至上最強のスピーチ・プレゼン戦略

日本初のボイスイメージコンサルタント
VOICE IMAGE 森 裕喜子 公式ブログ

OFFICE JUDYは「VOICE IMAGE®」に名称変更いたしました。(2016年6月1日より)

サービス紹介ビデオ 「あなたの言葉、生んでください」 
2017年1月18日 リリース  (約3分)



✅お悩み解決映像  毎週1本配信中

✅新HP  http://voice-image.com/

✅公式FACEBOOK

✅著書「スピーチプレゼンは まず3秒黙りなさい」
人前で堂々と話せるようになる「伝え方」の技術 
光文社 ¥1,512
 

どんな本?
→ちょっと立ち読み? 本vieew!
Amazonレビュー


✅お問い合わせはWEBからお願いいたします →Click here
 
【本ブログ掲載内容の転載や転用を禁じます】 ©VOICE IMAGE® 森裕喜子
NEW !
テーマ:
みなさま 2017年 スタートして少し経ちましたが、いかがお過ごしでしょうか?

私の方は、と言いますと、
やっと・・・映像を作りまして、本日FACEBOOKにてアップしました!!

ブログのトップ、メッセージボードに表示しましたが、
ここにも貼り付けておきます。



どうも、私の仕事、
ブログやFACEBOOKなどの文字媒体では
なかなか内容をご理解いただけないのかな〜と、
常々思っていました。

「やっぱり、生で自分で話すのがいいんじゃない?」

と友人がアドバイスをくれました。
そして、映像製作をすることにしました。

ブログや本、それからFACEBOOK投稿等メディアを通じて
森裕喜子の人となり、仕事の一端を発信しているつもりですが、

百聞は一見にしかず

なのですね。映像は、発信力強し!


で、いざ作るとなったら、ちょっと勝手が違いました。
人前で話すお客様をサポートをする仕事をしているんだから、
自分自身をサポートするのだって、バッチリよ!と思っていましたが

いやいや    それがもう   自分のことは・・・  that's 紺屋の白袴^^;

クリエイターさんに大変お世話になりました。

ちなみに、そのクリエイターとは
Yuki Ogura(小倉裕基)さん

あれこれ注文がまとまらず、好き放題?の発注主であったであろう私を
すう〜っと、水のように受け止めてくれて、
これまた、すう〜っと、
私の言いたいことを、ありのままに、かつ、伝わりやすく!
3分の映像にまとめてくれました。

ありがたい・・・・

Ogura さん、ありがとうございますm(_ _ )m


さて、この映像の目的は、

・ボイスイメージって
・森裕喜子って
・具体的にどういうことをするサービスなの

など、基本的なことをお伝えするものです。

もっともっと、伝えたいことあるんですが、
1本目ですし、
盛り込みすぎてもブレますし、(・・・スピーチプレゼンと一緒や!)
内容を抑えて削って絞っています。

とにかく、
少しでも、より皆様にお役立ていただけるサービスがココにあることを、
知っていただきたい!そう考えました。


映像タイトルは 「あなたの言葉 生んでください」

これも、ずいぶん迷いました。
インパクト強すぎるかな〜とか。
しかし、これが自分らしいのだと、腹くくりました。


この映像で最も言いたかったこと。
それは、私の業務中の姿を見てもらうことではありません。

なぜこの仕事をしているのか? 
そして私がしていることの「何が」世の中に役立つのか?
そこを伝えたかった。

「あなただけの言葉があるはずです、
それを恐れずに発信してください。
私はそのお手伝いするために、います」

伝えるためには、具体的にどんなことをしているのか、実際の例が必要です。
そこで、普段は完全コンフィデンシャルの練習も、
今回特別、お客様にお願いをして、トレーニングの実際を映像に収めました。
絵になりやすくパッとわかる発声練習風景のみではありますが、入っております。

本番に同行するシーンもあります。
こちらも、実際にお客様がお話しになった現場で撮影させていただきました。
この場をお借りいたしまして、快く撮影にご理解をいただき、
ご協力いただきましたお客様に、心より御礼申し上げます。


ナマのボイスイメージ業務風景、
森裕喜子の肉声も含めまして、映像でご覧いただけますと幸いです。


今年こそ、もっと伝わる発信を!

皆様に、ナマで!直接お会いできますことを楽しみにしております。
私自身の発信も、より伝わるものを目指してまいります。

みなさま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

森 裕喜子
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おかげさまで10本目となった「お悩み解決スパルタ筋トレ」の映像
先週水曜日にFACEBOOKにアップしております
ご覧いただきましたでしょうか〜

今回のテーマは「最初と最後をバシッと決める」

映像で話せるのは ほんの一部
全部話しきるなんてことはできないので
もう 絞って絞って 削って削って なのです

言い足りないよ〜
と焦る気持ちを抑えて、削って絞ってぎゅうっと凝縮して絞り出したのが
この映像

言い足りないなら
ブログに書けば?

