トップのスピーチプレゼン戦略 理論と実践のボイスイメージ®

スピーチプレゼンコンサルタント森 裕喜子 公式ブログ


✅OFFICE JUDYは「VOICE IMAGE®」に名称変更いたしました(2016年6月1日より)


VOICE IMAGE森裕喜子サービス紹介ビデオ
お客様のトレーニング風景や現場同行シーンを含めて編集した映像(約3分)


✅お悩み解決映像  毎週水曜日 新作配信中
すぐ役に立つスピーチプレゼンの「ヒント」を森裕喜子が実演するショートビデオ
(20本以上あります)

✅公式HP  http://voice-image.com/
詳しいサービス内容、実際の事例をご覧いただけます

✅公式FACEBOOK
スピーチプレゼンに関する情報など、随時更新中

✅著書「スピーチプレゼンは まず3秒黙りなさい」
人前で堂々と話せるようになる「伝え方」の技術
光文社 ¥1,512


どんな本?
→ちょっと立ち読み? 本vieew!
→Amazonレビュー

✅お問い合わせはWEBからお願いいたします →Click here
 
【本ブログ掲載内容の転載や転用を禁じます】 ©VOICE IMAGE® 森裕喜子

テーマ:
今日は午後、「全日本学生柔道優勝大会」を観に行ってまいりました@武道館。



柔道の試合を生で見るのは、実は初めてであります。
・・・皆さんもそうだと思いますけど、スポーツを観るのは好きでも大抵テレビで、ですよね。

しかし、生だと全然迫力が違う!!!
やはり、何事もナマに限る・・・!!!!

選手が技をかけたり決めたりするたびに、会場中が、ど〜ん!とどよめく。
2階席には大学の名前が書かれた大団旗がたくさん掲げてあり、
客席には熱く見守る保護者の団体やOB、日本代表の選手の方々のお姿もありました。

ああ。小さな女子大出身の私としては、経験してこなかった熱い青春・・・
そして、このような戦いを経て、選手は世界で戦う日本代表となっていかれるのだ・・・

いざ、会場に足を運ぶべし!!!

で、本日、こうしてブログをしておりますのは、柔道観戦して来たから、というだけではありません。
選手の皆さんの「お辞儀」の仕方について、私にとっては大変な発見をしたのです!

礼に始まり礼に終わる、という武道。
畳に上がる時、試合を開始する際、終了後、退場時、全てのタイミングでお辞儀をされます。

注目は、お辞儀して頭を下げる際の「手の位置」です。
今日、実際に当方スマホにて撮影したお写真を添付いたします。



ご覧ください!
本日一番応援していたチーム、日大柔道部の皆さん(白の道着)の準決勝前のお姿でいらっしゃいます。
特に、先頭に立っておられる選手のお辞儀の、その手の位置に、ご注目です!

両方の手が、腿の上にあります。
これ、これなんです!!! ヾ(@°▽°@)ノ きゃー!

何を騒いでおるんだ?森・・・と思われるかもしれませんが・・・・
実はなかなかお目にかかれない美しいお辞儀なのです。涙。


みなさま、実際に自身でお辞儀される時、手はどこに置いておられますか?
大抵のビジネスマン、大抵の日本人のお辞儀で頭を下げる時の手の位置は
手を脇にピタッとつけたままか、あるいは、
手を胃の前に組んで肘を貼り出す(エレベーターガール式と私は言っているが)
あるいは、
お尻を手で隠すようにする。
が、多いのではないでしょうか。

とほほ。

スピーチプレゼンをする際のお辞儀は、
いかに良い話をするか、いかに良い声を出すか?に関わるもの。
ゆえに、お辞儀は「カラダ本来の機能を最大化できるもの」が良いわけです。

となると、頭をさげる際には、この選手の皆様のように、手は腿の前に来る!これがベストです。
この源をたどると、武家礼法の真髄である「弓馬術礼法小笠原流」になります。
武士が体本来の機能を活かした効率的かつ実用的、さらに美しい体の使い方。
それが礼法。

