Mon, October 25, 2010

010: 拗音、促音、長音、イントネーション

テーマ:教案
ものすごく間が空いてしまいました。
発音クラスの続きです。



さて、発音クラスを教えるときの難関が、これ!

拗音(小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」)
促音(小さい「っ」)
長音(えいが→ええが など)



教え方は様々あると思います。


でも私が特に苦手なのが

促音!!

スキップしながら教えてみたり、staccato(スタッカート)ですよ~と言ってみたり、指を使って音はないけど間があることを示してみたり…

谷啓氏のガチョーンをマネしてみたことも。笑(手を引く、っていう動作ですよ!笑)


最近はこんなふうにしています。

$日本語教師が本当に知りたいこと 100!

カードというか、図というか…
学生の目の前で、「バっ!」と広げて見せます(笑)
実は長音の練習にも使えます。
音が伸びているのかいないのかよくわかっていない学生には有効です。

ひらめき電球 もちろん、「きて」が何の意味で「きって」が何の意味かも添えますよ!
ちょっと発音が違うだけでどれだけ意味が変わってしまうのかをわかってもらうためです。

私が好きなのは、

・きて(come on!)/きって(stamp)
・いて(stay with me)/いって(go away!)
・にゅうよく(take a bath)/にゅーよーく(New York)

入浴のやつが一番ウケます…(笑)


長音に関しては、
直接法で教えていた時は、このカードがとても役立ちましたが、
英語で説明しているとわりとすんなりクリアしてくれる学生が多いです。
(私の学生さんだけでしょうか?)
発音しながら腕を思い切り伸ばしたりして、とにかく「長いんだ!」と意識させるようにしています。


拗音は、指を使っています。
二つの指を、拗音を発音すると同時にきゅっとまとめる!と、あ、一緒に発音するんだなーとわかります。

図解
$日本語教師が本当に知りたいこと 100!


わかりにくい図でごめんなさい・・・(画力の限界orz)


あと図にして学生さんからわかりやすいと支持をいただいているのが、
イントネーションの図解ですひらめき電球

こんなかんじで書いています。
$日本語教師が本当に知りたいこと 100!

ただ高い、低いだけでなく、
基準の高さがあって、それよりも高いか低いかと図解するとわかりやすいようですひらめき電球
もちろん、意味が全然違うことも添えますよ!


変なイントネーションで単語を言っている学生には、いつもこういう図を書いていますメモ


さて、もっといい方法はないか探索の旅にでますドア
みなさんも、ここで紹介されていないアイディアがあったらぜひコメント欄で教えてください~音譜



100記事まで残り:90記事!
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

あめこ@日本語教師さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

12 ■Re:Re:Re:こんにちは!

>ちょこさん
わざわざご報告ありがとうございます!!

なるほど、クラスだと確かに大きいものでやった方がわかりやすいですよね!
素晴らしいです。

うーん確かに(笑)
そこ言われちゃうと困っちゃいますよね・・・
私は、英語のスペルより発音が楽だよ、とかなんとか言ってます…けどだまされてくれる人とくれない人といますね(笑)

11 ■Re:Re:こんにちは!

>あめこ@日本語教師さん
ちょこです。ご返信ありがとうございました。

拗音の導入が先日終わったので結果をご報告します!!
実は、私の担当クラスは12人いて広い教室を使っているため、指で○を作るのはもしかしたら遠くの席の人はみえないかも?と思い、直前になって別の方法を考えてみました。

それは、表現しにくいですが棒を二つつくって、その先に「き」と「ょ」をそれぞれくっつけます。で、
ひとつずつ「き」「よ」と発音して、そのあとふたつをくっつけて「きょ」という方法です。(指のやり方を参考にしました。) 
で、そのあと指でも○をつくってみました。

指をくっつけるやり方は学習者が個別でできるのでいいですねえ。

特に問題はなかったのですが、拗音まできて学習者が「英語のアルファベットは少ないのに、なんで日本語はこんなに覚えることが多いの?」と言われてしまいました。うーん、モチベーションをあげながら基礎をしっかり積むって難しいですね。 

10 ■Re:こんにちは!

>ちょこさん
はじめまして!コメントありがとうございます:)
私も台湾で教えていました。良い国ですよね♪
そろそろ暑くてやばい季節かと思いますが、熱中症にはくれぐれもお気をつけて…(台湾では何度もなりました、私)

お役に立てたようで嬉しいです!
もしよければどんな感じだったか、もっとどうしたらよかったかなどコメントいただけると嬉しいです♪

9 ■こんにちは!

