木古内満喫日帰りツアー

テーマ:

音譜祝 北海道新幹線&道南いさりび鉄道開業一周年音譜

と銘打った「木古内満喫日帰りツアー」に参加しました

催行日は3月26日(日曜日)限定でしたが空席待ちとなり25日でも良ければと連絡が来たのです

 
行程は
函館駅 ~(函館ライナー)~ 新函館北斗駅~(はやぶさ16号) ~ 木古内駅
木古内郷土資料館「いかりん館」 ~ 街歩き~ どうなんde’sでランチ
新幹線ビュースポット ~ ビュウ温泉のとや(希望者)~ 道の駅きこない
木古内駅 ~(道南いさりび鉄道)~ 函館駅
 
 
木古内駅に到着した時には嬉しいサプライズが待っていましたデレデレ
キーコと観光協会の皆さんなどがお出迎えしてくださったのですラブラブ
 
木古内駅からマイクロバスに乗って郷土資料館へと向かいました
以前は「鶴岡小学校」として使われていた建物です
30年前に建てられたそうですが木造のモダンな学校で古さを感じませんでした
いかりん館」の由来となった咸臨丸(ほぼ間違いないとの事)のいかりが展示されています
 
 
木古内の鶴岡地区は山形県鶴岡市から旧庄内藩士が移住した土地で慣れない農業に苦労しました
学芸員の方が歴史や館内の展示物など詳しく説明してくださいます
右のカメは青森地方で発掘された物と同じ形式で子供の棺だったとか
縄文土器も時代が経つにしたがって薄い造りになり洗練されてきたなど興味深いお話を伺いました
 
 
ただ、時間に限りがありゆっくり見学できなかったのが心残りです
 
廃止された江差線の資料が並ぶ鉄道資料室を少し覗いてみます
鉄道ファンの方は何時間でも過ごすそうです
 
 
この後江差線の名残があるお寺「禅燈寺」へと案内していただきました
境内の敷地である山門と本堂の間を線路が通っていることで有名なんだそうですびっくり
 
 
向こう側に線路と本堂が見えます
 
山門の天井には見事な龍の絵が描かれていました
 
 
 
ここでは写真を撮っても大丈夫てへぺろ
 
 
この後は木古内の街歩きへと続きます

 

AD

函館ビヤホール

テーマ:

18日の土曜日、3カ月ぶりに夫と夜外食しました

赤レンガ倉庫の中にある函館ビヤホールに向かいます散歩

観光の街函館、三連休の初日はかなり賑わっており、8時過ぎだったにも関わらず30分待ちです

でもビール飲みたさに我慢、がまんビール

お店の前に出ているメニューを見ながら何を食べようか・・・と迷います

 
3月のメニューから「春キャベツとアサリのスープ仕立て
キャベツが甘くてスープにはアサリのダシが出ていてとっても美味しかったです音譜
 
すでに枝豆とフライドポテトでビールは進んでおりました枝豆
写真にはありませんがポテトがたっぷりでとっても美味しく、おススメの一皿ですフレンチフライ
 
 
こちらは「鹿モモ肉のペッパーソース 」 柔らかくクセもあまりない鹿肉はヘルシーですグッド!
 
 
 
サッポロ生ビール、クラシック、函館赤レンガビール、開拓使ビールをグビグビ飲み干す我らウシシ
 
 
 
夫が頼んだ金森麦酒はアルコール度数が少し高めです
 
 
 
もうちょっと食べたいねと追加で頼んだのは「菜の花と鯛の和風仕立て
生姜の醤油漬けと松前漬けが乗っていました
函館らしいアレンジメニューですひらめき電球
 
 
 
 
ホタテのガーリックバター」はバゲットがついていて白ワインにも合いそうでした
 
 
 
 
函館ビヤホールのメニューは季節に合わせて工夫され、ビールの美味しさとともにAちゃんお勧めのお店です
前回Aちゃんとランチした時も食後散歩の後はスイーツの代わりにビールを飲んだのでしたてへぺろ
(夫には何となく申し訳なくて言いそびれていました滝汗
だって空気が乾いているのかビールが美味しいんだもん酔っ払い
 
