#やまさんのブログ

徒然に日々を綴ります。http://sachihiro.com/wordpress/ の別館です。現在、本館はDBのエラーで更新、表示不能になってます。修復の予定なしです。悪しからず。


テーマ:
毎年のことですが、税務署にこの書類を出しました。税務署は確定申告の相談で混雑してました。臨時の駐車場も開設されてました。
父の分と、わたしの分と2人分の書類をきのう拵えて持参しました。
いつもここで拵えて、プリントして持参する形です。
今回、学んだのは、要介護の高齢者は市役所が出す書類(「障害者控除対象者認定書」)で、「特別障害者」の控除を受けられる、しかも過去5年さかのぼって受けられるようです。過去の分の修正申告は面倒ですが…。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
楽天のポイントが貯まっていたので、これをポイントで衝動買いしてしまいました。

 早速、今まで使っていた32GBのマイクロSDカードからデータを抜き出して,新しいSDカードにこれを入れて、スマホ(Elphone P9000)のスロットに挿入したら、内部ストレージとして認識させるにはフォーマットする必要があると、言われて、その通りしたら途中でエラーが出てフォーマットできず。しようがないので、スマホから抜いて、PCに挿したら、「フォーマットしないと使えません」と言うので、やむなくフォーマットしようとしたら、あらら「容量が16GB」となってて、あわてました。
 これは、Windows10のフォーマッタではダメやと、思い直して、これを探しました。SDFormatterv4.zip で初期化したら元にもどりました。
 で、それをスマホに入れて、内部ストレージとして初期化、移動を実行しました。これまでは外部ストレージで使っていたのですが、不便なこともあるので、今回は内部ストレージとしました。結果、内部32GB+64GBで96GB(実質は84.10GB)となりました。

 Android 6.0からこういう後から付け足したSDカードを内部ストレージとして使えるようになったんですかね。これは知りませんでした。

 これでスマホにいろいろなデータを積み込んで持って歩けます。

 ところが、P9000のワイヤレスアップデートがまだできていません。Elephone_P9000_20160810がDLして解凍はできるのですが、その先、リカバリーモード・アンドロイドくんのあの画面で起動せず、通常の起動へすすんでしまいます。
 前回のアップデートは問題なくできたのですが、今回はなかなかできなくて、2チャンネルの掲示板など読みながら、右往左往してます。いまだできておりません。楽しみながらあわてず続けます!!! 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 きのうは、本年度最後になる雅楽演奏を、大阪狭山市立南第二小学校、6年生2クラスを対象に実施しました。
 内容は、先日の東小と殆ど同じですが、プログラムだけ掲載します。

1.平調音取・越殿楽【3管合奏】
2.雅楽の説明と楽器紹介
3.現代曲「ふるさと」【篳篥×2・龍笛・ピアノ伴奏】
4.雅楽の練習方法(唱歌)と譜面の話
5.現代曲「エーデルワイス」【篳篥×2・龍笛・ピアノ伴奏】
6.平調・管絃「陪臚」【3管合奏】
7.現代曲「アメージング・グレース」【篳篥×2・龍笛・ピアノ伴奏】
8.現代曲「ビリーブ・Believe」【篳篥×2・龍笛・ピアノ伴奏】
9.現代曲「世界にひとつだけの花」【篳篥×2・龍笛・ピアノ伴奏】

写真撮影ができなくて、最後の質問コーナーでのちょっとピントがぼけた写真をあげます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本年度の小学校からの雅楽演奏のオファーは2つだけですが、その内のひとつがこの小学校。音楽担当の先生は20年以上前からお付き合いがあって、毎年演奏依頼があるのですが、今年は退職されたようで、別の方ら電話をいただきました。
 
このところインフルエンザの蔓延で、学級閉鎖があいつぎ、この小学校の場合26学級のうち23学級が交替交代に閉鎖を余儀なくされたとか。そんな中、きょうの演奏は無事開催されました。
 
市内の小学校はどこも少子化でクラス編成の減少が普通になっているようですが、この小学校はその例外で低学年は増加しているそうです。6年生は33名×2、34名×2の4クラス、134名の生徒さんが受講しました。
 
プログラムはいつもとほとんど変わりありませんが、以下掲げます。
 
1.平調音取・越殿楽【3管合奏】
2.雅楽の説明と楽器紹介
3.現代曲「ふるさと」【篳篥×2・龍笛・ピアノ伴奏】
4.雅楽の練習方法(唱歌)と譜面の話
5.現代曲「エーデルワイス」【篳篥×2・龍笛・ピアノ伴奏】
6.平調「陪 臚」【3管合奏】
7.現代曲「アメージング・グレース」【篳篥×2・龍笛・ピアノ伴奏】
8.現代曲「少年時代」【篳篥×2・龍笛・ピアノ伴奏】
9.現代曲「世界にひとつだけの花」【篳篥×2・龍笛・ピアノ伴奏】
以下、授業の風景写真です。
今回は、音楽の先生にスマホを預けて撮ってもらいました。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 ヤフーのメールアドレス宛にこんなメールが来ました。

セキュリティ警告!!


