{B3762DA2-B9C6-4703-9BBF-BB22F52DF365:01}
紫色のテントから薄明るい光が差し込む中、寝汗でべたっとTシャツが肌にまとわりつく感覚で目が覚めた。昨日の温泉と屋久島の高い湿度、寝袋の保温性の高さからかな。こんなに汗かいているのに1度も起きなかった自分に驚き、まだ寝ているみんなを後にしてとりあえずテントの外に飛び出した。薄明るくなった森の中は神秘的だった。蜘蛛の巣をよけ、元々近くに張ってあるハンモックに横たわり空を見上げる。昨晩の雨で湿った森から見上げる空は水色とピンク色に晴れていた。何かすごい浄化の後のような清々しい感覚だった。

こうして今回の屋久島リトリートもあっという間に最終日4日目を迎えた。

鈴木家の母屋に行って荷物の整理をしているとみんなが起きてきて、どうやらすでに手分けしてテントの簡単な掃除までしてくれたようだった。サンキュー!

この日も朝ヨガからスタート。天気が良かったから外でやる事に、マットを敷かず氣功フローヨガで再び天と地を自分の身体を通して繋ぐ。
{36509724-9A16-4650-A6C8-CD58C557575D:01}
気持ちよく氣を通すワークをしていたらいつの間にかしんぺいとアニカちゃんの頭上にご来光が!やっぱりこの2人前世で繋がってるんだな。アニカちゃんがお母さんでしんぺいが息子だった説(笑)
{3CBB66EE-0813-41D3-8101-F672DEBDB99F:01}
屋久島ソウルナビゲーション⇔しんのすけヨガ   
ひろみ♡しんのすけ    
▲↑       
大地から天にまで突き上げる垂直軸今回のリトリートを形にすると正にこんな図↓
{CE70CBE4-4C88-4E14-BC5C-6680E500A46C:01}
なんかヒロちゃんの方が肉削ぎ落とされてて本物ヨギみたいだ。今、不食に興味あって1日1食くらいしか食べないらしい。ゆくゆくは空気中のプラーナだけで生きるって事!?いや正にヨギ。アーサナ要らないね。
{14B18D46-1682-46CA-AF49-F25DEC50C568:01}
屋久島の少女アニカ
{63A6A651-BCA0-4A9D-B2ED-FDECDDEB7FC3:01}
実は絵本にもなっています☆かんしゅう/鈴木恵美香★Amazonでも買えるよ。恵美香さんの実用的な薬草の知恵が詰まってるよ。うちの娘夕香も大事にしてるこの本こう見えて実は大人も充分楽しめる内容!屋久島薬草リトリートもここで開催中!
{EA4003F3-98ED-4E57-AB83-A87B7BB37068:01}
ヨガの後の朝食☀︎かんしゅう/鈴木恵美香
またまた最幸のサトビックフードでプラーナチャージ満タン。自家製豆乳ヨーグルト、鈴木家特製日本ミツバチのさらさら蜂蜜や屋久島のグァバジャムなど絶品の数々。恵美香さんは屋久島のにがりと豆乳で本来なら面倒くさいはずの自家製豆腐も自己流でさらっと簡単に創っちゃう。元豆腐職人の俺もびっくりだ。「良いものをちょっとずつ食べれば沢山食べる必要はない」のお手本だ!
{CC1DABBD-BE7A-4B10-B5D0-D2A46953EBA3:01}
@屋久島薬草研究所laboratory
{AF3E04B7-48B7-44C5-A6A7-5E0105C3D95D:01}
至福に満たされたみんなでご馳走さま〜
{6EEA2C0B-53D9-4B1B-A69B-C7D3747BEB17:01}
朝食の後は輪になってシェアリングの時間。一人一人がリトリートで得た感覚、インスピレーション、アファメーション(宣言)などをシェアしてゆく。

