ヴァイオリン弾き寿原宗人のブログ

ヴァイオリンの活動や思いつきでの更新です


テーマ:
最近教室の作業が溜まっていたので、久々にデニーズにて深夜PC作業。


デニーズもアプリ会員登録してるのでクーポン見てたら「バースデーデザートプレゼント」というクーポンが。デザートということ以外不明で、聞いてみたら「パンケーキです。」と。


せっかくなので注文してみた。


{5FF42DAA-675F-41EC-B6CC-227958D672BB}



え…重い( ̄▽ ̄;)


深夜一人で食べるには重いです( ̄▽ ̄;)

しかも自分そんな甘党じゃないし…( ̄▽ ̄;)


家族で来た時に頼めばよかったなと少し後悔…。


まぁ作業で頭使ってるので糖分補給ということで…。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日寿原も30歳になりました。



とはいえ大抵自己紹介で「今年30です」と言う機会が多く、むしろもう30過ぎている気分でした(~_~;)



正直「もう30歳」というより「まだ30歳かぁ」という感覚の方が強いです。

この10年、あっという間でしたが、本当に色々ありました。


これが(健康に過ごせれば)あと何十年と続くのかと思うとまだまだ先が長い…。

既に10年前に過ごしていた人たちの顔や名前がうろ覚えになりつつあるのに、60歳、70歳になった時、いったい今の友人知人の何人を覚えていられるのだろう…。

その頃にはアルツハイマーやらなんやらというより人間の脳ミソに記憶できる人数を大きく超えているんでしょうね…。

この10余年、毎年毎年少なくとも50人以上(多い年は数百人)の人と出会い、話してきました。

これがあと数十年…。もはや恐怖すら感じますね…。


逆を考えると自分が覚えている人の何人が寿原を忘れていってるんでしょうね…( ̄▽ ̄;)



なんだか誕生日が「めでたい」と思えなくてなりますね(~_~;)



「誕生日も成長お老いを積み重ねていく日々のうちの一日」そんな風に思えてきます。



それに自分の誕生日がきたということは今年も残すところあと2ヶ月弱。そろそろ年賀状の用意でも始めなければ…むしろ年末年始のドタバタを思い憂鬱にすらなりますね…。


むしろ自分の誕生日より娘の誕生日の方がよっぽどめでたい。


何はともあれこの歳まで健康無事に生きる事ができたのは両親はじめ皆々様のおかげ様です。自分の誕生日は周りの方々への感謝とお礼を言う方が合っているのかもしれませんね。


今後とも皆様どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
来年度から保育園が確定したので逆に言えば娘と二人で色々行けるのもあと半年弱。


そんなわけで本日は気まぐれでトライアングルチケット(区間内フリーパス)を買いおでかけに。

{636B2282-43DB-4C77-B5B2-2139294B200A}


まずは高津を出てとりあえず自由が丘へ。


自由が丘下車は人生3度目か4度目くらい。
相変わらず何かありそうで結局飲食店と服屋ばかり。子連れで楽しめる場所は特に見当たらない。

とりあえず昼食。

ベビーカーは多いけどママさん方のランチタイムといった感じでした( ̄▽ ̄;)


デザートのティラミスが出てきたので食べさせようとしたら店員さんから

「申し訳ありません、お子様用でしたか…少量ですがブランデー入っておりますのでお取り替えしましょうか?」と( ̄▽ ̄;)


申し訳ないけどお願いしてアルコール無しのティラミスにして頂きました。
(オーダーとった店員さんが新人さんぽかったので気づかなかったっぽい)