お使いになっているオフィスソフトの授権が終了されてしまう可能性があります!!


日本マイクロソフトセキュリティチームはお使いのオフィスソフトのプロダクトキーが違法コピーをされた可能性があることを発見しています。


攻撃者はお使いのオフィスソフトのプロダクトキーを利用して他のオフィスソフトを起動しようと試みています。ご本人の操作なのかどうかが確定できないため、お手数ですが、直ちに検証作業をしてくださいますようお願いします。


検証作業をしていただけない場合、日本マイクロソフトはお使いのオフィスソフトのプロダクトキーの授権状態を終了させていただきますので、ご了承ください。


今すぐ認証 

*ライセンス認証(マイクロソフトプロダクトアクティベーション)とは、不正コピーを防止するための技術で、手続きは、短時間で簡単に実行できますまた、この手続きは匿名で行われるので、お客様の個人情報は保護されております。


「!!」をこの場面では、普通使いませんね。あやしい文面です。

「今すぐ認証」のリンク先には、クレジットカード番号の入力画面が出ます、目的はそこにあるようです。

 差出人が、support@support-securityprotection-microsoft.com とマイクロソフトを偽装したドメインを使ってますが、このドメインの管理者はロシア人のようです。騙されてはいけません。フィッシング詐欺の典型です。メールは無視、廃棄、削除しましょう。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「さくら」第37号が全戸配布されました。いつものように「社協だより」「ボランティアだより」の3誌合綴の形です。
今号は年末・年始を挟んだ期間に編集作業を余儀なくされましたので、なかなかメンバーの協力が得られなくて、わたしが独断専行した趣が否めません。配布された最終稿はいくつか訂正した箇所がありますが、ほぼそれと同様のものの画像を掲げます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 去年はじまったアマゾン・キンドル・アンリミッテッド(980円/月)を申し込んで使っています。

 キンドルファイル(*.AZW)はDRM(著作権保護)が含まれていて使いにくいので、Epub形式に変換して保存しております。そこで重宝するのがファイル形式を変換するコンバータです。以下照会するのは、みんなフリーのアプリです。

 方法はいろいろあるようですが、わたしの場合、Celibre を使っています。
http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/calibre/

 まず、DRMの解除が必要です。その詳細はこのページにあります。

 DRM解除するプラグインZIPファイルは、こちらにあります。

これをDLして、上の解説記事を参考にCalibreにいれます。

 さらに縦書き用のプラグインを使います。Page.style.cssに以下のスクリプトを貼り付けます。
-----
@charset “utf-8”;

* {

line-height: 150%;

}

@font-face {

font-family: “ipamp”;

src: url(../Fonts/ipamp.ttf);

}

body{

font-family: “ipamp”;

writing-mode: vertical-rl;

line-break: normal;

-epub-writing-mode: vertical-rl;

-webkit-writing-mode: vertical-rl;

-epub-line-break: normal;

-webkit-line-break: normal;

}

p{

margin: 0;

}

h2{

margin-left:3rem;

margin-top:3rem;

}
-----

 Epubのリーダーはどれがいいか。以下のサイトを参照しましょう。
 http://www7b.biglobe.ne.jp/~yama88/epub_reader.html
 わたしは専らAdobe Degital Edition か クロームのアプリ・Readium ですね。

 アマゾンでDLしたキンドルファイル(AZW)をCalibreに読み込んでEPUBとかPDFに変換、保存して完成です。

 わたしの場合、そのEpubをKOBO Glo に入れて読みますので、epub の拡張子を、.kepub.epubに書き換えます。これでKoboGloでEpubファイルが読めるようになります。
 ここまで到るのに、けっこう手間暇がかかりましたが、手順を覚えると難なくできます。覚書のつもりで書きました。今時、Kobo gloを使っている方は少ないでしょうが…。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 このところ運動不足で、足腰が弱ってきていること(高齢者特有の腰椎が変形、背中が丸くなって前傾姿勢の見にくい姿)を実感しております。それでも体調維持の上から散歩を勧められていますが、これがなかなか出来ないですね。
 きのうは、意を決して狭山池をかなり時間をかけて一周してきました。歩行速度が往時よりかなり低下しているのが「時間をかけて」の理由です。
 池は水を排出していて水量が半分くらいになってました。北側にある龍神部分が完全に干上がってました。東側の橋部分、木製だったのが樹脂製? になって、スマートな感じですね。以前は歩くたびに靴音がしたのですが、今度のは無音で歩めます。途中、民児協で広報紙編集を手伝ってもらっているKさんとお会いしました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 新年、あけましておめでとうございます。
 今年の雅楽初演奏は1月4日でした。堺市東区南野田にあるケアハウス・ハーモニーコートで。この老人施設は、いわゆるケアハウスで、「日常生活はある程度ご自身で出来る方で、食事や風呂等の世話を希望される、原則60才以上の方に入居して頂く施設(国・市の支援を受けて運営する都市型軽費老人ホーム)」です。
http://www.harmony.or.jp/facilities/court.html

