ハッスーのラーメン食べ歩き!車で麺活♪

ラーメンやつけ麺の食べ歩きを記録した自己満ブログです。

NEW !
テーマ:

山梨麺活2軒目に向かったのは山梨の食堂系ラーメンの中でも抜群の知名度と人気を誇る「みどりや食堂」。

 

山梨と言うとラーメン的にはあまり盛り上がっていない県であり、一般的にそんなに他県に名を轟かせるような有名店という店には正直乏しい県だとは思いますが、山梨には~食堂と付くラーメンを提供する店が結構あり、その中でもトップクラスに有名なのが、このみどりや食堂。

 

前回、山梨麺活で訪問したアルプス食堂とともに山梨では抜群の人気を誇るこちら。

 

行かないわけにはいかないでしょう。

 

12:50頃に到着すると、50台以上停められる駐車場はかなり埋まっており、店内は満席!

 

ドライブインのような感覚ですね。

 

 

その上に店内に意味不明な並び方でお客さんが山ほど待っています。

 

ローカルルールで先に注文してから並ぶとか勉強はしてきたつもりですが、実際行ってみるとルールが分からない!w

 

並んでいる他のお客さんに聞いたところ、

 

「毎回のように並び方が違う感じで、今日はこんな感じです」

 

と、さらに意味不明な状態にw

 

いいのか悪いのかよく把握もしないまま、そのまま店内で並んで待つことに。

 

というか並んでいるお客さんの結構な数の人がルールがよく分かっておらず、なんとなく並んでいる感じでしたw

 

しばらくして相席で小上がりに案内されました。

 

 

店内は家族連れなども山ほどいて、みんなチャーシューメン大盛りに肉丼、もつ丼、さらにビールなどを注文しているお客さん多数で私達も気になって仕方ありませんでしたが、この後も連食が続くので基本のラーメン(570円)を。

 

それにしても安いですね!

 

そして着丼。

 

 

ラーメン(570円)

 

 

チャーシューメンにしなくてもチャーシューが割と大きめサイズのものが3つも乗ってきました。

 

これはすごい!

 

クラシカルなルックスでこれぞラーメン!といったルックス、いいですね!

 

 

スープはその色のとおり、濃いめの醤油味が前面にでたもの。

 

そしてこのスープがなかなか中毒性が高くてうまい!!

 

豚の旨みがしっかり出たスープは恐らくチャーシューの煮汁を使った醤油ダレによるものかな?

 

思った以上にしっかりした味でチャーシューメン大盛りにしても820円!

 

人気があるのも納得です。

 

 

麺はモサっとした中細の縮れ麺。

 

ポクポクした食感で固め、これが実にうまい!!

 

 

チャーシューは結構な厚切りで食べごたえ抜群!

 

味がしっかりしていてこれはチャーシューメンにしてしまう理由がよく分かりますね。

 

いわゆる全く「今」っぽいラーメンではありませんが、これがラーメンだと言わんばかりの説得力のある味。

 

1杯1杯ものすごく丁寧に作られるわけではなく、正直雑だけどガンガン作ってガンガン配膳されて、お客さんもガッツリと食べる!

 

本来のラーメン店のあるべき姿のようなスタイルがとても好印象でした。

 

また山梨に行ったら行きたいですね!

 

ごちそうさまでした。

 

得点:ラーメン 85点

 

AD
いいね!した人

テーマ:

去年のことですが、いつもの仲間と山梨へプチ遠征へ。

 

1軒目に向かったのは2015年4月オープンの「中華蕎麦 うゑず」。

 

こちらは日本一、いや世界一のつけ麺屋 名実ともにこれ以上の濃厚豚骨魚介は出ないと言っても過言ではない王者 中華蕎麦 とみ田出身。

 

今回で2回目の訪問。

 

朝9:30頃に到着して流石に1番でした。

 

 

が、そこに1台の車が。

 

なんとアカンな~さんが!

 

富田店主などとも親交の深い方なのでこちらにいても不思議ではないのですが、まさかこんな所でお会いするとは!w

 

面識はなかったのですが、私が個人的に昔からファンなのでお会いできて光栄でした。

 

開店時間よりやや早めの10:50頃に開店。

 

 

2回目なので今回は中華蕎麦をメインに食べることを決めていたので特製中華蕎麦・並(1030円)にここはガッツリと炭火炙りチャーシューご飯(250円)を。

 

提供まではやや時間がかかりましたが、着丼。

 

 

特製中華蕎麦・並(1030円)

 

 

これぞ王者とみ田出身の風格!

