民主党の「マニフェスト企画委員会」の会合が5月6日に開かれ、内閣府の古川元久副大臣らが、参院選マニフェストの医療・介護分野を担当する国民生活研究会(中野寛成会長)など各研究会の会長らに対し、政府の「財政運営戦略」の検討状況を報告した。会合後、古川副大臣は記者団に対し、財政運営戦略を念頭に置いて各研究会の最終的な考えをまとめるよう求めたと説明した。

 古川副大臣は、「財政に対する世の中の関心が高まっている。めいめい、財政に対する信頼が失われないような政策を政府・与党として責任ある形で出さなければいけない」との認識を示した。

 各研究会は10日に最終的な考えを取りまとめ、マニフェスト企画委員会に報告する。


【関連記事】
医療・介護の現場を反映、「政権政党」を意識-民主党参院選マニフェスト素案検証
「保険外併用療養の対象項目拡大」などを提言-民主党規制改革研究会
「無過失補償制度」や「介護環境整備」盛り込む-民主マニフェスト素案
参院選マニフェストで議論を開始―民主党第一分科会
マニフェストの進捗でヒアリング―民主党研究会分科会

税収回復まで公約抑制=行政刷新相(時事通信)
本 元警視庁捜査1課長久保さん 体験もとに若者にエール(毎日新聞)
もんじゅ運転再開 感無量、職員ら拍手 「やっとスタート台に」(産経新聞)
子供への性犯罪「前歴者住所」提供で防止は7件(読売新聞)
関西3空港一元管理で、神戸商議所会頭が「神戸空港民営化も選択肢」(産経新聞)
AD