1/28(土)12:00~15:00は八王子タクトエイトにて「人の運動機能に合ったアシュタンガヨガWS」開催です。

小学校の時の体育の時間を思い出しながら、動物の真似をしたりしながら、人の身体の仕組みを知りアシュタンガヨガのシークエンスを実践してゆきます。

写真は今年の7月に行なわれた同じタイトルのWSです。
{79FD53C4-E493-464B-BE48-B3E09B6B6885}
今回も同じシークエンスを前回の内容と切り口を変えてお伝えしていきます。
☆☆☆☆☆

内容・概要
・腸腰筋とアシュタンガヨガ
・ウジャーイ呼吸とバンダを紐解く
・アシュタンガヨガのアーサナに効くコアトレーニング
・人の機能に合った安全で安定した後屈
・ヘッドスタンドを習得、又は段階に合わせて極める
・プライマリーシリーズの基本アーサナ~ヴィンヤサとアーサナの 解説と実践

☆☆☆☆☆

このWSは、呼吸と動きと方向の完全な一致を目指すシークエンスを持つ、アシュタンガヴィンヤサヨガの導入からその主要シークエンスを人の運動機能に合っているかどうかを見ていきます。

こんな疑問に答えるような内容です。はたしてインドのヨガのポーズって全ての人にとって本当に身体に良いものなの?アシュタンガヨガって怪我が多いって聞くけどどうして?


アシュタンガヨガは運動量が多く視覚的も魅力的でダイナミックなアーサナやヴィンヤサ(動き)のシークエンス(連続ポーズ)が続きます。

元々アシュタンガヨガの指導は先生と生徒一対一、もしくは少人数制で直接伝えられてきました。しかし現在のヨガの普及とメディアやインターネットの発展によりどこでも誰でも情報が手に入るようになり、もちろん僕にもこういう経験があるのですが、書籍や動画で目に焼きついた外側のイメージをそのまま自分の身体に投影して無理をしまったり、大人数のクラスの中で講師の目が行き届いてない中、勢いでシークエンスを追いかけるような練習になってしまったり、または講師のその生徒の身体に合ってないアプローチの結果、身体を痛める事が起きやすいヨガでもあります。

ヨガをその人に合わせるのか?その人にヨガを合わせるのか?という疑問はシークエンスの決まっているヨガではどのように学んだり、指導したら良いのか?これは自分自身もアシュタンガヨガで何度も身体を痛めた経験のある僕が向き合ってきた課題です。

ヨガの実践の利点は感覚的に身体を動かし、頭で考えず心を無にしてゆくところにあります。

ところが、勢いで動いてしまったり、人の運動機能に合っていない動きを長い間続けることによって、または外側からのアジャストメントという抗力によって身体を痛めてしまい、逆に心まで萎えてしまうということを引き起こしかねません。これでは身体から心に働きかけていくはずのヨガが正反対に作用してしまいます。僕は基本的には調整というのは自分で理解して自分の身体に行うものだと思ってます。

このWSでは理にかなった人の運動機能をアシュタンガヨガのシークエンスを通して学んでゆきます。怪我を減らし安全に健康的に幸せを目指してアシュタンガヨガの練習が出来るように、講師しんのすけがタクトエイトで学び続けたゆえに頭で理解し、自身の実践で身体に落とし込み、長年の指導経験から得た身体と頭の知識をアシュタンガヨガのシークエンスの中からシェア致します。そう考えるとアシュタンガヨガのシークエンスは本当に良くできているのです。自分の身体の特徴を知る為のシークエンスとも言えると思います。

僕のモットーなのですが通常のアシュタンガヨガのクラスと違い、身体へのアジャストメントは最小限に、言葉での説明やアジャストメントがメインになります。カウントはアシュタンガヨガオリジナルのサンスクリット語と英語日本語で行いますが、身体の使い方は詳しく日本語で説明をいたします。

アシュタンガヨガ導入のワークショップなのでこれからアシュタンガヨガを始めたい方、前からアシュタンガヨガに興味があったけどタイミングが合わなかった方、アシュタンガヨガ経験者、ヨガで怪我をされたことのある方、ヨガの講師の方、ヨガ以外の運動指導者まで幅広くご参加して頂けるWSです。

今回3回目になるタクトエイトでの「人の運動機能に合ったアシュタンガヨガ」

詳細はこちらから↓


身体の機能のプロ勢ぞろいのタクトエイトならではのこのWS、ご参加お待ちしてます!
AD
本日1/23、神楽坂ホリスティッククーラの石垣英俊院長と及川彩先生の共著「デキる人は、ヨガしてる。」が今日発売されました!

