ヴェーダプラカーシャ・トウドウ

(Vedaprakasha Todo 公式ブログ)










瞑想・ヨーガ指導者
ヴェーダ&ヨーガ哲学・アーユルヴェーダ講師
カウンセラー

《個人レッスン・少人数制クラス》


【9月講座スケジュール】 
サーマヴェーダの日プージャー+チャンティングの会 9/4
ガネーシャ・チャトルティ・プージャーの会 9/5
般若心経サンスクリット・チャンティング(4回講座)9/21,10/3,12,11/2
TYPトータル・ヨーガ・プログラム説明会 8/27,31.9/28
ヴェーダ瞑想コース 9/24~25
ヴェーダ瞑想フォローアップ 9/24~25
ラージャヨーガ・イントロダクション講座 9/10,15
瞑想のためのヨーガ「体操法」講座 9/24
瞑想のためのヨーガ「呼吸法」講座 9/25
朝ヨーガ、アーユルヴェーダ・ヨーガ、ヨーガ・セルフケア、ヒーリング 9/2,6,10,13,14,16,20,27,30
ヨーガ&ヴェーダ哲学講座 9/10,15,17
アーユルヴェーダ講座 9/15,17
チャンティング(詠唱)講座 9/3,14
サンスクリット基礎 9/3,17,10/31,15(4回セット)

年間講座カレンダー


ヴェーダ瞑想
ヴェーダ瞑想

ヴェーダセンター: ヴェーダプラカーシュ・トウドウ主宰。瞑想を中心に、マントラ・チャンティングヨーガ哲学講座カウンセリングなどを行っています。



ヨーガ哲学講座 : ヨーガ・スートラ、サーンキャ・カーリカー、バガヴァッド・ギーター、ウパニシャッドなど古代の聖典から学びます。


マントラ・チャンティング講座: ヴェーダ・サンスクリットのマントラ・チャンティングのレッスンです。


インドのアシュトーシュ先生の「インド占星ジョーティシュ鑑定」「インド風水~ヴァストゥ鑑定」「ヴェーダ加持祈祷ヤジニャ」なども受け付けています。

NEW !
テーマ:
「遺伝子レベル」で免疫システムが向上? 瞑想による健康増進、という記事の要約です。

http://forbesjapan.com/articles/detail/13553/2/1/1

 

米科学誌「Translational Psychiatry」に発表された新たな瞑想に関する研究報告です。マウントサイナイ・アイカーン医科大学、カリフォルニア大学サンフランシスコ校とハーバード大学医科大学院の研究者チームによるものです。

 

研究によると、94人の女性をカリフォルニア州の福祉センターに集め、6日間のバカンスのグループと、6日間の瞑想を行なうグループに分けて調査しました。

 

調査期間の直後、1ヵ月後、10ヵ月後に、血液サンプルを採取し、遺伝子を分析ししました。調査を行った2万の遺伝子には、全ての参加者グループで、ストレス(炎症と創傷治癒)に関連のある遺伝子の発現に変化がみられました。

 

特に瞑想経験者たちは、ウイルス感染への抵抗に関連のある遺伝子に変化がありました。テロメラーゼ(染色体の末端部分であるテロメアが「ほどける」のを抑制する合成酵素)の活性が高りました。テロメアは時間が経過するにつれ自然に短くなるといわれています。それはさらに慢性疾患との関連も指摘されているといいます。テロメアの長さを伸ばすことが、より健康的な加齢につながるといいます。


また、認知症とうつに関連がある2種類のアミロイドβタンパク質の比率では、瞑想初心者のグループに改善がみられました。数値の良い状態から調査開始した瞑想経験者のグループでは、比率に変化はなかったようです。これは、瞑想が短期的にも長期的にも影響を及ぼすことを示唆しているといいます。

 

全員が気分の高揚を経験し、調査終了後もしばらくその状態が続いたようですが、最も変化を感じたのは瞑想初心者たちで、10ヵ月後もうつ症状の大幅な軽減を報告しています。

 

「瞑想のプラス効果は精神的だけではく、体の機能にも測定可能な変化をもたらす。日々のストレスを軽減させ、免疫システムを向上させる可能性がある。健康を増進させる方法の1つだ」と、ハーバード大学とマサチューセッツ総合病院の両方に所属するルドルフ・タンジは述べています。

 

毎日数分でも瞑想を続ければ、いずれは(行動や気分といった)大きなところから(遺伝子という)小さなところの機能までが変わる可能性がある、とこの記事はくくっています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 

『インディアンヘッドマッサージ』の著者、ナレンドラ・メータ氏により設立された、

インド式ヘッドケア(チャンピサージ)の世界的リーディングスクールL.C.I.C.I.

