人気ブログランキングへ
まずは、ポッチっとお願いします。m(u_u)m

●The Beatles - Let It Be (STEREO REMASTERED)


Let it be, let it be
(なすがままにゆけばいい)



3/11(土)は、角打ちさん主催の新宿街宣に参加してきました。

新宿街宣20170311

参加者は5名で、全員が2回ずつ弁士をしました。
場所は新宿で約2時間弱の街宣活動をしました。

この日は、はじめはポカポカと日が差していていたのですが、日が落ちてからは北風がビュービュー吹いてプラカードを持っている手が悴むようなお天気でした。

土曜日ということもあり、人通りは段々と増えて多分約2時間弱で1万~1.5万人の通行人があっと思います。
この日も、いい街宣活動ができたと思います。

この日は私たちが街宣をしている横で大道芸人の若者がパフォーマンスをしておりました。

大道芸人

この方は、パフォーマンスが始まる前に
「音がうるさくなりご迷惑をお掛けするかもしれませんが、
よろしくお願い致します。」
と挨拶をしにきて頂きました。

私たちも、
「こちらこそ、ご迷惑をお掛けするかもしれませんが、
よろしくお願い致します。」
と挨拶をさせて頂きました。

大道芸人の若者のパフォーマンスが終わり「投げ銭」を集めていたので、お金Yenと一緒に「集団ストーカーの防犯チラシ」を袋に入れました。
大道芸人の若者が目くばせをして満面の笑みでこちらに笑い返してくれました。まるで「集団ストーカー犯罪のことは、知っていますヨ。頑張ってくださいね」と言ってくれているように感じました。

1次会は歌舞伎町の居酒屋で、2次会は新宿ゴールデン街のデープな世界で懇談会をしました。

ゴールデン街2

参加された、皆様楽しい時間を有難うございました!!


<<徒然なるままに>>

街宣は、いつも変わらないメンバーです。
街宣やポスティングなどリアルで何年も戦い続けている人は、ほんの僅かしかいません。
WHY?新しい被害者の方が、立ち上がら(れ)ないのだろうと少し考えてみました。


1、本当に信頼できる仲間(同志)を見つけることが非常に難しいこと。(幾つもの困難を共に乗り越えなければ、そう簡単に見つけられるものではないと思います。)

2、精神的に安定していて、どんな形にせよ経済面で自立している被害者が少ないこと。(テクノロジー系の被害が厳しく被害内容によってはどうしようもない場合もあると思います。)

3、様々な情報や風評に惑わされず、しっかりとした自分の「物差し」を持っている被害者が少ないこと。

4、腹の括りができている被害者が少ないこと。

5、被害者間の信頼関係ができていない為、「疑心暗鬼」になり易く離反工作などによりすぐに潰されてしまうため。

6、絶対に解決するという「強い意志」と「行動力」を持った被害者が少ないこと。等々

まだまだ、いっぱいあると思います。



今日は、『4、腹の括りがきている被害者が少ないこと。』について、少し書きたいと思います。

私が被害初期だった頃の被害をほんの少し書いてみます。

加害者から窓を全開にしてボリューム全開で音楽をかけられる嫌がらせ。警察が来るまで延々と続けます。夜中の時もありました。(警察には30回ぐらい通報しています。公安にも2回相談に行っています。)

模造刀刀を持ってマンション内を徘徊。(防犯カメラでみると本物にしか見えませんでした。子供は学校以外、一歩も外出できません。)

天井に穴を開けられてすべての部屋を水浸し水滴にされたこともありました。

夜中に、屋上のステンレス製の物干し台を家のベランダに投げ込まれる。
たばこの吸い殻投げ捨ては、頻繁にやられました。

ハイテク系では、心臓の鼓動を早くされたり(1秒間に2,3回脈打ちます)、不整脈で心臓が苦しくなった時、奥さんが救急車を呼んだことがあります。病院について心電図をとる時には、何十分も続いていた鼓動と不整脈がピタリと止まりました。

また、加害行為は段々とエスカレートしていき上の階から凄まじい電磁波かレーザーのような照射を受けて、脳の中が焼かれるような加害を受けていました。
家の中では、天井の隅で50cmぐらいの大きさのプラズマの雷。(家族4人で見ています。)

被害が厳しかったことと子供が小学生だったこともあり、嫁さんと子供たちを嫁さんの実家に避難させることにしました。

家族を退避させた後、まる4日間(96時間以上)騒音により一瞬も睡眠をとることができない状況でした。(会社には1ヶ月間の休暇届を出していました。)
私も、このままでは殺されると思い渋谷のホテルに避難しました。

