ハッスーのラーメン食べ歩き!車で麺活♪

ラーメンやつけ麺の食べ歩きを記録した自己満ブログです。

NEW !
テーマ:

6 / 29(水)オープンの新店 森や2号店まるもり製麺」へ。

 

前日に試食会にお誘いいただきブログを昨日アップしたばかりですが、本オープンを迎えたので早速行ってきました。

 

お店の場所やコンセプトについては上記リンク先をもしよければご覧ください。

 

早くも注目度が高いようで、昼営業では並びがある状態が続いたようで、本来15:00までの営業時間ですがスープ切れならぬ油切れにより14:30頃に昼の部は閉店。

 

夜の部は19:00からとやや遅めな設定ですが、茎津店長1人での仕込みとなり、林さんからの気遣いで余裕をもてるように19:00からにしたようです。

 

今後、色々な面で慣れてくれば営業時間の変更もありえるかもとのことです。

 

19:50頃の到着で店内満席、前約15人と大盛況。

 

 

並んでいたお客さんの数人は森やを通じてのお知り合いw

 

祝花は浜虎の伊藤店主、そして私が愛する麺屋庄太から。

 

 

30分程待って店内へ。

 

券売機は試食時と比べてトッピング類やビール、サイドメニューなどが追加されていました。

 

 

お腹も空いていたのでガッツリ頼んじゃいましょう。

 

正油らーめん(690円)、味玉(120円)、吊るし豚叉焼(250円)、そぼろめし(320円)を。

 

厨房には茎津さんとスーさん。

 

忙しい雰囲気ながらも昨日よりいい意味でリラックスした表情に見える茎津さん。

 

着席から数分で着丼です。

 

 

正油らーめん(690円)

味玉(120円)

吊るし豚叉焼(250円)

 

 

デフォルトのルックスももちろんうまそうですが、チャーシューを増すとそれはもう圧巻の一言!

 

スープは鶏と鰹を合わせた無化調醤油清湯スープ。

 

試食時よりも若干油が多いように感じますが、それでもしつこさを感じることはなく、油の力強いコクが押し寄せます。

 

醤油ダレは割とハッキリした感じですが、単調さはなく、麺とのマッチングや温度変化による味わいの変化や油と合わさった後半の馴染み方も絶妙のバランス。

 

このスープが無化調、しかも690円っていうんだからちょっと凄すぎる感じがw

 

鶏のふくよかな味わいと本枯節のすっきりと雑味のない味わいがリッチな気分にさせてくれます。

 

麺は自家製の中細の平打ち麺。

 

スルスルと入るのど越しの良さと前半こそパツッとハリのある食感ですが、スープに馴染んだ後半の少し柔らかな食感の変化も楽しく、やはりこの麺は最高にうまいですね!

 

特に後半のスープに馴染んでからの滑らかさは個人的好みのドストライク。

 

増したチャーシューも食べごたえ抜群で大満足!

 

大盛りは無料ですが、バランスを考えるとやはり並がいいかもですね。

 

そぼろめしは森やからの流用、個人的には味玉を乗っけて親子飯にして食べるのがオススメです。

 

車なら森やまでもそんなに時間はかかりませんし、これからローテーションでさらに通っていきたいと思います。

 

オープン初日から大満足な仕上がりで最高でした。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:正油らーめん 吊るし豚叉焼 味玉 92点

 

神奈川県横浜市戸塚区扱沢町1201-3
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、6 / 29(水)オープンの「まるもり製麺」へ。

 

twitterなどを中心に話題となっていたのでご存じの方も多いかと思いますが、らーめん森やの2号店が遂にオープンとなります。

 

ブログアップの日付的には既に29日ですが、本日28日の前日に関係者や常連を中心に試食会が開かれ、嬉しいことに私もお誘いを受けまして行ってまいりました。

 

店の場所は国道1号線沿い、駅伝の戸塚中継所の場所です。

 

 

戸塚駅からは歩くと結構な距離になりますので車でのアクセスがよいかと思いますが、国道1号が上下線で中央分離帯があるので少し行きにくい感じです。

 

私は横横日野ICからグルグル中を通って1号に出ました。

 

 

交通量も多い1号、そこに目を引くこのどでかい看板。

 

 

この看板、思った以上にでかいです。

 

色は森やらしい緑ですが、この色がよく目立つのではないかと思いますね。

 

森やなのでもちろん自家製麺となりますが、それに加えて今回のコンセプトの1つである大盛無料の文字!