もう一人の自分が囁きましたんもので

そうか!

ブログネタも尽きてきた?からなあ

それにしてもこれも何度書き直していることか
パソコンパタパタパタパタ言わせながら
もー  本当に書くことは 
話すことよりも ずっと苦手   圧倒的に 苦手


映像は下記をクリック^^


さあ 書きます 

では本題

スピーチプレゼンというと
どうしても「中身」を作り込むことに集中しちゃいますです
スライド資料作り  原稿作り です

本番があるとなったら
ほとんどの方がこの「作り」に8〜9割の時間や労力を割かれるんじゃないでしょうか

でも!

誰が何をどう話すか の 何をだけが大事なわけじゃない

だから私この仕事しております

誰が も大事だし
どう も大事なんです



誰が何をどう話すか 
の3要素が最も大きく影響しあい 
聞き手に伝わるパワーが大きいのが

最初と最後 の部分なのであります

相撲で言えば 立会いと土俵際
出会いで言えば 最初の挨拶と別れ際

いくら中身がきっちり出来上がっていたとしても
本番で決して忘れてはいけないこと
それが 最初と最後 なのです

始まる時の話し方
終わる時の話し方

。ここに 魂入れられるかどうか?

これで 決まります
伝わるかどうかが

聞き手は 敏感ですね
聞いていないような人でも これ ちゃんと触覚動かしてますよ
ちゃんと感じています

物理的には非常に繊細なちがいです
たった0.1秒の間合い
声の微妙な大きさ 強さの違い
数ミリの目線の動き

ほーんとに ちょっとしたことです
でも ちゃんと聞き手は感じるのです

すごいね〜 人間って!(動物って)

話す人がどれほど苦労してプレゼン資料を準備してきたか〜!?なんて
まあ実際のところ  聞き手はほとんど気にしません

ご自身が聞き手に回っている時のことを思い浮かれべていただければ
納得できるのではないでしょうか



本日もお客様の本番があり
雪の積もった名古屋あたりを徐行する新幹線に乗って
プレゼンに同行してきました

メッセージ作りや話の構成にはがっつり取り組んで準備され
本番に挑まれました

初めてのテーマのプレゼン
だったこともありますが
ご自身でも「最後、言い切れなかったです」と振り返っていらっしゃいました。


また次があるので、期待いたします!!!!


最初と最後、伝えきるには胆力が必要です
いくら練習したとて 話し手も人間
聞き手に遠慮しちゃったり 気になったりすることがあると
また 事前準備で中身に注力すればするほど
最初と最後をしっかり伝える!という意識が薄くなりがちです

最初と最後は、中身を話す時とは別次元
そのくらいに考えて「伝えるぞ」の気概でお願いします

事前準備は万端に
そしてどうぞ本番では 最初と最後にグイッと気合を入れて取り組んでください!

そうすれば、話全体の価値がグッと上がります!!!!


来週の本番、ググッと気合の入った最初と最後を
楽しみにしています!


森 裕喜子
いいね!した人

テーマ:
2016年も、まもなく終わり・・・
なんだか今年はクリスマスになっても「へえ・・・」って感じで感慨がありませんでしたが、
一年が暮れるとなったら、急に残りを大事にしたくなりました。

本年後半は、ほとんど思いつき(?)で開始した
スピーチプレゼンのtips実演映像に、思いのほか、反響がありました。
毎週1本、FACEBOOKページにて、アップしております。

今日はその本年最後の1本をアップ、テーマは「語尾」です。

普段、さして苦労なく人と会話をしているものですが、
その延長でスピーチプレゼンを捉えてしまうと、
いざ人前で話す際には、あれれ、となることがあるものです。

なぜかと言いますと、
スピーチやプレゼンは、明らかに何らかの目的があって行われるためだからです。
ですから、全く普段のそのまんま、というわけには、行かないんですね。

じゃ、どうしたらいいか?
たったひとつだけ、ということであれば
もうこれです。

「語尾」に気をつける。

語尾に気をつけようとすると、

ああ、語尾語尾

と意識しますから、話してる最中にもちょっと変わってくる。
で、いざ、語尾だ!となりますと、そこも意識して変わる。
さらに、次に出てくる話の冒頭も影響を受けて変わってくるというわけです。

つまり、語尾の部分だけを気をつければ、
自然と話が全部変わってきちゃうという
そういうわけです。

ちょうど年末年始でご挨拶などおありになる時期です。
ご活用ください。

https://www.facebook.com/judyyukiko/videos/1226535477434227/

みなさま、本年も大変お世話になりました。
新年がますます素晴らしい日々となりますように、
どうぞ良い年末年始をお迎えください。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

森裕喜子
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年も、もう忘年会シーズン^^ ワオ〜
スピーチにカラオケに、マイクに親しむ季節となってまいりました。

マイクの持ち方一つで、話振りが変わってしまうってことがありますヨ
あなたはどんな持ち方でしょうか?