特に印象的だったヒロちゃんの言葉をここに書くね。「俺は毎回リトリートを1つの作品だと思って参加したみんなと創っているんだ〜」つまり大まかなストーリーだけ作っておいて、その時の集まった主催者とメンバーの状態、常に変化する屋久島の天気とヒロちゃん自身と彼の家族の状態、全てをチューニングしながら細かい事はあまり決めずにその時その場で即興的に創ってるんだなぁ。(YOGAも参加してくれるみんなとそういう風にしていきたいな〜)

なるほど、それなら今回の屋久島リトリートも彼の傑作だったよな。参加者全員が引き寄せられるようにそれぞれのかけらが集まって1つのパズルとなって屋久島を舞台に縦軸と横軸のディープな旅が繰り広げられたのだから。でも今回も参加者1人1人がこのドラマの主人公だったはずだ。みんな屋久島とソウルナビゲーションとヨガを通して本当の自分。眠っていた本来の自分、自分でも気づかけない側面を持った自分に出会えたと思う。これで今回の旅は終わるけど、実はここが人生の新たな出発地点になるんだ。

最後に空港への道の中、車の中でAKIRAさんの名曲「PUZZLE」を聴いて感動をみんなでシェアしたよ。

たった1つのパズルが欠けても今の君はいなかった
たった1つの奇跡がかけても僕は君に会えなかった

自分のリトリートはヨガのテクニック(もやるけど)うんぬんだけではなく自然と人との調和を大切にしている。その土地の人と自然となるべく一緒に過ごしたいと思う。そんなに沢山の場所に行く必要もない、そんなに沢山食べる必要もない、そんなに沢山の人と知り合う必要もない。ただそこにあるものと仲良く繋がれればいい。自分もその一部になってしまえばいい。2度目の屋久島もお金では買えない沢山の学びがあった。
{EBE0AF1E-9F5F-4D52-BCE2-EFD8EBF6549D:01}
最後に生きている中でどんな事があってもこの言葉を思い出せば救われるよ。