 

ドライバーが多いこの場所では大盛無料は合ったコンセプトなのではないかと思います。

 

 

看板にでっかく「まるもり」の文字、そしてその間には水、木、土の組み合わせのお馴染みの森やのロゴ。

 

 

このロゴがあるだけで全然違いますね。

 

常連さんのデザインだそうで、こういう人との繋がりで出来上がったものを見ると、より林さんや奥様の人柄を感じられます。

 

奥様と常連さんの奥様が取りにいった新調の暖簾がかかったところで写真を撮らせていただきました。

 

真新しい真っ白の暖簾がかっこいいですね!

 

店内は森やとはまた違った温かみのある照明に木目のデザインのカウンター席。

 

 

2号店の店長を任されるのは林さん公認の弟子 茎津さん。

 

人間性の豊かな方で森やの雰囲気にはピッタリですが、今夜は試食会ということで結構緊張されていた様子でした。

 

カウンター上にはショップカード、こちらも常連さんのデザインです。

 

 

注文は券売機制となります。

 

 

オープンしてしばらくは正油らーめん1本でしばらくしてから塩などの発売も開始する予定とのこと。

 

そして待望のラーメンが着丼です。

 

 

正油らーめん

 

 

 

いや~素晴らしいルックス!

 

これで690円ですからね、値段だけのことを言うのであれば、まず横浜の中心とは言えない場所とは言え、横浜で700円を切ること自体がすごいです。

 

それでいて見た目はクラシカルさを感じさせるものではなく、「今」っぽさを感じさせる洗練さもあります。

 

スープは今回の最大のコンセプトである豚不使用、鶏×鰹の無化調スープ。

 

試作段階では森やのイメージを覆す化学調味料使用で話が進んでいましたが、タレに本枯節で厚みを持たせた結果、やはり無化調でいくことにしたとのこと。

 

無化調でいくということはそれだけ味に自信がある証拠、まさに芳醇とはこのことで店内に香るスープの香りがまずいいんです。

 

そして着丼の瞬間から丼からふわ~っと来る香り、これだけで間違いなくうまいスープなのがよく分かりますね。

 

森やで使用している黒富士農場の鶏の良さを引き出すために鰹は厚みこそありますが、鶏の旨みをかき消すことなく、それぞれのいい部分がしっかりと感じられる調和の取れたハイバランスな味わい。

 

油のしつこさも皆無で無化調によくありがちなじんわりすぎることも、逆に無化調の分かりにくさを誤魔化すためのわざとらしい塩分濃度なども微塵もなく、何度も言うとおりこのスープの厚みで690円!?とかなり驚く内容です。

 

値段のことばかり言うのもアレですが、都内だったらこれで800円くらいで出しても全然問題なさそう。

 

麺は自家製のやや平打ちのもの、林さんが製麺人生で最高傑作と自負するだけあって、この麺が異常にうまい!!

 

北海道十勝産の小麦を使用した麺は滑らかなのど越しの良さと少しパツッとしたハリのある食感がとても心地よく、スープもよく拾い上げます。

 

森やでも現在は冷やし中華や混ぜそばに使用されており、もちろんうまいのですが、温かいスープに合わせることで、より良さが活きている気がします。

 

麺量はデフォルトで160g、私は少し多く感じたくらいで大盛無料でお腹いっぱい食べられるというのはお疲れのドライバーには最適なのではないでしょうか。

 

そしてトッピングは鶏チャーシューと豚チャーシュー。

 

鶏と豚のチャーシューの組み合わせはもはや定番ですが、吊るし焼きでじっくり焼き上げられたこの鶏と豚、全然うまさが違います!

 

鶏は焼いているのに嫌なパサつきはなく、しっとりと香ばしく、豚はロースを使用し、高級感としっかりとした肉の旨みを味わえます。

 

このチャーシューは増してでも食べたいですね!

 

ルックスは森やのイメージとは違い、今っぽさを感じるものでしたが、色々な部分で他との差別化がしっかりと感じられましたし、何より味自体が素晴らしく、流石の仕上がりでした。

 

丼には「感謝」の文字。

 

 

この感謝の文字、ひらがなの「ありがとう」を組み合わせて感謝という文字になっているのが面白いですね。

 

森や2号店 まるもり製麺のオープンは本日6 / 29(水) 11:30~。

 

営業時間は11:30 ~ 15:00、19:00 ~ 22:00となります。

 

気になる方は是非!