 

素晴らしい!!

 

もう着丼の瞬間から気分は最高潮です。

 

スープは超濃厚豚骨魚介。

 

 

ルウのようなドロリッチなスープは粘度だけではなく、旨みもマックスで1口飲んで叫びたくなるうまさ!

 

もはや日本全国で濃厚動物系魚介のスープは食べられるほど、ポピュラーなジャンルになりましたが、やはりその中でも本当にうまい店というのは一掴み。

 

とみ田の名に恥じない最強スープですね。

 

うますぎます。

 

 

麺は結構太めのストレート麺。

 

角ばった麺はガシっとした力強さと噛みしめるとモチっと舌を跳ね返すような食感がハイバランスでかみ合っていて麺も最高にうまい!!

 

スープがかなり強いのでちょっとやそっとの麺では負けてしまいますが、スープも麺も高い次元でバランスがよく、素晴らしいの一言。

 

いやいやつけ麺も最高にうまかったけど、中華蕎麦もやはりヤバいですね。

 

特製にしたのでチャーシューは大判のバラロールと低温調理のチャーシュー2種類が乗ってきます。

 

具も抜かりなしのうまさで、とみ田関連の店に行ったら特製にしないともったいないくらいその価値がありますね。

 

他にもこんもりと盛られたネギやジューシーでサイズもしっかりなメンマ、濃厚な味に清涼感を加えてくれる柚子など、トッピング1つ1つも丁寧で味も抜群にうまく本当にすごいです。

 

 

炭火炙りチャーシューご飯(250円)

 

気になっていたうゑずのサイドメニュー。

 

これが250円!?

 

炙られた肉は香ばしくブラックペッパーのピリッとした辛みでシンプルに食べられるチャーシューご飯。

 

めちゃくちゃうまい・・・

 

これ250円で出すのってほぼサービスのようなもんですね。

 

いや~この店が普段使いできる山梨県民のお方が羨ましいですね。

 

2回目の訪問でしたが、今回も感動の1杯でした。

 

次回は夜限定の二郎系のメニューを食べに再訪したいと思います。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:特製中華蕎麦・並 95点、炭火炙りチャーシューご飯 93点

 

山梨県中巨摩郡昭和町清水新居59-1サンシャイン平岩103号
AD
いいね!した人

テーマ:

先ほど行ってきました、新限定をリリース開始した「麺屋庄太 本店」へ。

 

今日はタイミングが合ったのでご近所のこのお方と一緒に開店前に店へ。

 

駐車場に停めると、大雨に!

 

今日、雨だったのね・・・

 

開店10分前の10:50頃の到着で前6だったと思います。

 

 

後ろにも並びが続々と出来て開店と同時に満席。

 

新限定はこちら!

 

 

アジの干物と焼きアジの細つけ麺 ~ローストブランの香り~・中盛(1000円)を。

 

おっと、今回は何やらシャレオツな名前ですねw

 

厨房はお馴染みの津久井浜メンバー、安定安心のキレキレオペレーション。

 

程なくして着丼。

 

 

アジの干物と焼きアジの細つけ麺 ~ローストブランの香り~ 中盛(1000円)

 

メニュー名のとおり、見た目がオシャレですね!

 

つけ汁はその名のとおり鯵の干物と焼き鯵で取った魚介出汁がベース。

 

 

日本人には馴染み深い魚である鯵を今回は使用。

 

朝食なんかで出てくると堪りませんね、その鯵が今回はつけ汁に!

 

この発想だけでも遊び心というか、他のラーメン店があまりやらないことなのでは?

 

ただ発想だけが面白いだけではなく、味がしっかり付いてくるのが麺屋庄太。

 

火入れしていない醤油ダレを最初にスプレーで投入、そのあとにもう1種類の醤油ダレを投入し、バーナーで炙りを。

 

恐らくそうすることで醤油の旨味、香ばしさやコクの出し方に影響するのでしょうね。

 

相変わらず手が込んでいます。

 

鯵と醤油、間違いなく相性がいいのは言うまでもなく、うまいですね!