雲の上はいつも晴れだから by AKIRA










AD
{F142B590-ACB1-4D88-8E29-E22A2DAC6979:01}
屋久島リトリート3日目のスタートは、流石に前日の疲れを癒す為ゆっくりめに9時に鈴木家に集合になった。この日は自分とのチューニング。ヨガからスタート。前日の登山で筋肉痛になってる人もいたし、体力的にも疲れてる参加者が多かったので「元気回復ストレッチヨガ」で昨日山登りで酷使した肉体を再生するようゆっくり丁寧に昨日疲れたところを手の指、足の指、手首、足首、アキレス腱、スネ、太もも、ハムストリングスなどをストレッチしていった。そして硬ばった筋肉や関節を緩めほぐしてからアシュタンガヨガの太陽礼拝フローティングプチWSを行った。ヒロちゃんも毎朝太陽礼拝をやってるそう。彼はヨガをそんなに深めているわけじゃないのに教えたらすぐできちゃう不思議な人。元プロのキックボクサーだったからか身体との繋がりの感度が抜群にいい。
{0D568377-0D8C-47C7-976E-C4F746A0F7B2:01}
最後のシャバーサナは子ネコちゃんまで(笑)一緒に鈴木家の長女アニカちゃんが枕に掛け布団まで掛けてくれて。。人間より完全にリラックスして寝落ちてました。可愛いね。
{F7DE6935-24C2-44B3-A259-693F071AF3D3:01}
そして絵美香さんの作ったブランチをみんなで美味しく頂く。レシピ帳は存在せず、いつもインスピレーションが降りてきて即興的に料理を創作するので美味しい料理も毎回作り方を忘れているそう。後に残すよりどんどん創造していくって凄いな。
{8454179B-69C7-4F94-B6A2-CAC3FB121114:01}
新鮮なプラーナをヨガと食事で取り入れた後はちょっとゆっくりしてからヒロちゃんの提案で鈴木家敷地内(とはいっても母屋から5分位森の奥に入ったところ)の今夜の宿になる8人用のテントを見に行くついでにそのさらに先にある完全プライベートな川へ行くことにした。ワイルドな川で男は上流、女は下流に別れて、女達はどうしたか知らないが男達は全裸で川に入った。1匹の獣として自分の中の野生が目覚めてゆく。男達は小さな滝を頭から浴びたり大きな岩の上で休んだり、俺は岩から岩へと4本足で駈けまわった。こんな最高な自然の中ではもはや言葉も要らない。
{9E2B2489-F280-42EF-BED8-EBCF1DD9C6C2:01}
帰りに河原で珍しい石の塊?多分水晶などの詰まった石の塊をヒロちゃんが発見した。
{52F81B75-7BF2-48C5-AD07-958A542FFDE1:01}
川から出て昨年も行ったお気に入りのお土産屋さんで買い物の後、ジェラート屋さんで美味しいジェラートを頂いた。やっぱり屋久島のパッションフルーツは最高だ!
{1A7C91C6-27BB-45D6-92CB-18EA4CDEBE38:01}
3日目はのんびりしていて本当にいいなぁ。さてこれから鈴木家の裏庭での薪割りから晩御飯の仕度へとみんなで創る共同作業へと移行してゆく。さあみんなそれぞれのお役目に別れて作業開始だ!
{30F58AF0-48AA-4E34-A4D2-646B56B78D4C:01}
女子達も薪割りから挑戦。ヒロちゃんにコツを教わる。
{2DCC83DA-9953-4B11-B892-22897C94742C:01}
火つけ名人。
{818B9304-6220-4A57-B2FD-EBDEE6FC2D6B:01}
夜の部トーキングサークルのセッティングは整った。
{D5624857-9D7F-4562-8ADA-ADA04FADB32D:01}
今回の炊飯係りはしんぺいのお役目。
{D14F5CB7-53D6-42B4-8E9F-EFCE7C05F652:01}
本当に美味しいご飯が炊き上がった。良くやったぞしんぺい!ひとみと一緒に入刀式だ。
{E00CEAB3-371D-4A5D-A3E4-1B9DBEF6E74F:01}
バーベキュー焼き隊が野菜や魚を焼いてくれた。みんなで集まり頂きまーす!
{23C7DA28-E64A-473F-A32A-329F28E7CC33:01}
奥多摩リトリートで娘ゆかから、俺とヒロちゃんを繋いでくれたゆかへ伝承された棒巻きパン。絵美香さんの天然酵母で表面パリパリ中はふわふわな超ウマイ棒巻きパンだった。アニカちゃんと。
{F9C9C9DF-F49B-4295-AC71-F1CBFC46F82E:01}
夜ご飯の後はトーキングサークルへと流れていった。この3日間の体験、その他降りてきたものを話したい人が話す。聞くものはジャッジしない。ただみんなで全身全霊で1人の話しを聞く。それは気づきであったりずっと胸に秘めていた告白だったりもする。こうして屋久島で仲間と共に過ごして心も肉体も解放してゆくんだ。
{41EC403A-7D6B-4794-BE70-3A89EB34293B:01}
夜も更けた頃、我々は海中温泉に移動する。この日は夜中の1時頃に干潮で普段海水の下にある温泉が顔を出し、その時間帯にだけ温泉に入れるんだ。今回は時間帯的にどうかなぁ?と思ったけどみんなの希望をヒロちゃんが聞いてくれた。写真は無いけど満月の夜中に入る海中温泉は格別だったよ。

午前2時過ぎに鈴木家に戻りこのリトリート最終日は裏の川の近くの森の中のテントで宿泊。深夜の森の中をヘッドライトで突き進んでようやくテントにたどり着く。

この日も結局疲れ果てた午前3時ごろに寝た。ティッピー型のテントの中心に男女みんなが足を向け頭を外に向け、さすがにこの時間からお喋りなどする元気も到底なくみんな崩れ落ちるように眠りに落ちていった。

4日目に続く。
AD
リトリート2日目の9/17(土)は満月の日いつもの癖で午前3時前にむっとした蒸し暑さから目が覚める。一瞬ここが何処だかわからない。そうか今俺は屋久島へリトリートに来ているんだ。お宿の4人でシェアしている2階の一部屋の2段ベッドの下の段から飛び起きて一階の居間に移動する。しばらく畳に寝転んで網戸越しにほぼ満月に満ちた月を眺めていた。そうだ軽くヨガの練習でもしようと、マットをひきアシュタンガヨガの太陽礼拝、スタンディングとインバージョンのフィニッシングを淡々とこなした。気のせいか?満月のせいか?昨日のフライトの後だからか?またはまだ身体が慣れてない屋久島という土地だからなのか?いつもより中心が定まらなくグラグラしてる気がした。