柔道にも、同じお辞儀を発見〜!ヾ(@°▽°@)ノ
全ての選手の皆さんが、このお辞儀だった〜!!!! (感動)

なぜ腿の上に手が来るのか、については、解説すると長くなるので今回は割愛します。

*詳しくはぜひ、
小笠原流三十一世宗家 小笠原清忠先生
小笠原流次期宗家 小笠原清基先生
のご本などをどうぞ・・・・


ああ、今日は改めて、良い発見をさせていただきました。ありがとうございました。

全ての選手、監督、先生方、どうぞ、今日はゆっくり体を休めてくださいませ。

そして、次は、もっともっと、強くなれ!!!!!

応援しております。

森裕喜子
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
メディアトレーニングの仕事をすることが増えました。
マスメディアの特徴を踏まえつつ、
目的を持ったコミュニケーションとしての対応法などをお伝えしています。

多くの方が「とにかく何かうまい言葉を発しなくてはならない」とプレッシャーを持っていて、
それゆえに話すことが難しく感じておられます。

もちろん、コメンテーターのようなお仕事として
メディアに出ておられるのであれば、何も言えない、では困ります。

ですが、
とっさのインタビューや質問に対して、
本当に言葉が出ない、言葉にならない状況って、あるはずです。

自分の心に正直になればなるほど、言葉にならない、発信できないことがあるはず。
であれば、
言葉が浮かび上がってくるまで、沈黙があってもいいではないか、と。

「・・・今の私の気持ちは、言葉になりません」と言って良いはずです。

かつて、
俳優の高倉健さんに関する沈黙の話を聞いたことがあります。
こんな内容でした。

ある人が取材で健さんに質問した。
健さんはすぐに答えなかった。
ずっと黙っていた。
答えがないまま、質問した人と健さんは一緒にタクシーに乗った。
質問した人は、無言の健さんに
「もう質問のことは忘れたんだろうな・・・」と諦めた頃、
不意に健さんが質問の答えを言った。

健さんは、質問に答え忘れていたのではなく、
長い沈黙の最中、必死で、質問に答えようと考えていたのだ。
質問した人は、健さんのその思い、その真摯さに心打たれたそうです。

じっくり。
自分の言葉が出てくるまで待った上で発信される言葉は、
ポンポンと簡単に発せられる言葉よりもずっと重く、インパクトがあるはず。

だから、黙っていることも、発信なのです。

言葉にならないことは言葉にならないと、そのまま発信することで、
逆に伝わることもある。

黙ることも、発信。

そんな風に思えれば、
どれほどコミュニケーションは豊かになるでしょうか。
どれほど、発信するプレッシャーが楽になるでしょうか。

うまく話す必要なんてありません。
自分らしく。
本当に、心の奥にある、ピュアで強い自分のままに、自分らしく。

そんな発信は、共感してもらえる。

黙ること、恐れないでくださいね。
その後には、きっとより伝わる言葉が生まれてきます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
声の出し方は十人十色
体の作りや顔の雰囲気も人それぞれなように、
声の出し方も、色々あります。

私は、つまるところ、どんな声であってもその人らしければ良い!と思っているんですが、
お会いする方々の中で、かなり多くの方が
「自分の声がきらいです」とおっしゃいます。

スピーチプレゼンともなると、
「声が嫌いだから話すのが苦手」と思っていらっしゃる方も多い・・・。

その人らしい声とは、楽〜に出せる声のこと。
楽〜に出すのは、実は難しいことではありません!