はじめまして。現在台湾で日本語教師をしているちょこです。(ちなみにまだ2カ月位のひよっこです。)

今ちょうど50音のクラスを企業で教えているところで、ブログの方参考にさせてもらっています。

拗音の導入の仕方など、すごくわかりやすいように感じたので今度試してみたいと思います。

8 ■Re:Re:Re:日本語教師

>koziさん
自分のご希望される国で日本語教師の職を得るためにどんな資格がいるか調べておいた方がいいですよ。アメリカはアメリカの大学で取った、アメリカの教員免許が必要です。どこの国でも大学で教えたいなら大学院修士号が必要です。アメリカでのボランティアはわかりませんが…

オーストラリアは日本語教師アシスタントや日本語ボランティアが多いようですが、そういうのは日本語教師と就職するときに経験としてはみなされないのでお気を付けください。
仕事としての日本語教師か、海外経験をするときの手段としての日本語教師か…によっても選択が変わると思います。たくさん調べて、ご自分に合った道を選んでくださいね。

がんばってください!

7 ■Re:Re:日本語教師

>あめこ@日本語教師さん
丁寧なアドバイス、本当にありがとうございました!!お返事が遅れてすみません。

最終目標は、英語圏で(できればアメリカで)教えることです。
半年~1年で取得できる日本の講座で実習が充実しているところか、海外で3ヶ月くらいで取ってから実践力をつけるため、ボランティア講師を現地でやるか、どちらかにしょうかと思ってます。とりあえず、いくつか資料請求して、説明会に行く予定です。
ありがとうございました!!

6 ■Re:日本語教師

>koziさん
初めまして。コメントありがとうございます。

koziさんの状況がわからないので何が最善かはアドバイスできませんが、
私個人の意見としては国内だろうが海外だろうがどちらにしても「駆け足詰め込み」で養成講座を終えるのではなく、「しっかりじっくり」訓練して模擬授業などで実践を学べる学校がいい、と思っています。
国内でも2カ月か3カ月で修了できる講座はありますが、正直駆け足で詰め込みすぎて本当に大丈夫なんだろうか、と思ってしまいます(そういう講座出身の先生を知っていますが、もちろん先生ご自身は素晴らしい方ですがやっぱり教壇デビュー直後がすごく大変そうでした)
ちなみに私自身は理論はかなりじっくりやりましたが実践が少ない講座だったので、やっぱりかなり苦労しました。
講座のうちに実践までじっくりやっておくことが、教壇に立った時身になると思いますよ。
(とはいえ苦労しないわけじゃないですけどね。比較の問題で…)

また海外で教えたいのか国内で教えたいのかにもよると思います。
koziさんの状況・希望に合せて、一番合う道を選んでくださいね。
応援しています!がんばってください。

5 ■日本語教師

はじめまして。日本語教師養成講座を日本で受講しようか海外で受講しようか悩んでいます。

ここのサイトではオーストラリアで受講ができるようで、実際外国人に教えてみたほうが教師として力が付くのでしょうか?
http://www.jt-network.com/

日本の方が安心ですが、受講に時間が掛かるので悩みどこです。

4 ■Re:これぞ

>ヒャクゴウ先生さん
VT法…初めて聞きました(不勉強で><)
あまり研究などは呼んだことがなく…

次もがんばりまーす!
(でも肩に力を入れすぎないようにします!)

3 ■これぞ

VT法ですね。
ベルボトナル。
東ヨーロッパの学者さんは発想がユニークで好きです。

ジェスチャーなどで発音指導もしますが、
欧米系のプライベートだと、

「イタリア語のpizzaのzzaの時の音ですよ」
と彼らにとってなじみのある言葉に置き換えたりして説明してます。

ミニマルペアもいいですね^^

次の記事も楽しみです。
(プレッシャーじゃないので、流してください)

2 ■Re:久しぶりですね~

>日本語教師アカギさん
おひさしぶりです><
いつもいつも更新が遅くてすみません…内容が結構多いのでまとめるのに時間かかってます(笑)
マイペースにがんばります!

1 ■久しぶりですね~

お待ちしていました。
またマイペースに書いていってください。

日本語教師アカギ

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。