11月に横浜市で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議へ向け、第1回高級事務レベル会合(SOM1)が22日、広島市で2日間の日程で始まった。貿易・投資の自由化が域内でどの程度進んだかの評価をめぐり、議論をスタートさせた。
 日本でAPEC首脳会議が開かれるのは1995年の大阪市以来15年ぶり。世界経済が金融危機の影響から脱し切っていない中、貿易・投資の自由化を通じて中国や東南アジアの活力を域内全体に広げられるかどうかが焦点で、「東アジア共同体」構想を掲げる鳩山政権は、準備会合の段階から議長国としての手腕が問われる。 

【関連ニュース】
【特集】激震 ドバイ・ショック
APEC控え協力態勢確認=税関、県警など横浜の4機関
事務会合メンバーが原爆資料館訪問=広島・APEC
横浜で大型講演会を計画=ダライ・ラマ、6月訪日で
APECジュニア会議が開幕=世界平和や環境・貧困を議論

<公訴時効>殺人での「廃止」などを法相に答申 法制審(毎日新聞)
<医療事故>投薬ミスで寝たきり状態、病院に賠償命令 岡山(毎日新聞)
介護職員処遇改善交付金、2月サービス分の申請期限を延長―厚労省(医療介護CBニュース)
<火災>男児救出…お手柄の高校生2人に感謝状 京都府警(毎日新聞)
朝鮮学校の無償化「結論出てない」首相が修正(読売新聞)
AD