ワレモコウの盆栽ブログ

一般的にはちょっと退かれがちな盆栽かもしれません。
ワレモコウが好きなものは何気に盆栽です。
小品盆栽を中心に自分の趣味やラジオのワークも、
時間の許す限り、と思っています。
よろしくお願いしますー!


テーマ:

ご無沙汰しています。

毎年12月も半ばになりますと、私が気になるのは冬至の日はいつかと言う事とクリスマスケーキの事でしょうか。

 

ということで、とりあえず、夏至と反対に、夜が最も長く、昼が短い今年の冬至は、明日の12月21日ですが、最近では午後16時過ぎから、あっという間に空が暗くなり、夜になり、寒さも増してきて、なぜか心も寂しくなりがちです。そんな時ケーキ屋さんの前を通ったりしますと、決まって覗きたくきたくなります。ケーキ屋さん、最近ではコンビニの店頭にも、豪華な美味しそうなクリスマスケーキの見本が何種類もありますね。例えば砂糖菓子でできたサンタさんやスノーマンなどをのせたり。苺やフルーツをメインにしたケーキだったり。はたまたキャラクターが乗っていたり、ドーム型だったり、大人向きの甘すぎないチョコレートケーキなどなど、個性、豊かで、流石です。目の前に並ぶいろいろなケーキにテンションは、かなり上がりますね。ですが最近、ちょっとだけ、ケーキ屋さん事情も変化しているようです。

 

それはパン屋さんの店先にも並ぶドイツ伝統の発酵菓子、シュトレンですが、日本の各地にある高級ホテルのパン屋さんに、ケーキ屋さんにも置いてあるのですが、2~3年前に比べて、そのスペースは着実に大きく、量も増えているようです。先々週末の日本経済新聞にも「聖夜 待ち遠しくなるシュトレン」という見出しで、全国の美味しいシュトレンランキングが発表されていましたが、私としては、気になるところです。

どんな菓子パンかといいますと・・・ 、一般的には大きさと形はコッペパン程、シュトレンはクリスマスに向けて食べる伝統菓子で、洋酒に漬けこんだドライフルーツを、ナッツ類やバターを生地に練り込み発酵させて焼き上げられますので、日持ちがします。その表面にはたっぷりの白い粉砂糖が、まぶされていますので、おおっーと、圧倒されますが。その真っ白な形は、白い産着に包まれた幼子イエスをイメージしているとも言われています。私はすでに、今年のシュトレンを12月初めに頂きましたが、その消費期限は来年の3月20日で、改めてマジに驚きました(因みにお値段は格差がありますが、コッペパンの大きさで千円位でしょうか)。

 

ドイツではクリスマスまでの間に少しずつ食べるのが習わしで、時間がたつほど味に深みが出て、コーヒーのみならず紅茶に日本茶、ワインやお酒にも合い、さらに贈りものにも人気だそうです。

そしてお伝えしなくてはならないもう一つのルーティン。戴く時は、ステーキのように、端から切り始めるのではなく、まずは真ん中に包丁を入れて、端に向かって1センチ幅で薄く切っていくのが、お勧めです。そしてシュトレンを保存するときはピコ太郎さんのPPAPのようにおまじないの言葉を。「ウッ!」と共に、右と左の切り口をぴったりくっつけ、ラップでしっかり巻きましょう。

いつまでも美味しく戴けるポイントです。

では曲です

           Owl City - Peppermint Winter

    

   てへぺろうさぎ ショックなうさぎ                     ショックなうさぎ とびだすうさぎ2                          

AD
コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

2016年はやはり暖冬でしょうか。


いつの間にか咲いていた椿の名前は天津乙女でした。

ちょっと花が大きく見えますが、小ぶりです。


2日前はまだまだ咲く様子が見られなかったのに・・。

少しだけ気持ちが和らぎます。


やはり去年より早めに咲いたということは暖冬でしょうか?

でもまだまだ安心は禁物です。


本格的な冬将軍の到来はこれからですね。


  


仄かなピンクを含みつつ、気品もあり、可愛さもあり、

とりあえず満足です。去年と同じです。


椿の花って、不思議です!

自分の一番いい姿がわかっているのかもしれません。

枝の曲りは勿論ですが、花と葉の感覚とバランスも

一番、良く見える姿を知っているかのようです。


私の写真の実力では、淡いピンクを写真に反映でき

ませんでしたが、それもしかり。


そして椿だけが、今の時期、肥料をやってもいいんだそうです。

ということで、花が終わったら、たっぷり肥料をあげましょうーと。

              

                     ペタしてね

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

冷え込みが厳しいほど、

一際大きく見える、真っ白い富士山.

またオレンジ色に染まる夕焼け空に

クッキリ黒抜きで、大きく見える富士山.どちらも

見ているだけで晴れやかな気持ちになりますね。

日本人でよかったと思える瞬間です。

    

            (お借りしました)

ですが、日本人にあまり知られていない、しかも

富士山と京都が一緒に納められている風景が関東

から近いところにあるんだそうです。

国内にある五重塔と富士山の風景がさらにそれに

桜の花があり、最高のスポットが。

その場所は山梨県富士吉田市の新倉山浅間公園

世界中のカメラマンが死ぬ前に訪れなければならない

21の場所の9位に選ばれているそうです。


また海外の観光客、特にタイ人には大人気の、

撮影場所となっています。

これまた素敵ですね。


それを知ってか知らぬのか、うちの椿は鮮やかに

さいていました。


   
          ・・・・おしまい

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。