校長先生

テーマ:

息子の通う小学校の校長先生が、とってもいい校長先生です。

 

今日は地元のFMに出演しておられました。

 

番組の最後に校長先生の好きな曲が流れたのですが、中島みゆきの糸でした。

 

先日は校長先生の講演会があり、出席しました。

 

ちょっと個性的な息子ですが、校長先生からとっても可愛がってもらっています。

 

講演の後日頃の御礼に校長先生のところに話に行ったら、息子のことを「僕はひろくんが大好きです。」と言って頂き、本当に可愛がってもらえていることに感謝です。

 

息子は校長先生のことを友達だと言います。なので、家ではお偉いさんだと伝えているのですが、どうもわかっていない様子。

 

校長先生が、息子に敬語って知ってる?と聞いたら、知らないと言ってたと言われましたガーン

 

誰が相手でも友達のように話をしているから恥ずかしい。

 

昨年は一人で校長室へ遊びに行ったと聞いた時は、いいのか?と思ったけれど、そういうこともOKな校長先生の人柄なので、有難いです。

 

ずっといて欲しいと思える校長先生です。

 

熱いハートを持っておられる。

 

子どもたちから慕われているのがよくわかる。

 

私も校長先生大好きです音譜

AD

体力がない

テーマ:

退院してから、ずっと体力がない。

 

すぐに疲れてしまう。

 

なるべく予定を詰め込み過ぎないようにと、スケジュール調整も大変。

 

先週末は息子のランニングクラブに迎えに行きがてら1時間余り見学したら、

熱中症になりかけた。

 

夕方からは寝込み生活。

 

もうすぐ夏休み。

 

なんだかため息が出てしまう。

 

でも6月、7月は友人と会う機会も多かった。

 

1年ぶりの友人もいた。

 

友人といろんな話をしていると、本当に楽しい。

 

しばらくおあずけかな。

 

AD

はーとふるレター

テーマ:

息子が生まれる1ヶ月ほど前に、大きなお腹をして夫と明治村へお出かけしました。

 

明治村の中にある郵便局で、手紙を書いて申し込むと、10年後に届けられるというはーとふるレターというのがあり、お互い相手に手紙を書いて出しました。

 

それが10年後ということで、無事に届けられました。

 

10年前にどんなことを書いたのだろう・・・ちょっとドキドキしながら、家族で読み合いました。

まだ息子は生まれていなかったのですが、息子の誕生を心待ちにしていた当時が思い出されます。

 

私の体調がとても良かったこと、10年後には人工関節が入っているだろうということなども

書かれていました。

 

 

ちょっと照れる内容のお手紙でしたが、こういうのもいいな~なんて思いました。

 

今明治村へ行ったら、息子宛に書きたいです。

AD

ピアノ発表会

テーマ:

この発表会は何としてでも見に行かないとと思って、リハビリも頑張れた。

 

間に合って良かったです。

 

誰もピアノを教えられる人がいないので、一人で毎日5分の練習を続けてきました。どんな出来なのか、私もノータッチだったので、当日までわかりませんでした。

 

ピアノの先生からはよく頑張ったねと褒められていたそうです。

 

午前中は会場でリハーサル。

かなり緊張していたようです。

 

午後からの発表会は2部制になっていて、2部の後半の出番です。

 

小さい子も多く出ていて、可愛らしかったです。

 

友達家族も見に来てくれて、息子は嬉しそうにしていました。

 

 

想像以上の出来で、正直びっくり!!

 

よく頑張ったね。

 

お友だちから演奏後に花束をもらい、とっても満足げな顔をしていました。

 

これからもガンバレ。

 

本当はもう少し練習時間を長くすれば、絶対もっと上手くなるのになーといつも心の中で

思っている母です。

 

ピアノセンスは結構いいと思うので、もったいない。

 

今の先生になって半年、よくここまでのレベルで弾けるようにして下さったなと思う。

 

厳しいし、細かいけれど、この先生についていけば大丈夫と思える。

 

来年も楽しませて欲しいです。

退院しました

テーマ:

21日に無事退院しました。

 

まだまだ完全復帰とはいきませんが、焦らず日常生活に慣らしていこうと思います。

 

入院期間中のことは、記事にしたいこといっぱいだけれど、今はその余裕がないので・・・。

 

手術って、ホント大変なこと。

 

それを身をもって実感しました。

 

何回も手術を受けている友人たちを、心から尊敬します。

いよいよ入院

テーマ:

少しづつ暖かくなってきましたが、まだ寒いです。

 

まだまだ先と思っていたら、あっという間に明日入院となりました。

 

子どもは春休みに入りましたが、この春休みは特に予定なし。

 

本当は旅行行くはずでしたが、残念ながらキャンセルしました。

 

私のために申し訳ないです。

 

 

片方の膝がまっすぐに伸びて、痛みがなくなるのはどんな感じだろうと、想像しています。

 

こんなに長く家を空けるのは初めてなので、掃除を念入りにやったつもりですが、すぐに汚くなってしまいそうです。

 