ビジネスパーソン向け、普段とは違う切り口からみたヨガとは?

有名ヨガ講師陣のインタビュー付き、その中になんと今回私も混ぜて頂きました!是非本屋さんで見つけて読んでみて下さい!
{D648A1F4-580E-4B6E-A602-7B408882E9AB}


AD
1/22(日) 14:3017:30 IYC表参道にて毎月恒例の3時間ワークショップを開催します!今回のテーマは


「重力、バンダとアシュタンガヨガ」


2016年のWS「アーサナの中のバンダとは?」「重力とアシュタンガヨガ」をまとめた内容です。古典ヨガから近代のアシュタンガヨガまでインド発祥のヨガの精神世界における、プラーナなどの見えない力、現代の解剖学から見るアーサナとヴィンヤサなど肉体を強調したアシュタンガヨガの見える世界、その接点に迫ります。座学で理論を学んだ後はアーサナとヴィンヤサの実践を通して実感しましょう。


理論と食い違わない実践、実践と食い違わない理論。これぞヨーガの真髄です!時間を重力を空間を超えて、パドマアーサナで浮きましょう。。。お楽しみに!

{52A1D1BF-FCD7-402E-8F62-A9701E017CA4}

会場への行き方、参加費などは詳細↓をご覧下さい。



See you there!
AD
いま立川ヨガホームでのアシュタンガヨガ早朝マイソールクラスが熱い!早朝マイソールのメンバー随時募集中です!
{471565E1-DE9D-46F9-91AA-07676268D58A}
ハーフプライマリー位を自分で練習できるようになると、1時間以上の練習がご自分で出来るようになり楽しくなってきます!

立川ヨガホームでの早朝マイソールクラスは平日火曜、木曜6:30~9:00。日曜は8:00~10:00。参加費は立川ヨガホームの体験クラスは初回¥1,500、またはヨガホームの通常各種回数券。ドロップインは¥2,500です。

暖かくなる前の冬の寒い時期がヨガを始める時期としては最適だと言われています。春に向け継続することにより体力、しなやかさ、柔軟性もつき、実践するアーサナも少しずつ増えていきます。

何より早朝の凜とした空気の中、日の出と共に始める太陽礼拝からのアシュタンガヨガシークエンスは最高に気持ち良い!正に本場インドと同じ本格的なヨガの実践法です。

立川ヨガホームのスタジオにMathew Sweeny先生のフルプライマリーのアーサナと全てのビンヤサの完全解説ポスターを設置させていただきました。これで練習するモチベーションもアーップ!!
{CDA52628-7A52-47CC-BF81-BDA56FDECFF6}
よかったら1度体験しに来てください!

会場、参加費の詳細はこちらから↓

僕にとっての2017年1番のヨガ的ニュースです!八王子タクトエイト発信、ヨガティーチャー向け超マニアックなアーサナの解剖学的アプローチ養成講座開催決定!その講師を中村尚人先生と一緒に務めさせていただきます!

{9F08AB37-600B-480E-A19F-905BF2D1BB4B}

{759DDC60-8C4F-4DB3-817D-E9C5293CDE01}
{E4AFE37C-0E60-4DD9-A277-65D85F4A5408}

2017年スタートの中村尚人先生が代表を務める八王子TAKT 8発信の新しいプロジェクト「アーサナ・アナトミカル・アプローチ」英語の頭文字をとり略して3A's(ん?このロゴ何かの形に似てない?)2つのレベルの養成とも12時間のコースです。

2/6(月)〜7 (火) 入門レベルから初級レベルに対応するアーサナ 10:00〜17:00(昼休憩1時間を含む)