 

林さん、奥様オープンおめでとうございます。

 

茎津さん、大変ですがお体に気をつけて頑張ってください。

 

ごちそうさまでした。

 

 

神奈川県横浜市戸塚区扱沢町1201-3
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

宮城遠征2日目、最初に向かったのは「麺ハウス こもれ美」。

 

こちらは宮城県を代表する名店 ヘルズキッチンのセカンドブランド。

 

今回の遠征のメインです、遠征当日は2月でしたが、東北の冬は流石に寒い!

 

早朝にまたもや棚ちゃんと合流して店に向かいます。

 

朝の9:30頃に到着してもちろん1番でした。

 

 

元はバーかなんかだったのかな?こじんまりとした店ですが、中はオシャレです。

 

それはそうとこの店の場所がすごいのなんのってw

 

 

回りに何もありません、雪も少し残ってましたが、2月なので十分雪は積もる可能性はあっただけに今回は本当にラッキー!

 

ちなみにこの遠征の数日後、大雪だったようです。

 

 

店の周りでのんびりしつつ、定刻より少し早めの10:45頃に開店。

 

 

塩ラーメン(780円)、醤油ラーメン(780円)、肉増し味噌ラーメン(1050円)をシェアで。

 

ちなみに5月下旬より味噌ラーメンは担々麺に切り替わっているようです。

 

岡店主のキビキビしたオペで順番に着丼です。

 

 

塩ラーメン(780円)

 

 

イベリコ豚を使用したレアチャーシューがめちゃくちゃうまそうですね!

 

丸鶏とSPF豚に香味野菜を合わせたスープはその透き通った色からは想像もつかないくらい旨みに溢れるスープで肉と野菜の旨みを高次元でまとめており、めちゃくちゃうまい!!

 

タレは2種の塩を合わせ、スープの旨みを最大限に味わえるようなバランスで期待はしていましたが想像以上のうまさにびっくりです。

 

力強いスープを受け止めるのは中太の平打ち縮れ麺。

 

私が一番好きなタイプの麺でグリングリンの食感に柔らかめで啜っても美味しい麺ですね。

 

そしてさらに特筆すべきはイベリコ豚を使用したチャーシュー、柔らかでジューシーなんていう簡単な言葉で済ませてしまうのは私の表現力の無さかもしれませんが、これは本当にうまい!

 

油の甘みもしつこくなくこれは肉増ししている棚ちゃんにも納得。

 

 

醤油ラーメン(780円)

 

 

肉増し味噌ラーメン(1050円)

 

塩だけでなく、醤油も味噌も絶品!

 

特に鍋を煽って作られる札幌味噌スタイルの味噌は超濃厚で炒めた野菜の香ばしさなども加わり、激熱仕様で激ウマ!

 

塩、醤油、味噌、どれも高レベルで甲乙つけがたい仕上がりでした。

 

ここはまたいつか再訪したいですね。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:塩ラーメン 90点、醤油ラーメン 88点、肉増し味噌ラーメン 92点

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

宮城遠征6軒目、1日目最後に向かったのは「麺組分店 沼田商店」。

 

5軒目に行った麺組の2店目の店となります。

 

麺組本店からは車で数分、岩沼駅前に店はあります。

 

 

うーん、最寄駅に麺組があったらそれだけで通ってしまうでしょう。

 

 

ここでは醤油中華(700円)、塩中華(750円)をシェアで。

 

 

塩中華(750円)

 

 

 

醤油中華(700円)

 

いやいやどちらもおいしそうですね!

 

麺組本店の醤油と塩のルックスと比べると、分店の方がその見た目からもクッキリした味を想像できそうな感じですね。

 

塩も醤油も鶏出汁が主体で鶏油も割と多めに張られていてハッキリした味わいのスープです。

 

塩の方はカットレモンが入っていて、鶏油が多めでもあっさりと食べられます。

 

麺は自家製の中細ストレート、少しパツッとした食感の麺ですが、パツパツはしすぎておらず、スープとの相性もバランスがよいように感じます。

 

本店よりも分店の方がなんというか首都圏でよくありそうな感じかなと思いました。

 

その点を含めても美味しいのですが、私は本店の方が好みでしたね。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:塩中華 81点、醤油中華 81点

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

宮城遠征記事の途中ですが、こちらを先に。

 

先日、試してみたいことがあって「麺屋 庄太」へ。

 

 

丁度昼くらいに行くとほぼ満席、私の後には外待ちも出来ていました。

 

厨房には店で久しぶりに見た庄太君。

 

先日会った時に伝えていたことを今回はお試し。

 

らぁ麺(700円)、チャーシュー丼(250円)を。

 

そしてらぁ麺は味薄め、油多めで注文。

 

これがそのやりたかったことなわけですが、津久井浜時代の初期から通っていて私は恐らく庄太で麺の好み、味の好み、油の好みは普通でしかお願いしたことがありません。

 

が、この衝撃にうまい豚骨、タレが薄めでもうまいんじゃないか?という推測。

 

油多めはなんとなくやってみました。

 

そして着丼。

 

 

らぁ麺 味薄め、油多め(700円)

 

 

これが大正解でした!