(London Centre of Indian Champissage International))の日本支部でのヨーガクラスです。

インドのヘッドマッサージをインドから欧米へ普及させた創始者、ナレンドラ・メータ氏により、

アーユルヴェーダの流れを汲むセラピー(ヘッドケア、フェイスケア、フットケアetc.)の

最高の教育を提供するためにロンドンに作られました。
 

 

日本では、日本のマッサージの歴史を理解し、職種ごとのモラルを守りながら

L.C.I.C.I.のセラピーを普及するために「一般社団法人国際ホリスティック・ヘッドケア協会」

としてプログラムを普及されています。
 

 

月に1,2回のペースでヨーガクラスを開催していただいています。
 

初心者からでもできるように、基本ポーズをそれぞれに合わせた

無理のないポーズの取り方で行っていただいています。
 

 

根気強く毎日毎日実践していくことで、長期的に体はより柔軟になります。

無理しすぎないことですね。
 

 

ダヌラーサナ(dhanuraasana/弓のポーズ)

※このポーズは息を吐きながら体を反り返らせます。
 



 

エーカウッターナパーダーサナ(eka-uttanapaadaasana/片を伸ばすポーズ)

※最初は垂直に上げるのはきついかもしれません。

脚と足が直角になるといいですね。
 



 

バカーサナ(bakaasana/カラスのポーズ)

※カーカーサナとも言います。もう少し足が上がり、膝がわきの間に入り

頭と同じ位置ぐらいに来るようになるといいですね。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、「サンスクリット語でチャンティング(詠唱)する般若心経」講座を行いました。

4回コースの一回目です。般若心経の小本、つまり日本で使用されている、玄奘三蔵の漢訳版とほぼ対応するサンスクリット版を練習しました。

 

漢字の日本語読みのものはよく耳にする有名なお経ですが、サンスクリットでのチャンティングはあまり知られていません。

 

日本語にないアルファベットの発音は慣れるまでむつかしいと感じますが、毎日練習するとコツがつかめるようになります。


今回は、3人の参加者の皆さんと、4分の1程の部分を練習し、素敵な皆さんとよい時間を過ごすことができました。



 

 

 

興味のある方は個別指導も行っています。

 

当方で過去に制作したブックレット付きCD「ヒーリング般若心経」がありますので、興味のある方は是非お聞きください。

https://youtu.be/WCIFo6zPf2Y

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
女性向のヨーガ雑誌「yogini(ヨギーニ)vol54」に、
「聖典から紐解くプラーナ」と「呼吸と音」という記事されています。
インタビューを受けそれをライターの方がまとめたものです。

 



女性向のヨーガ雑誌「yogini(ヨギーニ)vol54」に、
「聖典から紐解くプラーナ」と「呼吸と音」という記事されています。
インタビューを受けそれをライターの方がまとめたものです。
 

「聖典から紐解くプラーナ」では、

古代ヴェーダ聖典(リグヴェーダ、アタルヴァヴェーダ)、ウパニシャド、

アーユルヴェーダ、ヨーガスートラ、ハタヨーガ・プラディーピカー、

などの聖典や経典に記載されているプラーナについて紹介しています。
 

「呼吸と音」では、心地よい音は心身をリラックスさせ、

呼吸を落ち着けるとうことを述べています。

ただ、瞑想することが心を静め最も呼吸を落ち着かせることにつながります。

 

 





 

yogini

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ヨーガの八部門(アシターンガ・ヨーガ)ですが、この8部門をステップ(段階)と解釈する人もいます。ですが、これはどちらかといえば、部門(分野)という方が正しいです。

 

アシターンガは、アシュタンガと表記する人もいますが、サンスクリットの近い発音はアシターンガです。アシタ(ashta)+アンガ(anga)です。アシタは8、アンガは四股や構成部分を意味します。