 
その時注文した「洋風肉じゃが」はデミグラスソースで煮込んだお洒落な肉じゃがでした
ウチでは作らないよねーと美味しく食べた次第ですラブラブ
 
 
 
 

 

AD

ビアバー 山下

テーマ:

普段利用している末広町コープの向かいに気になるお店がありました

山下」と看板があるお店の前には樽や、ギネスの看板がありますが営業しているか不明

 

左の来々軒は残念ながら閉店した老舗です

昔、美味しい塩ラーメンやオムライスを食べに行ったものです

 
調べてみたら夜8時開店の山下、冬フェスタの花火を見た後に立ち寄ってみました
 
建物は昭和9年にテイラーとして建てられたそうで、なるほど壁にYOFUKUTENの文字が読み取れます
 
 
雰囲気のある店内、仕立て屋さんの生地を収納した棚などをそのまま利用しているそうです
 
ネットで世界中の物が買える今とは違い、マスターが現地へ赴き備品や調度品を揃えたとのこと
行ったことはないけどイギリスのパブはこんな雰囲気なのでしょう
 
 
こちらのお店、食べ物は殆どなく夜8時から10時までがハッピーアワーなんです音譜
儲けとか考えていませんねウインク
函館、特に西部地区は趣味というか道楽でやっているようなお店が多いように思います
 
羨ましいなあ、生活基盤がちゃんとできている上で好きなお店をやれるって・・・
私も好きな時だけ開けるコーヒー屋さんが夢、なんちゃっててへぺろ
 
話がそれてしまいましたあせる
 
落花生をアテに私はギネス、夫はエーデルピルスをゆっくり飲んでお話を伺います
 
 
2杯目は数ある瓶ビールの中から「山下」とネーミングされたものを注文
中身は越後ビールだそうで、新潟暮らしが長い夫「クラフトビールの走りだよ」との事です
 
 
 
 
 
翌日行った時はゼミの学生さんたちでしょうか、店内が満員になっていました
 
春になったらまたぶらりと立ち寄ってみたいと思いますギネス
 

 

AD

老人力

テーマ:

雪が降って寒さがぶり返している函館

今日の夕食はポトフにしました

 

 

ベーコン、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、キャベツをコンソメでコトコト煮るだけのポトフ音譜

体が温まっていいよね、楽ちんだしウインク

塩パンとカプレーゼのお皿を並べ、赤ワインを抜栓して食べ始めた時です

 

 

母が「ジャガイモ食べたかったラブラブシチューの時にジャガイモ入れてくれなかったし」と発言

 

 

ハーッアゲアゲ ドンッパンチ!   (気分は佐江内氏の奥さん、小泉今日子)

何言ってんの! シチューの時だってちゃんとジャガイモ入れたでしょう?

その前はジャガイモの塩煮をお昼に出して美味しいって食べてたじゃんムキー

 

 

じゃがバタープラス塩辛は北海道のソウルフード酔っ払い

 

 

 

 

 

そうだった?忘れた~ニヒヒ

 

あんたたちも今にこうなるからね」とヘラヘラ笑いながら言う母

 

照れ隠し? 自分でも不安に思ったりもしているのか・・・

とり繕い」という行動らしいですが、とにかく口だけは達者な母茶白 げんなり

 

まともに相手をしちゃいけないって思ってもついカッとなる未熟者の私ドクロ

生真面目な性格の妹は、もう母の相手をすることは難しいようです

神経が参ってしまいました汗

 

私も母に似て老人力がついてきたのか、思い出せない事、探し物が増えていますガクリ

 

やっぱり「年取るとみんなこうなる」のはある意味真実でしょうか笑い泣き

 

ニモカの出番

テーマ:

目ざとい夫が「あのらっくる号、新しい色だよ」と指さしました矢印


 