まずは映像でマイクについて語ってみました!
下の、白いマイク画像をクリックするとご覧になれます♪ どうぞ




映像にプラスアルファ!
ブログ記事もどうぞ。

以下、2014年4月の過去記事を再掲載です。

〜〜〜

人前で話す際、マイクは必須アイテムである。


マイクは、正しくは「マイクロフォン microphone」という名前で、
辞書には「電波をエネルギーに変える装置」とある。

おおお~。


マイクの持ち方というと、単なる道具の扱い方にしか聞こえないが、さにあらず。

マイクは友達!

友達とのつきあい方には本性が現れる!


カラオケの普及などにより、
あまりにもおなじみアイテムと化した友、マイク。

果たして彼(彼女)と適切な「つきあい方」が出来ているだろうか。

そして、
マイクとの「つきあい方」ひとつで
「話し方」や「話しているときのイメージ」は
変わって来るのである。



一般に、
マイクは丸い「頭部」と、その下にある棒状の「胴体部」に分かれている。

その「頭部」の下部ギリギリ、つまり胴体部の最上部、
あるいは頭部下部を覆うようにしてマイクを持つことを

「ロック持ち」

と、私は呼んでいる。

わかりにくいだろうから、
事例として
ロック歌手大友康平氏の画像を添付。




「ロック持ち」は、
読んで字の如く、熱いロッカーのように話すことを誘発する。
簡単に言えば、テンションを高くする。

従って、
時と場合に寄るが、
ビジネスは「信頼安心感」をまず求めるものとするならば、
この持ち方は少々落ち着きに足らない印象をもたらす。


この「ロック持ち」を荒々しさの代表格とするならば、
一方、たおやかさ、弱々しさを表現する持ち方もある。

マイクを、両手で大切そうに持つ方法。

ワタシ、マイク一本も片手で持てないワ、
という今時あり得ない弱々しさ、
あるいは、
どこか未成熟な危うい印象を与えるにはうってつけ、の持ち方。

平たく言えば、かわいく見える。
もっと簡単に言えば「ぶりっこ」である。

この持ち方で、ちょっと小首をかしげて自信なさげに小声で話せば、
誰でもそうなれる。

スピーチプレゼンシーンでは、
緊張してます、どうしよう、話せるかしら、という、気持ちの不安定さを伝えることになる。

従って、
リーダーシップを取る立場の方には御法度の持ち方である。



じゃ、どこをどう持てばいいの、というと、
マイクの胴体部を真っすぐにするようにして、その胴体部中央あたりを、片手でしっかりと持つ。
あたかも、ご自身の鼻の延長かというようなイメージで、
すうっと自然に、力まずに持てばよい。

これは、マイク本来の作りに対応した持ち方である。

また、
マイクの頭部は、
口からコブシ一個分くらい離すと、どんなマイクでもうまく音が入ってくれる。

この距離感は、マイクで口元を隠さない。
うっかり写真を撮られたりしても、マイクが顔を隠さないので写り具合がよい。


マイクを食べてしまったり、好んで嘗め回したりしている場合を見かけるが、
どうみても品格に欠ける。

何より、他の人がそのマイクを使いたくなくなり、迷惑千万である。


マイク胴体部を持ったとしても、
それを真横にする、あるいは胴体部を頭部より高くすると、
一気にアバンギャルドになる。

サラリーマンとして言葉では反逆できないが、
このマイクの持ち方で上司に反発を表現する、ということも可能なくらい、
インパクトはある。



そのほか、
マイクの持ち方は実に多種多様であり、
クルマの運転同様に、隠れた本性が現れるところだ。


最後になったが、
マイクの種類にはいろいろあって、
今回書いたものは「ハンドマイク」の持ち方。

このほかに

・卓上マイク(机や演台に置いてあるもの)
・ピンマイク(服に止めて使う。腰の辺りに小さい機械を取り付けるもの)
・スタンドマイク(ステージ等で立って話すもの)

などがあるが、それらについては、また改めて。


マイクと良い友達になり、人前で話すことをありがたく助けてもらう道具として
上手につきあいたいものです。


森 裕喜子

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
語尾。

点か丸か、で、伝わるか伝わらないかが、大きく変わります。

どういうこと?

伝わる話の内容を論理的に組み立てることもできますが、
その前に、語尾一つで、こんなにも変わるんですよ!

一発でキュッと伝わる話にしたい方、必見です!

ぜひ、映像でご覧下さい!

https://www.facebook.com/judyyukiko/videos/1200379870049788/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)