アンガの意味はほかにもたくさんあります。

 

「四肢、体、精神的器官、構成要素、構成員、構成部品、下位区分などなど」

 

ステップと解釈すると、1の実践が終わらないと2の実践に行けません。そうなると一生かかっても8に達するのは難しくなります。
1~7は並行して毎日行う実践となります。8番目は、7番目の実践である瞑想により達する境地です。

 

ちなみに8つの実践とその分野は以下のとおりです。



1.ヤマ(禁戒):

すべきでないこと。暴力を振るう、嘘をつく、盗む、性に溺れる、所有しているものに執着するなどの行為を律することです(社会的行動における実践)

2.ニヤマ(勧戒):

毎日行うべき自己の実践。心身を清らかにする、あるもので満足する、生命を高める行を行う、真我を知るため聖典や経典の勉強をする、深いサマーディの意識を瞑想により経験するなど(自己浄化のための実践)

3.アーサナ(座、姿勢):

瞑想のための座法。長時間、不動で快適に保てるように身体を柔軟に強靭にする実践(肉体的実践)

4.プラーナーヤーマ(呼吸制御):

瞑想により真我に至るのに適した呼吸(第四の呼吸)を養うための実践(呼吸法の実践)

5.プラテャーハーラ(五感から内面に意識を引き戻すこと):

外界からの刺激から離れ、意識を心の内面に向ける実践(五感制御の実践)

6.ダーラナー(意識を内面に保持すること):

心の内面に意識を保ち続ける実践(精神的実践)

7.デャーナ(瞑想):

意識を内面に向け真我に導くプロセス。最終的には精神活動(チッタ・ヴルッティ)は停止(ニローダ)する(活動的な精神を沈めていく実践)

8.サマーディ(三昧):

瞑想中に一つの対象に意識が集中している状態。また、対象の認識も精神活動も停止した状態は、アサンジニャータ・サマーディ(無想三昧)と呼ばれる。これは、瞑想により精神活動が最小限の状態に達した真我の状態(真我)


 

瞑想を毎日を繰り返し経験することで、徐々に8番目の意識が定着し、いつの日か人はゴールである悟りに達します。必要なことは毎日の継続的実践です。ヨーガでは、アビャーサといいます。

 

継続が力となります。またゴールに達するという熱意、そして、アシターンガ・ヨーガのすべてを毎日行うことです。時間がないという方も、できる限り毎日30~1時間はヨーガの実践の時間を持ちましょう。

 

ヨーガ体操、呼吸法、瞑想というこの三つの実践は最短でも、40分ほどあればできます。体操10分、呼吸法5分、瞑想20分、休息5分です。きちんとできる方は、早起きし、40分から1時間あればいいですね。その人が毎日できるでベルの時間を確保し、できるところから始めましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年も、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の難民映画祭が開催されます。
以下、詳細は、サイト情報からです。




難民、国内避難民、無国籍者をテーマにした選りすぐりの作品を上映してきたUNHCR難民映画祭は、多くの方のご支援、ご協力のもと今秋の開催で11年目を迎えます。今年の映画祭は仙台、札幌、東京、大阪の計4 都市で開催致します。

世界では紛争や迫害などによって6500万人以上が家を追われています。 この難民映画祭が「難民問題を自分の事として捉え、考え、一歩を踏み出す」きっかけになることを心より願っております。
                            

*映画祭概要*
【開催期間】   
仙台:2016年9月17日(土)、18日(日)
札幌:2016年9月24日(土)、25日(日)
東京:2016年10月8日(土)、9日(日)、10日(月・祝)、15日(土)、16日(日)
大阪:2016年10月22日(土)、23日(日)

【会場】 
仙台:桜井薬局セントラルホール  東京:イタリア文化会館、スパイラルホール
札幌:札幌プラザ2・5      大阪:朝日生命ホール、ナレッジシアター

【主催】
国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所、特定非営利活動法人 国連UNHCR協会 

【パートナー】
独立行政法人 国際協力機構(JICA) 

【公式サイト】
第11回UNHCR難民映画祭 http://unhcr.refugeefilm.org/2016/
(入場は無料ですが、ウェブサイトからの事前申し込みが必要です)

