ヴァイオリン弾き寿原宗人のブログ

ヴァイオリンの活動や思いつきでの更新です


テーマ:
さて、本日は川口shockonでの月1ライブでした!


月1ライブですが先月と来月が無しなので月1ライブじゃなくなってきておりますが( ̄▽ ̄;)


まぁ「月1ライブ」と呼んでいるの自分だけですが( ̄▽ ̄;)



本日は比較的多くのお客様がご来店下さいました!やはりお客様が増えると嬉しいですね!

本当にありがとうございます!

次回は10月上旬予定です。決まり次第またご連絡します。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨晩は高校時代の部活の友人3人がうちに飲み来ました。



1人は大学卒業、入社後に富山転勤で今や年に数回しか関東に戻らず。


この友人が遊び来るとなり、誘い2人が合流(うち1人は柏)


18:30に1人目、20:30頃2人目、22:00頃3人目が加わり飲み。


先ほど解散。



{92AE64CF-6CA6-484E-812D-F30334E28F3E}


前回集まったのは昨年9月に今回のメンバーの1人の結婚式。


高校卒業から10年以上経ち、未だに飲み話ができるのは幸せな事です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は溝上詩織とのデュオコンサートでした。

お越しくださった皆様ありがとうございました!
{05389299-1BE1-4015-9E4C-20C0840D0BBB}



いくつか事故りましたが、皆様の温かさに支えられなんとか終えることができました。



1曲1曲はそこまで難しいものではないもののクラシックのソロ曲を一度にあれだけの量弾いたのは久しぶりだったので思うように練習が進まず、自身としても「どの曲ももっと詰められる部分があったな」と反省の多い演奏でした。


メールでもコメントでも構いませんので、お越しくださった方からのご意見ご感想頂けると幸いですm(__)m

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
嫁さんと娘が帰省して4日目。

1日目は昼はスパゲティ茹でて(肉と卵を焼きまぜた)

夜はうどん茹でて(肉も焼いて焼うどん)

2日目は朝から出かける用事があったので朝食はすき家

昼は溝上と8/7の打ち合わせで初の叙々苑ランチ
{8A6569D7-FA3E-41D0-A351-A1807303B36D}



夜はまた自炊で肉を焼いたのと温野菜、じゃがいもと玉ねぎを揚げ
{535284CC-B799-4FE1-98C1-C094A025D5F7}

3日目朝は前日夜の残り

昼は溝上と8/7の合わせ練前にガスト

夜はまた自炊でチャーハン的な混ぜご飯
{D801B948-4575-4755-A946-4D5EF2199E38}


4日目は起きるのが遅かったので朝昼兼用でご飯の残りと冷凍食品



だんだん作るのにも飽きてきたし、とにかく肉食べたい衝動で夕食は初の1人焼肉で牛角へ。

{EB690D00-BCE3-4BB4-A679-F3A7C94393E8}



せっかくなら食べ放題にとした結果

梅タン塩
豚タン塩×2
塩ダレカルビ
にんにく塩ハラミ
あぶりベーコン
カルビ専用ご飯小
ネギたまご飯中
牛バラトロカルビ
ご飯小
サンチュ
ネギ塩冷奴

食い過ぎた…~_~;



それにしても1人焼肉、気兼ねなく食べれていいけど、やっぱつまらんね。


一人暮らし時代はそれが当たり前だったし、一人メシが嫌な日はバイトのメンバーやら大学の友人やらと気軽にメシ行ってたし、大塚に住んでた頃は行きつけの店がそばにありしょっちゅう行ってたけど。


今はなかなか気軽にメシ誘える相手もいないしねぇ…(みんな家庭あったり仕事忙しかったり)


そう考えると学生時代は自分も周りも自由でしたなぁ。


それにしても久々の独り身生活を通じて思うのは嫁さんと娘の存在って今となってはなくてはならない存在なんだなぁと。


嫁さんと同棲始めてしばらくは一人暮らし生活がそこそこ長かった(5年)のもあり、「共同生活」ってのが息苦しく、ストレスだった。

それに慣れてから娘が産まれて間も無い時も、大人二人の生活以上に色々と大変で(娘の生活が家族生活の基盤になるので)
大変だったけど(行ける店が減ったり、お風呂やら夜泣きやら)