26回目となった映像に収めてみました!(下記画像をクリック)


ため息を吐く時の、ドワ〜っと息が吐けている時の声。
「は〜」だったり
「が〜」だったりするでしょうが、
その時、息は前にどどどっと吐けています。

これが「息を前に吐く」声。

息を前ではなくて、上に出そうとすると、もちろん口は上には空いてませんから息は詰まります。
また、息を吐かずに話している場合もあります。
それでも音声は出ますけど。

上でもなく、吐かないでもなく、前に!
つまり、口が開いているんだからその方向に、ドワ〜っと吐きます。
体の力を抜いて声を出してしまってください。

きっと・・・ぎゃー。驚くほどの大きな音が出るでしょう。

それこそ、あなた本来の声です。

そして、楽だったでしょう?

いいんですよ、楽に出して^^

ぜひ、息は前に吐いて、楽チンに出してくださいね。

森 裕喜子

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
トランプ大統領が就任100日を迎えた4月29日の演説。

"I could not possibly be more thrilled than to be more than ・・・"

「私は・・・・以上にスリルを感じさせられたことはない」の意味合いだが、
possibleを否定形で表すことで、逆説的に強調している。
う〜ん。英語らしい表現だなあ。

日本語訳は「感無量です」
なるほど!
心が動いた量を「たくさん」ではなく逆に「無」とすることで
英語とは別切り口の逆説的表現!
むう〜、こちらも、通訳者のセンスが光ってるなあ。



スピーチプレゼンもほんの少しの言葉選びで印象が変わる。
普段使う言葉は、知らず知らずのうちに、ある程度決まった範囲から選んでいるものだ。
それがその人らしさとも言えるのだが、一方、変化に乏しくもなるし、
話している自分としても、なんとなくマンネリ感が拭えない。

言葉選びのセンス。
どうやって強化するか?
日本語を一旦飛び出して、英語を使って見てはどうか。

「とても感動しました」とすれば ストレートでありきたりな印象になる。

「感無量です」であれば 豊かに思いが膨らんでいくような感じがする。

あるいは、先ほどの英語の表現をそのままいただいて
「これ以上にドキッとしたことはありません」と否定形を使ってみると、
言葉に動きが出て表現が生き生きしてくる!

言葉選びに困ったら、
英語では何というか?を考え、それを日本語に直訳してみたら面白い。
英語に限らず、イタリア語やフランス語、ドイツ語、あるいは中国語・・・
きっとその言語の個性で表現が豊かになるはず。


外国語習得と同時にスピーチプレゼンに磨きがかかる。
一緒に学んでいけたら一石二鳥!
ぜひ、チャレンジしてください。
 

森 裕喜子

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月8日、GW明けの衆議院予算委員会。


安倍総理の「詳しくは読売新聞を読んで」の発言に

質問に立っていた民進党長妻議員も、

報道したニュースのコメンテーターも相当憤慨していた。


http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/08/constituion_n_16484292.html


これは
「(改憲についてビデオで発信したのは)党総裁と総理の立場使い分け」をした結果の一言。

立場により発言内容を使い分けること。
スピーチプレゼンのスキルの一つでもある。

私は「視座変え」と名付けているが、

一人の発信者が複数の視座における考えを言語化をするもの。

当然視座が違うわけだから、同じ一人の発信者であっても、実際の言葉は変わってくる。


聞き手には新鮮なインパクトをもたらす、いわゆるレトリカル表現。
説得力、影響力を高めるには有効なパワースキルだ。

そのパワフルさゆえに、使う場所、相手、内容などを吟味しなくてはならない。


ビジネスのスピーチプレゼンにおいては、

話の内容に説得力を持たせたい、

深みをもたせたい、

あるいは、ちょっと変化球で話したい、

そんな時に活きる手法。


それぞれの視座にフィットした言葉をどう選ぶか?がポイントだが、

その前に、視座の設定が鍵。

聞き手の共感を得られるか、反対の結果になるか、結果に大きな差が出てくる。

プラスで戻ってくるか、あるいはマイナスでドカンとやってしまうか。

パワースキルだけに、要注意です。


森 裕喜子

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)