続・『笑う介護。』

『笑う介護。』発行後も岡崎家の介護生活は続いている・・・

トンチンカン父さん、関西系母さんは
日々笑えるネタを生産中!
もったいないから、
今度は、ブログで大公開しちゃいます!!

ツライ日々を変えたのは「笑い」の最強パワーだった
ある日突然はじまった、怒涛の介護生活!
父、母、クロ(犬)総倒れ。
【でも】笑って楽しむ介護生活



実際は笑えないことの方が多い介護生活ですが、
そこから、笑えるネタを探す努力で、
日々の暮らしが変わったように思います。

そして、今、このブログが介護に直面している方たちとの
交流の場になればうれしいです。


~エッセイ&マンガ~

☆『笑う介護。』(成美堂出版)が気になる方はこちらへ↓
http://www.seibidoshuppan.co.jp/cgi-bin/serch/_book_details.php?bookcd=4353



☆愛犬クロの介護を綴った『わんこも介護』(朝日新聞出版)が気になる方はこちらへ↓
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=9906



☆『みんなの認知症』(成美堂出版)が気になる方はこちらへ↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4415401279/



☆『婚活なヒトビト。』(成美堂出版)が気になる方はこちらへ↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4415401260/



~連載中~

◇介護な日々のアレコレを綴ったエッセイ「介護のママさん」(「介護のムスメ」改め)を『フォアミセス』(秋田書店)で連載中↓
http://www.akitashoten.co.jp/formrs

◇『月刊ケアマネジメント』で自らがヤングケアラーに会い、その声を伝える

「うらわか介護」を連載中↓
http://www.care-m.net/


~連載、執筆実績など~

◇『訪問看護と介護』(医学書院)にて
「《介護》《看病》は“泣き笑い”ウチの場合はこうなんです!」
http://www.igaku-shoin.co.jp/journalPortal.do?journalPortalId=688



◇ニフティにて【婚活】に関するアレコレ!
http://partner.nifty.com/sp/ideal/100415.htm



◇『アエラ』(朝日新聞出版)、『プレジデント』(プレジデント社)、『編集会議』(宣伝会議)などで記事を執筆

◇「朝日新聞」「読売新聞」「日本経済新聞」などで”若者介護(ヤングケアラー)”についてコメント

◇「サウゾーウーマン」インタビュー記事
http://www.cyzowoman.com/2015/11/post_17850.html

◇「編集会議」インタビュー記事
http://www.henshukaigi.com/desire/000573.html

★気が向いて、気力があれば
若者介護とのランチ会などもやりたいです。(過去に数回実施)


※※※※※ご連絡などはこちらへ※※※※※

okazakiamri@gmail.com

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

テーマ:

前回の更新から今日までに

大変なこと!?が起きて

私の生活がガラリと変わってしまった、、、

(ブログを更新したくても、その時間も取れなかった!)

 

息子が生まれてから

介護と育児が同時進行のダブルケア生活に

突入したが、大病を患いながらも不死鳥のごとく復活した母さんが

元気であれば、それなりに介護サービスも利用するようになったので

それぞれ役割を分担して負担を軽減することで

比較的平穏?なダブルケア生活が送れていた。

 

が、「平穏」なのは、私がお嫁に行ってから父さんの主たる介護者である母さんが元気であることが絶対条件。

 

母さんに何かあればすべてが崩壊、、、

 

息子が生まれた直後も母さんが網膜剥離になり、かなりピンチになった経験あったが、、、

 

今回はそれ以上にピンチというか、ダブルケア・パニックになっていた(いる!?)。

 

なんと、母さんが左手を2カ所骨折して、全治3か月に!

 

母さんにも介護が必要になってしまったのだ。

つまり、介護×介護×育児の「トリプルケア生活」に!

