在日米陸軍のワーシンスキー司令官(少将)は13日、キャンプ座間(相模原市、神奈川県座間市)からインターネットを通じネット利用者からの質問に答え、「過去50年間、日米はこの地域の戦争抑止に成功した」と力説した。やりとりは生でネットに流された。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設を巡り日米関係が揺らぐ中、米軍駐留の意義を市民に訴える狙いがあったようだ。

司令官は、執務室にある2年前の就任時に陸上自衛隊からもらっただるまなどを紹介した後、ネット利用者からの質問に答え、「イラク戦争は誤りだったのでは」との問いに、「(イラク人は)我々と同様、自由を求めている」と述べ、フセイン体制崩壊の意義を強調した。また「普天間」については、「両政府が交渉中で、政治が解決すべき問題」と述べるにとどまった。

在日米軍によると、同司令官は、「日本の動画サイトに直接訴えたい」と希望し昨年11月、「ニコニコ動画」に在日米陸軍専用のチャンネルを無料で設置してもらった。ネット会見は在日米軍の中でも今回が初めて。【杉尾直哉】

【関連ニュース】
イラク戦争:開戦から7年…「宗派和解」望む国民
サンデーらいぶらりぃ:斎藤 貴男・評『ルポ 戦場出稼ぎ労働者』安田純平・著
質問なるほドリ:米軍の無人機ってどんなもの?=回答・大治朋子
テロとの戦いと米国:第4部 オバマの無人機戦争/1(その1)
100枚の写真で見るイラク戦争

ひき逃げ容疑で81歳男逮捕=男性遺棄事件-愛知県警(時事通信)
小学館文庫小説賞に永井さん(産経新聞)
区立小に包丁と脅迫文=「児童に危害」-東京・江戸川(時事通信)
土地改良区で着服、接待や「自民党費に使った」(読売新聞)
大胆な財政出動方針、国民新が公約原案(読売新聞)
AD