男子トイレで狙われたのは刑事の下半身だった-。JR池袋駅の男子トイレで警視庁捜査1課の男性警部補(49)の下半身を盗撮したとして、池袋署が東京都迷惑防止条例違反の現行犯で、練馬区の無職の男(31)を逮捕していたことが8日、同署への取材で分かった。

 同署によると、男は「男性の下半身に興味があった。トイレに警察官がいるとは。不快な思いをさせてしまった」と反省しているという。

 同署によると、男は7日午後8時ごろ、豊島区の同駅構内の男子トイレに入り、小便器の前に立って、体と便器の間から隠し持ったデジタルカメラを構えた。さらにレンズを隣に立つ警部補の下半身に向け、こっそりとシャッターを切ったという。

 被害に遭った警部補は、殺人事件などを捜査する「殺人犯捜査係」に所属。この日は仕事を終え、部下と帰宅途中だった。警部補は不審な動きを見逃さず、「何をしているんだ」と一喝。逃げようとする男を3人の部下とともに取り押さえた。カメラには撮影した画像が残っていたという。

【関連記事】
盗撮で罰金50万円の名古屋高検検事が辞職
盗撮の男逮捕 スニーカー先端の穴から携帯カメラで 千葉
盗撮の高検検事を懲戒処分 名古屋区検
トイレ盗撮容疑で熊本県職員逮捕
北海道警警視がスカートの中を盗撮 罰金30万円の略式命令
「中国内陸部の資源事情とは…?」

理容店に大型トラック突っ込み、4人死傷(読売新聞)
ネット書き込みでの名誉毀損めぐり最高裁が初判断 有罪判決確定
<築地市場>マグロの競り場見学一時中止へ 市場業務に支障(毎日新聞)
キヤノン関連工事斡旋で見返り手数料、元社長に有罪判決(産経新聞)
<平城宮跡>第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす(毎日新聞)
AD