2/13(月)〜14(火) 中級レベルから上級レベルに対応するアーサナ 10:00〜17:00(昼休憩1時間を含む)

尚人先生からオファーを受けた時、僕は本当にびっくりしました。尚人先生が尊敬する自分のヨガ解剖学の先生なので、先生から一緒にやろう!って言われたらそりゃビックリしますよね?ご一緒させて頂く唯一自分の取り柄といったらヨガの経験です。指導内容は尚人先生には及ばないとしても、ヨガの実践と指導時間はほぼ毎日馬鹿みたいにアーサナばっかり17年間やってきたから練習量と指導時間数だけはポイント高い。尚人先生に抜擢されたという事でこれからもっと自分に自信を持っていきます!

2002年にシバナンダヨガのTTCをインドのケララ州で受けた時にアメリカ人のアーサナ専門の先生がいて「ああ、自分はアーサナ専門の先生になりたい!」って心から想ったことを思い出しました。

そして今回、アーサナに特化したヨガ講師向けの養成講座を担当させてもらうことでついに夢が叶ったという実感が湧いてきました!

そこで、知っている方も多いとは思いますが尚人先生のことを紹介します。

尚人先生の指導する内容は世界でもトップレベルです。今まで国内外、外国人、日本人と色々なヨガの先生のクラスを受けてきましたが、フレンドリーな人柄、難しい知識をわかりやすく簡単に伝える力、ユーモアのセンス、スピード感とその時その場を作る人によりでギアを入れ換えるセンス、アドリブ感、あとは人の存在能力を引き出すことができる人で、何をとっても一流です。

オーストラリア発の気功とヨガを合わせたようなヨガシナジーの正式指導資格を持っていて、指導するヨガの先生でもありますが、古典的なクラシカルヨガを始め、彼の持つヨガの知識は流派を超えていて、更にヨガという枠も超えていて、FRP(ファンクショナル ローラー ピラティス)や、エボルーションウォーキング(進化ウォーキング)という歩行法もなど独自のメソッドも考案、提唱しています。要は共通点はヒトの身体と動作であり、その道のエキスパートなのです。

彼はいつも自分の経験を元に、身体の専門書や教科書にも書いていない、誰も提唱していないような最新の発見や気づきの知識をあらゆる場で惜しげもなく最速でシェアし続けていて、病院でのリハビリなど臨床経験も豊富な理学療法士であり、現在も常にプライベートやグループレッスンの現場において、知識だけの解剖学ではなく生きた(動く)解剖学と独自の持論を展開し、これからの日本人の真の健康的な生き方、運動法を提唱するような人。


そして簡単に自己紹介。ヨガの経験だけは長い僕は、今までシバナンダヨガ、アシュタンガヨガは専門的に長年の実践を通して学び、他の様々な流派、いろいろな先生のヨガも体験してきました。ここ数年は自身の怪我を通して、解剖学的な知識を加わえながらヨガを学びなおす事に専念して、他流派のヨガ、ファンクショナルローラーピラティスなどを通して、ヒトの身体の仕組みについて学び、自分が実践しているヨガを見つめ直すことにより、大きな気づきを得てきました。それが自分自身のヨガ練習にヨガクラスの指導に大きく影響を及ぼしてきました。

そんな尚人先生と、わたくし、しんのすけから見るインド発祥のヨガのアーサナと現代解剖学の接点を掘り下げていくこの3A's養成講座は、ヨガ講師向け、またはヨガのアーサナを更に上のステージへと追求したい人向けのコースです。

この養成コースの特徴はヒトの動き、つまり機能解剖学的見地から、現在一般的に世界中のヨガのスタジオで教えられているアーサナを見て行くというアプローチ。

趣旨はハッキリとヨガのアーサナだけに絞ります。インドの哲学や伝統などとは完全に切り離し、現代のヨガの解剖学の最先端をゆく、中村尚人先生の人の進化理論と比較解剖学(他の動物とヒトを比べヒトの機能、特徴を知る)目線から現代のヨガの教室で行われているアーサナを見てゆきます。