【上映内容】
シリア、イタリア、フランス、フィリピン、ドイツ、日本、イラン、イラク、コンゴ民主共和国など世界を舞台とした13作品のドキュメンタリーやドラマの上映を予定しております。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ドキュメンタリー映画『聖なる呼吸』が上映されていますが、
当日販売用のカタログにヨーガの源流というタイトルで執筆しました。

この映画はクリシナマーチャーリャについて弟子や息子が語る内容ですが、
ハタ・ヨーガの今の流れを見ることがえきるので興味深いです。

同じ師の弟子であるパッタビジョイスとアイアンガー先生の指導方法の違いがユニークです。
クリシナマーチャーリャ自身はヴェーダや哲学、アーユルヴェーダなどを極められていて、
深い知識を持っておられた方です。

このカタログには4000字程度2ページにわたり、ヨーガの歴史を書きました。
映画を見られた方はぜひ購入ください。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
9/4(月)は、ガネーシャ・チャトルティの日でした。

特に南インドで行われる重要な祭事の一つです。

 

ガナパティ(ガネーシャ)への障害除去祈願です。

素敵な方々が参加され、静かなひと時を過ごしました。

捧げた花のほとんどは食用菊なので後でゆでておいしくいただきました。

 

ガネーシャは、ヴェーダでは、ガナパティ、ブラフマナスパティ、

という名で登場します。

 

 

 

ガナパティは、集団の主という意味です。

暴風雨を神格化したマルト神群(ルドラ神群)の主です。

 

ブラフマナスパティは、ブリハスパティとも呼ばれます。

ブラフマナスパティは祈ブラフマンの主という意味です。

 

ブラフマンはヴェーダにおいては讃歌や祈祷に発現する詩的想像力、

真理を具現する讃歌・祈祷とされ、ヴェーダのマントラを意味していました。

したがって、祈祷の主といういう意味となります。

 

ルーツをを調べてみると、インド・アーリャ人が支配する前の、

BC3000年ごろのドラヴィダ人のインダス文明期にその原型が見られます。

 

またBC1200年頃のイランの遺跡から金属に描かれた像が発見されています。

日本の仏教では歓喜天として密教の神として祀られています。

 

ヒンドゥーではヴィグネーシヴァラ(障害除去の神)などとも呼ばれます。

いずれにしても、古代から信仰されている神様ですが、

ガネーシャは人に備わる力と考えることもできます。

 

精神的、肉体的、社会的な、様々な障害を除去するのは、人の意識です。

自己の内面を強化することで問題が解決されていきます。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
恒例の目黒さんま祭りの日です。
早朝から人が集まっていました。

サンマは無料で配るのではなく、
有料にしたどうかと個人的には思っています。

魚資源は中国などの乱獲により減っています。
祭りをやるにしてお毎年でなくてもいいのではないかとも思います。

周辺の商店には客の増加でよいのかのしれませんが。
天然資源は人類共通の資源資産です。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、インドのサーマヴェーダのパンディタのウパカルマの日です。
バラモンが肩にかける聖なる紐、ウパヴィータムを取り換える日です。
http://vedacenter.jugem.jp/?eid=1105922

20年ほど前に、インド・チェンナイの師より、 このウパヴィータムを授けてもらってから毎年交換儀式を行っています。ヴェーダの代々の伝統と繋がっているように感じ、ありがたく思います。  

交換式を済ませ、午前10時から40分4人の参加者とともに、プージャーを行いました。その後、40分程度、サーマヴェーダをチャンティングしました。  狭い会場なので、タンブーラを演奏しながらの詠唱は、弦の音が大きかったかもしれません。

口伝でこのサーマヴェーダを先生に教わってから21年経ちますが、 奥が深く、詠唱するサーマガーナ(歌詠)マントラも膨大なため、 私がマスターしているのはほんの一部に過ぎません。とても心地よいひとときでした。  

明日5日は、ガネーシャ・チャトルティ・プージャーを行います。午前9時半から開始です。1時間ほどの儀式と各種ヴェーダマントラの詠唱です。あと数人可能ですので、ぜひご参加ください。
http://vedacenter.jugem.jp/?eid=1105920




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。