 

 雅楽演奏のオファーは、3年ほど前にもあったのですが、日程の都合等で実現できていませんでした。今回、知り合いのピアノの先生の仲介で実現しました。

 1階食堂は音響設備も備わった立派なホールです。ここで演奏しました。上のハーモニーコートのページにその写真があります。(スライドの8枚目です)

 演奏中の写真は、スタッフのSさんがとってくれたものです。

 プログラムは「お正月らしいものを」という希望でしたが、わたしたちとしてはいつも小学校などでやっているもので対応ということにしました。雅楽そのものが、一般にはお正月の音楽と受け止められているので、それで行こうということになりました。

 

 1時間の演奏プログラムをこしらえました。雅楽の伝統的な曲は平調の3曲だけ。しかも反復をなくて圧縮した演奏にしました。以下のような内容です。

1.平調音取・越殿楽【篳篥・龍笛・鳳笙3管合奏】
2.雅楽の説明と楽器紹介
3.平調・五常楽急【篳篥・龍笛・鳳笙3管合奏】
4.現代曲「少年時代」【篳篥・ピアノ伴奏】
5.現代曲「エーデルワイス」【篳篥・龍笛・歌・ピアノ伴奏】
6.現代曲「もののけ姫」【篳篥・龍笛・ピアノ伴奏】
7.平調・陪臚【篳篥・龍笛・鳳笙3管合奏】

8.歌曲「O Mio Babbino Caro~私のお父さん~」【 歌・カラオケ】
9.歌曲「Vissi d'arte,vissi d'amore~歌に生き、愛に生き~」
10.現代曲「千の風になって」【 歌・カラオケ】
11.現代曲「Amazing Grace」【篳篥・ピアノ伴奏】
12.現代曲「ザナルカンドにて」【篳篥・龍笛・ピアノ伴奏】
         「ファイナルファンタジーX」より
13.高麗壱越調・貴徳急【篳篥・高麗笛2管合奏】
14.現代曲「ふるさと」【篳篥・龍笛・ピアノ伴奏】

 とくに「ザナルカンドにて」は気に入っている曲です。ピアノの楽譜の1ページです。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

末娘から借りたまま、なかなか読み終えられなかったこの本、ようやく読破しました。
著者は、ピアノ調律師でないのに、取材だけでこれだけの調律師の感覚を言葉で表現してそのリアリティを綴れるのはすばらしいと思いました。

 

羊はピアノの鍵盤の先についているフェルト、鋼はもちろんピアノ線で、これを調整するのが調律師の仕事というわけで、この題なんですね。

 

その中で興味を引いた箇所を1つ紹介します。ピアノの鍵盤数が話題になっている箇所でこんなこと書いています。

 

ベートーヴェンの「月光」の楽譜には、「チェンバロか、ピアノのために」という表記があったそうだ。第一楽章はチェンバロのあめに作曲されたようだが、第二楽章は、チェンバロで弾くには無理があるらしい。どうやら第一楽章と第二楽章の間にベートーヴェンが使っていたメインの楽器がチェンバロからピアノになったのではないかと言われている。

 

とあって、そのころにピアノの鍵盤数が88鍵になったというのだ。わたしはチェンバロはピアノよりかなり小さいのは承知していたが、鍵盤の数は知らなかったのだ。

 

それで調べてみたらおもしろいことが書かれました。このページである。
http://ameblo.jp/gyan-pee/entry-11937191963.html

 

最初に作られたピアノフォルテは 54鍵盤で、モーツァルトは 61鍵のピアノを使用していた。
ベートーヴェンの時代にどんどん鍵盤数が、61 --> 68 --> 73 --> 78 と増えていった。
そして晩年のショパンは82鍵、リストは85鍵と88鍵を使っていた。

チェンバロからピアノフォルテ、そして今日のピアノへと進化したことは知ってはいても鍵盤の数の進化は知らなかったのである。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。