 

やっぱり庄太のスープはタレに頼らなくても衝撃的にうまい!!

 

ドロドロではないけど、ズシンといい意味での重みのあるスープ。

 

タレを薄めにしたことでよりダイレクトに豚骨の旨みを味わえます。

 

なんとなく、このタレが薄めの方が津久井浜時代っぽいような気もしました。

 

麺はやや固めに茹で上げられた中太麺、啜るというよりモグモグと噛みしめてうまさを感じられる麺で濃厚な豚骨スープにベストマッチ!

 

いや~うますぎますね!

 

チャーシューはサービスしていただいたようでありがとうございます。

 

そしてこのチャーシューがやっぱりめちゃくちゃうまい!!

 

スモーキーで醤油ダレでしっかり味付けしてあり、金沢八景になってからチャーシュー麺にする確率がかなり上がりましたね。

 

やはり首都圏最高峰の豚骨だと改めて思いました。

 

もうすぐ新しい限定も始まるかもしれませんし、今後の展開も見逃せませんね。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:らぁ麺 味薄め、油多め 97点 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

宮城遠征5軒目に向かったのは、宮城県を代表する名店「麺組」。

 

というかこの後、麺組分店に行くため移動していたんですが、たまたま前を通ったのです。

 

時間も時間だったため、恐らくもう売り切れ仕舞いでしょうなんて話をしながら前を通ると・・・

 

やってるじゃないの!!

 

これは行くしかない!

 

というわけで予定に入れていなかった麺組ですが、急遽行きました。

 

 

外観写真は退店時に撮りましたが、貼り紙が貼られ、売り切れ終了と。

 

私たちのあとに1組か2組くらい来ていましたが、そこで打ち止めだったようです。

 

店内はガラガラ、こんな空いている状態で麺組が食べられるとは・・・

 

 

麺組に再訪したら人気の味噌を食べたいと思っていましたが、案の定売り切れ。

 

これはもう仕方ないですね。

 

醤油らーめん(690円)、こってり醤油らーめん(700円)、塩らーめん(730円)をシェアで。

 

 

醤油らーめん(690円)

 

 

以前ほどの感動はないものの、やはりそのクオリティーの高さはすごいですね。

 

鶏と煮干しをじんわりと感じる決してインパクト系ではないにも関わらず、余韻をしっかり感じられるスープで激ウマ!

 

急遽予定に入れましたが、やっぱり来てよかったなと思えるうまさで大満足。

 

麺はざっくりとしたやや固めの食感の中細ストレート。

 

具もスープも麺も突出するような主張はありませんが、バランスの良さが抜群によく普段使いに麺組があったら幸せですね。

 

 

こってり醤油らーめん(700円)

 

 

塩らーめん(730円)

 

こってり醤油にしても塩にしても、そのバランスの良さは秀逸で昼間は麺組前の道路が駐車場待ちで渋滞するくらいの人気の理由がよく分かりました。

 

いつか機会があったらまた行きたいですね!

 

ごちそうさまでした。

 

得点:醤油らーめん 86点、塩 90点、こってり醤油 83点

 

 

宮城県岩沼市中央4-12-15
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

宮城遠征4軒目はきく屋から車で移動すること10数分、「光華飯店」へ。

 

 

住宅街の中にあるこちら、宮城県の代表的な老舗の1つです。

 

店内は昔ながらの中華料理店のような雰囲気。

 

なんというかイメージはジャッキーチェンの作品に出てくるような感じですw

 

 

ここでは迷わずラーメン(650円)を。

 

なんでも店主の親父さんはガミガミ結構うるさい感じだそうで、それも名物の1つらしいですが、私達の訪問時は特にそんな感じの方もいませんでしたね。

 

後から調べた所、引退したっぽいようなことが書かれていました。

 

食べている時にガミガミ言われるのは嫌ですが、見たかった気もしますw

 