{5113D44A-7C57-4898-B905-76BA14F1E334}



その後お隣の九品仏(くほんぶつ)駅へ。


大仏見てきました。

写真撮っていいのかよくわからなかったので参道で一枚。
{7F3307E3-BE3D-4DDA-918F-E524BD9DBE5D}

と、入り口で一枚。

{AC81A38A-E318-42AB-A1D2-3B897DAFB0D5}



前にテレビで見て気にはなってた九品仏。

現在仏像を順番に修繕中で全部の仏像さん見れはしなかったけど、やっぱお寺はなんだか性に合う。

なんだか癒されました。


本堂ではおみくじを引き、自分は「吉」、娘は「大吉」を引きました。


娘が大吉で良かった良かった。
{D1206063-9178-4B6B-A065-A759E8199F7C}

恋愛…今ひとつ行動を起こせずに停滞、環境を変えよ


まだ20年くらいどうぞ停滞していてね♪w



その後近くの「九品仏広場」という公園で遊ばせる。

{1D1D4C39-2CC0-404D-81F9-CC10CC2A58D7}


基本的に公園ではあえて放置しており(絶対目は離さないけど)、少し離れたところから見ている。

コケたり落ちたり怪我したりも経験の一環だと思っているので。

階段を登らないといけない大きめな滑り台があり、二、三度一緒についていたがそれ以降は少し離れたベンチで見てた。

毎回滑り台は手を差し伸べてやらないと滑れないのだが、今回自分で階段を登り、歳上の男の子たちが後につかえており、仕方なしに自ら滑った。多分今回初w


が、体重軽すぎて勢いよく尻餅。
周りのお母様方が「大丈夫!?」と駆け寄って下さったが本人超笑顔。自分も寄っていくも、結局また滑り台の階段へ。

うん、その調子でたくましく育って( ̄▽ ̄)


ただ気をつけなきゃいけないのは他の子がブランコをやっていてそこに近寄りそうな時、この時ばかりはダッシュで止めに入る(~_~;)


最初は腕を引っ張り「んーー!!(パパも)!」と一人では乗らず、仕方なしに自分もブランコに座り膝に乗っけてぶらぶら。

…子ども用ブランコの幅だと太ももギチギチ。。痛いよパパは。。


ただ同じくらいの歳の女の子がお父さんのフォロー受けながら一人で乗ってるのを見て、娘も自ら一人で乗ると(言いはしないが、パパどいて的なジェスチャー)

これまた多分今回初チャレンジ。

日々成長ですな。


九品仏を後にし、本当は更に遠くに移動したかったが、帰宅ラッシュにまきこまれたくないので今度はお馴染み二子玉川へ。

{EF2834EA-015C-46C0-AFDC-DAB640AD3C1A}


ここでオムツ替えをしたり、一服したり。
(喫煙ルームがガラス張りなので見えるところにベビーカーを停め、ジュース飲ませてる間に急いで一服)



さらに懐かしい二子新地(最近ほぼ行かない)のすずらん(前に住んでた家の1階にある喫茶店)

{682EE89F-15BC-4501-ABB9-45EAD93D7217}

バナナジュースを飲みつつ、タブレットで遊ぶ。


そしてバナナジュースを若干残しウトウトモード。そして寝た。

{0B491F3A-031C-4490-A2C9-D9217BAEB10C}



本当はもう少し早く寝て欲しかったんだけど今日は意外と寝なかった…(公園出る辺りで若干眠そうだったのになぜか巻き返したんだよなぁ…)



という事でそろそろ帰ります。


とりあえず17:30頃起こしてお風呂ですな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7:50娘を起こす

8:30妻が娘に朝食を食べさす

9:00妻出勤

9:00〜12:00ひらがな教えたり、パズルしたり、家で遊ぶ。

12:00ご飯が炊ける。


ここで昼ごはんを食べさせたかったんだ。

けどはじまりましたよ。




娘「(外)いこか?」


寿「お昼ご飯食べてからにしない?」


娘「(外)いこか??」


寿「えー出かけたいの?パクパクしてからにせぇへん?」


娘「いこか!いこかっ!!」


寿「えー」


娘「いーこーかぁぁーー!!!いこかっいこかっいこかぁぁ!!!」



12:30〜13:15昼食

13:15〜14:00遊びと散歩

14:00〜15:30昼寝

15:30〜17:00外出

17:00〜17:40風呂

17:40〜18:00妻へ引き継ぎ

18:00〜夕食


という完璧なスケジュール…。


どうせその時間に外でたらベビーカー乗らず歩きたがる

→遊び場へ着くのが12:40くらい(大人の味なら15分だが子ども歩かせると30分強)

