前にパスしてはいけないことぐらいでした。
ちなみに、この知識はドラマのスクールウォーズから入手したものでした(^^;笑
だから、楽しめるかわからないけど、ラグビー好きの友達がせっかく誘ってくれたんだし、まあ、記念に一度ぐらい見ておいてもいいかな!ぐらいの気持ちでした。

そうなんです。
「ルールがわからないから、恐らくラグビーは楽しめないだろう」
と私も思っていたんですよね。
この気持ちをすっかり忘れてしまっていました。

実際は迫力がすごくて、もう虜になっちゃいました!
前後半の80分がアッという間でした。

もちろんルールがわからないので、今何が起こったの?
というもどかしさはありましたが、基本的にサッカーと同じように敵のゴールにボールを入れることで得点されるようなイメージです。ラグビーでは敵のインゴールという場所にボールを運んで手で地面に付ければ点が入ります。
相手のインゴール近くまで攻めているとか、攻め込まれてピンチということぐらいは見ていればわかるので、それで充分楽しめるんですよ。

なので、ぜひ明日のスコットランド戦は、ルールがわからない人にも観て欲しいなあーと思います。
なかなか国内シーズンの試合は地上波では放送されませんから(;_;)/~~~
今回の日本代表の活躍で今後は増えるかも知れませんが!!!(期待♪)

そんなわけで、ルールがわからなくても、選手の気迫溢れるプレーを見るだけで充分楽しめるとは思うのですが、
せっかくですから、少しでもルールというかポイントを押さえられればより楽しめるかな?と思いましたので、それをいくつか、あげてみたいなあと思います。
あくまでも、私見満載なので悪しからずご了承くださいね。

●試合時間・・・前後半それぞれ40分の計80分間で戦われます。

●人数・・・15人
内訳はスクラムを組むFW(フォワード)の選手8人、BK(バックス)7人→さらにBKのうち、9番と10番はさらに細分化するとハーフバックスといいます。
さらにさらに、FWの1番から3番をフロントローとか、BKの11から14番をスリークウォーターバックスとか細かい区分けもあるのですが、その辺は超初心者の方は知らなくてもいいかなと思います。
(補足)
スクラムを組む8人の選手がFWで、主に9番(スクラムハーフという名称)がスクラムにボールを入れたり出したりします。9番から出たボールを最適な選手にパスもしくはキックで送る(つなぐ)のが10番(スタンドオフという名称)です。10番のポジションが司令塔です。
いわゆるボールをもって快速を飛ばしてトライを決めるのは、BKの選手です。
色々と書くとややこしくなるので、というか・・・私も詳しくは語れません。。。
あくまでもこんな感じでイメージして頂ければ充分楽しめると思います♪

ポジションの名称だけ表記しておきます。
(FW)
1番・3番 PR/プロップ
2番 HO/フッカー
4番・5番 LO/ロック
6番・7番 FL/フランカー
8番 No.8/ナンバーエイト
(BK)
9番 SH/スクラムハーフ
10番 SO/スタンドオフ
11番・14番 WTB/ウィング
12番・13番 CTB/センター
15番 FB/フルバック


●得点方法
・T(トライ)5点
・GK(ゴールキック/一般的にはコンバージョンと呼ばれます)トライをするとGKが与えられます。これに成功するとさらに2点追加されます。
・PG(ペナルティーゴール)3点
・DG(ドロップゴール)3点
(補足)
T(トライ)は、敵のインゴールと呼ばれるスペースにボールを手で置くと決まります。
インゴールの位置は、ポールの後ろ側の線で囲んである範囲です。
できればトライはインゴールの中央に決めたいのです。
その理由は、トライの後のGK(コンバージョン)を蹴る位置がトライの場所によって決まるからです。
GK(コンバージョン)を蹴る位置は、トライをした位置から延長線上のどこかになります。(距離はキッカーが決められます)
そう考えると、トライを中央にした方がキックをする位置の角度が無い(ポールの正面になる)ので狙いやすいですよね。

PG(ペナルティーゴール)は、サッカーのペナルティーキックやフリーキックをイメージして頂けれはわかりやすいと思います。
相手の反則によって得られたキックを決めることです。