しかも初級レベルのアーサナと中級、上級レベルのアーサナに分けての開催です。

果たして僕らが日々実践しているヨーガのアーサナって人の身体や構造から見て理にかなっているのでしょうか?ヒトの理に叶った動作と姿勢が解れば、ヨガ教室で起こる事故や怪我を減らすことができますよね?それをまず先に学ぶのはヨガ講師であるべきです。しかももっと言うとその人の身体にあったアーサナの取り方があります。ある程度アーサナの型をとる練習をしてきた方は、自分の身体を知ってその身体にアーサナを合わせることを学んだほうが良いでしょう。これからはアーサナという型に自分を合わせようとする時代から自分にアーサナを合わせる新時代に突入です!

〜先生の〜ヨガの〜アーサナというブランドの服に自分を合わせるのではなく、自分の身体と心に合わせたピッタリのアーサナの取り方を知って一生付き合っていく。先ずは自分が自分自身を知り、得た知識を人に伝えていく。この言葉が響いた人はこの講座に是非来て下さい!

ここまで書いて1番ワクワクしてしまうのは僕自身ですね。ご一緒させて頂くだけでものすごい情報量と発見、気づきの連続なんだろうな〜と。毎週レギュラークラスを受けていてもそうなんですから。

以下タクトエイトのホームページより3A'sの説明文です。

☆☆☆☆☆

様々な流派が混在している中、アーサナの取り方も多種多様していますが、機能解剖学の視点に基づいた流派を超えた統一見解としての安全なアーサナの取り方を提示していきます。

この機能解剖学の視点に基づいたアーサナの取り方を学ぶメリットは以下の通りです。

・どの流派にも属さない客観的なアーサナの取り方が学べる
筋骨格に則ったアーサナの作り方
・自信を持って安全にアーサナを練習ならびに指導できる
関節の構造を理解することで、ケガの危険性を回避する
・生徒からの質問に医学的視点を持って答えることができる
伝統だからではなく、解剖学的根拠をもって答える
・アーサナの実践を客観的な知識に基づいて行うことができる
物理法則や力学に基づいてなんとなくではなく、
自分が行っていることを理解してアーサナをすることができる。

具体例
1 なぜ足のアーチを上げなければいけないのか
2 なぜ首は長くつかうのか
3 なぜ胸から反る必要があるのか
4 なぜ目線は指を追うのか
5 なぜ下腹部を安定させて行うのか

以上のことを全て自信を持って実践ならびに解説できるようになります。


2/6(月)〜7 (火) 入門レベルから初級レベルに対応するアーサナ 10:00〜17:00(昼休憩1時間を含む)

2/13(月)〜14(火) 中級レベルから上級レベルに対応するアーサナ 10:00〜17:00(昼休憩1時間を含む)


※お申込みの際にはご希望のレベルをご選択ください。
(1,2同時お申込みの方は【1&2】をお選びください。)

※ご受講に際し、順番はございませんので、ご自身に合わせたレベルをご受講頂けます。
(レベル2からの受講OK!)


【内 容】
・機能解剖学から見たアーサナとは
・各種アーサナ名
・キーマッスル
・身体の使い方
・骨格特性、リスク、注意点

☆☆☆☆☆

どうですか?ワクワクする内容でしょ?早く知りたいことばかりですよね!


お申し込み詳細は八王子タクトエイト公式ウェブサイトから↓



ヨガ講師も含む、もう少し一般向けの機能解剖学的な身体の使い方をベースにしたアシュタンガヨガを学ぶ3時間WSにご興味のある方は1/28(土)12:00〜15:00のこちらへお越し下さい!


両方の講座とも会場は八王子タクトエイトになります。

信頼する先生について日々のアーサナの実践に対して指導に対しても何の疑問もない方にはこの講座は必要ないでしょう。

しかし日々の実践の中、これで良いのか疑問を感じているヨガの講師の方、もっと真剣にアーサナの実践を深めたい方になら、この講座はかなり有益です。タクトエイトから修了証もちゃんとでますよ。


2017年もワクワクすることをヨガを通して沢山発信していこうと考えていますので今年もよろしくお願いします!