おお、今月25日から利用開始の「イカス ニモカ」のお知らせラッピング電車ですびっくり

ニモカのキャラクター、フェレットちゃんが懐かしいラブ







去年の6月まで福岡に住んでいた我が家
にしてつバスや市営地下鉄、JRで利用していたのがICカードの「nimoca(ニモカ)」です
東京では「Suica」を使っていましたがnimocaは利用金額や提携先で買い物をした時などに
ポイントがつくため生活面でちょっとお得なところが魅力でした
函館に戻る時、nimocaに残高があったので払い戻しをしようと思っていたものの忘れていました


でもJRなら使えると思っていたので大沼に行く時に改札で使おうとしたらダメだったんです叫び
なんでも、この路線は無人駅が多いのでICカードの利用ができないとの事
券売機なら使えると思ったらやっぱり対応していませんでした
滝汗

 
 
ここにきてまさか福岡で馴染みのあったカードが函館に導入されることになるとは嬉しい限りデレデレ
 
 
でもnimocaのカードで「ICAS nimoca」と同じポイントがつくのかは不明ですウインク
 
 


 
 

函館美食フェスタ

テーマ:

2月18日に函館アリーナで開催された「函館美食フェスタ」へ行ってみました

函館に引っ越してきてから初めての「函館アリーナ」です

十字街から電車に揺られて約40分で到着しました

 

 

裏側からパノラマ写真で全体像を撮ってみますカメラ

 

 

当日9時45分からチケット販売と書いてあり、すでに長い行列ができていました

チケット販売の行列かと思いきや入場者の行列とのこと滝汗

時間になって入場が始まり、その後またチケット販売の行列に並びます

 

会場内でまごつく人も出ていたのでお節介オバサンが声かけて説明しましたウインク

10時からオープニングセレモニーが始まったのですが、舞台前は関係者の方が少しだけ汗

 

 

私たちを含めチケットの列に並んだり現金で購入できるブースで買い物したりで忙しく

市内で活躍するシェフや道外からいらしたシェフ達の挨拶などそっちのけの状態になってしまい

申し訳ないような気持ちになりましたショボーン

初めての催しとの事で次への課題が見えたと思います

 

チケットは1枚600円、お目当ては4枚必要なアミューズです

 
料理の説明が入っています
 
 
食べる前はどれも一口ずつなので物足りないかな・・・と思っていたのですが
いえいえ、しっかりと食べごたえがある美味しい一口の詰め合わせになっていました酔っ払い
 
 
残念な事がひとつ滝汗
ビールの販売ブースはあったのですが、ワインが見当たりません赤ワイン
せっかく美味しいアミューズの詰め合わせを頂くのにワインが無いって残念すぎますダウン
知ってたら持ち込みしたのに・・・来年はどうなるのでしょうか
今回は入場者目標の1万人を達成できなかったそうですが2回目の開催に期待したいと思います
 
 
追加購入のグラタンと牡蛎飯、お腹いっぱいになって早々と帰宅しましたてへぺろ
 
 
 
 
 

 

 

まるたま小屋

テーマ:

先週の日曜日、引きこもりになっていた私を気遣ってAちゃんがランチに誘ってくれました照れ

 

その後、函館山の山麓にある「まるたま小屋」を目指します散歩

函館にはユニークなカフェが点在しているのでゆっくりと開拓してみたいと思っているのですが

今回のお店はAちゃんのブログで知ってからぜひ一度行ってみたかった場所です

 

路地を入ってそのあとは狭い階段を上って到着

可愛らしい小屋です上

 

お店で作っている「ピロシキ」は初めて見るタイプでしたびっくり

福岡には人気のロシア料理店がありますが、そちらのピロシキは揚げドーナツタイプです

 

 

  

 

お店の方のお話では焼きピロシキが本場のロシア風とのことでした

 

 

ランチの後なのでAちゃんと半分こウィンク

手前は七飯産のリンゴを使った塩バターりんご、上は鮭クリームチーズです

ハーブティーと一緒にペロリと食べてしまいました

 

店内はマトリョーシカなどのロシア雑貨が飾られてホッとする空間です

 

 

私が好きな版画家「佐藤国男」さんの時計も右上にありました

 

 

可愛らしい手作りの雑貨も販売されています

 

 

 