3時から始めた練習を4時で切り上げシャバーサナで休んでいると、だんだんみんなが起き出してくる音が聞こえてきた。そう、今日はソウルナビゲーション2日目森とのチューニングで早朝5時にヒロちゃんが迎えに来てくれて太忠岳の天柱石を目指すのだ。

天気予報は晴れだったが山の上はどうなるだろうか?ヒロちゃんの天ぷらカーにみんなで乗り込み途中注文しておいたお弁当をピックアップしてからこの日の登山道の入り口「屋久杉ランド」を目指す。

登山前に屋久杉ランドの入り口で円になり以前学んだ氣功から自己流に発展させた氣功体操とストレッチをみんなにシェアして天と大地、屋久島の自然と自分を縦に繋げる。俺たちも壮大な大自然の一部なんだという事をこの体操を通してみんなに感じてもらい最後にリトリートに参加した仲間同士円を小さくして手のひらを合わせて横につながる。これで山に入る準備完了。ここからヒロちゃんのガイドで足を山に踏み入れる前にそれぞれ心の中で森に敬意を払い祈りを捧げた。一歩森に足を踏み入れた途端に大きな緑の愛に包み込まれた。
{A30B17F8-ECEA-4785-B474-D316489B1B73:01}

{561E561D-31D3-46EA-99E5-33D3359C264C:01}

{2687BD02-AB55-4A51-AF0F-772F96413900:01}

{53E52774-84DB-4E04-80CA-EDBEF809B9EF:01}

{00E11DB7-35B5-41B3-90DD-BD4A11FA2C87:01}

{75D00847-59C9-4A39-A88E-C00FF149B730:01}

{392A2A81-DCA4-45FB-B389-B10DD94F0542:01}

{AA1AB761-DA43-4A0A-B3A8-0B5B1890F019:01}

{C196CD10-39CF-4BAE-BB8A-8DC4797A11E4:01}

{D0D6310B-AE12-4622-B31A-CFB834D5DA72:01}

{3B69C2C0-68B0-482D-BE72-EA9E68B8CF6E:01}

{F8A7A218-258C-47FE-974A-DDAE1911CD5E:01}

{78F86561-DF90-4EAC-B9B3-741C086D6D22:01}
途中ヒロちゃんのガイドで全員が話すことをやめ、参加者数一人一人が森と繋がる為に自分の時間を持つ。ある者は裸足になりそれぞれが黙って森を感じながらゆっくりと歩を進める。
{F879295A-53B8-4498-9AC8-A1CC6B082251:01}

{12F69031-3BE8-44D8-9280-512C26DB6664:01}
途中から大いに恵みの雨に降られ雨具も役に立たないほど全身ズブ濡れ。もうこれ以上濡れなることができないほどになった。そしていよいよ天柱石に到着。
{80BA92A8-B5B4-4BAE-80C6-00DE5F03CCF1:01}
最後の岩を登り終えた時、吹き飛ばされそうな突風と滝のような雨の洗礼を全員が受けた。それにしても天柱石は驚異的な存在だ。
{EF745194-F65B-4094-9355-71A3A5F21A98:01}
縦40メートル天に突き抜けるようなとんがった巨石が山頂に突き刺さっている。ここまでみんなで無事にたどり着けたことに感動!正直悪天候の中ロープを伝って登ったりして一歩間違えたら?たギリギリな感覚。でもやはり激しい風や雨がみんなを打ちつけても感謝の念が湧いてくる。雲の上はいつも晴れだから。
{7255A207-8BD0-4182-AB02-D53103176B25:01}