それにも慣れてきて



2人が先に帰省するとなって、「久々の独り身生活満喫しよー」とか思ってたけど、今や逆にいない環境の方がストレスになりますな( ̄▽ ̄;)


家族とは不思議なもんです。あと約1週間この生活。

というのも8/7のコンサートのためです。

{A6894FBF-F5D4-4B48-A6C4-5BD65CE9378D}

8/7(日)
紀尾井フォーラムで溝上詩織とデュオコンサートやります。

まだ席だいぶ余ってます( ̄▽ ̄;)


来て下さる方いらっしゃいましたら是非ご連絡下さいm(__)m



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5年前から使っていた扇子(写真左)…ついに壊れました~_~;


なので新調しました(写真右)

{ECE29F6E-5E34-445A-A2EF-42D6111374D7}

{49CDA3DB-AB82-4F9B-838B-849E4482FEB9}


香り付きのもので持ち心地がいいものを探した結果、やはり今まで使ってたのと似た形に。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
7/16、あざみ野の山内地区センターにて室内楽部のサマーコンサートがありました。


3年前までは校内の音楽室でのサマーコンサートで、観に来て下さる方も部員の身内や学校関係者など20〜40名ほどのご来場でしたが、一昨年より地区センターをお借りするようになり

一昨年は約90名
昨年は約110名

そして今年は約130名のお客様がご来場くださりました。


観に来てくださった皆様へ部員たちの代弁も込め、お礼申し上げます。本当にありがとうございました。


毎度お配りしているアンケートの「室内楽部のコンサートにお越しいただくのは何回目ですか」という項目に関しても、「数え切れない」という方が年々増えております。


サマーコンサートに限らず、9月の文化祭や12月のクリスマスコンサートなど年々室内楽部のコンサートを観に来て下さる方、リピーターの方が増え、室内楽部のコーチとしても、室内楽部のいちOBとしても嬉しい限りです。


自分は高1〜高2の9月の引退まで現役として、2010年10月から約6年部活のコーチとして桐蔭学園室内楽部に関わってきましたが、今年度末(来年3月)でコーチを引退する事になっております。


コーチとして関われるコンサートも残り僅か、今までの部活と関わってきた時間と比べるとあっという間に過ぎることでしょう。

自分が辞めた後、10年、20年後もこの部が成長し続けるよう残された約8ヶ月も精一杯努力していこうと思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は人生初の「審査員」という立場で関わらせて頂きました。

審査員といっても学校オケの参加オーディションのですが( ̄▽ ̄;)


長くなりますが、「桐蔭第九の会」というものの説明から書きます。


中学高校母校である桐蔭学園にホールが出来た年(約25年くらい前)に発足した部活とは別の団体で、毎年11/3の文化の日にベートーベンの交響曲9番の1、4楽章を演奏しています。


自分も中2〜高3まで

中2…1stvl
中3…2ndvl
高1…1stvl
高2…va
高3…2ndvl

で参加しました(中1の時は第九の会が部活だと思っていたので応募しませんでした)

自分が現役の頃は、指揮者と歌のソリストの他、管弦打も多くのエキストラがいて、弦に関しては女子弦楽部が主体(中3〜高2)で、女子弦楽部以外はオーディションを受け、通った人だけオケに乗れるというものでした。


男子は毎年中高7〜10人ほど(大半が楽器歴10年くらい)がオーディションを受け、5人前後が受かるという狭き門でした。


数年前から「生徒主体」という方針に変わり、指揮者と歌のソロはプロを呼びますが、管弦打のエキストラは最小限(第九の会経験者のOBOG若干名)になり、同時に比べオーディション基準もかなり緩くなりました。


また今年から「女子弦楽部主体」から「参加者平等」となり女子弦楽部の部員たちもオーディションを受ける事になり、オーディション受験者が増えました。

そんなこんなで室内楽部コーチ6年目にして自分にも審査員の話が回ってきたという流れです。


今回担当したのはバイオリンパート約25名。約3時間半。


10数年前オーディションを受けてた自分が審査員をしているのはなんだか不思議な気分です。


ちなみに第九の会は自分が音楽の道に進むキッカケになった存在でした。


3歳からバイオリンを始め、10年。周りでバイオリンをやってるのは桐朋付属の音楽教室と同門の先輩後輩たち(=大抵が音高音大志望の人たち)ばかりの中、中2までは「単なる趣味の習い事」という感覚で通っていました。

