米国で生産される鶏卵の95%に相当する生産者の組合、米国鶏卵生産者協同組合(UEP)は2020年までに加盟産卵農場でのオスのヒヨコの間引きを中止すると公表しました。

標準的な産卵施設では生まれてすぐオスのヒヨコは生きたまますり潰すか、ごみ袋の中で窒息させるか、ガスで殺しますが、これを生産者がヒヨコの性を確認できるドイツの技術「in-ovo egg sexing」に代えます。生産者が卵をオスにするか、ペットの餌やワクチンに使うかを決められます。恐ろしい幼児殺しを中絶に代えます。

VOX



AD