まるで自分の家のようにくつろいで、お代を払うのを忘れた人もいたとか滝汗

私もたっぷりおしゃべりして心が軽くなりましたラブラブ

 

昨日の日曜日、夫と散歩がてらまるたま小屋でピロシキをお持ち帰りしました

母がエゾシカを食べたことが無いと言うのでエゾ×エゾをお土産に

 

 

 せっかく融けた雪がどっさり積もり、急な坂道をストックついてゆっくりと下るお年寄りがいました汗

函館は若い人が流出して「消滅都市」の上位にランクされていると聞いた事があります

それでも色々模索しながら函館の街が元気になるよう頑張っている人たちが居るんじゃないかな

だから別の角度から見たら「魅力度№1」ということになっているのでしょう

これからも函館の魅力を感じながら生活したいと思います音譜

 

 

 

函館海上冬花火

テーマ:

2月8日から12日までの5日連続で「函館海上冬花火」が開催されます




午後7時40分から8時まで20分間のイベントです花火

ツルツル滑る道路をヨチヨチ歩いて埠頭へと向かいます散歩
寒い中、函館湾の埠頭に地元の人や観光客が集まっていました



 

 


 

 


 


 

大きな拍手に包まれて今日の花火は終了です

明日はどこで花火を見ようかなウインク

 

函館牛乳ラスク

テーマ:

セブンイレブンのレジ前に並んでいた「函館牛乳ラスク

地域限定発売の文字も気になって横目で見ていましたが、ついに手に取りましたウインク

 

右は本物の函館牛乳で左がラスクです

 

 

 

ハラダのラスクを思い出させる美味しさです ちゅー

でも7袋14枚入りで514円はちょっとお高い感じもしますが・・・

函館牛乳を使っているのでこのお値段になってしまうのかもしれません

 

パッケージの裏側にはメモ

日本で一番おいしい牛乳を作るために1973年、酪農家を中心とした函館近郊のの仲間が力を合わせて

「株式会社函館酪農公社」を設立しました。

栄養豊かでおいしい牛乳を生産するには、土づくり・草づくり・牛づくりの基本を

守りつづけなければなりません。

「函館牛乳」はその酪農家たちの努力により生産されたおいしい牛乳です。

 

夫も信念を持って作られている函館牛乳が美味しいと毎日飲んでいますラブラブ

 

 

ハラダのラスク思い出したら寒い時期だけのチョコレートがかかった

グーテ・デ・ロワ」のシリーズが食べたくなってきました酔っ払い

 

 

 

母の骨折から今日で1ヶ月

まずまずの経過、固定バンドをはずし肘を動かすリハビリも始まりました

家の中ではどうしても母の事が優先され、夫は自室に籠り週2回通院の際はドライバーを務めています

 

結婚して20年、今までで一番主婦らしい働きをしている私・・・(夫が苦笑しています汗

腎臓系の病気で入退院を繰り返していた自分がよもや結婚するなんて思いもよらぬ出来事でした

夫は調子の悪い時も良い時も私の好きにさせてくれたので毎日がお気楽

アトピーが悪化して入院したり家事ができない状態が半年以上続いても文句言わず私を励ます人です

 

妹に「お姉ちゃんは男運が良かったんだよ」と言われ「あまり甘え過ぎないようにね」と釘をさされました

 

まあね、愛情注いでいるからいいもんねニヒヒ

 

でもたまには形で表しましょう

ビール大好き夫にささやかなプレゼントプレゼント

キリンのクラフトビール 「SPRING VALLEY BREWERY」 ですビール

 

 

 

 

 

 

 

スプリングバレーブルワリーの6種類と代官山スパークリングが入ったセットです上

 

2本入っているスパークリングを私もお相伴にあずかりました酔っ払い

透き通ったビールにきめ細かな泡が浮かびます

 

さわやかな香りと甘くフルーティーな味クラッカー  これってビールなの!?

 

幸せな気分になる飲み物でしたデレデレ  

 

時間ができたら東京か横浜のSPRING VALLEY BREWERY に飲みに行こうねドキドキ