横浜自転車生活

2008年の夏からロードバイクをはじめた、DINKS夫婦の自転車ライフを綴ってます。

NEW !
テーマ:
海の日だった3連休は北海道に遠征して、ランドヌール札幌主催の600キロブルベ『BRM716 瀬棚600』に参加してきました。

コースは札幌大通り公園をスタートし、支笏湖ー洞爺湖ー長万部ー八雲ー厚沢部ー瀬棚ー蘭越ー余市ー札幌です。

{C35082BF-2B81-4B5A-8234-5DD9900621D9}


スタートは大通り公園の西11丁目の駅の付近です。6時スタートなので、5時過ぎにホテル出ます。
ちなみに前日のプチ前夜祭で生ビール5杯、ジンギスカン沢山食べて、実は二日酔いでした。ホテルで朝ごはんがまったく受け付けなかったので、スタート前にローソンでウィダー買って飲んでおきました。

{704D1771-859F-4CC5-B6A2-637641765B5C}

関東からの遠征組のみいさん、地元北海道のmugenさんの奥様等、ご挨拶。

車検を済ませてスタート。

{C089B00E-4541-42AF-8B88-01670570F4AA}

前を走るのがすーさん。その前が宮城スタッフのSさん。

{B2BD5180-D602-4CFB-A879-00721DBDF2F4}

真駒内を過ぎたところで、後ろからmugenさん夫妻が飛び出すと、みなさんmugenさんの後に続きます。

私は続けないので、いつものようにチンタラ坂を登りますが、すーさんもゆっくり登ってます。すーさんには、「千切れても気にしないでください」って言ったけど、私が登れるペースで弾いてくれてます。Sさんは、昨晩すごく飲んでてやはり二日酔いみたいでしたが、登りは速い!でも上で待っててくれる優しいお方です。そんなんで、なんとなく3人で走ることになりました。

{7744A0D2-71D0-43F1-9649-5864F5CF82A1}

地元のブルベライダーの方が、支笏湖まで4回登りがあるよと教えてくれますが、所詮ゆっくりしか走れないので、黙々と登るだけ。Sさんが「アベレージ17キロだけど平気なの?」ってちょっと焦ってる感じでしが、私もすーさんも「へーき、へーき、北海道だし、信号ないし、登りはこれ以上速く走れないし」って、Sさん納得したのかは?だけど、一緒に走ってくれてますw

朝から雨予報ですが、実際に降り出したのは、支笏湖のモラップ山辺りから。美笛峠で、私のリアライトがずり落ちたのを後ろを走っていたSさんに指摘されて、Sさんが持っていたテープで応急処置。ここで雨装備してる参加者に八雲まで雨かもと言われます。
とりあえずはここから数キロ先にある、きのこ王国を目指します。

{5BA87BEC-C7F5-4806-A6DF-B67E08F043B6}

108円で絶品のきのこ汁が頂けます。とても美味しかったので、次に来ることがあれば大盛りかな。
しかし、ここでバケツをひっくり返したような雨になります。しかし、すーさんもSさんも気温高いから、レインウェア要らないよって言うので、ウインドブレーカーだけ着ることに。でも、ウインドブレーカーは着ても着なくてもずぶ濡れには変わらない。寒くないので、着なくても濡れる以外の不都合はありませんでしたが。

洞爺湖まで断続的に強い雨が降る中、事前にチコリンさんから蟠渓温泉の川床の温泉の眺めがよいのよ情報はゴールしてから、あれが蟠渓温泉だったのかぁと。確かに川沿いに温泉があったけど、雨が強過ぎて川床を見ている余裕はありませんでした。

道の駅そうべう情報館に寄るも、食事はないみたい。トイレだけ済ませてリスタート。PCまであと5キロです。途中、カルデラ湖らしくグイッと登る場所が印象的でした。
119.8KM地点のPC1は12:18のレシート。135KM地点でご飯食べようって話してたのに、やっとお腹が減った私はここでおにぎりを食べてしまった。

ちなみに洞爺湖に来たのは初めてでしたが、雨でカメラを防水バッグの中にしまっていたので、洞爺湖の写真はありません。

洞爺湖過ぎると、トンネルの連続です。トンネルが終わると太平洋側の豊浦町に入りますが、序盤は登りが続きます。

135KM地点のドライブインみさきで待望のお昼ご飯です。mugenさんのブログ参考にさせてもらっていたのですが、mugenさん夫妻もほぼ同時に入店。
ホタテ飯が有名ということで、みんなでホタテ飯を食べました。

