和ダイニング朔 料理上手になるワンポイント教室

新潟県長岡市で10名様以上の予約年間1500件の実績
寝かせて美味しくをコンセプトに様々な料理にチャレンジしています。
料理の基本も細かく伝授していきます。


テーマ:
余熱で中まで火を通すと良く言いますよね。

しかし、これこそ失敗を招いてしまう要因の1つです。

余熱は、どれくらいの火力で加熱したか、
そして素材に伝わる熱が異なる為、
全く予測のつかない加熱法なのです。

プロになりますとそのあたりは、
もちろん計算して料理を作るのですが、
家庭で余熱を考えると、
例えば、
肉が美味しく焼けたと思ってお皿にのせると、しばらくして水分が出てきてしまい、
固くなってしまったという経験はありませんか?
これも余熱予測の誤りによる失敗で、
皿にのせた後も加熱が進んでしまった証拠です。
たまたま上手く余熱で中まで火が通っていれば問題ないのですが、
表面は焼けているのに、中が生という状態は多々あります。

なので先ほども話しをさせてもらいましたが、余熱調理は経験が必要です。

余熱を具体的に理解する為に、
以下のような事をイメージしてください。

二台の車があります。

一台は時速100キロで走ります。

{6C671060-E917-432B-BF4E-67BA26F6AED0:01}


もう一台は時速20キロで走ります。
{E72C8B22-27CF-4A57-85B0-7BA4D73F2063:01}


ある地点で二台ともブレーキをかけると、
どんな違いが出るかわかりますか?

言うまでもなく、時速100キロで走ってる車の方が止まるまでの時間もかかれば、距離も長くなってしまいます。

余熱もこれと同じ事です。

強火で調理するというのは、時速100キロで走っているようなものです。
いくら後から弱火にしても、熱が伝わる大きさや速度は急には変わらない為、
素材内部にその変化が伝わるまでにはどうしてもタイムラグが発生してしまいます。

つまり弱火にしても、しばらくは余熱で加熱がどんどん進んでしまうわけですね。
余熱が落ち着いて始めて低温加速に切り替わる為、
そのタイミングを誤ると、
火が通り過ぎてしまうわけですね。

強火の場合は、高速で走っている為、
どこからブレーキをかけて良いのか、
そのスピード感覚を身につけるまでには、
かなりの経験が必要となってしまって、
そのあたりはなかなか料理のレシピなどでは伝えづらい部分なのです。

ですので、
先に表面を焼いてから弱火に落として、
中までゆっくり焼くという考え方、
最初から中火と弱火ゆっくり焼く考え方、
どちらかが間違っているという事ではありません。
ただ、どちらがより正確に、
素材の状態を、
そしてフライパンの温度を把握できているか、
そして温度をコントロールできるかという事が何よりも重要なのです。

【10名様~80名様までの宴会実績年間1500組の実績】
10名様以上の宴会ならお任せください,幹事様をサポート致します
新潟県長岡市東坂之上町2-6-1近藤ビル1階
TEL 0258-86-6858
営業時間 17:00~23:30
定休日 日曜日
和ダイニング 朔

自社サイトができました(^^)朔の味をご家庭で!

日々の営業をフェイスブックでアップしています。よろしければ覗いてください

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
【材料】
牛すじ肉 500g
こんにゃく 1枚
水 材料が隠れるくらい
だしの素 小さじ1
☆醤油 大さじ3
☆砂糖 大さじ3
☆酒 大さじ3
☆味噌 大さじ2~大さじ3
【下茹で用】
水 かぶるくらい
酒 200ml
酢 100ml
 
①牛すじ肉を大きめに切り、お酢・酒・かぶる程度の水を注いで蓋をせずに下ゆでします。
(弱火~中火約30分)
 
②最初は驚くほど泡だって、お酢の香りが立ち込めますがアクを取りながら煮込むと徐々に落ち着いてきますので、落ちついて(笑)
この時水が減ったら適宜足してくださいね。
写真
③牛すじが柔らかくなったらザルに上げ、流水で軽く洗います。
写真
④牛すじとこんにゃくをお好みの大きさに切ります。
 
⑤④を鍋に入れ、かぶるくらいの水、だしの素を入れ蓋をしてコトコト煮ます。
(弱火で1時間程度)
 
⑥⑤に☆の調味料を入れ、また煮込みます。(弱火で1時間程度)
トロトロ♪牛すじ煮込み
できあがり♪最後にネギをたっぷり乗せて召し上がれ~♪


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。