 

 

麺は今回の限定用に細ストレート麺を用意。

 

その色味からも分かるとおり、ローストブラン(外皮)をブレンドした麺は香りがとてもよく、風味がしっかりしています。

 

 

ザラつきのある感じではなく、啜り心地を重視し、ズバズバっと豪快に食べられる麺で啜った時に鼻に抜ける香りがとてもいいですね。

 

かなり長めに切り出しているので若干食べづらいですがw

 

シンプルに麺のうまさを味わえる構成で段々自家製麺を重視した作りになっているのも最近の麺屋庄太 本店の傾向w

 

あまりにも製麺が楽しく遂に製麺機と一体化することに成功した男。

 

 

今後も楽しませてくれることでしょうw

 

話は飛びましたが、今回のトッピングはこのような感じ。

 

 

低温調理のチャーシューにローストトマトに芽ネギ。

 

段々見た目が秋葉原の名店 饗くろ㐂っぽくなってきたようなw

 

ローストトマトの酸味と香ばしさはそのまま食べてもうまいのはもちろんですが、つけ汁とも相性抜群で激ウマ!

 

オーブンがないのでフライパンで作るようでなかなか大変とのことですw

 

低温調理のチャーシューは、新しく調理機器を導入したようで、それを使用することでブレのない仕上がりになるようでしっとりと柔らかく、味つけもしっかりしていて激ウマ!

 

よくあるほんとに火入ってるの?っていう危ないやつじゃないので安心して食べられます。

 

いやいや今回の限定も激ウマで大満足。

 

アジの干物と焼きアジの細つけ麺 ~ローストブランの香り~は絶賛発売中。

 

気になる方は是非。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:アジの干物と焼きアジの細つけ麺 ~ローストブランの香り~ 94点

 

AD
いいね!した人

テーマ:

昨夜のこと、ご近所のこの方と2012年11月オープンの「ラーメンの店 どでん」へ。

 

今回で3回目の訪問、昨日はいつもより時間の余裕があったので久々にこちらへ行ってきました。

 

相変わらず辺鄙な場所にあります、イメージにある浦和の感じでいくと結構な田舎なのでびっくりしますねw

 

過去に訪問した2回はタイミングがよかったのかそんなに待ちがない状態でしたが、この日はかなり大盛況!

 

 

食券は先に買ってから並ぶシステムなので店内で食券を。

 

 

未食だった油そば・中(850円)を。

 

お盆限定で大根おろし油そばに出来ると情報を見ていたのでそちらにしてみました。

 

そして、どでんと言えば元富士丸。

 

別皿アイテムを楽しむのが醍醐味ですね。

 

一麺入魂だったのでガッツリいっちゃいましょう。

 

生たまご(50円)、味ネギ(100円)、豚増しMIX(300円)、ローストポーク1枚(100円)を。

 

油そばの場合、コールタイムは食券を渡す時のようで先に聞かれるのでニンニク、アブラをコール。

 

20分程待って着席。

 

富士丸と同様に、どでんにはおしぼりがあります。

 

 

専門さん、特茶ありがとうございます。

 

先に生たまごと味ネギが提供されました。

 

 

生たまご3つあるし!!爆

 

どういうことだ爆

 

そういえば食券の時、付けるか聞かれたような・・・

 

油そばには生たまごが付くんですね。

 

まあ3つで画的に面白くなったのでOKでしょうw

 

そしてそこから数分で着丼。

 

おろし油そば・中 ニンニク アブラ(850円)

生たまご(50円)

味ネギ(100円)

ローストポーク1枚(100円)

豚増しMIX(300円)

 

 

いやいや圧巻のルックス!

 

この並んだ姿だけでも最高ですねw

 

専門さんのと一緒に並べて三田。

 

 

最高じゃないか!w

 

 

初めて食べるどでんの油そばは限定の大根おろしをトッピングしたのもあってか、最初は和風でさっぱりな味わい。

 

この系統のジャンクさがそんなに感じることはなく、サラッと食べられてこれはこれでいいですね。

 

おろしと一緒に大葉も少量ですが、トッピングされているのも香りもよく夏の暑い日なんかにもよさそうです。

 

序盤が結構おろしのおかげであっさりなのでガッツリ混ぜてニンニクを散らして、別皿のアブラも全部投入して食べてみると味が一気に激変して最高にうまい!!

