小企業社長、今日も奮闘す。

~大阪で映像とWEBにて稼業を営む50オヤズィの闘い~


テーマ:
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この投稿よりふたつ前の記事に

「経営革新計画」の承認申請を大阪府に提出、と書きました。

7月11日に審査会があり、

なんと!

驚きの「認定保留」・・・



こんなんあるの?


という驚きでした。


理由は

「事業フレームが不明」

とのこと。


え?「計画」でしょ?

たとえ「計画」でも、

確実性とか、継続性とかが問われるのだそうです。


特に、本当に売上があがるのか?

という面には厳しかったです。

これ、都道府県によっては審査の仕方が変わるそうで、

例えば中国地方では、申請者が実際に審査員の前でプレゼンする

必要があるそうです。

(私はそっちのほうが良かったかなと思う位です)


とにかく、

事業フレームを明確にするか、

明確化できなければいったん申請を取り下げて、

再申請して下さい、と府の担当者に言われました。

そっから大急ぎで関係業界のツテを頼り、実際の業務テストを実施し、

その結果をエビデンスとしてレポートを作成、

事業のフレームを作った上で、顧客として計画書に盛り込んだ

相手先に赴き説明。


その結果を改めて資料として作成して締切1日前に提出しました。


ところが、そこから2日間ほど大変でした。




まず、府の担当者の質問。

これがまた、トンチンカンなのです。


実際にヒヤリングを始めたのは昨年12月。

そのころに聞かれたような事を、今頃になって聞いてくるのです。

(具体的な中身は言いませんが)

もう完全にこっちはアタマにきて、

速攻、返信したろうかと思いましたが、

冷静に対処するため(だって、この担当が審査会で説明しますから)、

一晩じっくり相手にわかるように文書を作成し、

今回の申請を主導してくれたコンサル担当氏に推敲を依頼し、

OKを得た上で返信しました。


この担当氏には困りました。

事業計画の本質よりも、あまり関係のない部分を指摘して、

矛盾があるだの、資金繰りは大丈夫なのか、だの、

どうもこちらの感情的な部分を害するような聞き方をするのです。


これが精神衛生上、とても悪かったです。


返信の中身には、そういった一連の質問に不満があること、

貴殿の職務は、こちらの出した申請の内容を的確に伝えることであって、

どうも文面からは、申請を潰したいように推察できるが、

この質問の真意は何か?

等々を問いただしました。


こういった審査直前までギリギリの攻防(?)があったのですが、

提出した資料としては十分実現性の高いものなので、

昨日の審査会では、無事承認が下りました。


ふう・・・


10日には正式な承認の書類が発行されます。

これをもって、様々な政府支援制度などを受けることができるようです。

しかし、これが本当の始まりです。


険しい道のりになるかも知れません。が、

今までのようなひとりよがりな事業ではなく、

誰かに役立つ、

誰かに喜んで頂けるような仕事にしようと

考えています。


事業が正式にスタートした時点で

またここに投稿させて頂きます。


まずはひとつの通過点をクリアしました!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
超久々の投稿になります。すいません。

かねてより進めておりました、

「経営革新計画」の申請が本日、

大阪府で受理されました。

書類は一部、月曜日に修正の上、再提出しますので、

正式受理は月曜、ということになります。

10月に東京のコンサルの支援を受け、12月に最初の申請を

行って半年、ようやく受理というはこびになりました。

具体的な内容はまだここでは発表できませんが、

会社の再建に向けて大きな一歩を踏み出したことは

間違いありません。


というのも、

経営革新の認定を取る、ということは、

日本政府から「この会社は頑張ってる、または頑張ろうとしている会社です」

と、お墨付きを頂く事であり、

金融機関からの融資に必要な与信がグンと上がります。


様々な事情で債務が増えてしまい、

また営業力の少なさで思った以上に売上が伸びなかった昨今、

新事業によって再生をはかるという強い意志で

ここまで進めてきました。

やっと、スタートラインに立てた。という感じです。

認定が正式に下りて官報に記載されたら、改めて報告いたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
自分を卑下してはならない。

かといって自分に慢心してはならない。

中庸が大切だ。

これからの事に、心配ごとはただひとつ。

目の前が苦しいこと。

これに集中ばかりすると、心が貧困になる。

心の貧困は、あらゆる行動が雑になってゆく。

雑な行動は、人に不要な不快感を招き、

信頼や信用を失い、さらに物理的な貧困を招く。


心の貧困は、負のスパイラルを誘発するのだ。

その心の貧困に誘い込もうとするのが、

自分自身の心の迷いだ。

心と魂が常にコミュニケーションを取ってないから、

ひとりよがりな思考を発生させ、

そのひとりよがりな思考は、

時としてひとりよがりなマイナスを創りだす。



このマイナスは自分の想像から生まれたもの。

実は実体では無い。

しかし心はそれをいつのまにか、実体と捉えてしまい、

結果としての現実的なマイナスを産む。

いつもプラス思考でいるのは不可能にしても、

心と魂が常に交流しておけば、

マイナス思考で心を満たすような愚かなマネは

ある程度防ぐことができる。


特に、否定的概念で眠りを妨げられたり、

気になって全く違う判断を下したりすること、である。



自分の心を否定的意識で追い込んではならない。


命を取られるワケでは無い。

うまくいくんだよ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。