女子中学生を売春相手として紹介したなどとして、警視庁少年育成課と新宿署などは16日までに、児童福祉法違反と売春防止法違反の疑いで、住所不定、無職小林正和容疑者(48)ら3人を逮捕した。
 同課によると、いずれも容疑を認め、小林容疑者は「2008年8月から生活費欲しさに『援デリ』を始め、16~18歳の少女ら約40人を雇った」と供述。インターネットの出会い系サイトで客を募り、年約3400万円を売り上げたという。 

【関連ニュース】
女児ら数十人に性的暴行か=英会話教室経営の米国人逮捕
売春パーティーに女性紹介=スカウト組織代表ら逮捕
売春場所提供容疑で元俳優ら逮捕=ホテルでパーティー開催
一般サイト拡大、出会い系減少=児童の犯罪被害
元実習助手を児福法違反で逮捕=高校生にみだらな行為

秋篠宮さまのタイご訪問、日程を変更(産経新聞)
緊急合同就職面接会 東京商工会議所(産経新聞)
<名古屋市議会>予算案巡り32年ぶり会期延長へ(毎日新聞)
<直木賞選考委>平岩さんと五木さんが退任(毎日新聞)
強盗殺人の被告に無期懲役求刑…長野地裁(読売新聞)
AD