→遊び出したら1時間は遊びたがる

→帰り途中でベビーカー乗りたがり寝る


よって昼飯食べ損ねる


こんな流れが容易に想像できた。



寿「んー…」


娘「いこかぁぁ〜!!いこぉくわぁぁ〜〜っっ!!」(服と靴下を持ってくる)




結果…予想通りで昼飯食べず昼寝なう。

起きた後昼飯を食べさせるか否か。


15:30とかに昼飯食べさせると絶対次ご飯食べるの20:30とか21:00くらいになるし。


かといって食べさせないと下手に時間があまり、また外出するとなると風呂時間が押しそう。



今回のミスは外出を15分20分に抑え(散歩程度にして)、帰宅後すぐに昼食にすればよかったなと。





とりあえず15:30になったら風呂入れて、夕方はピアノとバイオリンでもやらせるかな。



にしても本当に我の強さ、自己主張が凄まじい…。


ただそれが両親に対してだけで、他の人に対してそういった態度を取らないところはまだ救いだ…。



来年度からとりあえず(認可外だが)保育園入れれる事は決まったが(認可はまだ書類提出の段階)集団生活大丈夫だろうか?


物を壊したり人叩いたりはしないのは良いが、「普段おとなしいけどキレると手がつけられない」ってタイプになりそうな気がしてならない。



まぁどこの家庭も一緒だろうけど。





結論…親の気苦労は数十年続く。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日はなんだかポカポカ陽気でお散歩日和。


娘を連れ相変わらず溝の口へ。


自宅から溝の口まで大人の足で15分くらいの距離だが30分弱歩き続けられる。


まずはマルイの屋上へ。

{4C81C8D8-45A1-4163-BC64-9F70223103C2}

あの小さい家みたいなのお気に入りだが、人気があり、最初3〜5歳くらいの子どもが数人いたため、5分ほど少し離れたところで立ちすくむ。

その後奥のベンチに座るが、少しして家で遊んでた子達は離れる。

が、しばらくその事に気付かない。

ようやく気付き家で一人遊び始めるも、また数人の子達がうじゃっと来てビビってこちらへ駆け寄ってくる。


まとめると

観察(他の子達を)
→諦め(待ち)
→天然(気付かない)
→行動(人がいないと)
→ビビり(人が来ると)
→甘えん坊(親の元へ)

これが毎度の一連の流れなのでこちらも見ていて面白い。


その後8階のキッズコーナーに降りると、とあるお母さんから「こんにちは」と声をかけられる。

一瞬「(あれ…誰だろう?)」と戸惑いつつ「こんにちは」と返すと

「よく会いますね」と。


あ、先日近くの子ども文化センターで会った方だ(多分)


相手のお子さんを見ると確かに何度か見覚えがある。


なかなかお母さんの顔というのは頭に入ってこないものの、子どもの顔はなんだか覚えているものだ。


結局こうして「〇〇君のお母さん」「〇〇ちゃんのお母さん」といった呼び方になっていくのだろう。


ふと音大時代を思い出した。

自分の通っていた音大は女子が約8割、男子は少数、しかも自分はあまり学校にちゃんと通っていなかったのでたまに行くとレア度が高く、色んな意味で目立ってしまっていた。

なので周りからは名前と顔を覚えられ、気さくに「あ、寿原くん久しぶりじゃん」とか話しかけられるものの、こちらは誰だかさっぱりわからないまま「あーうん、久しぶりー」みたいな空返事をすることも多々あった。



当時も今も若い女性を覚えるのは苦手だ。

特に18〜30代半ばくらいの女性は化粧、髪型、髪色、服装、持ち物、そういったものがコロコロ変わる。


それにあまりジロジロ見るのもなんだし、不要にこちらから話しかけて「(え…そんながっつり話すつもりで声かけたわけじゃないんだけど)」と思われるのも嫌なので
愛想返事で済ませてしまう。(←この辺丁度良いくらいの会話術を身に付けたいところだ…)