 

卵は全卵なので1個は油そばにそのまま入れて、2個はすき焼き風で楽しみました。

 

味ネギも胡麻油で和えてあって、ジャンクな油そばとも相性抜群。

 

これで100円はいいですねえ。

 

 

豚増しMIXにしたので豚とローストポークが合い盛りで乗ってきます。

 

さらにローストポークは1枚追加したのでガッツリ乗ってきましたが、もっとあってもよかったな。

 

茶色茶色になってしまうこの系統もこうやって彩りがあるとまたいいですね。

 

麺量は中で300gとのことですが、全然多く感じることなくサクッと完食。

 

これなら自分も大にすればよかったです。

 

やはりどでんいいですね、流石に埼玉なので頻繁に行くことはできませんが、またしばらくしたら行きたいと思います。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:おろし油そば・中 ニンニク アブラ 豚増しMIX 味ネギ 生たまご ローストポーク1枚 89点

 

いいね!した人

テーマ:

2017年7月オープンの新店 「徳島NOODLE ぱどる」へ。

 

最近では新店にすぐ飛びつくことや、ブログアップもしばらくしてからにしている傾向のある私ですが、久々に唸った新店に出会えたので優先度を上げてアップ。

 

東急東横線 元住吉駅西口から徒歩5分程度の場所にあるこちら、私は車なのでその辺の感覚がイマイチよく分かりませんが、恐らく元住吉のメインの商店街である場所に店はあります。

 

メイン通りから1本中に入った場所ではありますが、メイン通りからすぐ目に付くのでそんなに目立たない立地ではないかと思います。

 

19:00頃の到着で店内2でしたが、私の後に何人か来られていて7席あるカウンター席は6席埋まっていました。

 

 

店主と思われる男性と奥様?と思われる女性の2人体制。

 

丁寧な接客で好印象、後から来たお客さんが徳島が地元でとお話されていて店主が喜ばれていました。

 

 

メニューは店のコンセプトどおりである徳島ラーメンのみをメインとし、後はトッピング類にごはん、徳島丼なるサイドメニューも。

 

デフォルトで生玉子は1つ付いてきますが、ライスは別売り。

 

但し、ライス(100円)に関してはおかわり自由という嬉しいサービス。

 

 

カウンターには徳島ラーメンの特徴が書かれた説明。

 

このくらい簡単に紹介されているのも親しみやすさが出ていて、薀蓄たれまくっているより好印象ですし、分かりやすいですね。

 

都内で代表的な徳島ラーメンというと中華そば JAC@高円寺や徳島ラーメンこそ謳っていませんが、おとどなどがありますが、神奈川県内だと資本系を除いたら本格的な店というのはほぼ無いのでは?と思います。

 

今回は全増しが気になりながらも初ですし、徳島らーめん(750円)を。

 

それにライスでもいいかなと思いましたが、やはりサイドメニュー攻めが好きな私としては徳島丼(300円)も頼みたくなり、そちらも。

 

オペはまだやや不慣れな感じがしつつ、ややゆっくりめの提供ですが、丁寧さが伝わりますし問題なし。

 

程なくして着丼。

 

 

徳島らーめん(750円)

徳島丼(300円)

 

 

リンクに貼った中華そばJACのルックスに比べるとJACが全増しだからというのもありますが、ぱどるのルックスはやや貧相に見えます。

 

もやしと肉の配置のバランスを少し変えればデフォでももうちょっと見栄えがよくなりそうな気もします。

 

生玉子は別皿で殻を割った状態、スプーンに乗せて提供されます。

 

徳島ラーメンの楽しみ方で言えば、すき焼き風に食べるのもよいのですが、今回は全卵ごと全部ラーメンに乗っけてみました。

 

 

スープは濃厚豚骨醤油、臭みは一切なく、まろやかでズッシリとした旨みがインパクトがあります。

 

これはうまいな!!

 

徳島ラーメンというとおかず的要素が強く、一般的なラーメンには乗らない豚バラ肉などに注目が集まりがちですが、ぱどるの徳島ラーメンはまずスープが最高にうまい!!

 

家系の醤油豚骨よりも豚骨の重厚さが際立っていて、醤油ダレはマイルドで甘じょっぱさがあります。

 

中毒性はかなり高く、スープ自体がうまいのでグイグイと飲んでしまいましたが、目の前に置いてあったニンニクを試せばよかったと後から後悔。

 

いやいやうまいスープですね。

 

 

情報によると店主は徳島が地元の方だそうで、麺も徳島から直送のものかと思いましたが、麺は棣鄂とのこと。

 

デフォルトで少し柔らかめ、パツッとした食感よりもスープと馴染むようなバランス。

 

私は元々柔らかめが好きなので、この茹で加減でも問題ないですが、人によっては固いのが好きな人もいそうな感じですね。

 

だからと言って、ダレている感じではなく、麺もうまいです。

 

メインのトッピングである豚バラ肉はそのまま食べてもうまいですし、玉子を絡ませて食べてもうまいですね。

 

 

徳島丼はかなりボリュームがあってこれが300円はすごい!!

