ペアのガチョウは一生のつがいになります。この2羽は明らかにソウルメトでした。しかしメスのガチョウが飼い主の友人にプレゼントされ殺されて食べられてしまいました。

メスガチョウが袋に入れられバイクに乗せられると、雄のガチョウは必死で彼女を自由にしようとしました。雄のガチョウは鳴き叫びましたが、メスのガチョウが連れて行かれるのを見送ることしかできませんでした。

パートナーが死んだ後、生涯つがいにならないガチョウもいます。ガチョウは非常に忠誠心があります。パートナーや子を猛然と守ります。

 

PETA
 

 

AD


https://youtu.be/Gss7lQEfecQ

 

PETAは生きたまま生物の手足を切るLAのレストランT Equals Fishに行きました。シェフがタコを押さえつけ足数本をナイフで切り落としました。


しかしタコの苦しみはまだ終りません。キッチンスタッフが言うには、他の足のオーダーがあるまで、そのタコを生きたままとっておくのです。全部の足がなくなったら開いて内臓を取り出します。


頭足綱(タコ・イカなど)に詳しい Dr.Jennifer Mather
「こま切れにされるタコは毎回痛みを感じている。人と同じように。その痛みはまさに、豚や魚やウサギが感じるかのようであり、ウサギの足を細かく刻むのと同じようなものだ。だからタコへのこのような行為は蛮行です。」

 

レストランは生きている海老の尾を切り落とし動いている体の隣に並べたり、体を守る外骨格をはいで食べ易くします。

 

生きたシーフード鍋を提供するレストランもある。海老は水面から頭が出るように置かれるので死までを長引かせる。


PETA
 

 

AD

 


https://youtu.be/ZYCHZDKp_a0

 

Association L214が最近潜入調査した牛の屠殺施設です。
気絶させられた妊娠中の牛はチェーンで吊るされ喉を切られています。牛がもだえて血を流しながら逃れようとしているのが分かります。作業員はまだ動いている牛を切って肉にする行程にとりかかっていて子宮が切り出されているのが分かります。その子宮から胎児を取り出しゴミ箱へ捨てています。
 

MFA
Association L214

 

AD