大阪市中央区のホテルで賭博場を開いたとして、大阪府警捜査4課などは10日、賭博開帳図利などの疑いで、山口組弘道会幹部、吉島宏容疑者(57)=大阪市東住吉区=ら3人を逮捕した。このほかに常習賭博の疑いで、客の山口組山健組幹部、荒木一之容疑者(68)=大阪市中央区=ら3人を逮捕た。府警は、吉島容疑者配下の組員ら3人についても、賭博開帳図利幇助(ほうじょ)の疑いで逮捕状を取り、行方を追っている。

 逮捕容疑は、平成21年11月23日、サイコロや張り札などを使った「賽本引(さいほんびき)」と呼ばれる賭博をしたとしている。

 府警によると、吉島容疑者は「だれかにはめられた。私は関係ない」と供述するなど、全員が容疑を否認している。

【関連記事】
坂本冬美の実弟、携帯メール賭博で逮捕!
バカラ賭博に自室提供 コートジボワール元外交官を逮捕
渋谷でバカラ賭博、16人逮捕 警視庁
怒声飛び交うゲーム賭博店の緊迫手入れ
自暴自棄…金絡みの犯罪激増 墜ちた美人カリスマトレーダーも…

<河村市長>「増税せんで」菅内閣に注文(毎日新聞)
<菅内閣発足>野党、警戒感強める…世論の支持高く(毎日新聞)
<宮内庁>秋の自然観察会の募集要項発表(毎日新聞)
<参院選>安倍元首相らが民主の単独過半数阻止で連携(毎日新聞)
介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)
AD