{4329F6B6-6350-4EA0-B3DD-A355608FB60C}

さっき食べてしまったおにぎりのせいか、半分くらいしか食べれませんでしたm(_ _)m

ここでゆっくりお昼を食べたのがよかったのか、お店を出ると小雨になってました。少し登ると海に向かって急降下。

144キロ地点の通過チェック、豊浦文学館には14:13に到着。仮眠所に向かうスタッフさんともお会いできました。

{1D08BF9F-D218-40BB-8E8F-04A58BC2EDE6}

フォトチェックなので写真を撮ってリスタート。ここで雨が止みました。雨は降ると思っていたけど、ここまで土砂降り&本降りになるとは思いませんでした。止んで本当によかった!

{D968D031-4B46-4606-A1D9-4F5F117DDD24}

リスタートするとすぐに奇岩が出現します。ここで2人に停まってもらって、フロントバッグからカメラを出します。

{4E0A73F6-E2B0-4F60-99A5-8414619E8364}

雨も止んで、静狩峠を越える頃には路面も乾いてました。しかし、Sさんが調子が悪いようで、ここからはすーさんと私で進むことになりました。

長万部に着く頃には快晴。

{A9A11BE7-CEF2-4A9C-A34C-605089EA263B}

左の海側は湿原?原野?な感じです。ど平坦な真っ直ぐな道がずっと続きます。景色が変わらないのでこの辺りはマンネリな感じでした。
普段は晴れると南風が吹くらしいですが、雨の後のせいか無風で走りやすかったです。

mugenさんから、八雲の手前に美人女将がいるラーメン屋が次のグルメポイントって教えてもらいましたが、そのお店には準備中の札が。
しかし、通過した時まだ17時前でお腹空いてなかったけど。落部を過ぎてしまうと日本海側まで補給する場所がないので、八雲にいる間に開いているレストランに入って、とりあえず食べれそうなうどんを食べておきました。

{F37D45AB-DABE-4508-AD5B-5372189221D1}

落部から内陸に入ります。山に陽が落ちて、ここからは夜間走行。21キロで220m緩く登りました。案外登りが楽だったので、この区間は貯金モード。
PC2の手前15KMでSさんに追いつきます。どうも眠そうです。260KM地点のPC2 セイコーマートヤマコこばやし店には20:23のレシートでした。

{C6A7E149-C0E9-4A46-8143-706977BC80AE}

すーさんはPCの向かいのお寿司屋へ、Sさんは店の前のベンチで仮眠するそうなので、すーさんが追いついてくれるまで1人で先行していることにしました。今回唯一1人で走ったのはここの区間の1.5時間くらい。
合流したすーさん曰く、寿司がめちゃ旨だったそうで。私も八雲でうどん食べなければ寿司食べれたなぁ…

1人で走ってたら眠くなってしまったので、仮眠所までペースダウンして進みました。

352KM地点のPC3 せたな青少年村コテージには1:30に到着。スタッフさんお手製のカレーを食べて仮眠しました。

{307D9583-5E11-4D6D-9BD1-68F9BB93ED8F}

長くなったので続きは次回

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

家から徒歩10分くらいの場所に、FeelCycleがオープンしたので、オープンと同時に入会してきました。

 

6/10から始めて、週1で定休日があるので、月末まで営業日が18日ありましたが、行かなかったのは人間ドックだった1日だけ。17営業日で27レッスン参加してきました。

 

参加レッスンの内訳はこんな感じ。

 

BB1 Comp1  8回

BB1 Comp2  5回

BB1 Hit10   7回

BB2 Hit14   1回

BSW Hit5    2回

BB2 Hit16   2回

BB2 House2  1回

BSW Regg1    1回

 

下に行くほど、キツイメニューになります。BB1くらいはこなせるようになってきたけど、それ以外はまだまだ全然ダメ。体力もスキルも足りません。

 

ただのスピニングジムかな?少しでも自転車が速くなればと思って入会したけど、実際はクラブ融合のキツめの有酸素運動といった感じ。

 

暗闇で流行りの曲に合わせてインストラクターの指示に合わせて、バイクを漕ぎながら腕立てしたり、立ち漕ぎしたりが基本。ダンベル運動もどのプログラムにも必ず1曲はあります。水泳肩で肩を痛めてる自分には、ダンベルはかなりキツイメニューだったりします。