なので周りに比べ「音程が悪い」「リズムが適当」「真剣さがない」と親からも周りからもボロクソに言われ「自分は下手くそだ、なんでこんなボロクソ言われて、遊ぶ時間が削られてまで続けなきゃいけないんだ」とバイオリンが嫌いで嫌いでとっても嫌いでした。


とはいえ師匠の教え方が本当に良かったのでしょう、また母親のスパルタ教育があったからでしょう。


初めて桐蔭第九の会に参加して「趣味のバイオリン弾き」の人たちに出会いました。

中学や高校から始める人もいるわけですから基本ができている人は少なく、初めて「自分上手い方じゃん」と思いました。

と、同時に音程を外そうがリズムを間違えようが楽しそうに弾いてる周りに驚きました。


弾けてなくても「団体」「合奏」というものを純粋に楽しむ場が初めてだったからです。


それまで上手いか下手かで上下がつく競争音楽、ソロ演奏しかやってこなかった自分にとって初めて「楽しい」と思えました。


そして「バイオリン演奏ってこういうのもアリなんだ」と初めて気づきました。

中2(自分40期)の時、中2男子は自分しかおらず、高2だった先輩(37期)たちが気にかけてくれてました。

その頃から徐々に「バイオリンの先生になって趣味で楽しく合奏する人たちを教えたい」「自分のように楽しい演奏を知らずに育ってきた人に楽しさを教えたい」そんな風に思うようになりました。

ちなみにその先輩たちが室内楽同好会(現室内楽部)に所属していたのも理由で、高校からは室内楽同好会に入部しました。



第九の会に出会っていなければもしかしたらバイオリンの道に進んでいなかったかもしれないわけです。


そんなわけで第九の会は自分にとって大きな存在の一つで、こうして10数年に審査員という立場で関わらせていただいたのは感慨深いものがあるわけです。



だからこそなお難しい…。


「第九の会で得るもの」を色々知ってます。
とはいえ先ほど書いたようにオーディション受験者が増え、バイオリン歴1年2年の生徒も受験し、もちろん殆ど弾けない生徒もいます。


生半可な状態で無理矢理合格にしてあまりの弾けなさに自信喪失する生徒や、他(勉強や部活)に影響を及ぼす生徒もでるかもしれません。



どちらが生徒のためになるか、それを踏まえ合否案をつけました。(とはいえ審査員は4人なので自分の審査基準で合否が決定するものではありませんが)


合格であれ不合格であれ、受験者一人一人今後も楽しく音楽を続けていってもらえればなと思います。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日6/30、二子新地のレッスン部屋を引き払いました。


駅から徒歩1分とレッスン場所としてはとても良い場所だったので残念です…。

しかも二子新地は個人的にとても好きな街のひとつたでした。

というのも育ちが幼稚園、小学校と平塚で育ったので平塚が一番好きな街なのですが、二子新地は平塚との共通点の多いところでした。


平塚には相模川、二子新地には多摩川
平塚も二子新地も商店街
平塚も二子新地も神社があり、祭りが賑わう
夏は花火大会


なんというのか昔ながらの良さがあり、喫茶店のママさん、クリーニング屋のおばさん、定食屋のおじさんおばさん、居酒屋のおばさんなど外で会っても挨拶したり、さらには常連のお客さんとかとも外で会えば挨拶するような街でした。

そんな街だからかコンビニの店員さんたちなんかとも空いてる時は雑談したりしてました。


まぁ引っ越してもお隣駅なので、二子新地にはすぐ行けますが、機会はぐっと減るでしょう。


さて、今後は高津の自宅でレッスンをしてまいります。駅からは徒歩10分と少し歩きますが、閑静な住宅街です。


先日載せましたが、アップライトピアノ可の物件のため、10年ほど使われず眠っていた実家のピアノを送ってもらいました。

{F53FD505-77E4-481E-9CD5-7B5C165720C4}



今後は溝上詩織によるピアノレッスンや楽典などのレッスンも行っていくので、興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。





そして二子新地の荷物を持ってきた結果、部屋がごった返し、掃除に追われております~_~;