 

本来はラーメンの具である肉をライスを付けて食べればいいわけですが、最初から徳島ラーメンの楽しみ方をサイドメニュー単体で楽しめてしまうこちらはまさに鬼に金棒。

 

これがうまくないわけがなく、ご飯がすすみます。

 

さらに徳島丼もご飯おかわり自由とのことで私は肉を少し残しておかわりを少しいただきましたが、大満足。

 

肉がやや温度が低いのが、残念でしたが、それを抜きにしてもいいほどのうまさですね。

 

 

ラーメン自体も結構パワフルな味わいなのでさっぱりとしたいところに、こちらではルイボスティーを出しており、肉肉しく、コッテリなスープを食べている途中でも口をリフレッシュできるのも魅力的。

 

久々にいつも行く店以外でまた行きたいなあと思える店に出会えました。

 

豚骨醤油が好きな方、ここはガチンコでオススメです。

 

私も早くも再訪したくなっているので、近々また行きたいと思います。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:徳島らーめん 85点、徳島丼 86点

神奈川県川崎市中原区木月3-13-30
いいね!した人

テーマ:

かなり前のことですが、2010年6月オープンの「麺や 木蓮」へ。

 

行こう行こうと思いつつ、なかなか行けてなかった店です。

 

鳥居塾の出身で当時は結構話題になった豚骨ラーメン店ですね。

 

やっとこさ行ってきました。

 

当日は木蓮の他にとみ田など連食した日でしたね。

 

13:20頃の到着で店内4くらいでした。

 

 

なんと言っても、店の外観が特徴的でトレーラーハウスなのです。

 

入口を入るとトレーラーの形そのもので横に長い店内、店主が一人体制で奮闘しております。

 

 

今、改めて見ると豚骨ラーメン店としては珍しいメニューの多さですね。

 

つけ麺などもあるのも珍しいです。

 

豚そば(620円)、ニボ豚そば(720円)を友人とシェア。

 

 

豚そば(620円)

 

ぬお!これは濃厚そうですね!

 

 

スープはクリーミーでマイルド、そして博多豚骨のようなライトな感じではなく、もっと豚骨の旨みを前面に出した味わいは東京にありそうなイメージのスープでなかなかうまい!

 

豚頭を使っているとのことですが、臭みなどはそこまで強くなく食べやすいですね。

 

タレがあまり強くないので、もう少しタレが強い方が私は好み。

 

あとは、王者とみ田の後に食べたのもあって、うまいのは間違いないんですが、少し霞んでしまったのは自分への反省w

 

 

麺は大成食品の細ストレート麺。

 

パツッと歯切れのいい麺はイメージにある豚骨ラーメンに合わせる麺そのもので適度な食感を残しており、美味しいです。

 

初だったのでそのままでお願いしましたが、私はもっと固いのが好みかな。

 

こういうラーメンには珍しい九条ネギや木耳のコリコリした食感もよかったです。

 

チャーシューもこの手のラーメンだとかなり脇役なイメージがあるのですが、木蓮のチャーシューはしっかりしたものが乗っていてデフォで3枚も。

 

これで620円は安いですね、替玉をしても+100円で720円。

 

 

ニボ豚そば(720円)

 

こちらはデフォのスープに煮干しを効かせたもの。

 

煮干自体の塩分がかなり前に出ており、かなりしょっぱい!

 

煮干や豚骨の旨みよりも塩分が強調されすぎてて、これはちょっと苦手な感じでした。

 

駐車場もあってこのお値段で結構満足度も高いので使い勝手がよさそうですね。

 

先ほども触れたように、自分への反省でとみ田の後に来たのがよくなかったです。

 

しばらく行ってないのでまた行きたいですね。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:豚そば 82点、ニボ豚そば 74点

 

千葉県鎌ヶ谷市初富30-17
いいね!した人

テーマ:

1984年創業の「中華めん処 道頓堀」へ。

 

大好きな店ですが、成増という立地なのでなかなか行けず、今回ようやく再訪。

 

この後にも1回行っているのですが、初めに言ってしまうとやはりこの店、最強にうまいです。

 

当日は19:50頃の到着で店内8割ほど。

 

 

土砂降りの大雨の影響もあってか空いていました。

 

コインパから歩いて向かいましたが、店に行くまでにビショビショに・・・

 

 

塩やつけも気になるんですが、初めて食べた時の中華そばが忘れられず、今回も初訪時同様に特製中華そば(1000円)を。

 

しばらくして着丼。

 

 

特製中華そば(1000円)

 

 

道頓堀はやはり特製にしてなんぼ!

