吾が子、チャレンジ月間。

テーマ:

週末イベント第何弾なんでしょうか。

寝ても寝ても疲れが取れない_| ̄|○

もう日付なんてめちゃくちゃだし・・・


さて、老体に鞭打ってとりあえず済ませた体験教室、今回は 「トランポリン」

運動神経の発達や身体のバランスをとるのに適したスポーツだそうですねえ。


吾が子、実はこれが初体験ではなく。


以前、体操協会が主催した「ふれあいスポーツ教室」というところで体験済みでございます。

これは、現オリンピック候補の男子体操選手たちの指導によって、子供に体操に興味を持ってもらおうというイベントでございます。


ハハ、そういう「タダ」のイベントは逃しませんことよ。ホホホ。


そこで、実際体操クラブに通っているらしき体操界の卵たち(ばかり)に囲まれながら、「ド素人吾が子」は嬉々として、臆することなく体操に興じたわけでございます。



つか、むしろ違和感バリバリでした。



待ち時間にバック転の見せ合いっことかしてるし。


立った姿勢からブリッジかまして、そっから逆立ちになり、元の体勢に戻る、みたいな。



技の説明すらできない「ハハ」の子ですから。浮きまくり。ナムナム。



まぁ、そんなこんなでも吾が子は意に介さずでして。

たわむ床でビヨンビヨン跳ね回ったり、平行棒で、足を直角に上げるアレやったり(謎)。


そしてそして、部屋の一角にあったトランポリンでは至極愉快そうな面持ちでお飛びあそばしまして。


「ヤァヤァ愉快愉快。」という感じだったので、体験教室を物色していたのでアリます。



さてさて。

30分前には会場に到着。

本日の生徒さんはまだ一人もいらしてない様子。

着替えて体操室に入りましたらこれがまたアナタ。


たわむ床でビヨンビヨン跳ね・・・(以下略)←上記参照


・・・・・つくづく思うのです。


この人、本当に跳ねるのが好きなんです。

小さいころからそうでした。

この脚力を何かに生かせないかと常々思っているのですよ・・・・今はテニスに利用できないかと。

必要なさそうですが。



そして今度はその床を縦横無尽に我が物顔で側転し始めましたよ!




って・・・・・そ、側転!?



いつの間に!?いつの間にできるようになったんでつか!?驚


そしてコーチが集合時間までかまってくれることになったのですが、今度は鉄棒で逆上がりを!!



いつの間に!?

というか、吾が子の能力知らなさすぎですヨ・・・もっと会話をしろって話ですわ・・・・


開始前から散々動きまくったというのに、吾が子、バリッバリに元気よく準備体操をし始め、柔軟も程よくこなし、期待に胸も鼻も膨らませて、いざ!とらん♪ぽりん♪と飛び跳ねる段階にまで進んだのでございます。



1時間ほど指導をしていただいたのですが、まぁ一応お褒めの言葉をいただきましたヨ。


営業だと思いますが。笑


ほめられるのはウレシイっすね。自分のことじゃないけれど。


だけど冷静に見て、吾が子は足の様子がだらしがないなぁ。足先まで神経をいきわたらせるというのは案外難しいことなのかしらん。

でも身体の隅々まで自分でコントロールするって、スポーツには重要だよなぁ。


トランポリン、続けさせてもいいかなぁ?


とりあえず冬休みに短期集中講座があるらしいので、申し込んでみるのも一計かも。




「ねぇねぇお母さん、他にも講座があるんだよね?これはなあに?」


「ああ、バック転講座。後ろ向きにクルリって回るの。手は着かないでね。」




「これやりたい!!」




エエエエエ(´Д`;)エエエエエ。うそん。まぢで?

チャレンジするにもほどがあるよ吾が子・・・・チチに聞いてみてからにしようよ。



「ねぇチチ、吾が子がこんなことをいってるんだけども。」



「ああ、いいねぇスポーツの秋だねえ。(´▽`)」





_| ̄|○il||li 許可ガ出チャッタヨ、ママン・・・・




て、どうなの?どうなの?2年生にしてバック転できちゃう女子って、どうなの???



テニスから離れていってやしませんか?(´▽`;;)ええええ?

AD

吾が子、ビクともせず。

テーマ:

連休中、立山黒部アルペンルートをトレッキングしてきましたー。


1泊目某山小屋に宿泊し、2泊目はそこから2キロほど離れた別の小屋に泊まる予定でしたので、チェックアウト後大荷物のザックを2泊目の宿に預けてから、身軽な状態で様々なルートをトレッキングしようと思ってたわけですよ。


よ・て・い・で・は。



ところがどっこい。


なんとヤツ吾が子は 1泊目の山小屋に忘れ物をしやがりましたYO!!