{58B29DB0-61CF-4CC2-A6EC-685A6A0AA7A1:01}
天柱石を後にし下山する。すっかりずぶ濡れになり俺は冷えてしまったけれど雨を避けられる岩陰にて、ヒロちゃんがガスでお湯を沸かしてくれてお弁当とあったかいスープをみんなでいただき、ココアも飲んで復活。こんなに暖かいごはんが美味しく温もりを感じながら頂くと途方もない感謝の念が湧いてくる。
{F7FBD10E-E36B-4856-8D78-17D82713E75D:01}
雨もさら沢山降って帰りの道自体が川みたいに流れはじめ、行きには無かった所に新しい流れの川もできていたり、もうこれ以上自分が濡れることはなくなった時、ヒロちゃんの勧めでいっそ全て諦めて、逆に子供の時のように自分から水溜りや川にズボズボ入っていく楽しさや爽快感はたまらなかった。

夕暮れどきには行きに見た川がとんでもなく増水していた。
{258CA989-7DFD-470B-88DC-36065B27F132:01}
生命の危機を感じるレベルだった。
{B863997B-F645-440B-9EEB-307ABBD99B36:01}
無事全員が屋久杉ランドの出口に到着。参加者全員が心の中で、この日守ってくれたお礼を山にして、冷えた身体を癒す為天ぷらカーで温泉へ。

温泉の後は昨年も来たジャングルキッチンという屋久島では有名なレストランへ。美味しくてヘルシーなご飯をお腹いっぱい食べた後は眠気に耐えられず横にならせてもらいました。(笑)
{5FD9B508-8065-4972-A54D-3CAB75D9AF27:01}
この日もお宿にかえり、みんなでずぶ濡れの服を干して長い1日を終え、この日みんなで味わった連体感と達成感に浸りながら泥のように眠った。

ひとみ、みんな山を歩くだけで精一杯だったのに素敵な写真の数々をありがとう!

3日目へ続く。






AD
{B5A308A4-2578-4217-805C-868C086A8205:01}
もう屋久島リトリートから1週間経ちます。帰ってきてからレギュラークラスや日常に追われ今日は久々の休み。ようやく振り返りながらブログに綴ろうと思います。

9/16(金)早朝の東京は曇りで気温も低かった。鹿児島空港に着くと晴れて気温も高く夏に戻ったよう、鹿児島空港で待ち合わせた参加者みんなと足湯やランチで和む。
{161280F4-2F95-4962-B474-0519133F614C:01}
そしてワクワク感と共にようやく屋久島行きのプロペラ機に乗り込む。今回は何の問題もなく屋久島空港へ到着。

迎えに来てくれたソウルナビゲーションEarth Tribesの鈴木洋見くん(ヒロちゃん)が初めに連れて行ってくれたところは、楽園のような場所でした。ソウルナビゲーションでは1日目には水とのチューニングをします。ここに着く前に山の湧き水わ汲み飲んだけどものすごくまろやかで甘〜い美味しい水だった。ヒロちゃん曰く到着してまず屋久島に慣れるためには水とのチューニングが1番、島の水を飲む事で身体の内側から、川で泳ぐ事で身体の外側も屋久島の水で満たす。

道に車を停め川に下って行く前にヒロちゃんはアイヌ式の自然に対する挨拶の仕方を教えてくれた。最近人や動物、全ての自然に神(カムイ)を見いだすアイヌ文化に興味津々だったので超感激しました!我々日本人の中にも1/4位アイヌの血が流れていてアイヌ人は日本人の先住民族縄文人のDNAが90%も残っているらしい。2000年ほど前に大陸から弥生人が入ってくるまでは日本列島にはほぼアイヌ人が住んでいたそうだ。

写真はないけどみんなで川に入り泳いだり岩からダイヴしたり参加者のみんなそれぞれが楽しみ感じてゆきながら屋久島の洗礼を受ける。
{4F08941F-1A01-4D99-A17D-3D66BD85626E:01}

{3E062062-E5C2-4669-98F7-13BC88FA80EB:01}

{8E28CA22-52FA-4A72-8A9D-DD62849A7FC8:01}

{B3158419-21C6-4A89-BDCF-6DD41025AAB6:01}
そして綺麗な場所にくるとやっぱりやってしまうハンドスタンド〜\(^o^)/
{410840D4-418E-4D38-BA8D-5B7B85A3E9DA:01}