母がここに泊まり込むので、住む人数変わらないし。

 

やったことないけど、硬膜外麻酔が嫌だなーと思っています。

 

入院生活どうなるでしょう。

 

ブログ見て、気にしてメール下さった方々、有難うございます。

 

元気に行ってまいります。

 

 

その後

テーマ:

自宅で安静にしているうちに、痛みが引いてきました。

膝も完全にではないけれど、伸びてきました。

 

しばらくは夜も膝の下にバスタオルを置いて寝ていました。

しかも痛みで熟睡できなかったのが、いつの間にかバスタオルも不要になり、熟睡できるようになりました。

 

ただまた同じような症状が出たら怖いので、無理せず家で安静にしています。

 

友人たちがお喋り相手に、遊びに来てくれ、美味しい物を持ってきてくれるので、食べるのに動かないから、ちょっと体重が危険ですアセアセ

 

最近は花粉症の症状がひどく、家の中にるだけも鼻水がひどいです。

 

先日は花粉症と思っていたら、37.8度の発熱があり、心配だったので病院でインフルエンザの検査もしてきました。

陰性だったので、ほっとしてますが、今は風邪と花粉症両方の薬を飲んでいます。

 

手術前にすっきりして欲しいです。

 

病院へ行った帰りに入院に必要な物を色々買えました。

今はショッピングセンターへ行っても距離歩けないので、車いすを借りて見て回りました。

 

なかなか買い物へ連れて行ってもらうことも出来ないので、まとめ買いです。

 

衣替えも少しはしていきたいと思い、少しだけ手をつけ始めました。

 

 

 

もうすぐ甲子園!!

 

元気だったら、母校の応援に行きたかったなー。

応援バスも出るので、行く友人もいる。

 

私はTVの前で応援します。

 

 

決心

テーマ:

2週間ほど前に歩いていて、突然膝ががくっとなり、その後痛くて歩行が止まった。

 

痛みはあったけれど、休んでゆっくりなら歩けた。

 

その後もたまに同じようなことが数回あった。

 

21日朝、自宅でがくっとなったら、右膝が曲がったまま伸びなくなってしまった。

 

そして、激しく痛むように。

 

何とか午前中ちょっとした用事は済ませられた。

 

しかし、帰宅後動けなくなってしまった。

 

特に椅子からの立ち上がり、座る動作がスローモーションでないと出来ない。

右足に重心がおけなくなり、立っていても左足にほぼ体重をかけていないと立てない。

 

一気に日常生活がまともに送れなくなってしまった。

 

一つの動作に苦労し、疲れ果ててしまう。

 

もうずっとソファで寝ていた。

 

たまたま22日が通院日だった。普段は電車で通院していたけれど、とてもじゃないけど、無理。

夫に仕事を休んでもらい、病院へ連れて行ってもらった。

院内では車いすを借りました。

 

レントゲンを撮り、主治医からは私の膝にはもう余力がないと言われた。

どうやら限界に達してしまったようだ。

もう人工関節にする以外の解決策はないということ。

そうしなければ、今の状態が改善することはない。

 

何の心構えもなかったので、直近のとにかく空いている手術日は3月9日という話が出たけれど、あまりにも急なので、色々調整や準備が間に合わないので、その次に空いている手術日にしてもらった。子どもは春休みで、家にいるし夫は今仕事が忙しいけれど、もうここでやるしかない。

 

それまではこの不自由な生活を送ることになる。

一人では到底外出は出来ないし、家事もまともに出来ない。

何より、この曲がった膝。

痛いし、熱持ってるし、何ともならない。

こんな姿を他人に見られたくない。

もう自宅療養するしかない。

 

20代で手術もしなくてはいけないかもという状態になってしまったけれど、よくここまで頑張ってくれたとも思う。

 

私の場合、左の膝も同じぐらい関節破壊されている。今はこの左を頼るしかないので、左に体重をかけると膝の骨がボキボキなる。

この音を聞くと、怖くなる。

 

手術までまだ1ヶ月以上ある。

 

ガンバレ、私。

 

診察の合間に入院している友人のお見舞いに行った。

手術の話など色々聞けて良かった。

 

皆乗り越えている。

私にもできるはず。

 

 

ミモザのリース

テーマ:
ミモザのリースがずっと欲しいと思っていたら、なんと知ってるお店でリース教室が開かれることになり、友人と一緒に申し込みしました。
 
生徒4人のアットホームな教室でした。
 
枝物は、切るのが大変。
ワイヤーをくくるのも、力がいる。
先生も多分私がやりにくそうにやっているのを察知してか、一番手伝ってもらえましたあせる
 
元々時々買い物に行くお店なので、お店の方とは顔なじみということもあり、皆でお喋りも少ししながら、内心必死でした。
 
なかなかいい感じに出来上がりました。
 
 
とっても嬉しい。
 
ミモザの黄色は、何か気持ちが元気になれる色だと思う。
 
日が当たらない所に飾るといいそうなので、どこに飾ろうかな。