YOSHITSUGU公式LINE@友達追加バナー

Photographer × Fashion Stylist
YOSHITSUGU

【写真】 撮影 / 学ぶ
【スタイリング】 同行ショッピング
丸山嘉嗣プロフィール / お問合せ・お申込み
FBページ / ホームページ

人柄写心家&ファッションスタイリストとして、主に東京・神奈川・名古屋・京都で活動中。
写心の学校校長としてカメラのフォトレッスンも行っています。

撮影を終えて
すでに未来の自分を意識して
ワクワクしている私がいます。

きっと、これがつぐさんに撮られる
経験なのだろうと思いました。

写心を見られる2週間後が
楽しみでしかたないです♪
 

出来るかどうか で考えたら
ほとんどのことは出来ないのだよ。


やりたいから出来る方法を考えて、
自分の1人で出来ないんだったら誰かを頼って
どうしてもやりたいから
人を巻き込んでやったりする。


スタート時も今も
ぼくには、カメラマンの師匠はいないし
写真を学ぶ上で学校に通ったこともない。

 

 

でも写心でご飯食べて行きたかったし
自分の写心には、自信(根拠は全くないが)があったし
人を魅了させたいなって思ってた

最初の原動力なんて
そんなもんだったかな

 

他人から見たら無謀すぎて
怖くなかったの?とか
それでよく生きていけたねとか
色々聞かれるんだけど

 

確かにやばい橋も通ってきた

 

お金がぜんぜんないときももちろんあったし
借金まみれのときもあったし
思いがからまわりしているような時もあった

 

人気ですねとか言われて
全く仕事がない時もあったしね

 

ビジネスの知識も全くない
カメラのこと趣味程度のスタートから
ここまで来れた

 

ただ、どうしたいか
それだけだったんだよ

 

当時は出来ることなんて全然なかったしね

 


出来ないなら
出来るようにやったらいい

 


諦めるならその程度だし

 

いきなり全部決めなくてもいいから
仮 決定でいいから
動いて見るから
見える景色が変わるんだ

 

どうやっていったらいいか
わからないことだらけだったけど
行動してみたから変わったんだ

 

自分から出会いにいった
いっても全く相手にされないことなんていっぱいあった

 


ふーんって適当にあしらわれたこともあった
悔しい思いなんて山ほどした
でも、めげなかった

 


諦めたくなかったから


だから、写心を通してこうやって
あなたと出会えたのです。

 

ぼくがダメダメの人生を歩んで
どうせまたやってもだめだろうなって思って
動いてなかったら、今日はこの文章を読んではないし

 


バリ島でアリンコがパソコンの上歩いている中
この文章を書いてていても全く届いてない
というか、バリ島に来れてない笑

 


最初はレベル1なんです
武器も持ってないし
お金もないんです

 


だからこそ、頭使うか、身体使うか
それしかないんです。

親父からよく言われてました

 

『お金がないなら、頭使うか、身体使うか、

どうにかしないと、どうにもならないからね』

 


って
言われた時はよくわかっていませんでした
今はよくわかります。

 


忘れていた言葉だけど
その言葉が多分身体に染み付いていたから
頑張れたのかなって思います。


どうにも出来ない状況だからこそ
頭を使って、手や足を動かして
状況を変えていくんです。

 


お金いただくって簡単じゃない

 


ぼくはエンターテイナーです。
人の心を動かしてお金をいただく人です。

 


だからこそ、常に動き回って
どうにかしているんです。

 


僕のやり方は、美しくはないし泥臭い

けどしっかり結果はついてくる。
それを今証明できてる。

 


もっともっと高みに行くけどね

 


いま、あなたに何も無くても
あなたが何も出来なくても嘆くことではない

 


何も出来ないままが一番ダメ。

 


今日1ミリでも動こう
明日のために

 

出来ないなら出来ないなりに
頭使って体動かして
歯を食いしばって頑張ろう。

 

あなたは必ず出来るから

 