そんなに待たずに着丼。

 

 

ラーメン(650円)

 

 

まず丼の大きさが尋常じゃありませんw

 

でかすぎるw

 

通称角田ブラックと呼ばれているこちら、漆黒のスープは油がかなり多めに入っており、見た目ほどしょっぱくはありませんが、醤油感がダイレクトに感じられます。

 

ただコクがないというか色の割には薄っぺらい感じがしてちょっと期待と違う感じ。

 

ニンニクなども効いていて中毒性は間違いなく高いんですが、思った以上のドーンとしたインパクトが欲しかった私としては少し消化不良。

 

ネットなどを見ると行かれた方は結構な確率で絶賛しているので、これはたまたまなのかな。

 

麺は黄色の中太のストレート麺。

 

結構表面がガシっとした固めの食感で、中華麺というより、乾麺のパスタを思わせるような食感です。

 

量は丼の大きさどおり、麺も半端ない量ですねw

 

チャーシューはパサパサでこのラーメンにはこういうのがいいんでしょうね。

 

もうちょっと振り切る感じとうまさを期待していたのでイマイチな感じでしたが、この店を経験できた喜びは十分にありました。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:ラーメン 78点

 

 

宮城県角田市角田字泉町62-1
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

宮城遠征3軒目に向かったのは丸森町の人気店「きく屋」。

 

こちらは船岡にあった麺屋ろっきんの移転リニューアル店。

 

丸森・・・まるもり・・・どこかで聞いたような・・・

 

この丸森町という場所、正直ラーメン屋がここになければ絶対に行かない場所でしょう。

 

どこまでも広がる田舎風景。

 

きく屋は店主の実家である寿司屋を改装したようで、店の隣には寿司屋があります。

 

最近ラーメンと寿司の組み合わせですが、きく屋自体で寿司は提供していません。

 

 

店内は満席、外に数組が待っていて少し待ちました。

 

名前を記入して待ちます。

 

10数分で店内へ。

 

柔らかい光が差し込む店内、カウンター席に小上がりもあって家族連れなども多いです。

 

ブルースリーのファンなのか店内にはブルースリーのポスターが。

 

 

 

ここでは絶対に特製にしようと決めていたので特製ラーメン(800円)を。

 

しばらくして着丼。

 

 

特製ラーメン(800円)

 

 

いや~見事なルックス!

 

これは間違いなくうまい!!

 

甘みのある醤油ベースのスープで鶏の丸みの味わいに煮干しをふんわりと効かせています。

 

これはうまい!!

 

何かがガツンとくるようなインパクトのある味ではありませんが、ハイバランスなスープで激ウマです。

 

これだけ柔らかい印象のスープでまとまっている店はなかなかないのではと思います。

 

麺は自家製の中細ストレート、やや柔らかい茹で加減ですが、嫌な柔らかさではなくしなやかでスープとの相性もよく自然に馴染んで麺もうまいですね~!

 

さらに特筆すべきはモモ肉のチャーシューとつみれ。

 

噛めば噛むほど肉の旨味を味わえ、やや変わった甘い味付けのチャーシューなんですが、これが最強にうまい!!

 

やはり特製にした甲斐がありました。

 

つみれもコリコリでうまいですし、味玉も味がよく通っていてうますぎる・・・

 

全体的に「甘さ」が印象に残るラーメンですが、これだけじんわりとしたラーメンで惹きの強さのあるラーメンはなかなか食べられないと思います。

 

大満足な1杯でした。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:特製ラーメン 91点

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

宮城遠征の記事の途中ですが、こちらを先にアップ。

 

どうしても汁無担担麺が食べたくなってお馴染み「ロ麺ズ」へ。

 

14時過ぎに到着。

 

 

後藤さんは奥で業者さん?と打ち合わせ中でした。

 

お目当ての汁無担担麺(800円)を。

 

 

ん?券売機下になにやら・・・

 

マジっすか!!

 

こいつは困りましたよ・・・

 

というのも私、恥ずかしながら今回は財布の中に1杯のラーメン代くらいである1000円くらいしか入っていなかったのです。

 

いつもであれば迷わず2つ頼むのですが、どうしても今回は汁無が食べたかったので汁無を。

 

 

汁無担担麺(800円)

 

 

 

いや~いつもどおり、スパイシーさとムッチリした麺、そして大量のひき肉やキャベツ、メンマ、どれもがうまく渾然一体のうまさ!

 

今日はいつもより若干辛さが控えめでしたが、やはり満足度は高し!