自分は子どもの遊び場では比較的娘を野放しにしている(目は離さないが)

お母さん方は大きく3パターンに分かれる。

・自分と同じく少し離れたところから見守ってるパターン
・子どもにつきっきりパターン(親子数組の場合もあり)
・ママ同士で話しているか携帯見ているかで完全放置パターン



自分パターンはなかなか会話のきっかけがないので余計に人を覚えない。


ただ不思議なもので、混雑時など、何故か小さい男の子(0〜2歳くらいの)は大人の男性が物珍しいのかちょくちょく寄って来てくれたりするw

ただその対応も難しい。内心は「かわいいなぁ」と思っても、あまり不要に絡んでしまうと相手のお母さんも気まずいだろうし、ちょっとそういった子の相手をしていると娘が嫉妬して寄ってきてぐずりつつ、威嚇する(←結局自分の娘が一番可愛いw)




男女平等、女性も働く世の中(時代)というが、なんだかんだまだまだ男性が平日の日中子どもを連れて出て回るのは一般的ではないなと思う。


子育て自体は男女どちらでもできるが、「子育て現場」はやはり女性の方が色んな意味で合っている。正確には男性の方が合っていない。


変な話だが、他のお母さんがうちの娘に話しかけるのはたいした警戒をしないが、他のお父さんがうちの娘に話しかけてきたは若干警戒心が上がる。

子ども自身も同じような反応だ。



子ども連れで一緒に回れるパパ友が欲しいものだが、まぁ平日の日中パパだけで子どもを連れているのを見かける事はない。

難しいものだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
年間何件かオケのエキストラのお話を頂きます。

声をかけて頂けること自体はとても嬉しいのですが、同業の人達は皆同じ悩みを抱えています…。



「申し訳ないですが交通費込みで10,000円で」というのが一番多いですし、これで引き受ける人も多いのは事実です。


こういうお話を頂いた時に「失礼だ」といった怒りの感情はありません。「哀しい」という感情が強いものです。


「自分の経験(曲の勉強)になるから」
「好きな曲だから」
「親しい人からの頼みだから」
「チケットが売れれば収入になるから」
「自分のお世話になったオケだから」

乗る場合、上記のような理由がほとんどですが、それにあたり大前提に

「とりあえず生活に余裕があるからボランティア感覚で」です。


一つ分かりやすいサイトがあったのでリンクを載せておきます。




皆さんアマチュアの方は「謝礼」感覚でギャラを提示されます。

ただ本当に真剣に考えて欲しいんです。

はっきり言ってこういう話はどうしても読む方に不快感を持たれてしまいがちですし、築いた関係性を壊してしまう可能性もあり書いている側も気分の良い話しではありません。

ただどうしても知って頂きたいので今回は書かせていただきます。


今回は一番よくあるパターンを仮定し計算していきます。
・1回の合わせ練習4時間
・練習3回以上合奏練習参加
・練習会場、本番会場までの往復800円
・本番10:00集合、14:00〜16:00本番、17:00解散
という条件で仮定します。

①その一回の本番に費やす費用
・交通費…800円×4回=3,200円
・楽譜印刷代…数十〜数百円程度
・昼食代等…どうしても家で食べるより高くなるので数百円〜1,000円程度×1〜4回

仮に10,000円頂いたとしてここで5,000円前後消費されます。

②拘束時間
・個人練習時間…0〜50時間
※全ての曲を弾いた事があり、合奏練習以外に個人で練習時間を設ける必要が全くない場合のみ0時間
・合奏練習…4時間×3回=12時間
・本番…7時間


①で残った5,000円を最低拘束時間の19時間で割るとこの時点で時給260円です。

正直全ての曲を弾いた事あるということはなかなかないですし、全ての曲弾いた事あるからといって全く練習しないで合奏練習に参加する人はまずいませんので実際はもっと下がりますね。