DG(ドロップゴール)は、プレーの中でゴールを狙ったキックが決まるプレーですが、あまり行われません。

●よく耳するプレーの名称
・スクラム・・・ノックオン(ボールを前に落とす)スローフォワード(ボールを前にパスする)などの軽い反則後に行われるプレーです。
8人対8人で行われるセットプレーになります。
激しく押し合う密集の中にボールを入れて奪い合います。
ボールを入れるのは、反則をされたチームの9番(スクラムハーフ)の選手です。
スクラムの中では手が使えないので、足でボールを送ります。スクラムを組んでいる選手は、スクラムからボールが出るまではスクラムから離れてはいけません。
・モール・・・ボールを持って立っている選手を中心になってできる密集。
・ラック・・・ボールが地面にあるときにプレーの流れの中でできる密集。
・ラインアウト・・・サイドのライン(タッチラインという)の外に出たボールをフィールドに入れるプレー。サッカーでいうスローインのようなイメージです。
さらに決まりがあって、両チーム共に二人以上のプレーヤーが、タッチラインと直角に1列ずつに並び、ボールはその中間に投げ入れられます。
大きな特徴としては、1列に並んでいる選手の中でボールをキャッチする選手のことを、他の選手が持ち上げることが出来るのでかなり迫力があります!
阻止する敵の選手も持ち上げることができるので、空中戦での激しいボールの争奪戦になります。個人的にはこのプレーを初めて観た時は相当ビックリしました!!!
(ラインアウトの補足)
ラインアウトが起こるのは、プレーの中でボールがタッチラインの外に出てしまった時だけではなくて、敵の反則によってペナルティキックの権利が与えられ、ゴールを狙わないでタッチラインの外に蹴った後のプレーとしても行われます。(深く敵陣に攻め込むためのプレーです)
プレーの中で起こるタッチキック後のラインアウトは、ボールを出したチームではない方の選手(主に2番の選手の役割)がボールを入れますが、ペナルティキックにより行われたタッチキック後のラインアウトは、キックを行ったチームの選手(主に2番の選手の役割)がボールを入れます。


●よく耳にする反則
スクラムのところで説明したノックオンとスローフォワード以外では、
・ノットリリースザボール・・・タックルされて倒れた選手は、ボールを離さなくてはいけないのですが、離さないという反則
・ノットロールアウェイ・・・タックルした選手はすみやかにボール保持者を放して退かなければいけないが、いつまでも相手を抱え込んでいる反則。
・オブストラクション・・・ボールを持っていない相手プレーヤーの動きを妨害する反則
・コラプシング・・・スクラム・、ラック・モールを故意に崩す反則
・オーバー ザ トップ・・・ラックなどでボールの上に倒れ込んでボールが出るのを妨げる反則
・ハイタックル・・・ボールを持っている選手の首より上へのタックルする反則
・レイトチャージ・・・キックをし終わった選手またはパスし終わった選手に対してタックルをする反則
・ノットストレート・・・スクラムやラインアウト時のボールの投げは、真っ直ぐ(真ん中)に行われなければならないが、それが行われなった時に取られる反則

●よく言われているポイント
・風上と風下では、断然風上でのプレーが有利。(実力が同じぐらいのチームならば、風下のチームは15点ぐらいのビハインドになるとも言われています)
・後半の20分以降が相当苦しい時間帯です。この時間帯にどれだけ本来のプレーが出来るかがポイントとだと関係者の方からよく聞きます。


こんな感じでしょうか。要点だけをまとめて、ひとまず超初心者の方に、スコットランド戦だけでも楽しんでもらえればとの思いで書いてみたのですが、うまく説明出来ていないところも多々ありますね((+_+))

あと、豆知識としては、ポールの形はHですが、その上の部分を通過するとゴール成功になります。
ゴール失敗となるHの下の部分の大きさは、サッカーのゴールの大きさと同じなんですよ。
私が初めてそれを知った時に「へー!」と思ったので、書いてみました!


スコットランドにも、ぜひ勝利して欲しいですね☆彡☆彡☆彡
AD

先週、フリーアナウンサーのお友達の河西美紀 さんと食事をしてきましたナイフとフォーク


今回は、ある共通の趣味のことがきっかけで盛り上がって、今度ご飯食べましょう~!

ということになって、再会が実現しました。


その日は、海を見ながら、楽しいひとときを過ごしてきました


201508132

会うのは、3・4年ぶりだったようなのですが、直ぐに話は盛り上がりましたアップ

彼女とは、もう結構長くお付き合いさせて頂いています。

といっても、途中で音信不通になってしまった時期も長かったのですが、またこうしてお会いして楽しい時間を過ごさせて頂けるというのは、本当に有難くて幸せなことです音譜

よろしければ、以前の彼女との再会時のこちらの記事 もご参照ください。


今回は、他愛もない話の中から、今まで気が付いていなかった共通点が見付かったり、価値観が同じ部分があることがわかったり、昔話に花が咲いたり、本当にあっというまの✨4時間✨でした...にひひ


明るい海を眺めながらスタートして、徐々に夜景になっていくシチュエーションも良かったです波星空


2015081310


そんな中、もうすぐ、お盆ということで、

「お休みにはどこかに行くの?」

等という話題になり、旦那様のご実家に行かれるとのことだったので、

「ご実家はどこなの?」

なんて、会話をしていたら、

「名古屋というか、愛知県で・・・」

との事!