 

特製にすると付いてくると違う部位の肉やワカメが最高なのです。

 

ナルトも乗っていてクラシカルさを出しながらも味は一級品。

 

 

スープは魚介をガツンと効かせた見た目以上にインパクトのある味わい。

 

一口スープを飲んだだけで「うめええええ!!!」と叫びたくなりますw

 

かなり久々の訪問でしたが、記憶はやはり間違っておらず、今回もスープだけで既に感動のうまさ!

 

 

麺は中太のストレート麺。

 

ポクッとした食感でこれは大勝軒の麺を思わせるような感じの麺で山岸氏のもとで勉強させてもらったというだけはある麺ですね。

 

いやいや麺もうまいなあ!

 

 

先ほども触れたように特製にするとチャーシューがかなりボリュームアップされて違う部位も付いてくるのが道頓堀の良さの1つ。

 

ワカメの清涼感も良く合っていて最高にうまい!!

 

この訪問時は次回は塩かつけにしようと決めて店をあとにしましたが、結局次の訪問でも特製中華そばを食べてしまいましたw

 

定期的に行きたい都内を代表する名店ですね。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:特製中華そば 95点

 

いいね!した人

テーマ:

ワタクシごとですが、旅行に行っていたのでブログ更新が滞っておりました。

 

旅行中に庄太のツイッターで六浦店のみゲリラ限定をやると!!

 

まじっすかあああああ!!!!!ってな具合で旅行先で落ち込んでおりましたが、まだ大丈夫ってなことで行ってまいりました。

 

そんなわけで「麺屋庄太 六浦店」へ。

 

 

厨房には達也さんに正道さんもいて、六浦オーラ全開で今日もキレキレ。

 

ラーメンが大好きなので色々な土地でその土地の有名店などを食べ歩きますが、お世辞抜きで庄太もそうですし、改めて神奈川はレベルが高い!

 

それは味だけでなく、店作りや雰囲気、その店の世界観など普段から行っている店は本当にそのあたりがすごいなあと改めて思います。

 

 

というわけでボンゴレ風あんかけそば(850円)を。

 

ちなみにこちらの限定、ゲリラ限定という形でリリースされましたが、しばらく提供するとのことで庄太ファンで逃してしまったお方は是非是非。

 

ほどなくして着丼。

 

 

ボンゴレ風あんかけそば(850円)

 

 

まずもう見た目が美しいんですよね!

 

立体感のある盛り付け、これだけで食欲を掻き立てます。

 

色彩もキレイで素晴らしい!

 

豚骨ラーメン屋ですよね?w

 

庄太はこのあたりの器用さも大好きなところ。

 

 

スープはメニュー名のとおり、一言で言うとボンゴレ!

 

達也さんから「ただのボンゴレで面白くなくてすいません」と話がありましたが、いやいや「ただのボンゴレ」に見えて「されどボンゴレ」なのです。

 

あんかけというだけあってスープはかなりトロミがかっていて、最初はレンゲが沈まないほど。

 

しかし絶妙の餡かけ具合でこれが麺に絡む絡む。

 

浅利の旨味にニンニクのパワフルな風味、刻み玉ねぎやパプリカなど、まさにイタリアンな味わい。

 

これだけだと本当にパスタから抜け出ていない気もしますが、ラーメンらしくネギを加えたりしてるだけでかなり変わります。

 

最初はトロミがかっているスープも食べ進むにつれてサラッとした感じに変化もあってレンゲが止まらず、ほぼ完飲状態。

 

 

麺はつけ麺用の太麺を採用。

 

力強いスープに負けないモチっとした食感の麺は先ほども書いたようにスープと激絡みで激ウマ!

 

いやいやこれは本当にうまいな!!