 

そのほか、レベルが上がるにつれて、バイクに乗りながら複雑な動きをMixさせて、飽きさせないプログラムには感心。

何よりもインストラクターがイケメン&カッコイイ女性ばかりで、インストラクターの上手な動きを見るだけでも楽しいの。

もちろん参加してる自分は大量発汗すので、終わった後の爽快感もすごい。

 

流行りの洋楽に合わせて、レッスンするのがまたいいんですよね。基本クラオタだけど、意外と洋楽も好きだし、最近はFeelCycleに影響されすぎて、Zeddばかり聴いてます。

まだ参加したことがないけど、プログラムによっては、90〜00の洋楽が中心のもあるらしくて、自分が1番洋楽聴いてた頃だから今からすごく楽しみだったり。

 

そんなわけで、しばらくは前から通ってるスポーツジムと併せてFeelCycleに通ってみようと思います。

 

ちまみに、3週間で27レッスン参加しましたが、体重は1Kgも減ってませんw

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

少し前になりますが、6月3日に毎年参加しているAJ神奈川主催のクラシックブルベ『興津600』に参加してきました。

 

いつものように前泊したけど、今年は仲良しの参加者と時間が合わなかったので、前日の夜は旦那さんと2人だけで寂しく焼肉。

いつもは眠れないのですが、今回はよく眠れました。

 

毎年コースが少しずつ変わっていますが、このブルベには6年連続で参加してきます。進行方向に対して、時計回りで従来開催してきましたが、去年から反時計回りのコースもでき、途中で参加者のスライドがあります。

 

私たちは走り慣れてる時計回りでエントリーしていました。このコース、1度だけPC1の手前で異物を踏んでタイヤがバーストしてしまい、掛川でDNFしたことがありますが、それ以外は完走しているし、手堅く600KMの認定を取得できるハズだったのですが、結局は御前崎から新城までの100KMで強風の向かい風で体力、持ち時間を失い、330KM地点であらかじめ予約していたホテルでDNFとなりました。

 

DNF記なので、簡単に写真とコメントで振り返りたいと思います。

 

スタート時の様子。自転車のサドルにくくりつけた、三角の反射はAJ神奈川オリジナル。しかし、タイヤと擦ってしまい、途中からは肩から斜めに掛けてましたが、本来はウエストに巻いて使うらしい。

 

強風の南風かなと思っていたけど、PC1までは追い風基調でした。朝のいちご街道は清々しいです。

 

2013年以来の大崩海岸。ロケーション最高です。ここを抜けた焼津の鰹節の香りが懐かしかったです。

 

大井川を渡りしばらくすると、実走スタッフのIさんがずっと前を引いてくれました。「意外と追い風ですねー」なんて話していたら、その後酷い目にあう。

 

70KM地点のPC1セブンイレブン御前崎港店には9:15に到着。

去年と9KM違うのであまり参考にならないけど、去年は9:45でした。ちなみに、同じ距離でバーストもしていない2012年は9時前に到着しているらしい。

途中でトイレに寄りましたが... ほぼ最後尾です💦

 

入れ違いで出発したけーこさんに、余ったお水もらいます。おにぎり2つ食べてリスタート。

 

リスタートした瞬間から強風の向かい風。写真はこれだけ撮るのが精一杯。

 

強風だったのに、後ろから現れた兼定さんが、「前牽きます!」って。

めっちゃ遅い私たちのペースに合わせてもらって、救世主みたいな兼定さん。

しかし、御前崎の向かい風、まぁここはいつも風強いけど、こんなに酷い向かい風は初めてでした。砂浜の砂も顔に当たって痛かったです。

 

掛川駅前。掛川までは西向きだったり、北向きだったりで、西向きのときは酷い向かい風だけど、北向きの時は走りやすい。

 

ずっと50キロくらい兼定さんが私たちのペースに合わせて牽いてくれましたが、兼定さんのお時間をこれ以上減らすわけにはいかないので、私が1人で走っていれば、一緒に走ってもらったかもだけど、こちらは2人一緒なのもあって、途中で兼定さんには先に行ってもらいます。

 

トイレにも寄りたかったし、毎年寄り道してる、いしだ茶屋で小休憩。

今年はかき氷がメニューに追加されていました。氷と一緒に凍らせたいちごのかき氷、美味しかったです。

 

PC2の200mぐらい手前にある定食屋でお昼ご飯。

 