それを聞いたら、私は食い付いちゃいますよね~(笑)


「名古屋!愛知!・・・私、去年あるあるを集めた書籍、愛知・名古屋の法則 の構成をさせてもらって・・・」

という話になり、ぜひ名古屋に行かれる際に読んでもらいたいーと思いました。

そんなご縁も見つかりました。

さらに、版元さんと彼女もちょっとした繋がりがあったり、世の中狭いですよねニコニコ


そして、この日は、途中でTVのロケが入るという想定外の出来事もありました。
特等席で、人気アイドル&女性芸人&女子アナが見られるという特典付きになりました。


お店のサービスもとても素晴らしかったです!!!


そして、有難いことに、彼女のblog「このきなんのき かさいみき 」で、愛知・名古屋の法則 の宣伝もしてくれています合格

ありがとう~ございます本多謝本

AD

なでしこJAPAN

テーマ:
なでしこJAPAN🎉
見事な準優勝でしたね!!!
前半しか観られませんでしたが、大量失点しても下を向くことなく、戦っている姿は、本当に素晴らしかったです👍

もう5年前になりますが、北京オリンピックで4位という成績を残しながらも、まだ注目度は引くかった頃、なでしこJAPANの近賀ゆかり選手と大野忍選手のイベントでMCをさせて頂きました。

その時に、大野選手が翌年に控えたワールドカップに向けて
「北京オリンピックでは、メダルを獲れなかった4位と3位は全然重みが違うと痛感した。ワールドカップでは絶対にメダルを獲りたい。それも、なるべくいい色のメダルです。その力は充分にある。ワールドカップの成績次第で、今後の女子サッカーの未来が変わります!」
と語ってくださいました。

そして、そのワールドカップで、見事に一番いい色のメダルを獲得しましたよね!

そして、その後、ロンドンオリンピックでも、悲願の初メダル獲得。
少し悔しい銀メダルでしたが、注目されている中で、オリンピック初メダル獲得は本当にすごいなぁーと思いました✨

そして、今回のワールドカップも、前回の覇者として、日本国内のみならず、世界中から大注目される中でも、銀メダルという、素晴らしい結果を残されました!!!

期待されて、たくさんのプレッシャーを抱えている中で、結果を残す。
本当にどれだけ大変なことなのか?
私には想像できませんが、とにかくすごいことですね。

素晴らしい🎉準優勝🎉本当におめでとうございます♪☆
AD

構成を担当させて頂いた「三重の法則 」が、地元でかなり売れているので、


「ランクイン間違いないと思います!!!」


という報告を編集者さんから受けていまして、すごく嬉しいなあ~と思っていました(#^.^#)


そんな中、先程イラストを担当された三重県出身のイラストレーターの「スルメ王子 」さんから画像付で連絡を頂いて☆7位☆にランクインしたということを文字で確認できました。



20150321


嬉しさ倍増です☆↑↑↑


ありがとうございます~♪


20150221

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


20150312

多謝☆多謝☆

編集構成のお手伝いをさせて頂いた書籍、気くばりの教科書
が、3月14日♡

ホワイトデーに発売になりました!





著者の笹西真理さんは、JALの元CAで現在はマナースクールや人材育成の企業などを経営・主宰されている、マナーの神様のような人で、とっても美しい女性なのですが、ご自身の事を「中身は関西のおっちゃんです・笑」なんておっしゃるとても気さくでおもしろい素敵な方です❗




この書籍のお手伝いをさせてもらいながら、本当に色々な事を勉強させて頂きました✨


例えば「怒ってるいる人への接し方」「イエスと言わせてしまう頼み方」など、こんな困った場面ではどうすればいいの?という時の答えがわかりやすく示されています👍


さらに、感じのよいメイク術やファッションなどについてもアドバイスをして頂いています❗


オフィスで起こりそうな場面に特化はしていますが、この「気くばり術」を知っていればどんな場面でも役に立つことは間違いありません。


マナー本でありながら、笹西さんの人柄も滲み出ていて、楽しく読める1冊になっていると思います😉

そして、とても前向きな気持ちになれる本です🌸




どうぞ皆様お手に取ってご一読ください(*^▽^*)






20150316