言っときますけど。




2キロ離れた「山小屋」ですから。


山の向こう側にある「 山 」小屋ですから。



オーケィ?




・・・・・・ヽ(´Д`;)/

・・・・・・ヽ(´Д`;)/

・・・・・・ヽ(´Д`;)/



顔色も変わるってモンですよ・・・・




でネ、おかげさまで アップダウンアップダウンアプダウンダウン な感じで岩ゴロゴロな道をゆきまして。


そしてまた アップアップダウンアップダウンアップダウン と戻ってまいりましたヨ!





モチロン!これはきっとテニスのためのトレーニングなんだとっ!





お、思わせてほしいのデスよ・・・・・_| ̄|○il||liil||li





「おかあさあああん! はーやーくー!ココ広くなってるよーーーー!素振りだってできちゃうよーーー!

イーっち、にーぃ、さ~~~~~ん!ほらー、こんな感じぃ???」





il||liil||li  _| ̄|● il||liil||li  タ、タスケテ・・・


AD

ハハのテニスといえば、高校時代を軟式で過ごし、大学時代は体育会系サークルでバリバリ(←他の人が。)やってた。

そして卒業後数年してからテニススクールに通い始めたけど1年半ほどでクラブが閉鎖されて以来ほとんど縁がなかった。


思えばもう・・・・10年以上前の話なわけで。


実際自分のラケットといったら未だにプリンスの「ライトニング」。

買い換えるほどもプレイしてないので。



そして思えばもう・・・ガットを張ったのも10年以上前の話なわけで。(逝)



と・・・とりあえず。(汗)


吾が子がテニスをしたいと言い出して最初に買ったものはといえば靴!

モチロン私のですが。




・・・・・・・・ダッテ、底ガ、劣化シテ、割レテペコペコダッタンダモン。_| ̄|●




そして次に着手したのがガットなわけですけども、これがまたあーた。


現役時代だって張り替えたのは2回くらいですよ。

貧乏だったので1000円もちょくちょく払ってられないわけですよ。(貧しすぎ)




ま、呑み代は別ですけど何か?←バイト代パァ上等




そんなこともありましたけどネ、ハハも大人になりましたヨ。

ですから、吾が子のラケットを買いにいくついでに「張り替えてみんべ。」と料金表を見たわけですよ。



・・・・・インフレでも起こったんですか('Д')



て思った。マジ思った。ありえない光景見た気がした。

ガットすら買えましぇんし、張るなんて夢のまた夢ですよ??←図々しすぎ




ま、そこであきらめるハハではないですよ。

テニスの日イベントたけなわの有明に8時過ぎから並んだ訳ですわ。


そして、「無料ストリングなんたら先着70名」の中の一人に無事滑り込みました!ヽ(´▽`)/ モウケタ





そして晴れてストリンガーの方にマイラケを預けることになりましたヨ!




ストリンガー:「あー。ライトニングねー。結構硬く張ってあるけど前はいつ張ったのか覚えてる?」


ハハ:「や、え、えーーーーと、いつだったかなぁ?(つか、硬目に張ってあんのん?)(´▽`;)」


ス:「ふーむ。元々フレームも硬いんだよね。」


ハ:「そ、そうなんですか?(´▽`;;) 」←初耳


ス:「うん・・・で、いくつで張る?」


ハ:「ええええと、え、いくつがいいんでsh・・・」


ス:「グラウンドなんたら●×△@~゜'#タイプだったら、54くらい?

   そうじゃなくて●×△@~゜'#**@ならば、そうね、57くらいかな。

   あなたはどんなプレイする?」



ハ:「え、ええええと・・・・・・普通に打てれば。(´▽`;;;)





というわけで。



ハハのガットは、無事に、めでたく、57で張られましたヨ!(らしい)




きっと相性ばっちりデス!





・・・・・(´▽`;;)エエ?



AD

吾が子、打ちっぱなす。

テーマ:

スクールに通っていない吾が子の練習といえば、壁打ち。

もしかしたら彼女にとって、


「壁に向かって打つのがテニス。」


と思ってるかもしれないくらい、はまっている。

残暑厳しい9月にも、汗をだくだくだくだくだくかきながら2時間打ちっぱなしてた。


そんなときハハはどうしてたかというと、






_| ̄|○il||li






・・・・・・・・。


付き合いきれない、と。(早いとこスクールに放り込みたい)


そして吾が子のラケット、Kawasaki製で、しかも2本組みで、しかもスポンジボール二つ付きというシロモノでございますが、




決して値段につられて買ったわけじゃ。




ま、まさかまさか、大枚払って買ったスケー○靴をほんの数ヶ月履いただけでリタイアしてしまった過去が頭をよぎったなんて。

そ、そんなバナナ!