 

すぐに父さんの介護サービス関係者に相談しまくり、父さんをとりあえず施設に1か月お願いすることにしたが、母さんと息子のお世話は私が、、、

 

そんなわけで、

あくまで一例であるがダブルケアのリアルな日々として

母さんが骨折してからの毎日のタイムスケジュールを書いてみた。

 

≪午前実家バージョン≫

(午後の窓閉めや洗濯の取り込みはご近所さんに甘えています、、、)

18時30分★起床、お弁当作り、朝食、身支度


9時★息子、幼稚園へ

9時20分★自転車で実家へダッシュ

9時30分~11時30分★※1、実家家事(窓明け、前日の夕飯の片付け、ゴミだし、洗濯、買い物、昼食&夕食のしたく)

11時30分★※1、母さんのお風呂介助(午後実家バージョンはこのあと帰宅して、買い物へ)

12時★母さんと昼食

13時30分★自転車をぶっ飛ばして、幼稚園へ息子のお迎え

14~16時★※2、自宅の家事(掃除、洗濯など)をしつつ、息子のお相手(以下、息子の機嫌で予定は変動しまくる)

◆父さんの施設から呼び出しなどがあると、この時間帯に息子を連れて施設に行くため、自宅の家事は後回しに・・・

16時★買い物(買い物なし+息子が昼寝すれば、しばしの休息タイム←今日はこの奇跡が起きて、ブログが書けた) 

17~19時30分★夕食の支度、夕食、片付け

(この間に旦那が帰宅し、息子のお世話の助っ人に)

20時★お風呂、息子の寝かしつけ

21時~終わるまで…★※2、ライターのお仕事

★就寝

≪午後実家バージョン≫は息子を幼稚園に迎えに行ってから実家に向かい、※2を午前中に、※1が午後に。さらに隙間時間に息子を耳鼻科に連れて行くが加わる。

母さんから緊急呼び出しなどがあれば、息子を連れて随時出動もアリ。

 

現在、こんな感じで自分の時間は皆無に近い。
でも、毎日こなしていたら少しこの生活に慣れてきた。

 

が、これって、父さんがショートに行ってるバージョンなんだよな…

明日から通院のため3日間父さんが帰宅し、このタイムスケジュールに父さんの介護も加わる。一体、どうなることやら・・・(今よりは母さんの骨折も少しは回復していると思うが、1カ月後は父さんが帰宅し再び在宅介護になったらどうなるんだろう。まぁ、そのとき考えるか・・・)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

あっと言う間に前回の更新から1か月以上が経過、、、

そして、上半期も終了。

 

時が過ぎるのが早過ぎるぅぅぅ~

 

ついでに、息子のたー君の成長も

モーレツに著しい!

 

ついに、なんと、

このたび、たー君はオムツを卒業。

(大の方がまだ微妙ですが、、、)

 

そのため

実家名物!?となっていた

トイレ横に設置された

孫とじーちゃん専用の「オムツの棚」から

孫のオムツコーナーが撤去されましたとさ。

(棚全部がじーちゃんのオムツコーナーに!

ものすごい量が収納されております。)

 

約3年間、見慣れた光景の変化に

寂しいような、うれしいような、、、

 

複雑なダブルケア・ココロ。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「介護」において

私は「地域で・・・」ということに

どうしても前向きになれなかった。

(以前にもこのことについては

書いたことがあるが・・・)

 

「地域」に父のことをオープンにしたら

「楽になること」も多いと思うが

今だにそれはできていない。

 

若年性認知症への偏見。

「地域」で商売をしていた父だからこその苦労。

「地域」の人々が近すぎる存在だからこそ

母さんや私がイヤな思いもしたことも。

 

生まれ育った「地域」にも関わらず

「地域」のことを考えるとネガティブになることが

少なくなかった。

 

だけど、

「子育て」も「介護」と同じように、

いやそれ以上に

「地域」と関わることがとても多い。

(生まれ育った「地域」で「子育て」中)

 

ならばと、

アンチだからこそ、

「子育て」という新しい視点で

「地域」を見つめ直そうと思った。

(ある意味荒治療!?)

 

「子育て」という視点だからか

「介護」のときよりも

「地域」は優しく、

「地域」のママたちは協力し合い、

「頼れる存在かも!?」と思うことが!

 

「あれっ、『地域』っていいかも?」

 

「介護」では頑なに「地域」を拒んできた

私の心が「子育て」により変化しつつある。

 

と、言っても

20年近くも「地域」を拒んできた

心がそう簡単に「『地域』にオープンハート」になれないけど。

 

でも、私の中で

あんなにアンチだった「地域」に

「子育て」の面では変化が起きている今日この頃。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。