20時間程度個人練習したとしても5,000円÷39時間で約128円です。


とはいえ「プロなら(過去に弾いていて)弾けて当然だろ」と言われれば終わりなのでここはそこまで「自分の個人練の分まで払ってくれ」とは言えないものです。(実際に過去弾いたことある人は合奏練習のみで大丈夫でしょうし)


③拘束時間外に制限される時間
音楽(クラシック)業界は本番にせよレッスンにせよ需要が一番高いのは土日祝日、逆に比較的需要がありません。

けれどアマチュアオケの練習の大半は土日祝日です。つまり練習3回参加の場合は交通時間前後1時間を考えて

(練習4時間+交通時間2時間)×3回+(本番当日7時間+交通時間2時間)=27時間の間には他の仕事やレッスンを入れる事ができなくなるわけです。

その27時間の間にもっと割の良い仕事が入れれるかもしれない(正直レッスン1時間入るだけでトントン、レッスン2時間入ればプラスです)


さらに言うと本来土日にレッスン入っている生徒さんとの振替スケジュール調整なども必要になってきます。



「過去の練習に費やした時間」や「レッスンにかかった時間」「楽器代」こういったものはとりあえず省き考えます(それを言い出したら一般職の人だって「良い大学に行くために塾に通った時間や費用」などもといった話になりますので)



それらを踏まえ何が「哀しい」のかです。


あなたが一人で切り盛りしている喫茶店のマスターだとします。

土日祝日は書き入れ時。

知り合いから「有志で集まった模擬店イベントやるんだけど1万円で手伝ってくれない?ちなみに最低3日イベント以外の日で打ち合わせやロープレしたいんだけど」


相当親しい友人だったり、お世話になってる人からでしたら行くかもしれません、けれど書き入れ時のお店を閉めて本当に行きますか?


あなたが月曜から金曜の日中働くサラリーマン(PCなどの事務作業メイン)だとします。


知り合いから「木曜の日中にイベントあるんだけど、そこで一日パソコンで色々作業手伝ってほしいんだけど交通費込み1万円で、それ以外に別日の平日日中打ち合わせを4時間×3日ほど来てほしいんだけど」


平日トータル4日会社を休んで(しかも有給は使えない)手伝いに行きますか?



あなたが大手企業や大手百貨店の受付嬢だとします。

私が「寿原音楽教室の発表会の日に受付やって欲しい、別日に平日の日中4時間×3日ほど打ち合わせや予行練習したいので会社を休んで来て欲しい。謝礼は交通費込み1万円で」

引き受けてくれますか?




まず一つ目の「哀しい」はこれです。

アマチュアの方々は会費を払い趣味でやっています。なのでエキストラのギャラに関してどこかで「自分たちは会費を払っているのにエキストラはそれがかからない時点で『特している』」という感覚があるように思います。


違います。
選曲の選択権もなければ、練習時間場所の案を出す権利もなく、パートを決める権利もなく、本番の日時の案を出す権利もない。
他のエキストラを誰にするか選ぶ権利もなければ、会費やチケット代の案や決定する権利もない。

お金を払ってる会員と違い全くの権利を持たない状態です。

発案権、決定権がないのがエキストラです。

「でも楽しんでるでしょ?」

それも楽しむの中の誤差があります。

人によっては営業スマイルで接待と同じ感覚の人もいます。

自分は1万円で接待営業までしようとは思わないので楽しんでいる時はそれなりに本心ですが、それでも今日明日の生活かかった状態で参加するわけなのでリスクを背負って参加してるわけです。なので楽しむ余裕はそこまであるものじゃありません。



「音楽の道で生きるって自分の好きな事で生活してくって羨ましい」


よく言われますが、音楽家として生きるというのは「理解者は本当に少ない」のです。上記のような事を発信したところで


「あー寿原めんどいから今後頼むの辞めよう」
「他にも1万でやってくれる人いるしそちらに頼もう」

となるでしょう。



「あぁなるほど、それなら会費を上げてエキストラのギャラを増やす案を出そう」

とか

「じゃあ自分が実費で上乗せしてギャラを追加支払いしよう」

となる事はほぼほぼ起こらないという現実です。(過去に1例だけ「自分がギャラ追加払うので」と言ってくれた方がいましたが、そう言って下さる人には情もわくものです)