その時に今までに経験したことのない、何か恐ろしいことに巻き込まれたのだと感じていました。

それまでに「死をまったく意識したことが無かった」こと。また「殺されるということに対する恐怖」「今まで味わったことのない恐怖感」「死にたくないという弱さ」でホテルの中で1人で震えていました。

そして、確か朝方の5時ぐらいだったと記憶しています。嫁さんをホテルに呼び出して、今起こっているすべての状況を話しました。はじめはすべてを理解してくれませんでしたが、現実に起こっている異常な事態には気付いていることが救いでした。

ここからが、本当の戦いのはじまりでした。

加害者は、「死という恐怖」で人を操ってきます。(マインドコントロール)
また、被害者の感情操作、言動操作、思考盗聴、身体を動かすことだってできます。
電磁波、放射線、レーザー(メーザー)、超低高周波などを使用して遠隔から被害者を殺すこともできます。

加害者は、殺そうと思えば、いつでも被害者を殺すことだってできるのです。
でも、もし末端工作員が被害者を殺してしまえば工作員自身が始末されることになるのでしょうが。。。

もぉ、こうなると開き直るしかありません。こんなことに怯えていては、一生加害者たちの奴隷のままです。
そんなことは、自分には絶対にできません。
自分を取り戻すため、子供たちの未来のためにやるしかないのです!!



最後はこの言葉で〆たいと思います。

ある被害者さんのtwitterで非常に共感しているものがありました。
坂本龍馬が残した言葉です。

「世の人は我を何とも言わば言え、我が成す事は我のみぞ知る」


集団ストーカー・テクノロジー犯罪=組織的犯罪=コインテルプロという犯罪は、自分たちの受けている被害だけを訴えていても解決は難しいと思っています。
先ずは、一般の方々にこの問題を理解して支持して頂き「世論」となっていかなければ、この犯罪を取り締まることのできる法律を作ることができないと思います。

まだ様々な危機にまだ気付いていない人々を「覚醒」させないことには、法制化すらままならないと思っています。

下記に挙げた問題は、すべての人類のための問題であること分かって貰うためにNWOの問題として提起しています。



【NWO(新世界秩序)の人口削減計画(プログラム)】

放射能の被爆(原発爆破、劣化ウラン弾)による人口削減。
HAARP(人口地震、気象操作、集団マインドコントロール)の操作による人口削減。
ケムトレイル(放射能物質、重化学物質、細菌・ウィルス)の散布による人口削減。
組織犯罪=集団ストーカー=コインテルプロ、電磁波、スカラー波、放射線兵器等のテクノロジー犯罪による人口削減。
ワクチン(新型インフルエンザ、エイズ、SARS、子宮頸がん等)による、副作用や不妊による人口削減。
戦争による人口削減。
金融危機、エネルギー危機、食料危機をつくりだし、国家破綻、社会破綻を起こして人々を失業、貧困、飢餓に追い込み人口削減。
民族紛争の誘因を作り出しての人口削減。

食品に有害な添加物や毒物を混ぜての人口削減。等等


現在進められている人口削減計画(プログラム)は、NWOの実現ために行われている布石の1つです。
闇ユダヤ政府が進めているNWO(New World Order:新世界秩序)とは、①国・国境、②民族、③宗教の垣根を無くし、④家族、⑤教育、⑥伝統・文化や秩序を破壊することです。

人類を家畜のように洗脳(マインドコントロール)し、支配者たちによって生存さえをも許可される世界(世界統一政府樹立)を実現しようとするものです。


国・国境の垣根を無くすこととは、すなわち独立国家意識、愛国意識、民族意識を無くすことです。奴隷化したゴイム(非ユダヤ)の財産、経済的基盤(仕事)を奪うこと、さらに大量の移民・難民の混入より民族浄化(民族絶滅)が行われているのです。

また、親の経済力を奪い国家が子供を取上げて教育することになれば、両親の元で培われる「愛国心」「道徳観」「倫理観」を教育する機会を奪うことになるでしょう。奴等は、そんな「1984」のような世界を作ろうとしているのです。


まだ、殆どの大衆は眠ったままです。
多くの人々が『覚醒』したとき、そこに一筋の光が見えてくると思います。



●V for Vendetta - final revolution scene





忘れた方は、ポッチっとお願いします。m(u_u)m
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る