リメイク 針金ハンガーをおしゃれに 作り方

2011年12月20日(火) テーマ:手芸
今年の冬も針金ハンガーをリメイクしました。
ロコモーション

ロコモーション

【作り方】
綿素材の布を使います。
↓これは家に眠っていたバンダナです。
①2、3cm間隔ではさみを入れます。
(四方の縫い目は最初にカットしておきます。)
ロコモーション
②裂いた布を針金ハンガーに巻いていきます。
ロコモーション
③まず、ハンガーの先端に両面テープを巻きます。
ロコモーション
④布を巻き込むようにつけて、クルクルと巻いていきます。
ロコモーション
⑤布が足りなくなったらボンドで貼り合わせます。
ロコモーション
⑥巻き終わりはハンガーの首の上でボンドでくっつけます。
ロコモーション
⑦ハンガーの首元にレースのリボンをつけます。
ロコモーション
⑧毛糸で花を作ります。
ロコモーション
⑨今回は並太を使いました。
ロコモーション
⑩リボンの上に毛糸のお花を結んで出来上がり。
ロコモーション

わざわざ布を買わなくても、おうちにある着なくなった服で出来ます。

↓これは20年前の手作りワンピを解体。
ロコモーション
↓ハンガーに巻いていくと白っぽくなってしまいます…
 なので、毛糸の花は少し派手めに、花の芯はワンピについていたクルミボタンを使いました。
ロコモーション

次はこれもかなり昔のウエスタン風シャツを解体。
ロコモーション
毛糸の花は水色にしました。
ロコモーション
↓これはシーツ。
 ファスナーが壊れて使わなくなっていたものを解体。
ロコモーション
ハンガーに巻いていくとリンゴの柄がわからなくなってしまう…
ロコモーション

ロコモーション


↓これはかなり昔のスカート。25年は経ってるな。
ロコモーション
黒の毛糸のお花とレースで飾りつけ。
ロコモーション
↓これも古い。20年前ぐらいのフリルシャツ。
ロコモーション
チェック柄が目立たなくなったが、シンプルでかわいい。
ロコモーション

↓これが今回一番古いぞ!
 30年前のアロハシャツだ。
 アロハと50年代ポップが流行っていたのだ。
ロコモーション
柄はなんだか分からなくなったが、新聞ぽっくてGOODになった。
ロコモーション

ロコモーション

昔の捨てられなかったかわいい服たちが新しく生まれ変わりました(≡^∇^≡)
同じテーマ 「手芸」 の記事
PR

[PR]気になるキーワード