ちなみに自分は音大の友人を安いギャラで頼む事があります。それは「お互い様」だからです。あくまで互いの協力費用です。

それこそ大学の同期や先輩後輩、お互いにお互いきつい時支え合うからの友人価格です。



プロをエキストラに雇う方たちは、エキストラが本職で大変な時、どこまで友人価格で会社を休み手伝いに来て下さいますか?



寿原が1万円払えば会社を休んで4日間手伝いに来てくれますか?


多分同業の音楽家繋がりの友人以外、この条件で来てくれる人はそうそういないでしょう。


これが一番哀しい現実ですね。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日高3以来11年ぶりに桐蔭学園第九の会の演奏に参加してきました。
※桐蔭学園第九の会は時間と技術の関係上1、4楽章のみ演奏します。

{5A0D6BEA-9904-48CB-9070-6DF2EBA9879E}



中2で1stVn(14回)
中3で2ndVn(15回)
高1で二度目の1stVn(16回)
高2でVa(17回)
高3で二度目の2ndVn(18回)

(ちなみに第九の会の回と自分の年齢が同じなので覚えやすいんですw)

そして今年二度のVa


その間に別のオケで第九は弾きましたがVnでの参加だったのでVaは高2以来12年ぶり…。いやはや大変でした( ̄▽ ̄;)


普通エキストラのOBOGは大学生までかせいぜい社会人1、2年目くらいまでが基本ですが
卒業1年目→浪人中
卒業2年目→エキストラ応募の期間に連絡間に合わさず参加できず(当時は女子弦楽部主体だったためエキストラは女子弦楽部のOGにはいってもOBには回ってきませんでしたので)
卒業3年目〜去年→室内楽部のコーチをやっており、第九の練習日=経験者が部活に出られないためコーチは技術指導で部活の方に参加

こういった感じでずっとOBとして出られずにいました。(ほぼ毎年観には行っていましたが)


また桐蔭学園のシンフォニーホール(元・メモリアルホール)の舞台に立つのも多分コーチを始めた年の新歓かなにかで弾いて以来約7年ぶり(?)


今は「シンフォニーホール」と名称が変わってしまいましたが、自分にとっては今でこそ「メモリアルホール」だなと感じました。(本当に何故ホールの名称を変えたのか…疑問です)


何はともあれ楽しい時間はあっという間で、感傷に浸りながら弾いてるうちに本番終わりましたw


「来年も出たいなぁ」という気持ちと、「OBとして出るのは初にせよオジさんがいつまでも出しゃばるのも他のOBOGの邪魔になるかなぁ」という気持ちもあったり。

もし足りない時は是非参加したいですが近年はOBOGも充実しており、お声掛けしてもらえるかも微妙ですが…( ̄▽ ̄;)


ちなみに嫁さんにビデオ録画を頼み現在動画チェック中。

{BCB96535-600E-4C0C-B9B9-C12467FA2E0D}



…ちょいちょい娘の声が。。。


ちなみに去年、一昨年は妻と娘と鑑賞しており、娘のコンサート初鑑賞は一昨年の第九の会でした(生後1ヶ月ちょい)


とりあえず動画観てみた感じステージ上で感じたズレほどは客席からはズレて聴こえてないようで少しホッとしましたw




p.s.
今回結構いろんな方から「ちゃんとギャラ出るの?」と聞かれましたが、今回完全にノーギャラです。あくまで「いちOB」として趣味での演奏参加です。

自分にとって桐蔭学園の第九の会は音楽の道に進むキッカケの一つになった特別なコンサートなので。

中2の時に第九の会に参加していなければ、もしかしたら自分は音楽の道に進む事なく一般の大学へ行き、趣味でバイオリンを続けていたかもしれません。

それくらい人生において特別な存在なのでこのオーケストラに関してはギャラもなくて良ければ、(本当はVnがよかったのに)Vaでもお引き受けした次第ですし今後もお話頂ければ喜んで参加させていただきたいなと思っています。