 

ロ麺ズでは1番のリピートメニューですね。

 

さて食べ終えて1度帰りましたが、どうしても本日のみ限定が気になって仕方ない・・・

 

気になる気になる・・・

 

というわけで1日で2度目の「ロ麺ズ」へ爆

 

去年の年末に森やも昼に行って、どうしても年の最後に食べおさめをしたくて夜に森やに行ったことがありましたが、今回も1日で2回目のロ麺ズw

 

 

いやいやありましたよ!

 

冷やしラーメン塩(900円)を。

 

 

冷やしラーメン塩(900円)

 

 

 

ロ麺ズとG麺7の塩ダレを合わせたスープ、キンキンに冷えたスープは塩ダレの尖りなどがなく、ハッキリとした味わいながらも後味のスッキリした感じが印象的。

 

油もそこそこ入っているのに嫌なベタつきはなく、冷やしらしいさっぱりとした味で激ウマ!!

 

コクを増強させるために得意の玉ねぎ油を浮かばせ、香ばしさも加わってスープだけでも本当にうまい!!

 

麺はパツッとハリのある麺でスープの味をしっかり拾い上げます。

 

麺もうまいですね!!

 

具には現在限定リリース中のトマトや千切りの胡瓜、大葉など。

 

トマトの爽やかな酸味と胡瓜のシャキッとした食感、大葉の香り付のアクセント、カッテージチーズでのこってりさを演出など、後藤ワールド炸裂の1杯。

 

塩分のある生ハムもスープによく合っていました。

 

なんでも冷やしジャージャー麺に使用するタケノコを発注し忘れたとのことで急遽作ったそうですw

 

結果オーライすぎるクオリティーでやはり来て正解でした、大満足でしたね!

 

こちらは今回のみの限定となるようで正規リリースはないとのことです。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:汁無担担麺 91点、冷やしラーメン塩 94点

 

近いうちにこれも食べにこなきゃですね。

 

 

神奈川県横浜市南区六ッ川1-689-1 マルエツサニーロード内
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

宮城遠征2軒目は「ヤナハラ工業」へ。

 

その名前を聞いて、「え?ラーメン店?」という感じですが、それもそのはず。

 

本来は建設関連の会社とのことで、その会社内でラーメンを出しているのです。

 

 

よく見ると「らーめん」と書かれた幟があるのが分かります。

 

もちろん「え?なんでこんなところに?」感は満載です。

 

道を曲がって少し進むとその会社はありました。

 

 

どう考えても店じゃないだろ!

 

廃校のような雰囲気w

 

ですが建物の前が駐車場になっており、ちょうど昼くらいの到着でしたが、駐車場は来客の車でいっぱいです。

 

中に入ると下駄箱があり、スリッパが置いてあるのでそれに履き替えます。

 

 

入口入ってすぐ左手にメニュー表とオバチャンが。

 

 

異様な雰囲気だらけです、その奥には食堂と書かれた場所でラーメンを食べるたくさんのお客さんの姿が。

 

 

味噌ラーメン(750円)を。

 

私達も食堂に入り、席に座ってラーメンを待ちます。

 

テーブルには色々な調味料が。

 

 

そして着丼。

 

 

味噌ラーメン(750円)

 

 

 

ルックスは正統派な味噌ラーメンといった感じです。

 

鍋を煽って作られた札幌スタイルですが、今っぽい札幌味噌ではなく、クラシカルな札幌味噌といったところでしょうか。

 

スープはサラッとしていて純すみ系のようなスパイシー感はなく、控えめな味ですが、しっかりうまい味噌ラーメンで、こういうラーメンもいいなあと素直に思えますね。

 

スープの中にはチャーシューとは別に挽肉も入っていて食べごたえもありますし、スープも決して薄っぺらくなく片手間感はなくうまいですね。

 

麺はいかにも札幌味噌な熟成縮れ麺、プリッとした固めの食感がスープとよく合っています。

 

面白いのは山クラゲが入っている点、これがコリコリした食感でいいアクセントなんです。

 

会社内で食べられるラーメンということで、正直本当に大丈夫かな?ハズさないかな?と思っていましたが、しっかりうまい味噌らーめんでした。

 

ただこの味噌らーめん、6月末でここでの営業は終了してしまうようで、この場所だからっていうのが面白かったのですが、なんとも残念です。

 

移転先ではスタッフは変わらないようですが、店名は変更して新たに再スタートするそうです。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:味噌ラーメン 82点

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。