 

 

チャーシューも抜かりなしのうまさです。

 

スープの中にはもちろん浅利もゴロゴロ入っていて、そのまま身を食べてもうまいですし、キレイな見た目とは裏腹にかなり食べごたえのあるパワフルな味に仕上がっているあたりが庄太イズムを感じますね。

 

そしてそのままなんと今回は2品限定を用意したとのことでそちらも頂きました。

 

 

鯛の焼アラ出汁のトロミそば

 

 

今回旅行先は名古屋だったのですが、名古屋のご当地ラーメンの中で有名なものと言えば、台湾ラーメンの他に薬膳ラーメン、ベトコンラーメンなどがありますが、それ以外にも玉子とじラーメンの萬珍軒があります。

 

今回名古屋で萬珍軒は食べませんでしたが、玉子とじラーメンをまさか庄太で食べることになるとはw

 

鯛の焼いたアラを出汁として使用していますが、アラ特有のクセは皆無で臭みもなく、かなり食べやすくそれでいて旨みは抜群の味。

 

 

玉子とじしているのもあって優しい甘みもスープに溶け込み、うまいですね!!

 

 

麺は自家製の中細ストレート、滑らかで啜り心地のよい麺はトロミがかったスープとの相性もよくスルスルといけてしまいます。

 

そのまま食べても十分美味しいですが、別皿で提供されるトッピング類の数々での味変がこれまた秀逸。

 

 

アラのスープということで力強く振り切った味ですが、そこにミョウガや大葉、ネギなど薬味の数々が抜群の効果を発揮。

 

ミョウガや大葉は夏らしく爽やかな味わい、ネギは甘みとシャキっとした食感、そして梅干しの酸味や柚子胡椒のピリッとした辛み。

 

少しずつその具を1つ1つ試して食べても美味しいですし、全部を入れて食べてももちろん美味しい!

 

いやいやすごいなあ。

 

そして最後は〆のご飯付き、さすがに2杯連食なので少なめでお願いしました。

 

 

贅沢な鯛のアラ汁に玉子をとじて、ご飯をぶち込んで薬味を乗っけてズバズバと食べることを想像してみてください。

 

うまいのはご想像のとおりで、激ウマです。

 

鯛出汁をコンセプトにしている店も徐々に増えてきていますが、豚骨ラーメン屋がやるラーメンとは思えないほどのうまさで、振り切ったその味わいはまさに庄太の味。

 

今回も最高においしゅうございました。

 

達也さん、ごちそうさまでした。

 

最後に津久井浜本店の情報を少し。

 

前回ブログにアップした本店で数量限定で発売したゼブラ麺ですが、思った以上に反響があるとのことで正式にレギュラー麺として採用されており、既に発売中です。

 

期間内に食べられなかった方も今後はレギュラーとして食べられますので是非ともです。

 

また津久井浜本店、現在は庄太君は不在ですが、今週中には新限定をリリースするとのことなので乞うご期待くださいませ。

 

得点:ボンゴレ風あんかけそば 94点、鯛の焼アラ出汁のトロミそば 94点

 

いいね!した人

テーマ:

ロ麺ズかG麺7に行こうか迷っていたので後藤さんにどちらにいるか窺うと「新しい限定の試作の試作があるからロ麺ズで!」ってことで「ロ麺ズ」へ。

 

丁度昼時くらいに行くと、お客さん多数。

 

 

試作とは別にせっかくロ麺ズに来たので汁無し担々麺も食べたくなっちゃうのでそちらも。

 

 

後藤さんが厨房で調理をし始めると何やらニンニクのいい香りが。

 

もうこの時点でニンニク大好きな私は気分が盛り上がってきますw

 

そして試作で出していただいたのがこちら。

 

 

つけスパみたいな冷やし(試作 メニュー名・仮)

 

うお!予想を裏切るイタリアーンなルックス!

 

まあ特に何を予想していたっていうのもなかったのですが、まさかこう来るとは!w

 

 

まずラーメンはG麺7の冷やしではお馴染みの鶏節の冷やしスープをベースに鉄板の玉ねぎ油を使用したもの。

 

もうこれだけ食べてもG麺7の夏の定番限定なだけに間違いないうまさ!

 

 

麺は自家製の中細麺、滑らかさとコシの強さを兼ね備えたまさにロ麺ズ(G麺7)の麺だなと思わせてくれる唯一無二のうまい麺です。

 

スープがトロミがかっているのと玉ねぎ油のコクもしっかり拾って、そのまま冷やしラーメン単体としても完成度の高さは流石ですね!