{E1278EBA-D361-4947-A0D1-D5E86F913BDC:01}
水とのチューニングの後はヒロちゃんの廃油で走る天ぷらカーで移動してちょっと早めの晩御飯。
{5A5D8C38-0325-4C82-B07F-55EA6BE2E860:01}
目的地の屋久島うどん「屋久どん」に着いたらまだ準備中。45分位あったので近くの芝生の上でヨガクラススタート!海の前のこんな環境。
{234894BA-87A4-4879-84AF-F3BE3ECB49AC:01}
屋久島の大地と天を繋ぐヨガ
{9C67E473-64CC-4D2F-AAD5-7F1BCEBF8F27:01}

{F8F32E06-A3AA-49DF-897D-8BA51C8F71E7:01}
ヨガも終わってスッキリ〜、あーお腹すいた。
{5A0F0BB4-8C28-4F27-B638-7C1F77623C2C:01}
素晴らしい夕焼けをお店から見れました。
{7FCB3A76-59E9-4851-B799-7DD5FCDBEEFA:01}

{03012D50-8174-4D3F-94ED-2A2CED814344:01}
この後お宿に到着、1日目終了〜。

2日目に続く。






では早速今回のラフティングのハイライト写真からどうぞ!超楽しそうでしょ〜?
今年の夏の初めに家族で行った長瀞のラフティング以来ハマってます!今回は奥多摩でYoga×Raftingをテーマにしました!
{2C806851-ECF2-479E-AA60-91CF3ACB3DDB:01}

では前回の奥多摩ヨガリトリートの続きです。

さて〜、やまふるを後にした僕らは10人から7人になり、今回ラフティングの目的地軍畑(いくさばた)へ向かいました。

先ずは着替えてラフティング中の注意事項を聞き、それではしゅっぱーつ!
{DD26D855-F45F-413F-82E5-1DA89A62FDB4:01}
マイクロバスに乗って出発地点で上流に位置する御嶽へ移動〜。
{6B512AB4-C236-480C-B806-CECADCD93243:01}
出発地点は大自然の御嶽渓谷でみんなで気合い入れます。インストラクターの方曰く「ラフティングはノリとテンションが大切です!」
{F5CF33D1-CA57-49A9-8403-3EEFB23C9A04:01}
そして我々は勢いよくざぶーんと舵を切り多摩川上流に繰り出しました。前の日沢山雨が降ったので水量も多めでエキサイティング!
{A8AA84FE-61FE-4DDD-8F88-6C6754692223:01}
途中で川岸に上陸する。
{2D11E99B-36E1-447B-9DDC-A7E5557FD71F:01}
みんなで岩の上から
{7B0209DD-B4C5-44BB-938C-8FA1F2555D68:01}
俺は娘ゆかとともに岩の上からジャンプ!ゆかは勇気があるな〜。参加者全員飛んでました!
{0D74CF0C-F7DD-43DD-9062-FB569FFF3BFC:01}
川の中ではライフジャケットがあるから安心
{CB626A1E-4DBE-4139-8439-D28FF02B393C:01}
みんなずぶ濡れもう最高〜!


{37A48109-E202-4C21-884E-18C2EECF830A:01}
やっぱりここでもヘッドスタンド〜
{BC11E63D-9C14-4EE0-AE94-3060ABCF9663:01}
みんなで引っ張り合いっこ、もちろんこの後ざぶ〜んと川に落下〜
{052E8D99-A242-41D5-A806-97242D504A33:01}
バランスとりごっこ
{D45FFDBD-8775-4887-8E5F-360425D36619:01}
最後は初めの軍畑まで下って行きました。
{FC48E5C2-46C1-48B3-8643-6D009AF638D2:01}
やっぱりラフティング最高です。来年も絶対やるぞ〜。参加されたみんな、お疲れ様でした。みんなのお陰で楽しいリトリートだったよ〜!