何はともあれ関係者の皆様本日はお疲れ様でした。

観に来て下さった皆様ありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
乳児で母乳だった頃はほぼ風邪をひくことのなかった娘。

そんなしょっちゅう風邪ひくわけではないですが、この1年で3、4回風邪をひき苦しむ姿はあまり見ていたくないもので。


そこで気になるのが
「うがい」と「鼻をかむ」


外から帰って手洗いは基本的にしっかりやってますが(帰宅途中寝ちゃった時は起きてから)、「うがい」って何歳くらいからできるようになりますか?


よく「はなかっぱ」の歯磨き動画を見せながら歯磨きさせてますが、その動画でもうがいのガラガラの描写はあっても、ペッと吐き出す描写というのはなかったり。
多分普段のお茶やジュースで吐き出すしたりしないようにかなぁとか思いますが。


ちなみにうがい教えると普段の飲み物でうがいしだしたりしちゃうものですか?(~_~;)



そして二つ目の「鼻をかむ」
実際風邪をひいた時、鼻づまりは本当に辛そう…。
ティッシュを使って「鼻を拭く」というのはできるものの、「鼻をかむ」というのはなかなか難しいようで、結局飲み込んでしまい痰がからみ、余計辛そう…(痰を吐き出すのもできないので)



子育てで本当に難しいのは「いつの間にか自分ができるようになっていた事をいつ教えるか、どう教えるか」



バイオリンの練習の仕方は教えられても、鼻のかみ方を教えられない無力さを感じます(~_~;)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、11/3の文化の日は桐蔭学園毎年恒例の第九の会。


本日はGPで、OB枠で出ていた元教え子と練習後に飲み行ってきました。

{5F97EE68-8D62-4A6F-80C1-901A65C0BEF6}

※本人の許可を得て載せてます。




自分は40期卒、相手は47期卒。

ちょうど自分がコーチを始めた23歳になってます。



元教え子といっても、高校在学途中で留学していたため実質教えていたのは半年程度でしたが、その後も何度か会っていて、ただサシ飲みは初めてですかね?(多分)




結婚し、子どもが産まれてからこういう機会は独り身時代に比べめっきり減りましたが、やはりこういう時間は大切だなぁと思ったり。



というか本当に飲まなくなった…。


ブログを始めた2010年当初は「飲んだくれバイオリニスト寿原宗人のブログ」でしたが、いつからかあまり飲まなくなり変えました。


ちなみに本日は7杯ほど、前回は10/30にビール1杯、その前は9/30に8杯ほど。


月25日くらい飲んでいた自分が今や月1、2回。当時を知る人からするとよく驚かれます。


逆に言うと「若い頃に一般の人のほぼ一生分くらい飲んだから」という気持ちもあったり。



何はともあれ楽しい時間でした。



さて、明日は朝から久々の体験レッスン。
懐かしい話も良いですが、明日の新しい出会いもまた楽しみです。


寿原音楽教室いつでも生徒さん募集しております!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
悲しい事に最近よく教室用携帯に着信あるのは「検索に引っかかりやすくしますよ!」的な業者さんからの電話ばかり…。

そんな中、少し気になり実際お会いして、広告お願いすることになったのがまいぷれ川崎という地域密着型のサイト。


広告料はかかるものの、しばらく教室宣伝ページを載せて頂くことになりました。ちなみに寿原音楽教室ページ




ドタバタと決まり、生徒さんとの写真撮影の日取りが上手く合わず一名はサクラ写真ですが…( ̄∀ ̄;)

まぁ娘に教えているのも、小さい子も教えているのも事実ですのでご容赦を( ̄∀ ̄;)



一人でも多くの方に知っていただけるといいなぁ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。