 

そして今回はそれに加えてつけ汁?が付いてきます。

 

 

これだけ見たら五ノ神製作所?と思ってしまうほどイタリイなルックス。

 

トマトベースのつけ汁は一言で言うとアラビアータ風。

 

ニンニクの香りが食欲をそそり、ピリッとした唐辛子の辛みとトマトの酸味がよく合っていて見た目以上にパワフルな味わい。

 

 

つけ麺というよりはまぜそばのような感覚で和な味わいから一気に味変するサプライズ感たっぷりの構成。

 

つけ汁の底にチーズが仕込まれていてコクもしっかりしていますし、丼に添えられているバゲットにチーズがINしているのでそれによるコクも生まれてこれはうまいな~!

 

以前にロ麺ズではカルボナーラつけ麺をやったことがありますが、パスタやスパゲティーをうまく取り込んだメニューはきっと若い方にも受け入れやすいでしょうね。

 

啜磨専科で現在発売中の限定も冷やしラーメンに温のつけ汁スタイルを採用していますが、最近の後藤さんの流行りだそうですw

 

こちらはロ麺ズで来週くらいから発売予定とのことですので、気になる方は是非。

 

続けて汁無担々麺を。

 

 

汁無担担麺(800円)

 

 

もうこちらは説明不要のうまさ!

 

ロ麺ズは恐らくトータル30回~40回くらいリピートしていますが、限定以外だとこの汁無担々麺を食べる機会がダントツ多いくらい好きですね。

 

辛さも痺れもそこまで得意でない私がちょっと辛いのが食べたい時に食べるメニューとしては最高峰のうまさです。

 

サクッと食べ終えました。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:汁無担担麺 94点

 

この後は後藤さんと一緒に津久井浜へ。

 

 

続く・・・

 

神奈川県横浜市南区六ッ川1-689-1 マルエツサニーロード内
いいね!した人

テーマ:

つい先ほどのことですが「麺屋庄太 本店」へ。

 

昨日のツイッターでお知らせがあったとおり、昨夜から試験的にゼブラ麺を提供しているとのことで早速行ってきました。

 

ですが、つい先ほど庄太君から連絡があり、「麺がもう無くなりそう」とのことで、食べたい方はお早目にとのことです!

 

10:40頃の到着で1番でした。


 

庄太君は六浦店に麺を届けに行っているとのことで不在でしたが、カエデさんとスタッフの皆様、いつもどおりのお元気な接客です。

 

 

らぁ麺(800円)、チャーシュー丼(300円)を。

 

もう津久井浜本店ではお馴染みの注文ですね!

 

カエデさんがゼブラ麺を見せてくれました。

 

 

ゼブラ麺に関しては津久井浜本店が復活する時に、試作で作っていましたが、色々と不具合が多いため、その時は試作のままお蔵入りに。

 

今までに色々と試作を重ねてきて、遂に昨日彼の中でハマった麺が出来上がったそうなので試験的に提供することにしたそうです。

 

 

らぁ麺(800円)

チャーシュー丼(300円)

 

 

いやいやいつ見てもうまそうですね!

 

 

いつ来ても、どの時間帯に来てもほとんどブレ幅を感じることのない庄太自慢の豚骨スープは今日も激ウマです。

 

九条ネギとの相性も抜群で本当にうまい!

 

 

そして今回のメインであるゼブラ麺!

 

2種類の違う特性のある麺帯を作り、重ね合わせたものになりますが、モッチリさとツルツルとしたのど越し、両方を同時に味わうことができます。

 

見た目のインパクトがあり、その見た目だけに目がいき勝ちですが、奇をてらう感じではなく、あくまで新感覚でいて自家製麺のうまさを存分に味わえるクオリティー!

 

庄太君自身は、普段はめったなことでなければ簡単に「うまい」という性格ではありませんが、この麺の出来にはかなり自分でも自信があるようです。

 

しかし冒頭にも記述したように、こちらの麺は今回は約40食限定とのことで既に売り切れてしまっている可能性がありますので、お店でスタッフの方に問い合わせてみるのがよいかと思います。

 

しかし、今回のみで終わらせてしまうのは勿体ないほどの仕上がりなので今後レギュラー化も検討するようなのでお楽しみにとのことです。

 

 

チャーシュー丼は最近たまにお願いするおろしポン酢抜き、醤油ダレのみで味付けしたシンプルな味わいがゴロゴロのチャーシューを直に味わうにはもってこい!

 

これで300円安すぎじゃないですかねw

 

今回もおいしゅうございました。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:らぁ麺(特別仕様麺 ゼブラ麺) 98点、チャーシュー丼 91点

 

いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。