民主党の小沢一郎幹事長は19日、縄文時代の大集落跡などで知られる青森市の三内丸山遺跡を視察した。小沢氏は視察後、記者団に対し「古い時代でも、こうしてお互いに協力し合って共同生活をして立派なレベルの集落、地域社会を形成していた」と語り「外の敵は怖くない。家の中でゴタゴタしてはいけない。結束さえすれば、必ず皆さんの理解と支持を得られる」と党内の結束を訴えた。

【関連ニュース】
小沢幹事長:両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も
民主党:参院幹事長「暫定税率を維持」…環境と整合性なく
小沢幹事長:衆院選マニフェスト見直さず
小沢幹事長:後援会が地元で18日、両親の「偲ぶ会」
米国:「事務所に問い合わせて」 小沢氏訪米中止で国務省

なぜ長引くのか アイスランド噴火の影響(産経新聞)
「政治主導成功せず」21世紀臨調が提言(産経新聞)
火山噴火 成田も欧州便の欠航拡大(毎日新聞)
「教習所行ったが…」20年無免許運転の男逮捕(読売新聞)
手塚治虫文化賞大賞に山田芳裕さん(時事通信)
AD