三ケ日牛が入ったコロッケカレー。美味しかったです。なーちゃんには、「ほぼ最後尾とか呟いてながら、かき氷食べたり、カレー食べたり、余裕すぎる」と言われましたが、この時は、ここまで向かい風にやられるとは思っていなかったのです。

 

ちなみに向かい側にはうなぎやもあります。天竜川を見ながら優雅にうなぎが食べたいなら、もう少し先の納涼亭で。って、多分ギリギリ隊の私に納涼亭でうなぎを食す日は来ないであろう。

 

132KM地点の通過チェック サンクス天竜二俣店には、13:40に到着。疲れた感じの参加者が1人だけいました。氷だけ買って、すぐにリスタート。

 

天竜川を渡ります。川の向こうにあるのが、噂の納涼亭です。

 

浜名湖北岸を通り、三ケ日へ。この辺りの風も凶悪で、ゆるい登りは、10km/hぐらいしか出ませんでした。旦那のSRがかかっていたので、ずっと私が牽いていましたが、今思えば先頭交代しながら走ればよかったなと。

 

だんだん影が長くなってきました。自分が思っている以上に、時間だけ進んで距離は進んでいない。

 

178KM地点のPC2ローソン新城庭野店には、 16:30に到着。ここには意外と参加者がいた。ここでDNFを決めたHさんからは「えっ!まだ頑張るんですか!凄いなぁ」と言われましたが、ここでDNFするのはその日のうちに興津に戻れるので正解でしょう。

 

乗本からはいつものコース。だんだん日暮れが近づいてるなと実感しながら、この辺りは向かい風で疲れ果てていたので、旦那さんが牽いてくれました。進路が北西に変わったので、北設楽までは追い風基調だったし、長い下りもあったので走りやすかったです。

 

PCではないけど、メインディッシュの新野峠手前最後のコンビニ、215KM地点の北設楽のファミリーマートには、18:55に到着。日没時間と同時に到着。イートインがあったので、補給しながら少し休憩。スタッフIさんや、前のPCで一緒だった人も補給して登りに備えます。

 

私のモチベーションが一番低かったのは、この時だったでしょう。しかし、もう電車もあるかないか分からないし、宿泊施設もなさそうだし、とりあえず飯田まで行かないとDNFもしづらいなと考えてました。

 

旦那さんは、そばといなりのセットを買っていたけど、あまり食べれなかったらしい。

 

大和金トンネルまでの登りで、旦那に「寝ないで走れば完走できると思うよ!最初の頃はほとんど仮眠しなかったし」って話をしたら、旦那がちょっと元気になった。私も少し眠かったので、音楽再生したら、テンションがあがってきました。

 

新野峠頂上は、21:30でした。去年は既に飯田のPCにいた時刻ですね。ここまで去年より8KM遠いけど、それでも2時間半も遅く到着しているのには、ショックです。

まぁ、この時点でも30分仮眠できれば完走できるかなと思ってましたが。

 

ここから先は、バイパスが開通したので、とても下りやすくなりました。きっと反時計の人も登りやすくなったと思われます。

一度下って、阿南町ー下条村はアップダウンが続くのも分かりきっています。

まぁ、阿南町のファミリーマートまで来れば、キツイ登りはほぼ終わりなんですけどね。

阿南町のファミリーマートは寄りましょう。今更急いでないし。

で、旦那さんが「DNFする」というので、ここでDNFを決めますが、飯田辺りで宿探すかネットカフェに泊まると言ってくれればよかったのに、律儀に予約した伊那のホテルまで行くとのこと。あと90KMもあるけど、大丈夫なのか?

とりあえず、私は眠気もなかったので、気力が切れてしまった旦那さんを無事にホテルまで届けるミッションに変更します。

おそらく睡魔で蛇行する旦那さんに前を走ってもらい、後ろから叱咤激励および蛇行しはじめたら停車させて休憩しながら、途中3回くらいコンビニに寄って、道端でもストレッチしたりして、330KM地点のホテルには3:30に到着。

 

飯田までは、旦那さんをホテルに届けたら、自分は1時間の仮眠でリスタートできるかなと思っていましたが、飯田からの冷たい北風で私も体力と気力が奪われてしまい、一緒にDNF。

 

へなちょこなので、向かい風が吹いてしまうとどうにもならないけど、条件はどの参加者も同じなので、少しでも克服していかないと、ただの言い訳になってしまいますね。

来年は絶対完走したい!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。