出来るかどうかじゃない
やるだけなんだ。

YOSHITSUGU公式LINE@友達追加バナー

Photographer × Fashion Stylist
YOSHITSUGU

【写真】 撮影 / 学ぶ
【スタイリング】 同行ショッピング
丸山嘉嗣プロフィール / お問合せ・お申込み
FBページ / ホームページ

人柄写心家&ファッションスタイリストとして、主に東京・神奈川・名古屋・京都で活動中。
写心の学校校長としてカメラのフォトレッスンも行っています。



スランプに陥った時って
たいがいあなたのやり方とかあなた自身を
どうゆう風に見られているのかを
気にしている時に陥る。

 

自己表現を好き勝手やっている時に
スランプに陥ることってまずない

あなたがあなたのことに囚われすぎているときに
まず自分を見失う。

 


おれが過去2回スランプに陥った時は2つが理由

 

 

1つめのスランプは
他人の評価を気にして勝手に自分で振り回されていったこと


もう一つは
自分を見失って周りが見えなくなったこと。

 

 

1つ目の他人の評価ばかり気にしていた時は
自分の好きな瞬間にシャッターを切っていたわけではなく
誰かにいいねって言われたくて
いいねって言われそうな感じで撮っていた時

 

 

この時は半年間くらいスランプに陥っていました。


自分が撮りたい瞬間や心が動いた瞬間にシャッターを
きるわけではなく
誰かに認められたくて
写真を撮っていた時期がありました。

 

 

でもスランプに落ちていく時は、

落ちていっている理由が全くわかりませんでした。

 

 

原因追求に1ヶ月以上かかってたかな

 

プラスしてリハビリに6ヶ月以上かかってました。
とってもしんどかったです笑

 

 

いまだから言える話

半年かけてどん底にいって、半年かけて元に戻りました

 


丸1年そんな時期もあったのです。


2つ目は、他人ではなく、自分を見失ってしまった事。

 

僕にとっての夢みたいな目標を
思ってもみない形で達成した時です。

達成してしまったら
目標を見失ってしまって次の目的地を
決められずに6ヶ月さまよっていました。

 


次はどうしたらいいのかな
何をしていこうかな。

 


何が楽しいかな


そんなことを考えて力も入らず
舵をとらない船みたいな感じで
6ヶ月も過ごしていた時もありました。

ぷかーーーーっと笑
漂っていました。

 


目標を立てなければ・・・

ずっと考えていました。






ぼくはそもそも目標を立てて
物事をすすめるタイプではないのです笑

 

何かを達成したいから写真を始めたわけでもない

 


ただ写心を撮るのが好きで
写心を通して
人が自由に生きるお手伝いをしたいだけ。
それをずっとやりたいのです。

 


だから、通過点みたいな目標は無くて
ただただやりたいことをやり続けているだけなのです


っていうことに気づいてからは
パッカーーーーンってなって
新たな道が出来たりしました。


2つのことから言えるのは


1.自分の心からの動きで動いているか

2.本当にやりたいことを常に掲げているか


この2つが本当に大事なのです。
これを見失うと軸がずれ、バランスを崩していくのだと思います。


何かがずれている時、あなたに聞いてみて下さい。
ちゃんとあなたはわかっていますから。

 


いきなりスランプから抜け出せることもありますが
リハビリが必要な時もあります。

 

そうゆう時は、どうぞ他人に頼って下さい。

 

そのために仲間がいるんですから。


そうゆう時につぐのレッスンに来ても解決できますので笑
レッスン受けに来てもいいですよ笑
宣伝はたまにしておかないとね♪

YOSHITSUGU公式LINE@友達追加バナー

Photographer × Fashion Stylist
YOSHITSUGU

【写真】 撮影 / 学ぶ
【スタイリング】 同行ショッピング
丸山嘉嗣プロフィール / お問合せ・お申込み
FBページ / ホームページ

人柄写心家&ファッションスタイリストとして、主に東京・神奈川・名古屋・京都で活動中。
写心の学校校長としてカメラのフォトレッスンも行っています。