ショッキングなこの映像は米国最大級の鶏生産Tyson Foodsタイソンフーズの施設で撮影されました。これにより ただちに 同社は「ボーンニング(詳細後述)」を止め、従業員10名を解雇しました。

 

https://youtu.be/PFvEwFavt6c

 


鼻にボーンニングされる鶏

 

フォークリストに引かれつぶされた鶏



鶏の首に何度もカラテチョップをする従業員



混みあった輸送ケージのバーに頭が挟まった鶏



金属ケージに足が挟まった鶏

 

鶏にパンチをする従業員

アーカンソー州を本拠地とするタイソンフードは、マクドナルド、バーガーキング、ウォールマート、KFC、ウェンディーズその他巨大フードサービス業に鶏を提供しています。

タイソンの管理者は鶏の頭の上に立って窒息させ、また従業員にそうするように指導していました。

暴力と虐待のレベルは酷く、ヴァージニア州の動物保護法違反です。COKは当局に証拠を提出し措置の実行を求めてており、現在調査中です。

近くでカメラに捕らえたのは恐らく初ですが調査員は「ボーンニング」を撮影しました。
ボーンニングとは出荷前に若い雄鶏の敏感な鼻孔にボーンと呼ばれるプラスチックの棒を刺すことです。
国際的に有名な家禽福祉の専門家であるDr.Lan Duncanは、ボーンニングは鶏に激しい痛みを引き起こし、棒がネットに絡まる可能性があると言っています。
食用鶏は肥満になるように早く成長するように遺伝子操作されてますが、最長2年生かすために、超過体重にならないよう餌を極端に制限されます。体重が増えるように特別に交配されているにも関わらずにです。

タ イソンフーズはボーンニングを止めましたが、太るための遺伝子操作を止めない限り、鶏は飢え苦しみ続けています。鶏を飢えさせないようタイソンに要望する署名がこちらからできます。日本語

取り上げたメディア:
Washington Post/USA Today/USA Today/NY Daily News
Inquisitr/Slate/Grub Street/Consumerist/US News & World Report/UK Daily Mai/Reuters/Associated Press 他多数

COK

 

AD


Huffington Postによるとオリンピックのウエイトリフター30歳のKendrick Farris氏は、動物を尊重して肉を止めたとのことです。
「動物を大量屠殺する方法は賛成しない。それでヴィーガン食に目が向きました。」

Farrisの典型的な日の食事。朝食にオーツかパンケーキ。主な昼の軽食は野菜シェイク。練習前はアボカドのトルティーヤにヴィーガン・チーズ。
食間にガカモーリ(メキシコのソース)とブラック・ビーンのチップスで、しばしば夕飯にブラック・ビーンのトルティーヤを食べ、就寝前にお腹が空いたらプロテインシェイクをすすります。
Farrisは最近より軽くて、クリアーで、頭がさえる感じがすると言っています。

The Huffington Post

AD

https://youtu.be/dqS5dX2DpwY

世界で使われるジャケットや寝具といったダウンとフェザー製品の80%が中国製だとご存知ですか?
PETAは中国各地の農場を訪れました。完全に意識のあるガチョウの羽が作業員に引き抜かれて傷が出血しているのを見ました。その間、他のガチョウは恐怖で凍りつきただ震えていました。

ガチョウが羽ばたかないように、作業員がか弱い羽と首の上に乗り、足はきつく結んであります。ガチョウは屠殺されるまでこの拷問に何度も耐えます。

偽装と不正
RDSなど国際的な認証は、生きたまま抜いたダウンを使用していないと消費者に宣伝していますが、そういった(認証基準を設けている)会社の納入業者と調査員が話したところ、彼らは生きたまま抜いたダウンの売買を認めました。

「プラッキング(羽根を抜くこと)は秘密に行われている。つまり我々はそれをオープンにするのを望まない。」ダウン業界の代表者

ある農場で調査員はガチョウを生きたまま羽を抜き出血したままにしているいるのを目撃したが、その経営者はRDS基準を設けている会社The Sea Feather Limited Company of Lu’anへのダウン供給のを認めました。同社は米コストコや米アマゾン、Sears、Hollander Sleep Productsに製品を販売しています。

またバイヤーは、生きたまま羽を抜いているのを目撃されたRDS基準の業界大手Allied Feather & Downから生きたまま抜いたダウンを買うことが出来ると言いました。同社はEddie Bauer、Lands’ Endにダウンを提供しています。

生きたまま抜かれたダウンの製品は世界中に輸出され、疑わない消費者に売られています。だから貴方がダウンの寝具やジャケットを買おうとしているなら、鳥には羽が必要だし虐待性なしの製品を代わりに選ぶのを忘れないでください。私達と一緒にガチョウに親指を立てて、ダウンに親指を下げましょう。

Hollander Sleep Products, Eddie Bauer, and Lands’ End にダウン製品を売らないよう要望するメールはこちらページ一番下です。チェックをはずすと匿名表示になります。



1つのジャケットに多くて7羽分のダウンが必要


作業員は羽をむしる時ガチョウの首に乗る


多くが数回生きたまま羽を抜かれて価値がなくなったら屠殺場へ送られる

PETA


AD