・・・・・・・_| ̄|○il||liil||li  ←  図星





そして当たり前ではございますが、キッズ用なので短い。


ハハは自分のラケットを持っていくと重くなるので持っていかない。←マテ


仕方なく吾が子と同じラケットで済ます。




で、もれなく。




フォームと球カンの狂ってしまったおばさんプレーヤーの出来上がりです。チーン





il||li il||li _| ̄|○il||li il||li  モロイ・・・モロスギル・・・・




ハハが球出しマシーンになれる日は遥か遠く彼方・・・・というか・・・・・



来るんですか?(オイ


今月は、連休やら週末大忙しですよ。なんやらかんやらイベントが山盛りですよ。


主にテニスなんですけど、うちの近所にあるテニススクールが異常なほどの人気ぶりでして、申し込みをしてから3ヶ月はウェイティングですってよ、奥さん。

せっかくやる気を起こしたテニスですから、この気持ちを継続させたいじゃぁないですか。


ということで、先月の「テニスの日」イベント以降、週末はテニスの体験レッスン目白押しです。

絶対通わないような遠くのテニススクールにも体験しにいってます。テヘ。



(あー。なんか今年の初めにも別のスポーツでそんな怒涛のような期間があったよーな・・・・・)



ナイナイナイ。

ありまへんでしたよ。

幻覚ですよ。



うん。

まぁそんなこんなで、楽しみなのは「ニュージェネレーションテニス・ジュニアスカウトキャラバン大会」ですよ。

これはテニスの能力を測って優秀者には今後「ジュニア育成プログラム」にのっとって日本プロテニス協会がサポートしてくれるという、ジュニアテニス養成ギプスなわけですよ。(何)

選考内容は、低学年なので体力テストのみ。

学校ではまだ体力テストをやってないので、それもまたいい機会だと思って、気楽に参加してきます。

反復横とびとか、やり方すら知らなかったので(爆)、先日指導しておきましたよ。老体に鞭打って。ヒィ


まぁ、期待はしてませんよ。


ええ、期待なんかしてませんよ。


そうですとも、期待なんか・・・・




おもいだせよスケートを。




うん、大丈夫。冷静になりますた。笑




吾が子、走る。

テーマ:

10月1日、学校の運動会がありました。


まぁ、そこで我が家的に注目競技といえばやはりかけっこなんですけども。

事前にタイムを計ったらしく、60メートルで12秒8だったとか。

全国平均に換算すると、どうやら8歳程度のタイムらしいので、早生まれで体格的に1年生程度(115センチ)の吾が子としては、だいぶ健闘していると思います。

もうちょっと背が高かったら・・・とか(汗)、思わなくもナイんだけど、こればっかはしょうがないですなぁ。


で、いよいよ本番になりまして1コースの吾が子を逃すまいと、ゴール付近でビデオを構えて待っていたわけです。

第1コーナー手前で早くも1人抜きまして、第2コーナー回ったときには早くもトップ争いのデッドヒートが繰り広げられ・・・・たんですが。

いやいやいやいや驚いたのなんの。


ほかの走者の子供より頭ひとつ低いですよ、吾が子!うわぁぁ!


ところが後ろの二人はぐんぐん引き離し、ゴール直前で失速するまでは1位キープしてましたっ(驚)

大健闘!すばらしいぃぃぃぃ!


本人は相当悔しかったらしく、早くも来年に向けての気合を語っておりました。(笑)


いやいやいや、いい経験だったと思いますよハハは。




それにしても、今回全学年のかけっこを見て思ったのが、


「走り方を知らない子が多すぎる」


ということですね!

ビックリしました。


私たち世代は日長一日外で遊んでましたから、自然と体の使い方を習得していたんだなあということを、今回つくづく感じました。

もちろん運動の苦手な子はいたけれど、そういう子達と、今の子達では「できない」のレベルが違うんですよね。

なんつうか・・・・芯がない?体が動かない?というレベルなんですよ。


実際のところ、「体が資本だ!」を理念に、体を鍛えるために何かスポーツを探してはいたのですが、これを見て、ホント危機感を感じまして。


今の子供は運動する場を与えないと鍛えられない。


と、痛感しました。

それでも吾が子は通学時間が徒歩40分で、都心部にいるわりに多いほうなんですけど、もしかしてこれがなかったら、思うとちょっとショック・・・

まぁ、彼らは彼らで受験勉強には長けているかもしれないので、どちらがいいとはモチロン言えませんが、我が家のしばらくの目標としては、体の鍛錬に重点を置いていこうと決意したしだいでありマス。