お見苦しいので載せはしませんが、段ボールで手首を切ってしまい、なんだかリスカしたような傷になってしまいました…。

本日昼過ぎのレッスンまでになんとかしなければ…。。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
実家から届いたアップライトピアノ。


母が高校時代に祖父が買ったというピアノ。

数十年弾かれる事なく放置され、自分が受験期(中3~浪人の約5年)ちまちまと弾かれ、また10年放置されておりました( ̄▽ ̄;)


今後は色んな人に弾いて貰い、色んな人に聴いてもらえそうです( ̄▽ ̄)

{5BACC0F1-9DE1-4BC3-81DA-FDC9E0005FBE}

{18B52A99-118B-46E8-8652-7879CC21F312}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、先日6/25、寿原弦楽教室初の主催発表会を行いました。


まず最初にお礼を

運営を手伝ってくれた溝上さん、千葉くん、石川くん、かれんさん

頑張って練習を重ねて良い演奏をしてくださった生徒さん皆様

寿原教室ではないですが演奏に来てくださった皆様

お忙しい中、お時間を割き、遠くからも来てくださったご来場の皆様


本当にありがとうございました!

そういった感謝の気持ちが50%です…


そしてもう50%は…



申し訳ありませんでした!!




今回最も悪い演奏が自分の演奏という…もう穴があったら入りたい…もはや地球の裏側まで穴堀したいほどの恥ずかしさと申し訳なさです…。



言い訳ならいくらでもあります。

初の主催の発表会

忙しくて自分の練習時間を取れなかった

忙しくて数日ほぼ寝れていなかった

当日も忙しく集中力が切れていた



ただ、それは単なる言い訳です。


「それでも演奏も凄い!さすが先生!」


そう言われるのが「先生」


もっと言うとそういった忙しさを感じさせないのが「一流の先生」でしょう。



主催ライブ、主催コンサートは過去何度もやってきました。

他の(門下、音楽教室、稲田先生)の発表会に出た経験は数十回と出てきました。

もちろんコンサート、ライブなどの出演は数え切れないほど出てきました。

「だから今回もきっとなんとかなる」

そういった驕りの招いた結果でしょう…。


自分の未熟さと反省点がいくつも浮き出た発表会となりました。


「あれがあなたの先生…」

「あれがあなたの旦那さん…」


ご来場の方には生徒さんたちや妻はこう思われた事でしょう。本当に申し訳ないです…。



汚名返上、名誉挽回、次回の発表会は今回の反省を活かし運営面、演奏面どちらでも


「さすが私たちの先生!」

「さすが私の旦那!」



そして「観にきて本当に良かった!」とご来場くださった皆様に言って頂けるよう、精進してまいりますm(_ _)m



最後に忘れぬよう反省点のメモ

◯事前準備
・生徒さん、自分自身の選曲の早期確定
・プログラム早期作成、印刷
・自分の練習時間の確保
・会場との打ち合わせ
・チラシ等の早期作成、印刷
・影アナ原稿の早期作成および共有
・運営メンバーの早期確定および事前打ち合わせ
・打ち上げの事前確認、予約


◯当日
・体調管理
・会場に貼るチラシの用意
・ホール、証明さんとの打ち合わせ



少なくとも上記の件は必ず改善致します。



言い訳で今回の失態は消えませんが、次回の結果で返します。




そして今回の失態でやらかした
イザイのソナタ2番の2楽章
バッハのパルティータ2番のアルマンドは8/7、紀尾井フォーラムで行う溝上詩織とのduo concertで弾く事にしました。


昔、師匠から
「あんまり適当な演奏をすると作曲家が墓から出てくるわよ!」と怒られた事があります。


次回の演奏ではイザイやバッハが「こんな風に弾いてくれてありがとう」と思うような仕上がりにして臨みたいと思います。




反省ばかりのブログになってしまいましたが、何はともあれ生徒の皆様、運営メンバーの皆様お疲れ様でした!



最後に記念写真

集合写真
{1494189A-57D9-4F96-8FC9-79491AAA2A45}




運営メンバー
(左から溝上・寿原・石川・千葉)
{8DCB00A9-58C8-464F-B3E2-F0C8EB2DEB5A}


…かれんさんに撮影してもらったけど、運営メンバーの写真はかれんさんも入ってもらって誰か別の方に撮ってもらえばよかった。。(←これも来年改善ですね。。)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。